映画「でっかいでっかい野郎」

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
渥美清                          岩下志麻

今回は野村芳太郎監督1969年製作「でっかいでっかい野郎」をピックアップする。
北九州市若松市を舞台にした作品は「玄海つれづれ節」などあるが、本作は野村芳太郎監督による渥美清さん主演の第5作目になる。これは名優を起用はしても脚本が練られていないと消化不良になる思いの凡庸な作品になっている。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
中川加奈                        長門裕之

【ストリー】
南田松次郎(渥美清)は、どこへ行っても厄介もの。三池地区の保護司から紹介状を持たされ、父親の故郷若松で保護司をしている山口医院の院長山口(長門裕之)を訪れた。山口は夫人の静子(岩下志麻)や看護婦の友江(中川加奈)らを説得して、松次郎を家に置き、さらにダルマ船の清掃夫の就職まで斡旋した。だが、酒に目のない松次郎は、ベテラン船長原田(伴淳三郎)と大喧嘩。そのうえ、腐ったフグを仲間たちに喰わせ、またしても風来坊になってしまった。ところが、思わぬ事件のお蔭で一躍話題の人となった。それは、FBIから手配中の金塊の運び屋を叩きのめしたからだった。マスコミに騒がれ、無法松気どりの松次郎を優しくたしなめたのは辰吉の孫娘友江だった。そして、友江から初代無法松一代記を聞かされた松次郎は、すっかり感動。心の人を友江と定め、二代目無法松たらんとこれ勤めた。ところが、友江が夜になるとバーに勤め、さらに明(大野しげひさ)という恋人がいることを知って落胆、いずこへともなく姿を消してしまった。一方、友江は明との結婚を祖父辰吉に承諾してもらえず悩んでいた。そんなある日、松次郎は友江からその一件の相談を受けた。お人好しの松次郎は二人に同情、友江のために辰吉の退職金を盗み御用となってしまった。松次郎を取下げたのは、事の一部始終を知った辰吉だった。そして松次郎は霊験アラタカな白山神社に禁酒を誓った。しかし、効果は皆無、心の人友江の名を呟きながらやけ酒をあおるのだった。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎                        香山美子
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
長門裕之、渥美清                  中川加奈、渥美清

題名:でっかいでっかい野郎
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
脚本:野村芳太郎、永井素夫
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:玉生久宗
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
監督助手:吉田剛
スチール:小尾健彦
出演:渥美清、岩下志麻、香山美子、中川加奈、大野しげひさ、長門裕之、伴淳三郎、財津一郎、加藤嘉、坊屋三郎、野村昭子、大橋壮多、関敬六、谷幹一、佐藤蛾次郎、石井均
1969年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
でっかいでっかい野郎 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
野村昭子                        加藤嘉
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
関敬六、中川加奈                   坊屋三郎、渥美清
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
谷幹一                      中川加奈、渥美清、大野しげひさ
でっかいでっかい野郎でっかいでっかい野郎
伴淳三郎、渥美清、岩下志麻、長門裕之        でっかいでっかい野郎

映画「赤い殺意」

赤い殺意
「赤い殺意」春川ますみ
赤い殺意赤い殺意
春川ますみ                                                              露口茂

今回は今村昌平監督1964年製作「赤い殺意」bestを8月14日に新文芸坐「戦後75年 社会派の巨匠・今村昌平 映画を通して日本の社会を考える」で「にっぽん昆虫記」と併映で観て来た。35mmフィルム上映である。
本作は、古い家族制度の中で抑圧的な環境にも拘わらず生きる貞子(春川ますみ)は、強盗(露口茂)に犯された事を契機に、彼女の性を素朴でユーモラスに織り交ぜながら、強くしたたかに変貌を遂げていく様を淡々と描いている。底辺に或るテーマは「にっぽん昆虫記」と同根である。この時代の今村作品に深く感銘する。

赤い殺意赤い殺意
西村晃、春川ますみ                  西村晃、楠侑子

【ストリー】
強盗が押し入った夜、夫の吏一(西村晃)は出張中であった。恐怖におののく貞子(春川ますみ)を、殴打しスタンドのコードで縛りあげて、獣のようにせまって来る強盗の平岡(露口茂)に、貞子は半ば気を失って呻いた。明け方強盗は再び貞子を犯して去った。“死なねばならない”貞子は、土堤下を通る鉄路にふらふらと出てみたが子供勝への愛情はたち難かった。翌日出張から帰って来た夫に、何度かうちあけようとしたが、何も気づかない風の吏一の態度に、言葉をのんだ。東北大学の図書館に勤める吏一には、事務員義子(楠侑子)と五年も肉体関係がある反面、家庭では吝嗇で、小心な夫であった。再び強盗が貞子の前に現れたのは、あれから2日後の夜だった。乱暴なふるまいのあと、「もうじき死ぬんだ、あんたに優しくしてもらいたいんだ」と哀願した。その夜吏一に抱かれながら、貞子は、家庭の平和を乱したくないと苦悶した。だが、デパートの特売場で、平岡に声をかけられた貞子を、義子が見てから、夫は、近所の学生英二との間を疑うようになった。2月の初め、妊娠に気づいた貞子に、強盗は“腹の子は俺のだ”と執拗にせまった。吏一の父清三(加藤嘉)の葬儀に行った貞子は、自分が妾腹だという理由で入籍されず、子供の勝が清三の子になっているのを知って愕然とした。数日後、平岡が合図の石を屋根に投げたのを聞いた夫が、英二(糸賀靖雄)のしわざと思いこみ嫉妬にかられて隣家に踏みこんだ。夫に疑われて追いつめられた貞子は、平岡に会いにいった。平岡はトランペット吹きで、心臓を病んでいた。よわよわしい彼の表情に負けて、またも温泉マークに入った貞子は、ついに平岡を殺そうと決意した。農薬をジュースに混入して殺すのだ。吏一の東京出張中、貞子と平岡は、汽車に乗ったが、途中不通となったため、吹雪の中を疲労にふらつく平岡を助ける貞子に義子が木影からカメラをむけていた。疲労の末貞子が手を下すまでもなく悶絶してゆく平岡を前に、貞子は、何か説明しがたい胸の痛みを感じた。そして義子も、カメラをもったまま車にはねられて死亡した。何ごともなかったような毎日が始まったが、貞子のうえには、女としての自覚と責任が、新しく芽ばえていた。

赤い殺意赤い殺意
赤木蘭子、春川ますみ           春川ますみ、小沢昭一、北村和夫、西村晃

題名:赤い殺意
監督:今村昌平
企画:高木雅行
原作:藤原審爾
脚本:長谷部慶次、今村昌平
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
特機:金田啓治
振付:漆沢政子
記録:大平篤子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:遠藤三郎
方言指導:小梨勝彬、結城良熙
スチール:斎藤耕一
出演:春川ますみ、西村晃、露口茂、楠侑子、赤木蘭子、北林谷栄、北村和夫、小沢昭一、宮口精二、加藤嘉、近藤宏、北原文枝、殿山泰司
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ150分35mmフィルム

赤い殺意
「赤い殺意」露口茂、春川ますみ
赤い殺意赤い殺意
赤い殺意

映画「人生劇場 飛車角」


鶴田浩二                     佐久間良子

今回は沢島忠監督1963年製作「人生劇場 飛車角」をピックアップする。
人生劇場は、1936年に内田吐夢監督が日活で製作したのが始まりで、東宝、大映でも製作されているが、物語の脇役に過ぎない飛車角こと小山角太郎に着目し、スピンオフ作品として作られたのが本作である。
当時の東映社長であり製作総指揮を執った岡田茂氏が、東映京都撮影所で時代劇を中心に活躍していた沢島忠監督を東映東京撮影所に呼び寄せ製作した。描かれた義理と人情と男の悲哀、その中で生きるヤクザ者の姿が、熱狂的な支持を集め大ヒットした。これからヤクザを主体に据えた新しいジャンル「ヤクザ映画」が生まれ、仁侠映画、実録路線、女ヤクザを生んで行ったという。


高倉健                      月形龍之介

【ストリー】
横浜の遊女だったおとよ(佐久間良子)と逃げのびて来た飛車角こと小山角太郎(鶴田浩二)は、小金親分(加藤嘉)の計らいで深川の裏町に住むことになった。そんなある日、小金一家と文徳組は喧嘩になった。一宿一飯の義理を持つ飛車角は、宮川健(高倉健)と熊吉を連れて文徳一家に殴りこんだ。そこで飛車角は文徳(沢彰謙)を刺し殺し、吉良常(月形龍之介)と名のる老人に救われた。吉良常は一目みて飛車角に惚れこんだ。小金の弟分奈良平(水島道太郎)の計らいでおとよと逢った飛車角は、警察に自首、五年の刑で前橋刑務所に服することになった。飛車角の帰りを待つおとよを、奈良平は深川不動の夏祭に誘った。その二人の目の前で小金親分が何者かに殺された。奈良平の冷たい笑いにおとよは総てを察した。おとよは逃げた。そのおとよを宮川が救った。そこで二人は同じような身の上であることを知って自然に結ばれた。だが、宮川はおとよが飛車角の女と知って愕然とした。そして悩んだ。そんな頃、恩赦で飛車角が刑務所を出た。吉良常一人が出迎えに出ていて、おとよと宮川のことを飛車角につげた。飛車角は男らしくおとよをあきらめ、吉良常の勧めるまま吉良へ足を運んだ。吉良で青成瓢(梅宮辰夫)吉と知り会った飛車角は、吉良で骨を埋めようと決心するのだった。吉良常が娘のように可愛がっている料理屋よしだやの娘お千代(本間千代子)も、そうした飛車角を慕うようになった。そうした飛車角のところに宮川とおとよが詫びを入れに来た。飛車角はだまって二人を許してやるのだった。そしてまた何カ月が過ぎた。仁吉まつりの権利をめぐって吉良常は、土地のテキ屋浜勝(山本麟一)と争うことになった。飛車角は単身浜勝おとずれ、仁吉まつりには指一本ふれないという証文をとりあげた。浜勝も飛車角の男らしい態度に手も足も出なかった。
そんなところへ熊吉がやって来た。男を立てようとした宮川が、小金親分を殺したのが奈良平だと知って、単身殴り込みをかけて殺されたというのだ。飛車角はお千代の止めるのもきかず東京へ飛んだ。お千代の泣き声を背にするのはつらかったが、吉良常は分ってくれると思ったのだ。「飛車角来たる!」奈良常一家は沸いた。一家総動員で飛車角を待ちうけていた。これを知ったおとよは、必死になって飛車角を止めたが、「あの世で逢おうぜ」と飛車角はずらりと並んだ刃の中へ飛びこんでいったのだった。


村田英雄                    村田英雄、高倉健

題名:人生劇場 飛車角
監督:沢島忠
企画:岡田茂、亀田耕司、吉田達
原作:尾崎士郎
脚本:直居欽哉
撮影:藤井静
照明:川崎保之丞
録音:大谷政信
美術:進藤誠吾
殺陣:谷俊夫
編集:田中修
音楽:佐藤勝 主題歌:村田英雄「人生劇場」
現像:東映化学
製作主任:白浜汎域
助監督:田口勝彦
出演:鶴田浩二、高倉健、佐久間良子、月形龍之介、村田英雄、梅宮辰夫、本間千代子、曽根晴美、山本麟一、田中春男、加藤嘉、潮健児、水島道太郎、沢彰謙
1963年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
人生劇場 飛車角 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇場 飛車角」高倉健、佐久間良子      鶴田浩二、高倉健

1 2 3 12