映画「カポネ大いに泣く」


「カポネ大いに泣く」萩原健一

萩原健一                         沢田研二

今回は鈴木清順監督1985年製作「カポネ大いに泣く」をピックアップする。
本作は、全編の8割を占めるアメリカ・サンフランシスコのシーンを全て国内撮影、主に横浜で撮影した鈴木清順監督第45作になる。主演は、惜しくも2019年3月26日に急逝した萩原健一さん。サンフランシスコの見立てには無理があるものの、美術センスは素晴らしい作品である。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

田中裕子                        加藤治子

【ストリー】
昭和初期、芸者の小染(田中裕子)は、旅回りの役者の順之助、のちの桃中軒海右衛門(萩原健一)と出会い、深い仲になる。小染は、昔、旦那の目を盗んで浮気をしたことがバレ、背中に蛸の刺青を彫られてしまった。順之助は浪花節語りの桃中軒雲右衛門(柄本明)に憧れ、一座を逃げ出したのだ。小染の旦那が監獄から出ることになり、一方、一座も順之助を連れ戻しに来たので、二人はサンフランシスコに逃げた。浪花節で日本人移民を慰問するという気宇壮大な出発だったが、口入れ屋にだまされ、有り金は底をつき、小染のアクセサリーも賭博で取られ、小染は女郎に、海右衛門は乞食になる。そんな時、二人は大西鉄五郎(沢田研二)<通称ガン鉄>と出会う。ガン鉄は横浜ハウスに巣喰う快男児で、街頭で狼花節をうなる海右衛門を見かねて、高級ナイトクラブに連れていさ、浪花節は通用しないと、新しいショーを見せた。そこで踊っていたダンサーのリリアン(ローリー・ベリス)が和服の海右衛門をサムライ!と一目惚れしてしまう。その頃のサンフランシスコは中国人、日本人など様々な人種が入り乱れる欲望の街で、シカゴのギャング、カポネ(チャック・ウィルソン)も西部進出を狙い、弟のフランク・カポネ(ランディ・レイス)を派遣して来た。フランクはサンフランシスコの密造酒を独占しようとし、一方、ガン鉄、海右衛門、小染たちも、つくり酒屋の息子だった海右衛門に“シスコ正宗”を作らせて対抗する。三人はシカゴに行ったりするが、だんだんと追いつめられていく。そんな中で、小染は自動車事故で死んでしまう。さらにガン鉄もフグを食べて中毒死。海右衛門はリリアンに介錯させ切腹するのだった。


「カポネ大いに泣く」田中裕子

樹木希林、柄本明                      梅宮辰夫、萩原健一

チャック・ウィルソン                    萩原健一、田中裕子

題名:カポネ大いに泣く
監督:鈴木清順
企画:奥山和由、C.C.J
製作:櫻井五郎
原作:梶山季之「カポネ大いに泣く」
脚本:大和屋竺、木村威夫、鈴木岬一
撮影:藤沢順一、高田昭
照明:大西美津男
特機:NK特機
録音:福島信雅
音効:酒井三郎
美術:木村威夫
装飾:安田彰一
大道具:佐藤信昭
衣裳:坂下英明、佐藤貞子
結髪:中村さき
美粧:中村恭子
化粧:山口和子、竹島綾子
ヘアー・メイク:高原宏
ボディ・メイク:小林照子
擬斗:岡田勝
カースタント:高橋義浩、前川広一
特殊効果:芳賀真人
記録:内田絢子
編集:鈴木晄 ネガ編集:荒川鎮雄
フィルム:富士フィルム(報映産業)
撮影機材:日本映樹
照明機材:日本照明
現像:東洋現像所
音楽:井上尭之
プロデューサー:中村賢一
アシスタントプロデューサー:莟宣次
コウ・プロデューサー:内田誠、三上祥一、森田亜男
プロダクションマネージャー:今井博彦
製作主任:高橋文雄
製作進行:福島聰司、山川元
助監督:高橋正治
監督助手:渡辺孝好、中井俊夫、滝坂裕二、藤嘉行
撮影助手:栢野直樹、佐藤和人、有田勝美
照明助手:鈴木豊、落合文雄、松島五也、奥村誠、鈴木喜三郎
録音助手:斎藤道夫、小高勲、阿部茂
美術補佐:丸山裕司、池田育代
装飾補佐:松下照夫、桜井陽一、嵩村裕司、藤木光次
編集補佐:村山勇二
企画協力:角川春樹事務所
製作事務:吉田弘美
演技事務:碓井義徳
制作作宣伝:大久保信雄
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
浪曲監修:芝清之 浪曲指導:東家菊燕
三味線指導:東家栄子
河内音頭指導:目崎明美
方言指導:大原穣子、東隆明
英語通訳:松原由利子、ロイド・ハント
キャスティング・コーディネーター:アット・ワーク
ロケ協力:横浜ドリームランド、日光ウエスタン村、他
スチール:金田正
出演:萩原健一、沢田研二、田中裕子、チャック・ウィルソン、ローリー・ベリス、柄本明、平田満、加藤治子、樹木希林、梅宮辰夫、峰岸徹、牧伸二、苅谷俊介、常田富士男、ランディ・レイス、高倉美貴、たこ八郎、阿藤海、ベンガル
1985年日本・ケイエンタープライズ/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
カポネ大いに泣く -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「カポネ大いに泣く」萩原健一

峰岸徹                       カポネ大いに泣く

映画「マルサの女2」


宮本信子                      大地康雄、津川雅彦、桜金造

今回は伊丹十三監督1988年製作「マルサの女2」をピックアップする。
本作は、日経平均株価が終値3万円代というバブル景気の時代背景に、マルサ(国税局査察部)の地上げ屋や宗教法人に対する戦いを描いたもので、前作よりスケールアップしている。
この作品で、まだ当時日本に1台しかなかった最新型のスタインベック編集機を使ってポジ編集をしたそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


35mm Steenbeck編集機                                       三國連太郎

三國連太郎、上田耕一                益岡徹、宮本信子

洞口依子                        笠智衆

【ストリー】
マルサこと国税局査察部査察官・板倉亮子に、東京大学を卒業したばかりという部下がついた。亮子はある地上げ屋の脱税を追求していたが、その裏にはもっと大きな力がうごめいていた。それはヤクザであり、宗教法人であり、さらに大物政治家までもが絡んでいた。宗教法人というのはいくらお金をもうけても税金はかからない。そこに目をつけた悪人たちは、宗教法人を隠れミノに金儲けを企む。亮子たちは地上げ屋を繰る鬼沢鉄平という天の道教団の代表に目をつけ調査を始めるが、なかなかシッポをつかまえることができない。亮子らはあるとき税務署員を装い教団へと潜入するが、教徒らによって追い出されてしまった。地上げ屋のマンションの住人や大衆食堂に対する横暴が続く中で、何億円という巨額な金が動いていた。しかし、亮子たちが証拠をつかもうとすると、次々にトカゲのシッポを切るように人が殺されていく。いよいよ脱税の確信をつかんだ査察部は、天の道教団へ乗り込み、証拠書類を押収。鬼沢鉄平を取り調べまで追い込んだ。しかし、最後まで鬼沢は口を割らず挙句の果てに自ら顔を壁にぶつけて血だらけになりながら、「国税局は納税者を拷問にかけるのか」とすごむ始末。しかし、そんなとき取り調べ室まで狙撃された。鬼沢までトカゲのシッポでしかなかったのか。やがて鬼沢の腹心・猫田が死体となって発見され、鬼沢は身重の愛人と巨額の財産を隠していた自分の墓に逃げ込み高笑いし続ける。鬼沢の地上げした土地ではビルの着工を前に地鎮祭が行われ、鬼沢を背後で操って自らは手を汚すことなく利益を得た大臣・代議士・企業幹部が談笑する。その姿を少数の同僚とともにフェンス越しに隠れて見つめていた亮子は、やりきれなさに唇を噛む。


加藤治子                           岡本信人

題名:マルサの女2
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:桂昭夫
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斉藤昌利
美術:中村州志
装飾:山崎輝。石田登、富沢幸男
装置:木村浩之
美粧:小沼みどり、石垣昌子
衣装:小合恵美子、斎藤昌美
特殊効果:白組、サンク・アール
造形:江川悦子
擬斗:高瀬将嗣
カースタント:タカハシレーシング
スタント:ジャパン・アクション・クラブ
配役:笹岡幸三郎+N.C.P.
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:土井由美子
音楽:本多俊之 音楽プロデューサー:立川直樹
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:東洋照明 ゼネ:三穂電機
フィルム:イーストマンコダック(日本コダック)
現像:イマジカ
製作担当:山崎隆
製作進行:岩下真司、土井征一
助監督:久保田延廣
演技事務:朝妻秀明
演出助手:当摩寿史、片島章三、前田哲
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔、浮谷康至
特機助手:度合誠司
照明助手:橋本好和、島田正、石川和明
録音助手:桜井敬悟、高橋勝美
美術助手:沖山真保、佐々木修
衣装助手:神林泰子
編集助手:米沢幹一
グラフィックデザイン:佐村憲一
スチール:野上哲夫
出演:宮本信子、津川雅彦、三國連太郎、丹波哲郎、大地康雄、益岡徹、上田耕一、桜金造、洞口依子、マッハ文朱、岡本麗、中村竹弥、不破万作、南原宏治、洞口依子、加藤治子、きたろう、小松方正、結城美栄子、笠智衆、小鹿番、岡本信人
1988年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
マルサの女2 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


津川雅彦、小松方正              丹波哲郎、津川雅彦、宮本信子

映画「の・ようなもの」

の・ようなものの・ようなもの
伊藤克信                      秋吉久美子、伊藤克信

今回は森田芳光監督1981年製作「の・ようなもの」をピックアップする。
本作は惜しくも2011年12月に若くして亡くなった森田芳光監督の劇場用映画のデビュー作になる。内容は古典落語の修業に励む二ツ目の落語家と風俗嬢、落研の女高生たちの青春群像を80年代という時代の中で描いたものだが、今見ると、物語りの展開が散漫なのが残念だなと感じた。本作の35年後を描いた杉山泰一監督「の・ようなもの のようなもの(出演:松山ケンイチ、北川景子)」が2016年1月16日に公開された。

【森田芳光監督作品リスト】
1978年「ライブイン・茅ヶ崎」※自主映画
1981年「の・ようなもの
1982年「シブがき隊 ボーイズ&ガールズ」
1982年「噂のストリッパー」
1983年「ピンクカット 太く愛して長く愛して」
1983年「家族ゲーム
1984年「メイン・テーマ」
1984年「ときめきに死す」
1985年「それから
1986年「そろばんずく」
1988年「悲しい色やねん」
1989年「キッチン」
1989年「愛と平成の色男」
1991年「おいしい結婚」
1992年「未来の想い出 Last Christmas」
1996年「ハル」
1997年「失楽園」
1999年「刑法第三十九条」
1999年「黒い家」
2002年「模倣犯」
2003年「阿修羅のごとく」
2004年「海猫」
2006年「間宮兄弟」
2007年「サウスバウンド」
2007年「椿三十郎」
2009年「わたし出すわ」
2010年「武士の家計簿」
2012年「僕達急行 A列車で行こう」
2011年12月20日満61歳没

の・ようなものの・ようなもの

【ストリー】
二ツ目の落語家、志ん魚(伊藤克信)は23歳の誕生日、志ん米(尾藤イサオ)はじめ、仲間の援助で初めてソープランドに行った。志ん魚についたエリザベス(秋吉久美子)は初々しい彼に興味を抱き、二人はその日からデートを重ねた。彼女はペンギンブックスを読むようなインテリだ。数日後、そんな志ん魚に、女子高の落研に所属する女の子たちがコーチを依頼に来る。志ん魚はその中の一人、由美(麻生えりか)に心を寄せる。純な志ん魚は由美のことをエリザベスに告白するが「バレなければいいじゃない」と気にしない。志ん魚は割りきれないまま、エリザベス、由美とデートを続けた。その頃、志ん米の真打ち昇進が決まった。先輩の昇進を喜ぶと同時に、取り残されたような気持の志ん魚は、エリザベスの部屋を訪ねた。彼女は雄琴に行くと荷作りをしていた。寂しさをこらえて手伝う志ん魚。志ん米の真打ち昇進パーティの日、志ん魚と仲間は将来の夢を語り合うのだった。

の・ようなものの・ようなもの
麻生えりか、伊藤克信

題名:の・ようなもの
監督:森田芳光
製作:鈴木光
脚本:森田芳光
撮影:渡部眞
照明:木村太朗
録音:橋本泰夫
美術:増島季美代、伊藤羽
小道具:増島季美代
衣装:伊藤翠、有住洋子
化粧:近江薫
記録:宇野早苗
編集:川島章正
音楽:塩村宰
現像:東洋現像所
助監督:山本厚、佐藤陸夫、杉山泰一
出演:出演:伊藤克信、秋吉久美子、小林まさひろ、尾藤イサオ、でんでん、麻生えりか、鷲尾真知子、大野貴保、室井滋、加藤治子
1981年日本・NEWSコーポレーション/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
の・ようなもの [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

の・ようなものの・ようなもの
室井滋、秋吉久美子