映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

映画「昭和おんな博徒」


「昭和おんな博徒」江波杏子

江波杏子                       松方弘樹

今回は加藤泰監督1972年製作「昭和おんな博徒」をピックアップする。
本作は大映で女賭博師シリーズ(1966~1971)昇り竜のお銀を演じた江波杏子さんが初めて東映で主演した作品であり、加藤泰監督最後の東映作品となる任侠映画だ。彼女がその柔肌に火炎竜の刺青を魅せて、鉄火場に殺陣にと見事な演技を魅せている。

【追記・訃報】
映画「女賭博師」シリーズの「昇り竜のお銀」などで知られる女優の江波杏子さんが、2018年10月27日に肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため亡くなったことが11月2日、分かった。76歳だった。所属事務所が公式サイトで明かした。また報道各社にFAXで発表した。
スポーツ報知 2018年11月2日(金) 14:14配信


天知茂                        渡辺文雄

【ストリー】
雪の降る日、呉服商加納屋の娘お藤(江波杏子)は、悪徳高利貸の為自殺に追いやられた父の仇を討とうと堀川一家代貸巽新二郎を襲ったが人違いと知る。病弱の堀川一家貸元伊之助(水島道太郎)は、渡世から身を引くべく二代目を選出する。誰の眼にも、兄貴格の森戸(渡辺文雄)が継ぐと思っていたが、伊之助は巽(松方弘樹)を選んだ。森戸の腕力・度胸よりも巽の先を読む頭脳を買ったのだ。森戸は子分達のたきつけと堀川一家の縄張りを狙う向島の大田原組長(山本麟一)の叱責に巽殺しを決意する。愚連隊に金をやり、巽を襲わせるが失敗。巽の子分サブ(遠藤辰雄)が森戸のさし金と知り、巽に知らせるが、巽は一家の為森戸の為に口外を禁じる。その頃、巽に身をあずけていたお藤は、共に生きると心に決め巽の飛竜の刺青に対し、火炎竜の刺青を彫る。巽襲撃を知った伊之助は森戸を破門しようとするが「兄貴と話し合いを……」と必死に頼みこむ巽の一家を思う心にうたれるのだった。すでに喧嘩仕度でごった返す森戸を尋ねた巽は、森戸の罵声にも必死に耐えた。話はこれまでとドスをつきつけ、森戸を連れ出す巽の前に大田原一家にワラジを脱ぐ島崎勇三(天知茂)が勝負を挑んで来た。一宿一飯の義理から対峙する島崎と巽。ところが卑怯にも森戸と大田原の子分が巽の背後より襲いドスでめった斬りにしてしまう。あまりの汚さに眉をしかめる島崎は巽の亡骸を送りとどけ、お藤に「一宿一飯の義理から自分が殺した」と伝えて去った。折も折、巽の死を知り怒り狂った伊之助も発作を起し他界してしまった。一方、森戸が邪魔になった大田原はほとぼりのさめるまでと森戸を外国に飛ばせた。巽の墓前で復讐を誓ったお藤は、島崎、森戸らを追って旅に出る。そして1年後。ある地方都市の雑踏の中で巽をめった斬りにした般若松を殺す。そして、また1年。お藤は九州加倉井一家にワラジを脱いでいる島崎を見つける。対立するお藤と島崎。だが島崎はお藤の前に身体を投げ出す。「俺を殺してくれ」。お藤の執念のドスが島崎を斬ろうとした時、島崎の女房絹枝(松平純子)が必死に止めた。絹枝の姿に昔の自分の姿を思いうかべたお藤は目をつむって二人を逃がしてやるのだった。その頃東京では大田原を初代会長とする“関東侠友会”が結成されようとしていた。あせり出した森戸の帰国を知った大田原は、森戸、島崎を抹殺すべく殺し屋を送る。島崎は襲われ、絹枝が殺される。一方、お藤は神戸の赤沢組にいる森戸を見つけた。女の武器を利用し森戸に近づいたお藤は見事に巽の仇を討つ。しかし、巽殺しの張本人が大田原だと知ったお藤は「関東侠友会・発会式」の会場へと迫った。お藤の横には絹枝を殺され、お藤に荷担する島崎の姿もあった。殴り込むお藤と島崎。お藤の口から、発会式にかけつけた加倉井の口から次々と大田原の悪事が暴露されていく。怒り狂う大田原。子分達はいっせいにお藤を襲う。「雑魚は任せな」と島崎、大田原を追うお藤のドスが暴れまくった。


「昭和おんな博徒」江波杏子

昭和おんな博徒

水島道太郎                      松平純子

題名:昭和おんな博徒
監督:加藤泰
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
原作:藤原審爾
脚本:鳥居元宏、本田達男
撮影:古谷伸
照明:井上孝二
録音:野津裕男
美術:石原昭
装置:近藤幸一
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:上野隆三
記録:牧野淑子
編集:堀池幸三
音楽:木下忠司
進行主任:長岡功
助監督:俵坂昭康
演技事務:伊駒実麿
スチール:杉本昭三
出演:江波杏子、松方弘樹、天知茂、渡辺文雄、松平純子、嵐寛寿郎、水島道太郎、遠藤辰雄、山本麟一、汐路章
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
昭和おんな博徒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「昭和おんな博徒」江波杏子

「昭和おんな博徒」松方弘樹、江波杏子

映画「緋牡丹博徒 お命戴きます」


藤純子

今回は加藤泰監督1971年製作「緋牡丹博徒 お命戴きます」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ第7作の本作は、上州周辺を舞台に、不正を働く軍の上層部とヤクザを相手に、緋牡丹お竜の活躍を描いたもので、ラストの藤純子(富司純子)さんの殺陣は見ものだ。


鶴田浩二                                                                              待田京介

【ストリー】
九州熊本の矢野組々長矢野竜子こと緋牡丹お竜(藤純子)は、渡世修業の旅の途中、上州伊香保の久保田組の賭場で、胴をつとめる親分の実弟猪之助のイカサマの一件で危機に直面したが、武州熊谷結城組々長結城菊太郎(鶴田浩二)によって難をまぬがれた。そして、両家の手打ちは、大前田の二代目英次郎(嵐寛寿郎)の仲裁で行われ猪之助は破門された。しばらくして、お竜は父の法要のため、一時九州に帰る事になったが、高崎観音建造の勧進賭博の日までに再び来る事を約して結城(岡本健)と別れた。お竜は、結城に渡世の付き合い以上の想いを寄せ始めていたのだった。その頃、熊谷在に軍部御用の兵器工場ができ、周辺の百姓はその公害のために苦んでいた。結城は、百姓の暴動を未然に防ごうと、工場に交渉して用水堀造成のため保障金を出させようとした。この工場の運搬関係の仕事を仕切っていた富岡組々長(河津清三郎)は、何かと反目する結城を消そうと計った。富岡は、工場長の大村や軍の監督官畑中大尉と結託、工場本社からでていた保障金を着服していたのだった。富岡は、言葉巧みに猪之助をあやつり結城を殺した。百姓に対する圧力は激しさを加え、急を聞いてかけつけたお竜は、陸軍大臣に直訴すべく料亭の席にまで押しかけるのだが、そこで偶然にも熊坂虎吉と同席していた陸軍大臣に現状を直訴した。お竜の働きで悪業の露見を恐れた富岡と畑中は、結城の三代目を襲名した貞次(名和宏)を殺し、罪を彼一人に被せようとした。菊太郎の初七日の日--。寺の本堂一杯の百姓衆に大村(内田朝雄)の横領を吹聴している富岡、畑中へ黒い喪服に仕込み笛を抱いたお竜が乗り込んだ。


嵐寛寿郎                                                                                 若山富三郎

題名:緋牡丹博徒 お命戴きます
監督:加藤泰
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:大和久守正、鈴木則文
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:吉村晟
装置:石田隆幸
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:出演:藤純子(富司純子)、若山富三郎、鶴田浩二、待田京介、嵐寛寿郎、河津清三郎、大木実、名和宏、小松方正、内田朝雄、岡本健、沼田曜一、汐路章、志賀勝
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
緋牡丹博徒 お命戴きます -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 お命戴きます

1 2