映画「ならず者」

ならず者ならず者
高倉健                         丹波哲郎

今回は石井輝男監督1964年製作「ならず者」をピックアップする。
本作は「東京ギャング対香港ギャング(1963年)」同様、香港とマカオにロケーションを敢行した新東宝調フィルム・ノワールである。海外ロケシーンが8割を占める映像は、観光映画にはならず、裏町の様子をリアルに捉えているのが良い。ジョン・ウー監督が本作にインスパイアされて「狼 男たちの挽歌 最終章(1989年香港)」を制作したそうだ。

ならず者ならず者
加賀まりこ                       三原葉子

【ストリー】
殺し屋の南条(高倉健)は、毛(安部徹)という男に殺しの仕事を頼まれて香港に来た。しかし目的の男を射殺し、指定されたホテルに金を受けとりにいってみると、彼を待っていたのは女の死体だった。警察の追求をのがれて毛を探すうちに、南条は遊園地の賭け台で缶詰めを射止め、そこで缶詰めをぜひ買いたいという中国服の女明蘭(三原葉子)に呼びとめられた。不審に思った南条が宿へ帰って調べて見ると、それは数億の値打ちの麻薬だった。翌日、南条は缶詰めを宿の少女小紅(高見理紗)に預けると明蘭が待つアパートを訪ねた。南条はそこで、麻薬と交換に明蘭のボス蒋(丹波哲郎)から、毛の居所を知らせてもらう約束をした。しかし明蘭は、麻薬の横取りを企み、南条をたくみにだまし、麻薬が小紅のところにあることを聞き出して小紅を殺して麻薬を強奪した。明蘭の情報から、毛が横浜にいることを探り出した南条は、横浜に帰るが、毛は一足ちがいで香港へ帰った後だった。再び香港へ戻った南条は、小紅を訪ねるが、そこで小紅が殺されたことを知る。毛を探して賭博場に来た南条は、そこで、勝った賭け金と交換に、毛の情報を聞き出すが、そこで蒋に会い、決闘を申しこまれた。蒋は南条が薬を持ち逃げしたと思い、又南条も、小紅殺しの張本人は蒋だと思っていたので、二人は怒り狂って闘う、がなお言い争ううちにそれが、明蘭の裏切りであることが解り二人は和解した。そして南条は蒋から毛のアジトを聞き出し、指定のホテルで、毛を待ちうけて復讐を果した。しかし南条も毛の手下に腹を射ち抜かれ、かけつけたパトカーの中で一人息を引きとるのだった。

ならず者ならず者
南田洋子                        杉浦直樹
ならず者ならず者
江原真二郎                   高倉健、加賀まりこ

題名:ならず者
監督:石井輝男
企画:関政次郎、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:林七郎
照明:川崎保之丞
録音:廣上益弘
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
現像:東映化学工業
進行主任:門間安彦
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:高倉健、丹波哲郎、杉浦直樹、江原真二郎、加賀まりこ、三原葉子、南田洋子、赤木春恵、今井健二、鹿内タカシ、千石規子、安部徹、高見理紗、高城丈二
1964年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
ならず者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ならず者ならず者
高倉健                        南田洋子 

ならず者

映画「時の娘」


真喜志きさ子                       橋水光

今回は内藤誠監督1980年製作「時の娘」をピックアップする。
本作は「ツィゴイネルワイゼン」に続いて荒戸源次郎氏が率いるシネマ・プラセット第2回作品であり、東映の専属監督だった内藤誠監督のフリー第1作になった。出演は劇団天象儀館の俳優とベテラン映画俳優の布陣で、寺山修司ティストの鈴木清順原作の世界観を描いている。


梅宮辰夫                        加賀まりこ

【ストリー】
江戸情緒の面影もすっかりなくなった元吉原。想太郎(梅宮辰夫)の母と花火師富造(松本克平)は、昔、恋仲であったが、富造は、江戸花火師の意地と、床についたまま明日も知れぬ昔の惚れた女の為、仲間の花火職人と語らって、今は語り草でしかない江戸前の大花火を、法を破っても打ち上げようとしていた。しかし、名人気質で、死んだ母をかえりみなかった父親の職人としての情熱をかなしく恨んでいた娘の紋(真喜志きさ子)は、警察に通報しても、それも止めようとする。江戸の華はついに打ち上がらず終りかと思えたが……。


橋水光、加賀まりこ                     藤井千代美

松本克平                            殿山泰司

題名:時の娘
監督:内藤誠
企画:小田知雄
製作:荒戸源次郎
原案:鈴木清順
脚本:佐々木守、内藤誠
撮影:鈴木史郎
照明:斉藤政弘
録音:八木降幸
音効:伊藤克己
整音:岩田広一、山本逸美
美術:多田佳人
化粧:橋本直枝、川村美加
記録:大鶴由子
編集:菅野順吉
音楽:殿原秀男
現像:東映化学
製作進行:平沼善幸
製作事務:宗像栄子
助監督:祭主恭嗣
監督助手:酒井直人、高橋徹、中島竹彦、宮下真
撮影助手:遠藤政史、黒沢常男、下元寺郎、下元哲
照明助手:岡本滝河、丸山幸雄
美術助手:平松正之、小間豊
編集助手:井手真人
スチール:志水誠
出演:真喜志きさ子、橋水光、梅宮辰夫、加賀まりこ、藤井千代美、松本克平、殿山泰司、牧口元美、岸田今日子(NA)
1980年日本・シネマ・プラセット/ビスタサイズ・カラー80分35mmフィルム
時の娘 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


時の娘

映画「江戸川乱歩の陰獣」


あおい輝彦                      香山美子

今回は加藤泰監督1977年製作「江戸川乱歩の陰獣」をピックアップする。
本作は江戸川乱歩の原作を映画化した謎とき推理サスペンスで、本編の重要なテーマであるSMシーンに果敢に挑んでいる香山美子さんが美しかった。


あおい輝彦、若山富三郎               野際陽子

【ストリー】
本格推理小説家の寒川(あおい輝彦)に、彼のファンだと言って、さりげなく近づいて来た、うなじに赤いミミズ腫れのある人妻・小山田静子(香山美子)。彼女は寒川に、自分は変格派推理小説家で、初恋の相手でもあった大江春泥から脅迫されていると訴えた。寒川は自分が一番軽蔑している春泥の名をききこの事件に興味をいだく。脅迫状には、静子と夫の夜の秘事まで完ぺきな観察記録があり、闇にひそむ陰獣のような目に静子はおそれおののいていた。そして、物音がしたという小山田邸の天井裏を探ってみると誰かが這い回った跡があり飾りボタンが一つおちていた。寒川は春泥の足どりを追いかけた。そして、寒川の担当記者でただ一度だけ春泥と面識のある本田(若山富三郎)は、浅草でピエロ姿の春泥を見たといい出したが、全く彼の足どりはつかめず。静子に第二の脅迫状が届き、その予告通り、静子の夫、六郎(大友柳太朗)が隅田川の船着場に溺死体で浮び上がった。六郎の通夜の席に顔を出したヘレン・クリスティ(田口久美)に寒川はどうも腑に落ちなかった。そんなある日、ヘレンは寒川をホテルへ誘い、自分を鞭で打ってくれと懇願する。その時寒川はヘレンが天井裏で見つけた、ボタンと同じもののついた手袋を持っていることを知る。それは、六郎が英国出張中に二人で対で買ったもので、彼女が六郎の英国での情人であったのである。寒川は、このヘレンのマゾヒズムの喜びと、六郎の部屋にあった乗場鞭、そして静子のうなじのミミズ腫れを思い出し、静子を責めるだけでは満足できなくなった六郎が一連の脅迫犯人であり、あやまって死亡したものではないか、と推理した。しかし、納得ができない事があった。それは、本田が見た春泥は彼の本の奥付けについている写真とは違う人物なのだ。この頃、寒川と静子はとある土蔵を借りて、ただれるような愛欲の日夜を送る関係になっていた。ある日、歌舞伎役者の市川荒丸(川津祐介)が殺された。そして、彼こそが自分が会った春泥だ、と本田は言った。また、小山田家の運転手が六郎からボタンが欠けたまま昨年十一月に貰ったという手袋が天井裏のものと同一であることが判明。春泥=六郎という寒川の推理は根底からくずれた。土蔵にもどると、そこでは静子が寒川にヘレンが彼に懇願した事と同じことを求めてきた。その時、寒川にひらめくものがあり、この一連の事件は変格派春泥が本格派の自分に対し探偵作家としての挑戦で二重三重に仕組んだ巧妙な完全なトリックであると。


田口久美                      香山美子

題名:江戸川乱歩の陰獣
監督:加藤泰
製作:白木慶二
原作:江戸川乱歩
脚本:加藤泰、仲倉重郎
撮影:丸山恵司
照明:三浦礼
録音:小林英男
調音:小尾幸魚
美術:梅田千代夫
装置:石渡敬之助
装飾:印南昇
衣裳:松竹衣裳
かつら:八木かつら店
編集:大沢しづ
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:池田義徳
監督補:三村晴彦
製作補:池田義徳
製作進行:大川修
スチール:金田正
出演:あおい輝彦、香山美子、大友柳太朗、若山富三郎、川津祐介、中山仁、仲谷昇、野際陽子、田口久美、加賀まりこ、尾藤イサオ、倍賞美津子、藤岡琢也、菅井きん、花柳幻舟
1977年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー118分35mmフィルム
江戸川乱歩の陰獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


あおい輝彦
江戸川乱歩の陰獣

【追記・訃報】
ドラマ「サインはV」での鬼コーチ役で知られた俳優の中山仁(本名・中山仁平)さんが2019年10月12日に亡くなっていたことが11月11日、所属事務所から発表された。77歳。肺腺がんだった。故人の遺志により、葬儀、お別れ会を行うことはせず、逝去の公表も控えていたという。中山さんは早稲田大学政経学部を中退し、1965年、文学座養成所入り。その後、劇団「NLT」を経て、1968年、三島由紀夫氏らと浪曼劇場を設立し、1970年の解散まで所属した。彫りの深い上品な顔立ちの二枚目で、「七人の刑事」などのドラマや映画、舞台に幅広く活躍した。「コンタック」CMでのコミカルな役柄でも注目された。(デイリースポーツ/2019年11月11日)

1 2 3