映画「つむじ風」


渥美清                        加賀まりこ

今回は中村登監督1963年製作「つむじ風」をピックアップする。
本作は、銭湯の黄金時代(昭和30年代)を背景に物語は展開される。今となっては希少な銭湯を軸にしいる事で、喜劇というより当時の風俗に興味を曳く作品である。撮影は巨匠成島東一郎氏。


桂小金治                        伴淳三郎、殿山泰司

富士真奈美                     若水ヤエ子、伴淳三郎

【ストリー】
失業中の浅利圭介(桂小金治)が乗用車にはね飛ばされた田舎風の青年、松平陣太郎(渥美清)を連れ帰ったのは、逃げた車の持主を探し出して賠償金をたんまりいただこうとの下心があったからである。車のナンバーから犯人は流行作家の加納明治(伊藤雄之助)と風呂屋の猿沢三吉(伴淳三郎)のどちらかであることが判り、浅利が加納に、青年が三吉に当ることになった。この青年松平陣太郎は自ら徳川将軍の末孫と称し、珍奇な風貌、頭の回転と行動力は恐るべきものがあった。彼の調べでは、三吉湯の商売仇に泉湯があり、三吉の娘一子(加賀まりこ)と泉湯の息子竜之助が(川津祐介)ロメオとジュリエット的悲恋の運命にあることも知れた。一人ほくそえんだ陣太郎が両者をあおったからたまらない。風呂賃の値下げ競争で両家の食卓にはウメボシ、ニボシが並ぶだけとなり家族は栄養失調寸前、そんな時陣太郎は引き逃げ事件を三吉に切り出した。三吉のアリバイはアパートに囲っている女子大生のお妾さん、真知子(富士真奈美)によって証明されたが、陣太郎は口止め料をせしめることが出来た。一方浅利は、加納の秘書塙女史(環三千世)を何としても攻略出来なかった。業を煮やしてこちらにも出馬した陣太郎は、たちまち引き逃げしたことを書いた加納の日記を手に入れ、まんまと多額の賠償金をせしめた。三吉に真知子の監視役を頼まれた陣太郎は彼女の隣室に移ったのだが、こともあろうに二人の間に愛情が芽生えていた。そうとは知らず三吉は陣太郎を松平家の御曹子と信じて一子と一緒にさせようと計ったので、一子は愛する竜之助と家出してしまった。塙女史が陣太郎は徳川家と無関係であることを調べあげてきたので烈火の如く怒った三吉達がアパートへ押しよせてみると二人の姿はなく、残されていたのは二組の挙式料請求書であった。その頃、陣太郎と真知子、竜之助と一子のカップルは新婚旅行のタクシーに乗込んでいた。


沢村貞子                       環三千世、伊藤雄之助

題名:つむじ風
監督:中村登
製作:深沢猛
原作:梅崎春生
脚本:清水俊男、宮崎守
撮影:成島東一郎
照明:田村晃雄
録音:吉田庄太郎
美術:佐藤公信
装置:中島好雄
装飾:町田武
衣装:山口松男
編集:浦岡敬一
現像:東洋現像所
音楽:いずみたく 主題歌:渥美清
色彩技術:倉持芳宏
スチール:梶本一三
出演:渥美清、加賀まりこ、川津祐介、伴淳三郎、桂小金治、伊藤雄之助、殿山泰司、富士真奈美、若水ヤエ子、沢村貞子、環三千世、藤田まこと、辻さとみ、大泉滉
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
つむじ風 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川津祐介、加賀まりこ                 つむじ風

映画「ダイアモンドは傷つかない」


田中美佐子                       山崎努

今回は藤田敏八監督1982年製作「ダイアモンドは傷つかない」をピックアップする。
本作は、田中美佐子さんの映画デビュー作で演技力で高評価を得た作品。ベテラン俳優陣の中で溶け込んでいるのが凄い。
東陽一監督「ザ・レイプ」と共に女性映画二本立てとして公開された。


朝丘雪路                      加賀まりこ

【ストリー】
予備校の中年講師の三村(山崎努)に弓子(田中美佐子)は秘かに瞳れていた。ひょんなことから親しく話をする機会があり、薄汚れた駅前の食堂で三村は「男には、自分の傘に女を入れてやりたい奴と、自分が女の傘に入りたい奴と二通りある。俺は入れて貰うほうだ」と弓子に話した。その夜、二人は酔いつぶれて三村の愛人の和子(加賀まりこ)の部屋へ行った。弓子は和子に対して批判的な言葉を投げつけたが、三村に関る人がすべて傷ついていて、傷つきながらもそれぞれの愛を終らせようとはしていないことを知った。三村の家庭は妻の真知子(朝丘雪路)が数年来ノイローゼで、表面的にはうまくいっているように見えたが、虚構の家だった。弓子は志望校の早稲田大学に合格し、三村から高価な家具や指輪をプレゼントされた。50年たったら結婚しようという三村の言葉を理解しようとしながらも、彼を愛したことから始まった行場のない淋しさに疲れ始めていた。ある日弓子は、一人旅から帰って来た和子と会っている三村にばったり会い、なごやかそうな二人の姿を見て動揺してしまう。妻の真知子に電話を入れる三村を、弓子は力なく見ているだけだった。そして、「もう大人のふりはおしまい。秩序正しい大人の世界を崩してしまいました」と三村に別れを告げた。


石田えり                  田中美佐子、小坂一也

題名:ダイアモンドは傷つかない
監督:藤田敏八
企画:吉田達、岡田裕、残間里江子
製作:佐藤和之
原作:三石由起子
脚本:田中晶子
撮影:田村正毅
照明:梅谷茂
録音:柿沼紀彦
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:小島頼重
装飾:新井栄治
美粧:武藤佳子
衣裳:森脇茂
記録:小山三樹子
編集:西東清明
音楽:井上尭之 主題歌:バージン・ヴィズ「サントワナミィ」
現像:東映化学
製作主任:石川通生
助監督:田中雄二、高橋芳郎
演技事務:小越浩造
スチール:加藤光男
出演:田中美佐子、山崎努、朝丘雪路、加賀まりこ、小坂一也、石田えり、高瀬春奈、新井康弘、大林宣彦
1982年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー104分35mmフィルム
ダイアモンドは傷つかない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ダイアモンドは傷つかない」山崎努、田中美佐子

大林宣彦監督(特別出演)                朝丘雪路

映画「ならず者」

ならず者ならず者
高倉健                         丹波哲郎

今回は石井輝男監督1964年製作「ならず者」をピックアップする。
本作は「東京ギャング対香港ギャング(1963年)」同様、香港とマカオにロケーションを敢行した新東宝調フィルム・ノワールである。海外ロケシーンが8割を占める映像は、観光映画にはならず、裏町の様子をリアルに捉えているのが良い。ジョン・ウー監督が本作にインスパイアされて「狼 男たちの挽歌 最終章(1989年香港)」を制作したそうだ。

ならず者ならず者
加賀まりこ                       三原葉子

【ストリー】
殺し屋の南条(高倉健)は、毛(安部徹)という男に殺しの仕事を頼まれて香港に来た。しかし目的の男を射殺し、指定されたホテルに金を受けとりにいってみると、彼を待っていたのは女の死体だった。警察の追求をのがれて毛を探すうちに、南条は遊園地の賭け台で缶詰めを射止め、そこで缶詰めをぜひ買いたいという中国服の女明蘭(三原葉子)に呼びとめられた。不審に思った南条が宿へ帰って調べて見ると、それは数億の値打ちの麻薬だった。翌日、南条は缶詰めを宿の少女小紅(高見理紗)に預けると明蘭が待つアパートを訪ねた。南条はそこで、麻薬と交換に明蘭のボス蒋(丹波哲郎)から、毛の居所を知らせてもらう約束をした。しかし明蘭は、麻薬の横取りを企み、南条をたくみにだまし、麻薬が小紅のところにあることを聞き出して小紅を殺して麻薬を強奪した。明蘭の情報から、毛が横浜にいることを探り出した南条は、横浜に帰るが、毛は一足ちがいで香港へ帰った後だった。再び香港へ戻った南条は、小紅を訪ねるが、そこで小紅が殺されたことを知る。毛を探して賭博場に来た南条は、そこで、勝った賭け金と交換に、毛の情報を聞き出すが、そこで蒋に会い、決闘を申しこまれた。蒋は南条が薬を持ち逃げしたと思い、又南条も、小紅殺しの張本人は蒋だと思っていたので、二人は怒り狂って闘う、がなお言い争ううちにそれが、明蘭の裏切りであることが解り二人は和解した。そして南条は蒋から毛のアジトを聞き出し、指定のホテルで、毛を待ちうけて復讐を果した。しかし南条も毛の手下に腹を射ち抜かれ、かけつけたパトカーの中で一人息を引きとるのだった。

ならず者ならず者
南田洋子                        杉浦直樹
ならず者ならず者
江原真二郎                   高倉健、加賀まりこ

題名:ならず者
監督:石井輝男
企画:関政次郎、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:林七郎
照明:川崎保之丞
録音:廣上益弘
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
現像:東映化学工業
進行主任:門間安彦
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:高倉健、丹波哲郎、杉浦直樹、江原真二郎、加賀まりこ、三原葉子、南田洋子、赤木春恵、今井健二、鹿内タカシ、千石規子、安部徹、高見理紗、高城丈二
1964年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
ならず者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ならず者ならず者
高倉健                        南田洋子 

ならず者

1 2 3 4