映画「待ち伏せ」


三船敏郎                        勝新太郎

石原裕次郎                      中村錦之助

今回は稲垣浩監督1970年製作「待ち伏せ」をピックアップする。
本作は稲垣監督の遺作となった作品で、五社協定の厳しかった時代からは想像出来ない豪華スターの競演作でもある。
内容も時代劇にグランドホテル形式を取り入れて峠の茶屋で展開するという斬新なものだが、三船敏郎さん以外の性格描写が弱かった気がする。


浅丘ルリ子                    北川美佳、石原裕次郎

【ストリー】
物情騒然としてきた天保年間、幕府の陰謀、策略が日夜企てられ、暗躍していた。ここ、人里離れた三州峠に偶然なのか、申し合わせなのか、にわかに人が集まってきた。まず、“からす”と呼ばれる謎の武士に金で買われた鎬刀三郎(三船敏郎)という用心棒風の男。彼はある密命をうけていたが、それが何であるかは全く知らなかった。三郎は途中、風来の女おくに(浅丘ルリ子)を助け、峠のふもとにある一軒の茶屋に預けた。その茶屋には明るい田舎娘のお雪(北川美佳)、強欲な老主人の徳兵衛(有島一郎)、それに玄哲(勝新太郎)と名乗る無気味な医者くずれが同居していた。そして渡世人の弥太郎(石原裕次郎)が足をとめた。さらに血だらけの男が二人、一人は狙った獲物は必ず射止めるという追跡役人の伊吹兵馬(中村錦之助)で、その縄にかけられているのは盗人の辰(山崎竜之介)であった。三郎と弥太郎が茶屋を出たあと、五、六人の凶悪者が押し入り、伊吹らをおそった。茶屋は一瞬にして恐怖と化し、連中は辰から何か伝言を聞き出すと容赦なく斬り捨て、伊吹ら4人を人質にした。この盗賊の首領は何と意外にも同居人の玄哲ではないか。そこへ、三郎が他の凶悪者に捕えられて入ってきた。三郎の持っていた、一通の密書を見た玄哲は三郎が仲間であることを知り、水野越前守の命で、三州峠を通る御用金を掠奪し、松本藩をつぶすためだと話した。ところが、その命を下した“からす”から「玄哲を斬れ」という密書が三郎に届いた。実は御用金などというのは真赤な嘘で、水野の弱みを握る玄哲を抹殺するという“からす”の大芝居だったのだ。“からす”の差し向けた囮の行列が近づいてきた。弥太郎が率いる陣屋の捕手もかけつけた。策略を知った三郎の止めるのをふりきって、玄哲は一目散に砂袋をつんだ行列の中へ斬り込んだ。だが裏切られ、野望をくだかれた玄哲は追手をのがれ、自ら死を選んだ。もはや、三郎には、一人私腹を肥やす“からす”は許すまじき存在であった。“からす”の一行を待ち伏せた三郎は、その胸元に剣尖を走らせた。


市川中車                       土屋嘉男

題名:待ち伏せ
監督:稲垣浩
製作:三船敏郎、西川善男
脚本:藤木弓(稲垣浩)、小国英雄、高岩肇、宮川一郎
撮影:山田一夫
照明:佐藤幸郎
録音:市川正道
音効:西本定正
整音:東宝ダビング
美術:植田寛
装置:吉田良雄
装飾:佐藤袈裟孝
化粧:小林重夫
衣裳:池田誠
殺陣:久世竜、三船プロ七曜会
記録:藤本文枝
編集:阿良木佳弘
音楽:佐藤勝
現像:東京現像所
製作担当:車田守
監督補佐:丸輝夫
監督助手:安井治
撮影助手:村野信明
照明助手:土井直之
録音助手:小林尚
美術助手:高山彦三郎
スチール:飯高鋼
出演:三船敏郎、石原裕次郎、勝新太郎、浅丘ルリ子、中村錦之助、北川美佳、有島一郎、市川中車、土屋嘉男、中北千枝子、山崎竜之介、戸上城太郎
1970年日本・三船プロダクション/シネスコサイズ・カラー117分35mmフィルム
待ち伏せ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎、北川美佳、石原裕次郎、有島一郎            三船敏郎

「待ち伏せ」稲垣浩監督

映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「座頭市鉄火旅」

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
勝新太郎                           藤村志保

今回は安田公義監督1966年製作「座頭市鉄火旅」をピックアップする。
1967年1月3日に公開された本作は、“座頭市”シリーズ”第15作目になる。仕込み杖を巡る逆転劇が、秀悦な演出でテンポ良く展開される秀作である。

座頭市シリーズ

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ                    勝新太郎、東野英治郎

【ストリー】
行方定めぬ旅の途中、座頭市(勝新太郎)は偶然、何者かに斬られた足利の親分庄太郎の最期を看取り、旅芸人の一行と共に足利にやってきた。庄太郎亡きあと、県の岩五郎(遠藤辰雄)の暴虐に足利の人は難渋していたが、市は岩五郎の賭場に現われ、イカサマの裏をかいて大金をせしめた。ただでは帰さぬと追う子分を見事な居合で斬った市は、居合わせた鍛冶屋の仙造(東野英治郎)の世話になることにした。元刀工の仙造は市の刀が師匠の作であること、そして刀の寿命が尽きていることを告げた。市は愕然とした。自分の命を守ってきた仕込みが、すでに折れかかっているというからだ。これを機会に堅気になれという仙造の勧めどおり、市は旅篭下野屋で働くことになった。そこには庄太郎の息子清吉(青山良彦)と姉のお志津(藤村志保)がいたが、実はお志津は仙造の実の娘で、庄太郎の養女だったのである。そのお志津に好色な関八州見廻役桑山(須賀不二男)が目をつけ、お志津の望みである庄太郎一家の再興を餌に近づいてきた。一方、仙造は一世一代の名刀を作ることを悲願に、20年ぶりに鋼を鍛えていたが、桑山はそれにも目をつけ、岩五郎に密かに狙わせていた。ある日、岩五郎の子分は仙造を殺し刀を奪っていってしまった。そのうえ、庄太郎一家を再興されては困る岩五郎は、清吉をも殺してしまった。しかも、お志津は桑山の許に連れていかれた。市は仙造の家に預けてあった仕込みを手にすると、桑山の屋敷に駈けつけ、桑山を斬ってお志津を救い出したが、その時、仙造が殺される前に、新刀を市の仕込みにすり替えていたのを知った。市は亡き仙造の心に感謝し、待ち受けるやくざ共を斬りまくり、岩五郎をも斬った。翌朝、誰にも告げずに、再び旅に発った市の手には、新刀の仕込みが握られていたのである。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
藤田まこと                       水前寺清子 

題名:座頭市鉄火旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:武田千吉郎
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、藤村志保、青山良彦、藤田まこと、水前寺清子、東野英治郎、春川ますみ、遠藤辰雄、須賀不二男、明星雅子、山下洵一郎、五味龍太郎
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
座頭市鉄火旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ、勝新太郎                    座頭市鉄火旅 

1 2 3 15