映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「座頭市鉄火旅」

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
勝新太郎                           藤村志保

今回は安田公義監督1966年製作「座頭市鉄火旅」をピックアップする。
1967年1月3日に公開された本作は、“座頭市”シリーズ”第15作目になる。仕込み杖を巡る逆転劇が、秀悦な演出でテンポ良く展開される秀作である。

座頭市シリーズ

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ                    勝新太郎、東野英治郎

【ストリー】
行方定めぬ旅の途中、座頭市(勝新太郎)は偶然、何者かに斬られた足利の親分庄太郎の最期を看取り、旅芸人の一行と共に足利にやってきた。庄太郎亡きあと、県の岩五郎(遠藤辰雄)の暴虐に足利の人は難渋していたが、市は岩五郎の賭場に現われ、イカサマの裏をかいて大金をせしめた。ただでは帰さぬと追う子分を見事な居合で斬った市は、居合わせた鍛冶屋の仙造(東野英治郎)の世話になることにした。元刀工の仙造は市の刀が師匠の作であること、そして刀の寿命が尽きていることを告げた。市は愕然とした。自分の命を守ってきた仕込みが、すでに折れかかっているというからだ。これを機会に堅気になれという仙造の勧めどおり、市は旅篭下野屋で働くことになった。そこには庄太郎の息子清吉(青山良彦)と姉のお志津(藤村志保)がいたが、実はお志津は仙造の実の娘で、庄太郎の養女だったのである。そのお志津に好色な関八州見廻役桑山(須賀不二男)が目をつけ、お志津の望みである庄太郎一家の再興を餌に近づいてきた。一方、仙造は一世一代の名刀を作ることを悲願に、20年ぶりに鋼を鍛えていたが、桑山はそれにも目をつけ、岩五郎に密かに狙わせていた。ある日、岩五郎の子分は仙造を殺し刀を奪っていってしまった。そのうえ、庄太郎一家を再興されては困る岩五郎は、清吉をも殺してしまった。しかも、お志津は桑山の許に連れていかれた。市は仙造の家に預けてあった仕込みを手にすると、桑山の屋敷に駈けつけ、桑山を斬ってお志津を救い出したが、その時、仙造が殺される前に、新刀を市の仕込みにすり替えていたのを知った。市は亡き仙造の心に感謝し、待ち受けるやくざ共を斬りまくり、岩五郎をも斬った。翌朝、誰にも告げずに、再び旅に発った市の手には、新刀の仕込みが握られていたのである。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
藤田まこと                       水前寺清子 

題名:座頭市鉄火旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:武田千吉郎
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、藤村志保、青山良彦、藤田まこと、水前寺清子、東野英治郎、春川ますみ、遠藤辰雄、須賀不二男、明星雅子、山下洵一郎、五味龍太郎
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
座頭市鉄火旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市鉄火旅座頭市鉄火旅
春川ますみ、勝新太郎                    座頭市鉄火旅 

映画「花くらべ狸道中」


市川雷蔵、勝新太郎                 若尾文子

今回は田中徳三監督1961年製作「花くらべ狸道中」をピックアップする。
本作は、「初春狸御殿(1959年)」に続いて市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子トリオで送るオペレッタ「狸御殿もの」のバリエーション作品で、突っ込みどころ満載の和風ミュージカル作品である。ステージが狭いのか、ホリゾントが近すぎて遠近の美しさが出てないのが残念。内容も現代のセンスとテンポを期待する訳ではないが、夢の希釈されたメルヘンだ。エンディングの大映の新進女優によるレビューシーンはお宝だそうだ。


中田康子                     花くらべ狸道中

【ストリー】
狸の国の大王選挙で、江戸文福党の放った刺客、党主文福の娘きぬた(中田康子)と腹心茂十(宮坊太郎)らの刃に重傷を負った阿波徳島党の首領文左衛門(葛木香一)に代って雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)が江戸へ行くことに決った。雷吉の恋人たより(若尾文子)は貧しいが純情娘、雷吉の身を案じて木の実の首かざりを餞別に贈った。雷吉に好意を持つ主人の娘しのぶ(近藤美恵子)はそれをみてがっかりする。雷吉、新助は弥次郎兵衛、喜多八になりすまし阿波を出発した。京は三条、池田屋へ宿をとった二人を見出したきぬたは、仇っぽい旅絵師お伝に化けて酒と女に甘い喜多八をグラマーで悩殺、あわや一命も危いところへ弥次郎の化身の街によって救われた。無一文で京を逃げだした二人は、桑名の賭場で弥次郎が賽に化けたため喜多八の勝ち放し、ゴキゲンなところへ現われたお伝がそれを喋ったため賭場は大騒動。弥次郎とはぐれた喜多八は、お伝や茂十の術策に俵につめられ川に投げこまれた。弥次郎も文福党一味に襲われるが、たよりのくれた首飾りが危険信号を発して、危いところを免れ、またそれによって喜多八を救った。その頃、雷吉恋しさにたよりは彼を追って江戸へ旅立った。それを知ったしのぶも江戸へ。重なる失敗に文福党は、大挙して箱根で網を張った。そこで展開された虚々実々の化けくらべでは、弥次喜多コンビの化け勝ちとなって難関を突破した。次の宿で祝盃をあげる二人にたよりがたずねて来たが、喜多八はお伝と思って追い返した。一人のたよりを捕えた文福党はそれをおとりに弥次喜多を捕まえてしまった。それをみて、たよりは泣き出した。そして、その涙は真珠の玉となって流れ弥次喜多をしばる縄は切れてしまった。さすがのお伝もたよりの美しい心に負けて牢の鍵をあけてやるのだった。いよいよ狸御殿で大王選挙が行われようとした時、現われた弥次喜多が激しい乱闘の末、文福(見明凡太朗)をとりおさえるが、彼らの罪を許し、これからは仲良くやっていこうと手をさしのべた。折から、徳島より傷いえた文左衛門が到着、大王の地位は彼に決定した。今や平和に戻った狸御殿では賑やかな狸祭りが始まっていた。


楠トシエ                      五月みどり

題名:花くらべ狸道中
監督:田中徳三
企画:辻久一
製作:武田一義
脚本:八尋不二
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:林米松
技斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:浜口庫之助
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
色彩計測:白波瀬直治
スチール:藤岡輝夫
出演:市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子、近藤美恵子、五月みどり、楠トシエ、浦路洋子、宮川和子、小林勝彦、赤坂小梅、宮坊太郎、葛木香一、見明凡太朗
1961年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
花くらべ狸道中 -DVD-
2019年12月現在、DVDレンタルはありません。


花くらべ狸道中

1 2 3 15