映画「花くらべ狸道中」


市川雷蔵、勝新太郎                 若尾文子

今回は田中徳三監督1961年製作「花くらべ狸道中」をピックアップする。
本作は、「初春狸御殿(1959年)」に続いて市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子トリオで送るオペレッタ「狸御殿もの」のバリエーション作品で、突っ込みどころ満載の和風ミュージカル作品である。ステージが狭いのか、ホリゾントが近すぎて遠近の美しさが出てないのが残念。内容も現代のセンスとテンポを期待する訳ではないが、夢の希釈されたメルヘンだ。エンディングの大映の新進女優によるレビューシーンはお宝だそうだ。


中田康子                     花くらべ狸道中

【ストリー】
狸の国の大王選挙で、江戸文福党の放った刺客、党主文福の娘きぬた(中田康子)と腹心茂十(宮坊太郎)らの刃に重傷を負った阿波徳島党の首領文左衛門(葛木香一)に代って雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)が江戸へ行くことに決った。雷吉の恋人たより(若尾文子)は貧しいが純情娘、雷吉の身を案じて木の実の首かざりを餞別に贈った。雷吉に好意を持つ主人の娘しのぶ(近藤美恵子)はそれをみてがっかりする。雷吉、新助は弥次郎兵衛、喜多八になりすまし阿波を出発した。京は三条、池田屋へ宿をとった二人を見出したきぬたは、仇っぽい旅絵師お伝に化けて酒と女に甘い喜多八をグラマーで悩殺、あわや一命も危いところへ弥次郎の化身の街によって救われた。無一文で京を逃げだした二人は、桑名の賭場で弥次郎が賽に化けたため喜多八の勝ち放し、ゴキゲンなところへ現われたお伝がそれを喋ったため賭場は大騒動。弥次郎とはぐれた喜多八は、お伝や茂十の術策に俵につめられ川に投げこまれた。弥次郎も文福党一味に襲われるが、たよりのくれた首飾りが危険信号を発して、危いところを免れ、またそれによって喜多八を救った。その頃、雷吉恋しさにたよりは彼を追って江戸へ旅立った。それを知ったしのぶも江戸へ。重なる失敗に文福党は、大挙して箱根で網を張った。そこで展開された虚々実々の化けくらべでは、弥次喜多コンビの化け勝ちとなって難関を突破した。次の宿で祝盃をあげる二人にたよりがたずねて来たが、喜多八はお伝と思って追い返した。一人のたよりを捕えた文福党はそれをおとりに弥次喜多を捕まえてしまった。それをみて、たよりは泣き出した。そして、その涙は真珠の玉となって流れ弥次喜多をしばる縄は切れてしまった。さすがのお伝もたよりの美しい心に負けて牢の鍵をあけてやるのだった。いよいよ狸御殿で大王選挙が行われようとした時、現われた弥次喜多が激しい乱闘の末、文福(見明凡太朗)をとりおさえるが、彼らの罪を許し、これからは仲良くやっていこうと手をさしのべた。折から、徳島より傷いえた文左衛門が到着、大王の地位は彼に決定した。今や平和に戻った狸御殿では賑やかな狸祭りが始まっていた。


楠トシエ                      五月みどり

題名:花くらべ狸道中
監督:田中徳三
企画:辻久一
製作:武田一義
脚本:八尋不二
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:林米松
技斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:浜口庫之助
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
色彩計測:白波瀬直治
スチール:藤岡輝夫
出演:市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子、近藤美恵子、五月みどり、楠トシエ、浦路洋子、宮川和子、小林勝彦、赤坂小梅、宮坊太郎、葛木香一、見明凡太朗
1961年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
花くらべ狸道中 -DVD-
2019年12月現在、DVDレンタルはありません。


花くらべ狸道中

映画「新座頭市 破れ!唐人剣」


勝新太郎                         王羽

今回は安田公義監督1970年製作「新座頭市 破れ!唐人剣」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズの第22作で勝プロダクションとゴールデン・ハーベスト(香港)との合作になる。その為に日本公開版と香港公開版があり、ラストシーンの座頭市と王(王羽)の対決は、二通りになった。日本公開版は座頭市が勝ち、香港公開版は王剛が勝つというバージョンである。香港公開版は、香港のトップスターであるジミー・ウォング(王羽)の代表作、片腕必殺剣(獨臂刀)シリーズの第3作目としている。

座頭市シリーズ


勝新太郎、浜木綿子                    寺田路恵

【ストリー】
襲いくる杉戸一家のやくざを叩っ斬り、今日も、御法度の裏街道を旅していた座頭市(勝新太郎)は、瀕死の唐人から小栄(香川雅人)という子供を預けられた。街道筋で南部藩といさかいを起こして追われる身となった王(王羽)という唐人剣士が小栄の知人であることを知った市は王を救い小栄を渡してやった。一夜の宿に、と入った水車小屋で市は再び二人に出合い、小栄のカタコトの通訳で王が福龍寺に友人をたずねていくと知った市は、心よく案内役を買ってでた。寺へいく途中、親切な与作(花澤徳衛)、お米(寺田路恵)の親子から、懸賞金ほしさに王を追っている藤兵ヱ一家の探索が続いていることを知った市は、二人を親子にかくまってもらうことにした。王、小栄の食料を求めて町にでた間に、藤兵ヱ一家に襲われ、やっと市がたどりついた時はすでに与作夫婦は斬殺されお米、王、小栄の三人の姿は見えなかった。その足で藤兵ヱの家に馳け込んだ市は得意の居合でお米を助けだしたが、お米に裏切者との思いもかけぬ言葉をぶつけられて茫然とした。やりきれぬ思いを酒でまぎらわせる市に、酌婦お仙(浜木綿子)は、あでやかな姿で言いたってきたが、これも杉戸一家生き残りの為助と用心棒の片捧をかつぐ手管だった。スキをうかがい斬りつけてきた為助(森章二)らを、目にも止まらぬ居合で斬り捨てた市は、わずかな望みを胸に、福龍寺をたずね王、小栄の無事を聞き安心したものの、王が市を裏切者と思いこんでいるとは夢にも考えてはみなかった。だが王と小栄を売ったのは、親友と信じていた福龍寺の覚全(南原宏治)であり、覚全の手引きで不意を襲ってきた南部藩士に、不覚にも小栄を奪われてしまった王は、小栄奪回のために菩提ヶ原へ乗り込んでいき、南部藩士たちと凄惨な闘いを展開していった。一方お仙の宿に逃げ込んできたお米から、王、小栄の危機を告げられた市は、お米と少々頭のいかれた、波の市(三波伸介)、新七(伊東四朗)、亀(戸塚睦夫)の手を借りて策を練った。盲の利を生かし、夜の街道を急ぐ唐丸篭護送隊に斬り込んみ、小栄を救い出して、お米に託した市は、懸命に菩提ヶ原に向った。市を必死にはばむ藤兵ヱ一家は、荷車、分銅ぐさりなどの武器で市の行手をはばんだが怒りに燃えた市を倒すことはできなかった。藩士の死体の横たわる菩提ヶ原にたどりついた市の前に、死闘のあともなまなましい王の凄惨な姿が現われた。市は王の無事を喜んだものの、誤解のとけない王は、市に血だらけの剣を向けて闘いを挑んできた。語りかけることのできない目と話しかけても通じない言葉が、非情な剣の対決に二人を陥しいれた。勝負は一瞬のうちに決まり、王の体は静かに崩れ落ちていった。


南原宏治                勝新太郎、伊東四朗、三波伸介、戸塚睦夫

題名:新座頭市 破れ!唐人剣
監督:安田公義
製作:勝新太郎
原作:子母沢寛
脚本:安田公義、山田隆之
撮影:牧浦地志
照明:美間博
録音:大谷巖
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
擬斗:楠木栄一
編集:谷口登司夫
音楽:富田勲
現像:東洋現像所
製作補佐:西岡弘善
製作主任:眞田正典
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、王羽(ジミー・ウォング)、浜木綿子、南原宏治、寺田路恵、安部徹、花澤徳衛、てんぷくトリオ(三波伸介、伊東四朗、戸塚睦夫)、佐々木孝丸、山本一郎、森章二、大前均、橋本力、香川雅人、汪玲
1970年日本・香港・勝プロダクション+ゴールデン・ハーベスト/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
新座頭市 破れ!唐人剣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎                            王羽

王羽、勝新太郎                                                新座頭市 破れ!唐人剣

映画「座頭市逆手斬り」

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
勝新太郎                         藤山寛美

今回は森一生監督1965年製作「座頭市逆手斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第11作目になる。今作は松竹喜劇の名優藤山寛美さんが、ニセ座頭市として登場するが、脚本がその魅力を減衰させる内容にしているのが残念だ。だいたいニセ・ヒーローが出てくる様な内容になるとアイディアの枯渇が露呈される事が多い。この当時、勝新太郎さんは「兵隊やくざ」シリーズが始まり「座頭市」「悪名」と合わせて3本の人気シリーズを抱え、名実共に大映のドル箱スターになっている。

座頭市シリーズ

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
滝瑛子                         石山健二郎

【ストリー】
もぐりバクチの罪で捕った座頭市(勝新太郎)は、牢内で無実の罪で死刑を宣せられたやくざ島蔵(水原浩一)から、彼の無実を証明する兄弟分・黒馬の仙八(原田玄)か荒磯の重兵衛親分(石山健二郎)をたずねてくれるようにと頼まれた。翌朝牢を出た市は、若いやくざ百太郎(藤山寛美)と一緒になったが、市とは縁の深い青田の鎌十(玉置一恵)の許へわらじを脱いだ市が、下にもおかぬもてなしをうけるのに腹をたてて市と別れた。数日後、大洗の宿で黒馬の仙八を訪ねあてた市は、島蔵の身の上を話して協力を頼んだ。一度はこれをひきうけた仙八だったが、その夜市は黒馬一家に寝込みを襲われた。得意の居合斬りで刺客を蹴散らした市は仙八をしめあげ、役人を買収し島蔵をおとしいれたのは、荒磯の重兵衛であることを聞きだし、さらに黒馬一家に監禁されていた妖艶な女お米(滝瑛子)を救けた。その後お米は市を慕って、どこまでも後を離れようとはしなかった。それからまた数日、市は百太郎の扮するニセ座頭市に悩まされながらも、島蔵の身を案じて、荒磯の重兵衛の許に急いだ。そのころ島蔵の娘お千代(明星雅子)は、何とか島蔵を救おうと、必死の思いで重兵衛に嘆願した。しかし重兵衛は、そんなお千代の弱身につけこんでお千代の身体を奪おうとした。が、危機一髪かけつけた市は、必殺の逆手斬りで重兵衛の仔分をなぎたおし、重兵衛に島蔵の無罪を証明させる書付を書かせた。そこで市は、お千代から百太郎が島蔵の息子であることを聞かされた。市は早速重兵衛の書状を、刑場にはこばれる島蔵の許に届けた。無罪を証明されて涙を流してよろこぶ島蔵をあとに、市の孤影は鹿島灘の砂丘に消えていった。必死に後を追うお米をしたがえて……。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
藤山寛美、勝新太郎

題名:座頭市逆手斬り
監督:森一生
企画:財前定生
原作:子母沢寛
脚本:浅井昭三郎
撮影:今井ひろし
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:大森盛太郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督: 大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、藤山寛美、滝瑛子、明星雅子、村瀬幸子、石山健二郎、島田竜三、水原浩一、南部彰三、守田学、原田玄、玉置一恵、伴勇太郎
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
座頭市逆手斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市逆手斬り座頭市逆手斬り
座頭市逆手斬り

1 2 3 4 15