映画「錆びたナイフ」


石原裕次郎                                                     北原三枝

今回は舛田利雄監督1958年製作「錆びたナイフ」をピックアップする。
本作は日活の看板俳優総出で石原慎太郎氏原作の小説を映画化したものだ。石原裕次郎さんが歌った同名主題歌は、184万枚を売り上げる大ヒットとなった。ロケーション撮影は、福岡県北九州市門司で行われたそうだ。


小林旭、白木マリ                北原三枝、石原裕次郎

【ストリー】
--さる新興の工業都市。勝又運輸の社長勝又(杉浦直樹)が、検察庁に召喚された。狩田検事(安井昌二)の鋭い追求も、後難を怖れた被害者と目撃者の沈黙の前には無力だった。その殺人事件はまたも迷宮入りとなった。が、5年前自殺した西田市会議長は他殺だという投書が届いた。投書の主、島原は目撃者として自分の他に橘、寺田という二人の男を知らせてきた。しかし、島原(宍戸錠)は西下の途中、何者かに列車から突き落されて死んだ。橘(石原裕次郎)は町はずれのバー・キャマラードの支配人だ。かつて、やくざであり、恋人のために人を殺した。前科者。彼は平凡な市民になることが念願だった。アナウンサーの啓子(北原三枝)がこのバーに遊びにきて、この男に惹かれた。彼女の許婚者は橘と学校友達で間野(弘松三郎)といい、紳士として評判の高い市会の実力者間野真吾(清水将夫)の息子だ。啓子が持参した街頭録音のテープで、橘は5年前の自分の恋人が暴行された事件は大勢の男が関係していることを知った。寺田(小林旭)が彼にかくれて、勝又から金を貰い、ズべ公の由利(白木マリ)と遊び廻っていたことを知り、橘は寺田を怒鳴りつけた。寺田は兄貴の恋人暴行事件の張本人は勝又だと捨ぜりふして飛び出して行った。勝又は何者かから無線機による指令を受けていた。小僧ヲ整理シロ。寺田は勝又に死のトラックに乗せられたが、橘が追ってきて救った。橘が勝又を縛り上げ、検察庁に着いたとき、先に知らせにきた寺田は、どこからか飛来してきた銃弾に倒れた、--護衛に高石刑事がいたのに。--新聞は勝又の逮捕で町が明るくなるだろうと一斉に書きたてたが、勝又が差し入れの毒まんじゅうで自殺し、あっけない幕切になった。が、はたして、そうか。橘は勝又の後に黒幕がいることに気づいた。彼は警察の裏庭で高石刑事が怪しい男と連絡しているのを見た。彼はイヌだったのだ。橘は無線機を使って、黒幕の男を海岸におびきだした。啓子は無線機のその声に思い当り、間野邸の真吾の居間へ行き、そこに無線機を見た。間野が仕込杖で高石を殺した直後、橘は海岸に着き、間野を面罵した。乱闘。彼が錆びたナイフを振り上げた時、啓子が必死にとめた。間野は自分の子分の車にひかれて死んだ。危く罪を重ねかけた自分、--橘は砂山をトボトボとたどった。啓子は狩田検事に励まされ、彼の後を追って行った。


宍戸錠                        杉浦直樹

題名:錆びたナイフ
監督:舛田利雄
製作:水の江滝子
原作:石原慎太郎
脚本:石原慎太郎、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:松山崇
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝 主題歌:石原裕次郎「錆びたナイフ」
製作主任:中井景
助監督:河辺和夫
出演:石原裕次郎、北原三枝、小林旭、宍戸錠、白木マリ、安井昌二、杉浦直樹、清水将夫、河上信夫、相原巨典、弘松三郎
1958年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ90分35mmフィルム
錆びたナイフ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石原裕次郎、北原三枝                石原裕次郎

映画「陽のあたる坂道」



石原裕次郎                      北原三枝

今回は田坂具隆監督1958年製作「陽のあたる坂道」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、以降1967年(日活)と1975年(東宝)で2度映画化されている。撮影は1958年1月から4月まで行われ、大田区田園調布(駅付近の道、同・駅前、多摩川台公園)、文京区小石川、新宿区(信濃町駅、外苑の銀杏並木、絵画館前)、西多摩郡羽村町などでロケーションが行われたそうだ。本編は、女子高校生役の芦川いづみさんが可憐だった。今、こんな女子高校生役が出来る女優はいないと思う。


芦川いづみ                   川地民夫(デビュー作)

【ストリー】
田代玉吉(千田是也)は出版会社の社長で、家族は妻のみどり(轟夕起子)、長男の医大生雄吉(小高雄二)、少々ひねくれ者だが自由奔放な次男信次(石原裕次郎)、それに足のわるい娘のくみ子(芦川いづみ)。女子大生倉本たか子(北原三枝)は、くみ子の家庭教師であり彼女のアパートの隣室に、高木トミ子(山根寿子)と一人息子の民夫(川地民夫)が住んでいた。ある日、父の玉吉と話をしていた信次は、ふとしたことから自分が父と柳橋の芸者との間に出来た子であることを知った。数日後くみ子はたか子を誘ってある喫茶店に行った。彼女はくみ子の夢中になっているジャズシンガーが、民夫なのでびっくりした。正月の元旦、信次はたか子の話からトミ子が自分の実母であると感知して、アパートをたずねた。しかしトミ子は不在で、留守居の民夫は裕福そうな信次に反感を抱いて、彼を部屋に入れようとしなかった。母のみどりは信次のことを心配して、やさしく彼をなぐさめた。信次の心の中には、たか子への愛情が芽生えていたが、持前のひねくれで、率直に言えなかった。当のたか子は雄吉とスキーにいって求婚されたが、なにか二人の間に隔りを感じ承諾できなかった。くみ子は医師の診断をうけ、足のなおるのがわかったので、民夫に結婚したいといった。その頃、雄吉はファッションモデルのゆり子(渡辺美佐子)と問題をおこし、そのいざこざを信次におっかぶせてしまった。しかし、信次が悪いのではないことを知ったたか子は、彼の情熱的な青年らしい真情を感じた。くみ子とたか子の計らいで、信次は民夫と会い、大喧嘩をしたがいつしか二人は兄弟愛に結ばれていった。その帰途、信次はたか子を踊りに誘い、強引に接吻した。一度は怒ったたか子も、彼の胸に抱かれるのだった。くみ子と民夫の明るい顔にも、田代家の前の坂道にも、暖かい春の陽ざしが、彼らを祝福するかのようにふりそそいでいた。


轟夕起子、石原裕次郎             芦川いづみ、轟夕起子、小高雄二

題名:陽のあたる坂道
監督:田坂具隆
製作:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:田坂具隆、池田一朗
撮影:伊佐山三郎
照明:岩木保夫
録音:米津次男
美術:木村威夫
記録:飯村知子
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝
製作主任:林本博佳
助監督:牛原陽一、山崎徳次郎
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、川地民夫、轟夕起子、小高雄二、山根寿子、千田是也、渡辺美佐子、森川信、小沢昭一、天草四郎
1958年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ203分35mmフィルム
陽のあたる坂道 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川地民夫、石原裕次郎                北原三枝、芦川いづみ

川地民夫、芦川いづみ               石原裕次郎、小高雄二

映画「嵐を呼ぶ男」


嵐を呼ぶ男

石原裕次郎                      北原三枝

今回は井上梅次監督1957年製作「嵐を呼ぶ男」をピックアップする。
本作で北原三枝さん演じるヒロインの女帝マネージャーのモデルは、当時女性マネージャーのはしりとして注目を集めていた渡辺美佐さん(現・渡辺プロダクショングループ代表)をモデルとしたそうだ。また石原裕次郎さんが歌う主題歌は、最初のヒット曲となった。


芦川いづみ                    北原三枝、岡田真澄

【ストリー】
音楽学校の生徒国分英次(青山恭二)は、銀座の流しギターで評判の暴れん坊である優しい兄の正一(石原裕次郎)を売り出そうと思っていた。それをジャズ・バンド「福島慎介とシックスジョーカーズ」の女支配人美弥子(北原三枝)にたのみ込んだ。バンドのNo1ドラマー、チャーリー・桜田(笈田敏夫)は、美弥子と結ばれた仲だったが、最近ステージ・ダンサーのメリー(白木マリ)に引かれていた。そして、ついに美弥子と別れてメリーの属する持永興行と契約してしまった。No1を失った美弥子は正一のことを思い出した。「彼を日本一のドラマーとして育て上げよう」桜田への競争心も手つだって彼と契約したのである。正一も懸命になった。父を失い、母(小夜福子)から冷たくあつかわれて来た彼は、「おふくろの鼻をあかしてやる」という気持もあった。正一が初出演する日、表面、ジャズ評論家で、実は情報屋の黒幕左京徹(金子信雄)が現れ、美弥子との仲をとりもつことを条件に、君を売り出してやろうと正一に持ち出した。正一の人気は次第に上ってきた。もちろん左京の運動もあったが、彼の猛練習、それに美弥子の厳格な指導でメキメキと力をつけたのだった。そのうち、二人の間に淡い恋心が芽生えた。いよいよ桜田と正一がドラム合戦をすることになった。その前夜、正一はメリーをめぐる紛争から、桜田の取巻きの与太者と喧嘩して右手を傷つけられた。当日、繃帯をまいた手の痛々しい彼は、遂にマイクをにぎると荒々しい一曲を唄い、満場の拍手をあびた。だが、母は正一に冷たかった。絶望して泥酔した彼は、はじめて美弥子と結ばれた。ところが、たまたま弟英次が新人リサイタルに推薦されることになり、それには左京の力が必要となった。正一は以前の左京との約束を守ろうと、美弥子から離れるつもりになったが、左京と桜田一味の襲撃にあい、右手を完全につぶされてしまった。英次の晴れての演奏会の夜がやってきた。客席では今は正一を理解した母、美弥子、そして英次を恋するみどり(芦川いづみ)が、喜びにあふれてかがやかしい英次の姿にながめいっていた。その時正一は、バーのラジオで英次のうたごえをききながら、一人で涙を流していた。自分はダメだが、弟が……と思いながら。


白木マリ                    石原裕次郎、金子信夫

題名:嵐を呼ぶ男
監督:井上梅次
製作:児井英生
原作:井上梅次
脚本:井上梅次、西島大
撮影:岩佐一泉
照明:藤林甲
録音:福島信雅
美術:中村公彦
編集:鈴木晃
音楽:大森盛太郎
フィルム:イーストマンコダック
現像:東洋現像所
製作主任:森山幸晴
助監督:前田満州夫
スチール:斎藤耕一
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、青山恭二、岡田眞澄(岡田真澄)、白木マリ、金子信雄、小夜福子、高品格、笈田敏夫、平尾昌晃
1957年日本・日活/日活スコープ(シネスコサイズ)・カラー100分35mmフィルム
嵐を呼ぶ男 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


嵐を呼ぶ男

1 2