映画「修羅の群れ」


松方弘樹                       菅原文太

今回は山下耕作監督1984年製作「修羅の群れ」をピックアップする。
主演に松方弘樹さんを迎え、鶴田浩二さん、若山富三郎さん、菅原文太さん、丹波哲郎さん、北島三郎さん、北大路欣也さん等、東映の任侠映画路線を築き上げたベテラン俳優陣が重厚さを加えている。そして、東映初出演の酒井和歌子さんが華を添え元プロ野球選手の張本勲さんと小林繁さんも出演する。

【追記・訃報】
本作の主演をした松方弘樹さんが、2017年1月21日に死去した。享年74歳だった。


酒井和歌子                     北大路欣也

北島三郎                      鶴田浩二

【ストリー】
昭和8年の冬、雪の舞う横浜浅間町の柔道の吉岡道場を、横浜四親分の一人、加東伝三郎(丹波哲郎)が訪ねてきた。そこで柔道を習う稲原龍二(松方弘樹)は加東の勧めもあって、彼の若い衆になることに決めた。インテリでありながら博奕で身を滅ぼした父の仇をとるには、この道で男をあげるしかないと思ったのだ。龍二はよく働き、そんな彼に加東一家の兄貴分横山(鶴田浩二)が仁侠道のイロハを教えた。ある日、売り出し中の龍二は海岸でチンピラにからまれている娘を助ける。娘の名は中田雪子(酒井和歌子)、後の稲原夫人である。日本が太平洋戦争に突入した昭和15年、二人は結婚した。19年、勤労奉仕で御殿場の山北へ出かけた龍二は、伝三郎の兄弟分、横浜笹岡一家の桐原銀一郎とことを起こしてしまう。しかも、横浜四天王の一人、鶴岡政次郎(若山富三郎)の目前でだ。しかし、鶴岡は、弱い人間をかばって喧嘩した龍二を見込んで、身柄をあずかるといってくれた。戦後の混乱期の湯河原。賭場で無法をはたらいた海軍復員兵の長谷部(木之元亮)と森谷(清水健太郎)が龍二の貫禄に圧倒され、若い衆になった。更に、モロッコの辰、井沢輝一(菅原文太)というグレン隊あがりの暴れ者たちも次次と舎弟分となった。そして昭和24年春、熱海の山崎一家石井光之助親分の跡目を継ぎ、稲原組がうぶ声をあげた。僅か10年の間に稲原組は熱海を制覇するや、小田原、横浜、静岡へと進攻し、組員も増えた。龍二の人種差別しない心に感動した韓国人の山村修道(張本勲)、田上圭(小林繁)、五、六百人の若い衆をかかえる石河(北大路欣也)も、稲原に惚れ身内となった。組織が大きくなればなるほど上下の意志の疎通は欠けるようになり、井沢の独断専行が目にあまるようになった。横山は、彼を破門せよと迫り、龍二は断腸の思いでこれに従った。さらに不幸は襲った。龍二が親と仰いだ横山が死んだのだ。龍二は、横山のために建てた墓前で、更なる前進を誓うのだった。


若山富三郎                      丹波哲郎

題名:修羅の群れ
監督:山下耕作
製作総指揮:俊藤浩滋、高石淡
製作:佐藤雅夫、斎藤一重
原作:大下英治
脚本:村尾昭
撮影:赤塚滋
照明:海地栄
録音:平井清重
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:豊中健
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:木下忠司 主題歌:北島三郎「神奈川水滸伝」
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
スチール:中山健司
主演:松方弘樹、鶴田浩二、菅原文太、北大路欣也、酒井和歌子、北島三郎、若山富三郎、丹波哲郎、小林繁、張本勲、品川隆二、小野さやか、目黒大樹、待田京介、木之元亮
1984年日本・東映/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
修羅の群れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松方弘樹

映画「昭和残侠伝 破れ傘」


高倉健、池部良                  鶴田浩二、高倉健

今回は佐伯清監督1972年製作「昭和残侠伝 破れ傘」をピックアップする。
本作は “昭和残侠伝”シリーズ” の全9作のラストバージョンになる。
この後に東映は、1973年から「仁義なき戦い」シリーズが始まり、任侠映画から実録路線への過渡期となった。


星由里子                        安藤昇

【追記・訃報】
映画「若大将」シリーズのヒロイン役などで人気を博した女優の星由里子(ほし・ゆりこ 本名清水由里子=しみず・ゆりこ)さんが2018年5月16日に京都市の病院で死去した。享年74歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族のみで営まれる。後日お別れの会を開く予定。1958年、東宝が募集した「ミス・シンデレラ娘」に選ばれて芸能界入りし、映画「すずかけの散歩道」で女優デビュー。加山雄三さん主演の映画「若大将」シリーズに加山さんの恋人役として出演し、人気となった。NHK連続テレビ小説「あぐり」やミステリードラマ「科捜研の女」など、テレビドラマでも活躍した。(2018年5月18日東京新聞 TOKYO WEBより)

【ストリー】
3年振りに出所した花田秀次郎(高倉健)は、郡山に一家をはる兄弟分の寺津力松(安藤昇)を尋ねた。ところが、丁度その頃寺津組と、同じく郡山に一家を仕切る天神浜との間に抗争が起こり、秀次郎は寺津の助立ちとして寺津組と一緒に天神浜一家へ斬り込んだ。そして、秀次郎の前に天神浜一家は後退、親分の政太郎(水島道太郎)も深手を負って倒れた……。4年後。初恋の女、お栄(星由里子、)を探して旅を続ける秀次郎は新潟にいた。ある日、秀次郎は晴雨一家の賭場でイカサマを仕組んだ銀二郎(北島三郎)の制裁を身代りに受ける。銀二郎の妹の女郎・よし恵(堀越光恵)に対する思いやりに感激したのである。晴雨組組長・弥三郎(鶴田浩二)はそんな秀次郎に渡世人としての心情をしみじみと通い合わすのだった。やがて秀次郎は寺津一家に再び草鞋をぬいだ。寺津は会津若松の親分鬼首鉄五郎(山本麟一)の妹おしま(鮎川いずみ)を妻にしていた。鬼首は寺津を利用して、東北全体の制圧を狙っていたのである。この郡山で、秀次郎はお栄と再会した。お栄は、もと天神浜一家の代貸で足を洗って造酒屋をやっている風間重吉(池部良)の妻になっていた。そして、お栄は秀次郎を探して旅をしたこと、死んだという噂を聞き自殺を計ったこと、そして重吉に助けられ、妻になったことを告げた。二人はつのる激情を必死にこらえるのだった。やがて、寺津一家の縄張り荒しが露骨になり、天神浜一家の若親分が殺され、重吉は組の危機を救うべく組に戻った。数日後。天神浜一家の若衆の一人が寺津を襲った。鬼首は秀次郎にこのおとしまえを命じた。渡世の淀、秀次郎と重吉は白刃を抜いて対決した。その時、お栄が二人の間に飛び込んで来た、誤って重吉の白刃がお栄の背を貫いてしまう……。やがて、弥三郎が仲介に乗り出した。だが、鬼首はこの仲介を蹴り、客人になったばかりの銀二郎を弥三郎への刺客へと向けた。死を覚悟した銀二郎は、天神浜一家に乗り込むと自ら相手のドスを胸に受けて息を引き取った。鬼首は若松から一家全員を引きいて、寺津一家へ乗り込み、絶縁状をつきつけた寺津を斬り、更に、弥三郎をも殺害した……。雪が舞っていた。秀次郎と重吉は肩を寄せ合い鬼首たちのこもる寺へ殴りこんでいった。どっと迎え討つドスの林。唸りをあげる秀次郎と重吉のドス。降りしきる雪の上に血の花が乱れ咲く。凄まじい斬り合いの末、秀次郎は鬼首の脇腹へ深々とドスをつき刺した。


北島三郎                        山本麟一

山城新伍、待田京介                   檀ふみ

題名:昭和残侠伝 破れ傘
監督:佐伯清
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:村尾昭
撮影:飯村雅彦
照明:梅谷茂
録音:井上賢三
美術:北川博
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
衣装:河合啓一
技斗:遠藤勉
記録:照井鈴子
編集:田中修
音楽:木下忠司 主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:坂上順
助監督:三堀篤
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:高倉健、安藤昇、池部良、星由里子、鶴田浩二、檀ふみ、堀越光恵、北十学、鮎川いづみ、北島三郎、待田京介、山城新伍、山本麟一、水島道太郎、今井健二
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
昭和残侠伝 破れ傘 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高倉健、星由里子                    高倉健

映画「日本侠客伝 関東篇」


高倉健                                                        鶴田浩二

今回はマキノ雅弘監督1965年製作「日本侠客伝 関東篇」をピックアップする。
本作は、日本侠客シリーズ第3作で、関東大震災をきっかけに日本橋から築地へ移転した築地魚市場が舞台で “今までの侠客モノ” と違うカタギの高倉健さんと堂に入ったヤクザの鶴田浩二さんが “東京魚市場協同組合理事長の郷田と石津組の悪行をドスで解決する” といった内容だ。


南田洋子                      高倉健、藤純子

【ストリー】
風来坊船乗り緒方勇(高倉健)は、ふとしたことから知り会った小揚の磯村松夫(長門裕之)の紹介で築地魚市場で老舗を誇る間屋“江戸一”で働くことになった。“江戸一”は父なきあと男勝りの長女市川栄(南田洋子)がきりもりしていたが、商売は思わしくなかった。それは、東京魚市場協同組合理事長郷田勢之助(天津敏)が石津組のやくざを使って魚市場を牛耳っていたからだ。彼等は小売商人を脅かして、“江戸一”との取引きを妨害していたので、“江戸一”派の商人たちは、仕方なく高値の魚を郷田から買っていた。それでも栄に力を貸す人はいた。小揚組合長の三谷、栄の妹光子と恋仲の松夫、勇ら郷田のやり方に反抗する人々であった。その頃、日南物産の森田が耳よりな話を持って来た。香港帰りのカナダ船が大量の鮪を売りたがっているというのだ。初の外国との取引きに栄は希望をもったが、郷田の指し金で水揚は禁止された。この仕打ちに怒った松夫は、郷田暗殺を企てたが、拳銃がはずれ石津組親分を射殺した。石津組のやくざに追われるはめとなった松夫は通りがかった江島勝治(鶴田浩二)に助けられた。勝治はかつて栄の亡父の世話になり五年振りに朝鮮から帰って来たのだった。“江戸一”の恩に報いるために勝治は石津親分射殺事件の責を負った。郷田らのやり方はあくどさを増していった。見兼ねた三谷(大木実)は小揚組合の公金を栄に渡し、網元との直接取引をすすめた。やがて、焼津の網元頭八十川(丹波哲郎)との取引が成立した。だがまたも郷田の手で陸揚げが妨害された。勇、栄らは怒りにふるえた。三谷ら小揚組合員も栄らに加勢して魚河岸は大乱闘となった。その頃、松夫と勝治は郷田の事務所に殴り込んだ。勝治の制止も聞かず血気にはやる松夫はやくざの群れの中で鮮血にまみれた。これをみかねた勝治は郷田に体ごとぶつかっていった。魚河岸も勇の奮闘で静かになった勝治は松夫の亡骸から離れると警察に向った。数カ月後網走の勝治から、元気で罪に服しているというハガキを受け取った勇は魚河岸で一生暮らすことを決意した。栄も、明るく江戸一を守ろうと決意する。


北島三郎、長門裕之、藤純子            鶴田浩二、南田洋子             

題名:日本侠客伝 関東篇
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:村尾昭、笠原和夫、野上龍雄
撮影:吉田貞次
照明:和多田弘
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:矢守好弘
装飾:中岡清
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
衣装:三上剛
技斗:谷俊夫
記録:国定叔子
編集:河合勝巳
音楽:齋藤一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:並河止夫
助監督:富田義治
スチール:深野隆
出演:高倉健、鶴田浩二、長門裕之、大木実、北島三郎、丹波哲郎、南田洋子、藤純子、待田京介、山城新伍、天津敏、遠藤辰雄、山本麟一、曽根晴美
1965年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
日本侠客伝 関東篇 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


日本侠客伝 関東篇

日本侠客伝 関東篇

待田京介、長門裕之                  丹波哲郎