映画「ホラ吹き太閤記」


「ホラ吹き太閤記」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は古澤憲吾監督1964年製作「ホラ吹き太閤記」をピックアップする。
本作はクレージー・キャッツの ”時代劇シリーズ” 第1弾で全4作が制作された。内容は植木等さん扮する木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉が、要領よく立ち回り出世していくサクセスストーリーだ。エキストラの数、合戦の空撮など撮影予算は大きい作品である。撮影の一部は、姫路城で行われたそうだ。


藤山陽子                                ハナ肇

「ホラ吹き太閤記」浜美枝

谷啓                                  東野英治郎

【ストリー】
時は戦国、無責任の世。三河の国の宿場町に、陽気な風来坊が現われた。その名は日吉丸(植木等)「今においらの天下がくるぞ、ブワーッと行こうぜ、イッチョかきまわせ……!」と吹きまくる進軍ラッパがあたりにこだました。これを聞き知った野盗の大親分・蜂須賀小六(東野英治郎)は彼の将来性に舌をまき、低姿勢で主従固めのサカズキ。これにこたえようと、日吉丸は奇策縦横の奮戦ぶり。しかし、大望をいだく日吉丸は、これに満足せず、参稼報酬として親分からまき上げた名刀村正を肩に、意気揚々とおさらばした。天下をとるには、優秀な大名に仕官するのが早道。そこで名だたるワンマン織田信長(ハナ肇)のもとで雑役夫として働くことになった。名も木下藤吉郎と変えて大張切り。そんな藤吉郎に厩番頭の娘・寧子(浜美枝)は首ったけだ。これにノボセあがった藤吉郎、無責任に赤ん坊をこさえて、寧子とスピード婚約。この大活躍が総大将信長に認められて、藤吉郎は、台所役人にとりたてられた。そして、ここでも、みごとに経費を3割も節約し、大いに面目をほどこした。この頃信長の清洲城は猛台風で大損害を受け、さらに敵方今川義元(藤田進)の放った忍者部隊にひっかきまわされ遅れほうだい。これを知ってかってでたのが藤吉郎。たちまち城を三日間で修理してしまった。これを知った今川義元、遅れてはならじと、一気に織田勢めがけて猛攻撃をかけてきた。が、ここでも藤吉郎、足軽頭として出陣し、敵を蹴ちらして大暴れ。みごとに敵将義元の首を討ちとる大殊勲をあげた。かくて藤吉郎、侍大将に取りたてられ、さらに飛躍的な前進を続けていくのであった。


有島一郎                                  草笛光子、谷啓

人見明                                      藤山陽子

題名:ホラ吹き太閤記
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、森田信
脚本:笠原良三
撮影:西垣六郎
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:北猛夫
振付:竹部董
編集:黒岩義民
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌:植木等「だまって俺について来い」
現像:東洋現像所
製作主任:島田武治
監督助手:清水勝弥
協力:国宝姫路城 管理事務所
スチール:岩井隆
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、谷啓、藤山陽子、草笛光子、藤木悠、有島一郎、東野英治郎、人見明、大友伸、田武謙三、青島幸男、潮万太郎、北川町子、藤田進、石黒達也
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー98分35mmフィルム
ホラ吹き太閤記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ホラ吹き太閤記」植木等                         ハナ肇

映画「クレージー作戦 くたばれ!無責任」


浜美枝「クレージー作戦 くたばれ!無責任」

植木等                                                                  浜美枝

今回は坪島孝監督1963年製作「クレージー作戦 くたばれ!無責任」をピックアップする。
クレージーキャッツ全員が出演する”作戦シリーズ”全14作の第2作になる本作は、田中太郎(植木等)がハッスルコーラを試飲し変身するまでをモノクロで表現している。カラーになってからのキャラクターはお馴染みのもので見ているだけで楽しい。なおプロローグで田中太郎が住んでいた団地として映された荻窪団地は、2011年にシャレール荻窪に改称し現存する。


ハナ肇                                                                   谷啓

犬塚弘、石橋エータロー、谷啓、安田伸、桜井センリ、ハナ肇、植木等

藤山陽子「クレージー作戦 くたばれ!無責任」

淡路恵子                                                                 北川町子

【ストリー】
鶴亀製菓では、石黒専務(山茶花究)の発案で、長年研究してきた新しい清涼飲料水、ハッスル・コーラを発売しようとしていた早速、実験というわけで社内で一番無気力な社員田中太郎(植木等)が試飲することになった。ショボクレタ表情の太郎は飲むうち、次第にポパイの如くハッスルして来た。以来、通勤バスの小暴力を追放したりの大活躍。ところが、このハッスル・コーラもある種の興奮剤が入っているため販売不許可となり、エキスを抜いた普通コーラーを造って売り出すことになった。が太郎は相変らずハッスル。課長の大沢(ハナ肇)が抜擢されて新会社の部長として就任するのを応援していた。やがて「ハッスル・コーラー販売株式会社」が設立され、スウダラ社員が顔を揃えた。メンバーはボンヤリ安川(安田伸)、プレイ・ボーイの石井(石橋エータロー)、バクチと喧嘩好きの木塚(犬塚弘)、古典的万年社員桜田(桜井センリ)、それにエレベーター係の美奈子(藤山陽子)に熱をあげる小谷(谷啓)の七人。戦友同志の七人、精神一到とばかりにハッスルしたが、競争相手の飲料会社に追いこされて失敗ばかり続くしまつ。これを知った石黒専務は、経営不振の本社の経費を新会社におっかぶせて株主の眼を瞞そうと企んだ。その太郎はバスの中で知り合った大東京商事の交換手恵子(浜美枝)を使って、交換台から社長へ「ハッスル・コーラー」を囁かせ心理作戦に出ていた。さすがにまいった畑中社長(上原謙)、バーハッスルで会合を受託し、まんまと販売契約を結んだ。街角で、海岸でポンポン抜かれるハッスル・コーラー。どんどん生産されてゆくコーラーの最後の一本にラベルがはられた瞬間! 専務命令で生産ストップ。5,000万の株を引取れば生産を続けてもよいという過酷な条件がついていた。またまた、七人のうえに難題がふりかかって来たのだが……。


東野英治郎                                                             浜美枝、植木等

安田伸、犬塚弘、石橋エータロー、桜井センリ

題名:クレージー作戦 くたばれ!無責任
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、安達英三郎
脚本:田波靖男
撮影:遠藤精一
照明:大野晨一
録音:藤縄正一
整音:下永尚
美術:小川一男
記録:野上照代
編集:武田うめ
音楽:広瀬健次郎 主題歌「ホンダラ行進曲」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:井上卓之
助監督:木下亮
スチール:土屋次郎
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、藤山陽子、淡路恵子、谷啓、北川町子、犬塚弘、安田伸、桜井センリ、石橋エータロー、山茶花究、千石規子、上原謙、東野英治郎
1963年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・パートカラー92分35mmフィルム
クレージー作戦 くたばれ!無責任 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


上原謙                                                   クレージー作戦 くたばれ!無責任

クレージー作戦 くたばれ!無責任

クレージー作戦 くたばれ!無責任

小田急ロマンスカー3100形(NSE) 詳しくはこちら