映画「悲しい色やねん」


仲村トオル                       高嶋政宏

今回は森田芳光監督1988年製作「悲しい色やねん」をピックアップする。
本作は、”新しいヤクザ映画”を志向している様だが、失敗している。カタルシスが皆無であり、高揚感も同様である。”新しい”コンセプトが陳腐であり退屈する内容だった。ちなみに本作は、石田ゆり子さんのデビュー作だったそうだ。


石田ゆり子                      藤谷美和子

【ストリー】
夕張トオル(仲村トオル)は大阪のヤクザ夕張組の一人息子だが、家業を継がず銀行員として働いていた。ある日、組長の父(高島忠夫)が四国でライバルの三池組系元ヤクザと喧嘩をした。しかし、トオルの活躍でコトは大きくならずにすんだ。一方、トオルの高校の同級生で三池組の桐山恵(高嶋政宏)も無意味な争いはしたくなかった。トオルは夕張組をゲーム用品の製造会社にして後を継ぎ大きなビジネスを目指していた。恋人ミキ(石田ゆり子)の父で御殿山コンツェルン総裁(北村和夫)の援助も期待できる。夢は黒浜を日本のラスベガスにすることだった。友情厚いトオルと恵はビジネスで組みたいと考えていたが、三池組組長(小林薫)は夕張組をつぶすことしか考えていなかった。立場の悪くなった恵は襲われ、トオルの父も暗殺された。トオルは、三池のいる病院へ乗り込んで撃ち殺した。しかし、恵も堂上マコ(藤谷美和子)というトオルに異常な愛をよせる女の凶弾に倒れたのだった。


小林薫、江波杏子                  北村和夫、高島忠夫

題名:悲しい色やねん
監督:森田芳光
企画:藤峰貞利
製作:黒澤満、青木勝彦
原作:小林信彦
脚本:森田芳光
撮影:前田米造
照明:矢部一男
特機:落合保雄、度合誠司(NK特機)
録音:橋本文雄
音効:斎藤昌利 リーレコ:河野競司
美術:中澤克巳
装飾:山崎輝、小林聖樹、長谷川圭一、佐々木義博、森本常雄
スタイリスト:勝俣淳子、久我知子
衣裳:山田実
配役:飯塚滋、三沢和子
擬斗:高瀬将嗣
記録:森永恭子
編集:冨田功
音楽:梅林茂 主題曲:上田正樹「悲しい色やねん」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:トライ・アーツ
現像:東映化学
製作担当:望月政雄
製作進行:岩下真司、土門征一
演技事務:河合啓一
監督補:原隆三
助監督:鈴木元、明石知幸、篠原哲雄
撮影助手:高瀬比呂志、上野彰吾、石山稔
照明助手:高柳清一、長井広義、小川満、重田全史、平田孝浩
録音助手:柴山申広、田中靖志、横野一氏工、細井正次
美術助手:沖山真保、加藤典子 セット付:金丸浩
編集助手:田中慎二、堀口正則
音楽プロデューサー:高桑忠男
企画事務:木村典代、横田深幸
製作コーディネイター:坂東譲
ゲーム指導:野口秀明、針谷恵歴史
イラスト:上田三根子
制作協力:セントラルアーツ
スチール:井本俊康
出演:仲村トオル、藤谷美和子、高嶋政宏、江波杏子、石田ゆり子、小林薫、高島忠夫、橘ゆかり、森尾由美、秋野太作、イッセー尾形、阿藤海、上田正樹、松居一代、加藤武、北村和夫
1988年日本・サンダンス・カンパニー+東映/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
悲しい色やねん -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


阿藤海                        森尾由美

高島忠夫、仲村トオル                 悲しい色やねん

【追記・訃報】
映画やテレビで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお、本名高嶋忠夫)さんが2019年6月26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳。妻で女優の寿美花代((み・はなよ=88)の意向もあり、27日に自宅で密葬を行った。2人はおしどり夫婦として知られており、最期も寿美が自宅でみとった。お別れ会などは予定していない。息子の高嶋政宏(53)、高嶋政伸(52)も含めた芸能一家“高島ファミリー”として、晩年はバラエティーでも活躍したやさしいパパが静かに去った。
2019年6月29(土) 5:59配信 日刊デイリー


悲しい色やねん

撮影:前田米造氏                   特機:落合保雄氏
※キャメラは、Panaflex Golden 35mm(1,000Feetマガジン装着)

映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「セーラー服と機関銃」


「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子 ”カイ…カ・ン”※機関銃はM3グリースガン(ハドソン産業製)

薬師丸ひろ子                                        薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦

今回は相米慎二監督1981年製作「セーラー服と機関銃」をピックアップする。
本作は主演の薬師丸ひろ子さんが、高等学校2年生だった1981年の夏期休暇に合わせて撮影されたそうだ。ゲリラ(不許可)撮影については、新宿通りを暴走するシーンで本物の暴走族を起用しての一発撮り、ラストで星泉(薬師丸ひろ子)が短い髪型に変わり、赤いハイヒールを履いて「七年目の浮気」のマリリン・モンロー風に地下鉄通風口からの風でスカートをひらめかせるシーンは、伊勢丹新宿店の前(新宿通り)で撮影が行われ、数百メートル離れた新宿東映会館上階から長玉を用いて隠し撮りしたそうだ。製作費は1億5,000万円で配給収入は23億円のヒット作となった。
本作で薬師丸ひろ子さんがセーラー服姿で、敵を機関銃で一掃するというキー・イメージは、1973年に志村正浩監督が製作した「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」の池玲子さんがオリジナル・イメージである事は他ならない。


1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ(志村正浩監督)」池玲子

風祭ゆき                      薬師丸ひろ子

【ストリー】
4人しか子分のいない小さなヤクザ、目高組の親分が跡目は血縁者にと遺言を残して死んだ。その頃、女高生の星泉(薬師丸ひろ子)は、成田空港の前で車に轢かれて死んだ父・貴志と火葬場で最後の別れを惜しんでいた。泉が帰りかけたとき、中年の男が父の遺骨に線香をあげていた。泉の母はずっと昔に亡くなって、これで彼女は本当の一人ぼっちだ。泉がマンションに帰ると、マユミ(風祭ゆき)という女がおり、彼女は「もし自分が死んだら泉をよろしく」という父の手紙を持っていた。フーテンの様な格好のマユミはとても父の愛人には見えない。その日からマユミと一緒に暮す泉。翌日、黒いスーツを着こんだ大勢の男たちが学校の前に並んでいる。泉のとりまき、智生(柳沢慎吾)、哲夫(藤岡竜也)、周平(光石研)が止めるのを無視して、泉は校門に向った。すると、あの火葬場にいた男が歩み出て「星泉さんですね」と言う。佐久間(渡瀬恒彦)というその男に汚ない事務所に連れていかれた泉は、そこで、目高組四代目組長を襲名してほしいと頼まれた。佐久間の話では、親分の遺言通り血縁者を探しあてると、事故死したばかりだった。それが泉の父だ。だから、跡目は血縁者の泉に回ってきたのだ。かたくなに拒否した泉だが彼らの熱意にしぶしぶ承諾してしまう。目高組は佐久間の他に、政(大門正明)、ヒコ(林家しん平)、明(酒井敏也)の三人しかいない小さなヤクザだ。その日から、泉は佐久間に連れられ大組織の組長、浜口(北村和夫)のところへ挨拶に行った。可愛い組長に浜口は驚くと同時に笑いだすが、佐久間は大真面目だ。数日後、泉のマンンョンが何者かに荒されていた。そこへ、黒木(柄本明)と名乗る刑事がやって来た。黒木は「泉の父の死は、麻薬の密輸が絡んでおり、そのために部屋が荒らされたのでは、そして、マユミは札付きの不良娘だ」と話す。父が麻薬を密輸、泉にはとても信じられない。さらに、マユミも姿を消してしまった。その日から数日後、組の事務所の前にヒコの死体が投げだされていた。暫くして、マユミから泉に電話が入り、二人は会った。マユミの父は、“太っちょ”と呼ばれる、浜口(北村和夫)も恐れるヤクザの大親分だと言う。そして、太っちょが動くときは必ず麻薬が絡んでいるそうだ。泉のマンションが再び何者かに荒され、かつての佐久間の弟分、萩原(寺田農)に、ボディガードの明が殺され、彼女は太っちょの所に連れて行かれた。麻薬を渡せと太ょちょに迫られ、泉があわやというときマユミがやって来て、麻薬のありかを教えるから彼女を助けるように話す。娘の願いで泉を解放する太っちょ。そこへ、あの刑事の黒木が現われた。黒木は刑事の特権を利用して麻薬を密輸していたが、あの日、成田の取締官に追われ、麻薬を隣にいた泉の父のバッグに投げこんだのだ。ところが、その父が死んでしまった。一方、愛人だったマユミは麻薬を見つけ、それを水に溶かしローションの瓶に入れてあると話した。早速、黒木はマンションに向った。その夕、佐久間が現われ、泉を連れて逃げだした。後を追おうとする太っちょの前にマユミが立ちはだかり、父を撃った。そこへ、マンションの黒木から電話が入り、浜口組の奴に麻薬を横取りされたと言うと、息絶えた。泉と佐久間は政を連れて浜口の所へ向った。「太っちょを殺ってくれたし、麻薬も手に入った、お礼に目高組のシマを広げてあげよう」と言う浜口の言葉を無視して、泉は、机の上にあるローションの瓶に機関銃をブッ放した。しかし、そのドサクサで政が殺され、佐久間と二人きりになった泉は目高組を解散することにした。佐久間は堅気になると言って故郷に帰った。数日後、警察から泉に死体を確認してほしいと呼び出しがあった。佐久間だった。サラリーマンになって東京に出張に来た佐久間はヤクザ同士の喧嘩を止めに入って殺されてしまったそうだ。泉のマンションには、佐久間のサラリーマンの名刺に書かれた伝言が置いてあった。「出張で東京に来ました。留守なのでブラブラしてまた来ます」と。泉は話すことのない佐久間の唇に自分の唇を重ねるのだった。

【追加・訃報】
故・松田優作さん主演の「蘇える金狼」など多くの名作映画の撮影監督を務めた映画カメラマンの仙元誠三(せんげん・せいぞう)さんが2020年3月1日に死去していたことが5日、分かった。81歳だった。近親者により、密葬は済ませた。1938年、京都府生まれ。1958年に松竹に入社し、1967年にフリー。薬師丸ひろ子主演の映画「セーラー服と機関銃」「探偵物語」や「西部警察」「あぶない刑事」などの人気ドラマも手掛けた。
3/5(木) 18:25スポーツ報知配信


セーラー服と機関銃

題名:セーラー服と機関銃
監督:相米慎二
製作:伊地智啓(キティ・フィルム)、角川春樹、多賀英典
原作:赤川次郎
脚本:田中陽造
撮影:仙元誠三
照明:熊谷秀夫
美術:横尾嘉良
録音:紅谷愃一、信岡実
編集:鈴木晄
記録:正木輝明
音楽:星勝 主題歌:薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃」
フィルム:イーストマンコダック
現像:東映化学
制作補佐:山本勉
製作進行:田中雅夫
助監督:森安建雄、黒沢清
スチール:正木輝明、小島由起夫
出演:薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦、風祭ゆき、大門正明、寺田農、三國連太郎、林家しん平、酒井敏也、柄本明、北村和夫、佐藤允、柳沢慎吾、藤岡竜也, 光石研
1981年日本・角川春樹事務所+キティ・フィルム/ビスタサイズ・カラー112分35mmフィルム
セーラー服と機関銃 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


薬師丸ひろ子                   セーラー服と機関銃

1 2 3