映画「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」


菅原文太                         川地民夫

今回は中島貞夫監督1972年製作「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第4作になる。同時上映は「女囚701号さそり」であった。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


北林早苗                         渡瀬恒彦

【ストリー】
18回目の刑務所暮らしから釈放された政(菅原文太)は、出迎えた勝(川地民夫)と神戸へ戻って来た。空っけつの二人は、バラック建ての歓楽街“おかめ横丁”にやって来た。そして売春バーの客となるが、女達に無一文がバレてしまい、用心棒のかなり年を取った鉄(殿山泰司)と辰(北村英三)の二人と大乱闘になる。ところがこの鉄と辰も、政らと同じ“まむしの兄弟”と名乗っていたので、またまた大騒動となった。翌日、刑務所で知り合った矢東会の山崎(待田京介)から政と勝は“おかめ横丁”の鉄らを痛めりけるようにと依頼された。矢東会とつながりのある、東栄建設が“おかめ横丁”を立ちのかせ、跡に娯楽センターを作るというのである。バキュームカーを持ち出した政と勝は“おかめ横丁”に乗り込み、鉄と辰と争っているときに、鉄の一人娘お藤(北林早苗)が仲裁にとび込んで来た。この美貌のお藤に一目惚れした政と勝は喧嘩を中断する。それからというものは、下僕然とお藤につきまとう。その頃、山崎に兄を殺されたという若者、リキ(渡瀬恒彦)が山崎を狙うが逆に捕われ、私刑を受けた。やがて、矢東会と山崎が強制執行と称し、やくざを使って“おかめ横丁”を壊し始めた。対抗する住民と政と勝それに辰と鉄。ところが、弛けつけて来たパトカーに、政と勝が住居侵入罪などで逮捕されてしまったのである。その間、鉄が山崎に殺されてしまった。やがて、釈放された政と勝は“おかめ横丁”の壊滅と鉄の死を知る。激怒した政と勝は「おっさんの仇討ちや、兄弟死ぬときは一緒やでえ!」とバキュームカーを駆って東栄本社めざして突撃していくのだった。


殿山泰司、北村英三、八木孝子               待田京介

題名:まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原案:斯波道男
脚本:佐治乾、蘇武道夫
撮影:山岸長樹
照明:中山治雄
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:近藤幸一
装飾:西田忠男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:宮本信太郎
音楽:広瀬健次郎
進行主任:俵坂孝宏
助監督:篠塚正秀、深尾道典
演技事務:伊駒実麿
スチール:藤本武
出演:菅原文太、川地民夫、渡瀬恒彦、北林早苗、女屋実和子、三島ゆり子、遠藤辰雄、天津敏、待田京介、殿山泰司、菅貫太郎、高宮敬二、国一太郎、八木孝子、武智豊子、北村英三
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


遠藤辰雄                     菅原文太、川地民夫

映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」