映画「赤い殺意」

赤い殺意
「赤い殺意」春川ますみ
赤い殺意赤い殺意
春川ますみ                                                              露口茂

今回は今村昌平監督1964年製作「赤い殺意」bestを8月14日に新文芸坐「戦後75年 社会派の巨匠・今村昌平 映画を通して日本の社会を考える」で「にっぽん昆虫記」と併映で観て来た。35mmフィルム上映である。
本作は、古い家族制度の中で抑圧的な環境にも拘わらず生きる貞子(春川ますみ)は、強盗(露口茂)に犯された事を契機に、彼女の性を素朴でユーモラスに織り交ぜながら、強くしたたかに変貌を遂げていく様を淡々と描いている。底辺に或るテーマは「にっぽん昆虫記」と同根である。この時代の今村作品に深く感銘する。

赤い殺意赤い殺意
西村晃、春川ますみ                  西村晃、楠侑子

【ストリー】
強盗が押し入った夜、夫の吏一(西村晃)は出張中であった。恐怖におののく貞子(春川ますみ)を、殴打しスタンドのコードで縛りあげて、獣のようにせまって来る強盗の平岡(露口茂)に、貞子は半ば気を失って呻いた。明け方強盗は再び貞子を犯して去った。“死なねばならない”貞子は、土堤下を通る鉄路にふらふらと出てみたが子供勝への愛情はたち難かった。翌日出張から帰って来た夫に、何度かうちあけようとしたが、何も気づかない風の吏一の態度に、言葉をのんだ。東北大学の図書館に勤める吏一には、事務員義子(楠侑子)と五年も肉体関係がある反面、家庭では吝嗇で、小心な夫であった。再び強盗が貞子の前に現れたのは、あれから2日後の夜だった。乱暴なふるまいのあと、「もうじき死ぬんだ、あんたに優しくしてもらいたいんだ」と哀願した。その夜吏一に抱かれながら、貞子は、家庭の平和を乱したくないと苦悶した。だが、デパートの特売場で、平岡に声をかけられた貞子を、義子が見てから、夫は、近所の学生英二との間を疑うようになった。2月の初め、妊娠に気づいた貞子に、強盗は“腹の子は俺のだ”と執拗にせまった。吏一の父清三(加藤嘉)の葬儀に行った貞子は、自分が妾腹だという理由で入籍されず、子供の勝が清三の子になっているのを知って愕然とした。数日後、平岡が合図の石を屋根に投げたのを聞いた夫が、英二(糸賀靖雄)のしわざと思いこみ嫉妬にかられて隣家に踏みこんだ。夫に疑われて追いつめられた貞子は、平岡に会いにいった。平岡はトランペット吹きで、心臓を病んでいた。よわよわしい彼の表情に負けて、またも温泉マークに入った貞子は、ついに平岡を殺そうと決意した。農薬をジュースに混入して殺すのだ。吏一の東京出張中、貞子と平岡は、汽車に乗ったが、途中不通となったため、吹雪の中を疲労にふらつく平岡を助ける貞子に義子が木影からカメラをむけていた。疲労の末貞子が手を下すまでもなく悶絶してゆく平岡を前に、貞子は、何か説明しがたい胸の痛みを感じた。そして義子も、カメラをもったまま車にはねられて死亡した。何ごともなかったような毎日が始まったが、貞子のうえには、女としての自覚と責任が、新しく芽ばえていた。

赤い殺意赤い殺意
赤木蘭子、春川ますみ           春川ますみ、小沢昭一、北村和夫、西村晃

題名:赤い殺意
監督:今村昌平
企画:高木雅行
原作:藤原審爾
脚本:長谷部慶次、今村昌平
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
美術:中村公彦
録音:神保小四郎
特機:金田啓治
振付:漆沢政子
記録:大平篤子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:遠藤三郎
方言指導:小梨勝彬、結城良熙
スチール:斎藤耕一
出演:春川ますみ、西村晃、露口茂、楠侑子、赤木蘭子、北林谷栄、北村和夫、小沢昭一、宮口精二、加藤嘉、近藤宏、北原文枝、殿山泰司
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ150分35mmフィルム

赤い殺意
「赤い殺意」露口茂、春川ますみ
赤い殺意赤い殺意
赤い殺意

映画「にっぽん昆虫記」

にっぽん昆虫記
「にっぽん昆虫記」左幸子
にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
北村和夫、左幸子                 左幸子、春川ますみ

今回は今村昌平監督1963年製作「にっぽん昆虫記」bestを8月14日に新文芸坐「戦後75年 社会派の巨匠・今村昌平 映画を通して日本の社会を考える」で「赤い殺意」と併映で観て来た。35mmフィルム上映である。
本作は昆虫の様に本能本位で生きている人間群を、生物の生態観察の様に客観的に観察する捉え方をしている。
今村監督は「セットには自然な風が吹かない」との理由で、全てのシーンにおいてオール・ロケーション撮影で行われたそうだ。 私は70年代に再映を旧文芸坐で初めて観て、強烈な刺激を受けたのを思い起した。

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
河津清三郎、吉村実子               小沢昭一、春川ますみ

【ストリー】
とめ(左幸子)は、母親の松木えん(佐々木すみ江)が忠次(北村和夫)を婿にもらって2カ月目に生まれた。母の乱れた生活の中でとめは育っていった。昭和16年23歳で、とめは高羽製紙の女工となったが日本軍がシンガポールを落した日、とめは実家に呼び返され、地主の本田家に足入れさせられ、出征する俊三(露口茂)に無理矢理抱かれた。翌年の秋とめは信子(吉村実子)を生み、本田の家を出て、信子を預け再び高羽製糸に戻った。がそこで係長の松波(長門裕之)と肉体関係を結び終戦を迎えた。工場は閉鎖となり実家に帰ったが、再開した高羽製糸に戻り、松波の感化で組合活動を始めた。過激なとめの活動は、会社に睨まれ、又、課長に昇進した松波からは邪魔とされた。高羽製紙をクビとなったとめは7歳になった信子を忠次に預け単身上京した。松川事件で騒然とした時であった。基地のメィドや売春宿の女中と、体を投げ出すとめの脳裏を、信子の面影が離れなかった。宮城前広場でメーデー事件があった数日後、基地のメイド時代に知り会ったみどり(春川ますみ)に会い、とめも共に外で客をとるようになった。信子への送金を増すためであった。問屋の主人唐沢(河津清三郎)がとめの面倒をみてやろうと言い出したのは、丁度こんな時だった。が、それもとめの豊満な肉体めあての愛のない生活であった。新しくコールガール組織を作ったとめは、どうやら生活も楽になり、念願の忠次と信子を故郷から呼んだ。しかし、それもつかの間心の支えであった忠次は亡くなりそのうえ、とめは仲間の密告から売春罪を課せられ刑に処した。刑期を終えたとめを今は唐沢の情婦となった信子がむかえた。恋人の上林(平田大三郎)と開拓村をやる資金欲しさに唐沢に体をあたえたのだ。契約期間が過ぎると信子は故郷へ帰り上林と開拓村をはじめていた。唐沢の店を持たしてやるからとひきとめる言葉を胸にとめは故郷の土を踏んだ。健康な二人を前にして、やはりとめの心は店をきりもりする安楽な母娘の姿を描いていた長い間の人生の波にもまれたとめが、最後にもとめたささやかな夢だったのだ。

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
北村和夫、左幸子

題名:にっぽん昆虫記
監督:今村昌平
企画:大塚和、友田二郎
脚本:長谷部慶次、今村昌平
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
美術:中村公彦
録音:古山恒夫
記録:小林圭子
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
製作主任:山野井政則
助監督:磯見忠彦
スチール:斎藤耕一
出演:左幸子、吉村実子、河津清三郎、北林谷栄、佐々木すみ江、春川ますみ、長門裕之、北村和夫、小沢昭一、小池朝雄、岸輝子、相沢ケイ子、殿山泰司、桑山正一、露口茂、東恵美子、平田大三郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ123分35mmフィルム

にっぽん昆虫記にっぽん昆虫記
にっぽん昆虫記

映画「赤い蕾と白い花」


吉永小百合

吉永小百合                     浜田光夫

今回は西河克己監督1962年製作「赤い蕾と白い花」をピックアップする。
本作は、石坂洋次郎氏の原作「寒い朝」を映画化したもので、1959年に松竹製作で「若い素顔(監督:大庭秀雄/主演:桑野みゆき)」に続いて2度目の映画化となるが、高峰三枝子さんが、同じ岩淵真知子役で演じている。本作のロケは、東京都大田区田園調布、羽田空港、世田谷区二子玉川などで行っている。


高峰三枝子                     金子信雄

【ストリー】
三輪重夫(浜田光夫)と岩淵とみ子(吉永小百合)は高校三年仲の良いクラスメイトである。重夫は小さい時に母親を亡くし、とみ子は父親を亡くして母親に育てられた。似たような境遇が、二人を一層親密にさせた。彼等には片親の子にあり勝ちな暗い影はみじんもなかった。或る日、とみ子の母親真知子(高峰三枝子)が風邪をひいて寝こんだ。とみ子は三輪医院に電話した。それから毎日、重夫の父貞一(金子信雄)が真知子の診察に来た。重夫ととみ子は、父と母がそれぞれ仲良くつきあっていけるようにいろいろと気を使った。そんな頃、とみ子の祖母おかね(北林谷栄)が上京して来た。真知子は貞一と語らっておかねを羽田空港へ連れてゆき、遊覧飛行機に乗せた。その時、真知子が捻挫したため、貞一が彼女を抱いているところを、真知子が校長をしているドレス・センターの生徒達が写真に撮った。その写真は家に送られて来た。ちょうど、重夫ととみ子が試験勉強をしている時だったので、とみ子はその写真をみた。スカートから白い足を露わに貞一に抱かれている写真なのでとみ子は、「汚らしいわ!」と言うと泣き出した。とみ子は親たちへのレジスタンスのために家出を決意した。重夫も不承不承同意した。重夫は、とみ子一人に家出させるのは危険と思ったのだ。真知子は二人の書き置きをみて仰天した。真知子は早速貞一の家にかけつけた。ちょうど、そこに旅館“柳家”のお内儀(武智豊子)から電話がかかってきた。お内儀が三輪医院の患者で、偶然重夫の顔を見知っていたのであった。貞一と真知子がかつけると、二人は一室で寝ていた。部屋の隅と隅にフトンが敷かれ、真中には机が置かれてあった。安心した貞一と真知子も“柳家”で一泊することにした。翌朝、重夫、とみ子の二人は旅館に近い堤防で自然に抱きあうのだった。


武智豊子                       北林谷栄

金子信雄                       左卜全

題名:赤い蕾と白い花
監督:西河克己
企画:坂上静翁
原作:石坂洋次郎「寒い朝」
脚本:池田一朗
撮影:岩佐一泉
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:佐谷三平
記録:新関良子
編集:鈴木暁
音楽:池田正義
現像:東洋現像所
製作主任:二反田実
助監督:白鳥信一
色彩計測:小栗準之助
スチール:斎藤誠一
出演:吉永小百合、浜田光夫、高峰三枝子、金子信雄、北林谷栄、左卜全、武智豊子
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
赤い蕾と白い花 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰三枝子、金子信雄              吉永小百合、浜田光夫

1 2 3 8