映画「リオの若大将」

「リオの若大将」星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                          星由里子

今回は岩内克己監督1968年製作「リオの若大将」をピックアップする。
若大将シリーズ第12弾の本作は、若大将がフェンシング競技に参戦する。1961年に「大学の若大将」でスタートした本シリーズの大学生編最終作になり、次作「フレッシュマン若大将」より社会人編になる。本作のリオデジャネイロ・ロケは、スケジュールの関係で、加山雄三さん・中尾ミエさん・田中邦衛さん・ランチャーズは渡航しているが、星由里子さんのリオでの登場シーンは、すべて日本国内で撮影されたそうだ。封切り時の併映は「年ごろ(監督:出目昌伸 出演:内藤洋子、黒沢年男)」であった。

リオの若大将リオの若大将
中尾ミエ                         田中邦衛

【ストリー】
京南大学の若大将田沼雄一(加山雄三)は、恩師平山博士(宮口精二)の助手としてリオ・デ・ジャネイロの造船所に招待され、ご機嫌な毎日を送っていた。その上リオ滞在最後の晩、技師長、谷村(北沢彪)に案内された日本料理店で押田澄子(星由里子)に出会った。澄子は東京極東観光の営業部員で、在留邦人に日本旅行のPRに来ていた。そして接待中の客が急病で倒れた時、それを救ってくれた雄一に好意をもつようになった。東京に帰った雄一は、谷村の娘江美子(中尾ミエ)に谷村から預った手紙を届けた。江美子は清明女子大に在学中で、大学バンド合戦を前に闘志を燃やしていた。二人は負けた方が食事をおごる約束をした。だが、雄一のバンドは青大将の演奏ミスで江美子のバンドに敗退。声援にかけつけた澄子を前に、江美子と約束のデートに出かけなければならなかった。夏休み、雄一は平山教授の代理で再びリオに行くことになった。ところが機内で、父親のもとに帰る江美子とバッタリ。雄一に気のある江美子は、豪華な観光旅行に招待した。コパカバーナの浜辺にやって来た二人は、そこでランチャーズの面々に出会ってビックリ仰天。青大将(田中邦衛)が演奏旅行と称し、連中を連れてきていたからだった。無一文のランチャーズ。雄一はリオのクラブでアルバイトをはじめた。そこで澄子と再会したか、ハレンチな青大将の横やりが入って、二人のデートもむちゃくちゃ。心と心は結ばれながら、雄一には江美子、澄子には現地の有力者宇野の孫一郎(久保明)と別のカップルが出来上ってしまった。ある日、雄一に造船会社から就職試験の合格通知が届いた。「田能久」の跡とりが店をつがないと父親の久太郎(有島一郎)は烈火のごとく怒ったが、おばあちゃん(飯田蝶子)が雄一の肩をもちその場はおさまった。雄一の学生生活最後の試合のフェンシング大会が近づいてきた。雄一は邪念をはらうため豪海和尚(今東光)の寺にこもり修業、見事優勝の栄誉に輝いた。やがて卒業式がやってきた。そこには、田能久の婿養子を決意した江口(江原達怡)、それに澄子から愛をうちあけられた雄一の晴れやかな顔があった。

リオの若大将リオの若大将
加山雄三、江原達怡                 有島一郎、飯田蝶子、中真千子

題名:リオの若大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:斎藤孝雄
照明:石井長四郎
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:村木忍
小道具:杉本茂
結髪:藤本美穂子
記録:梶山弘子
編集:小川信夫
音楽:服部克久 主題歌:加山雄三「ある日渚に」「シェリー」中尾ミエ「恋のさだめ」「シェリー」
現像:東京現像所 合成:松田博
製作担当:根津博
製作進行:森知貴秀
演技事務:吉竹悠一
助監督:高橋薫明
監督助手:大森健次郎、河崎義祐
撮影助手:市原康至、松尾民夫
照明助手:羽田昭三
録音助手:小川恵正
美術助手:櫻木晶
小道具助手:秋元和男、武富光弘
宣伝:白井泰二
協力:パンアメリカン航空、石川島播磨重工業
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、中尾ミエ、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、江原達怡、中真千子、久保明、藤木悠、宮口精二、浦島千歌子、松原光子、小林夕岐子、北沢彪、中村伸郎、左卜全、内田裕也、今東光
1968年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー104分35mmフィルム
リオの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

リオの若大将リオの若大将
久保明、星由里子              飯田蝶子、左卜全、加山雄三
リオの若大将リオの若大将
北沢彪                           内田裕也
リオの若大将リオの若大将
今東光                         加山雄三、星由里子
リオの若大将リオの若大将
加山雄三                      加山雄三、星由里子

リオの若大将

映画「クレージーの殴り込み清水港」


植木等                                星由里子

今回は坪島孝監督1969年製作「クレージーの殴り込み清水港」をピックアップする。
本作は「無責任清水港」の続編で「時代劇シリーズ」全4作にして最終作、クレージーキャッツのメンバー7人が顔を揃えた最後の東宝作品になる。1970年1月に正月映画として公開された。


犬塚弘、谷啓                             内藤洋子

ハナ肇                              高品格、北あけみ

【ストリー】
追分の三五郎(植木等)は、木曽の仏一家へ金を届ける、清水次郎長一家の石松(谷啓)を浪人、荒船五十郎(内田良平)の手から助けた。二人で飲んだ酒代のカタに石松が人質になるや、三五郎は石松になりすまし、木曽へ急いだ。しかし途中、金をスラれ、ようやく村の一膳飯屋に辿りついた。そこで無銭飲食した鮫造一家の身内を叩き出し、男を上げ、店の娘お雪(星由里子)に惚れられた。仏一家についた三五郎が友吉親分(北沢彪)から、悪代官と鮫造一家が結託しているのを聞いていると、そこへ鮫造の身内が乗り込んで来た。借金のカタに、友吉親分の娘お葉(内藤洋子)を代官の妾にさし出せという。三五郎は、鮫造一家に乗込み、バクチで大儲けして、お葉を救ったが、そこへ本物の石松が現れて一切がオジャン。鮫造一家からの矢の催促に、三五郎はお葉に化けて代官邸へ送られた。女装がバレて、三五郎は牢にぶち込まれたが、鮫造(高品格)に頼まれたと出まかせを言って、その場を逃れた。お葉と友吉親分を清水へ逃した三五郎は、次郎長一家に加勢を頼んだ。やがて、お葉が、清水一家がフグに当って全滅したと知らせて来た。鮫造一家はチャンスとばかり清水に殴り込みをかけたが、これが次郎長のトリックで、鮫造一家は全員御用となった。


内田良平                              天本英世

布施明                               植木等

ハナ肇、夏圭子、平田昭彦                  北あけみ

題名:クレージーの殴り込み清水港
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、田波靖男
脚本:田中靖男
撮影:田島文雄
照明:小島正七
録音:指田漸
整音:下永尚
美術:阿久根巖
殺陣:岩本弘司
編集:武田うめ
音楽:萩原哲晶 主題歌「旅の空」「馬鹿は死んでも直らない」
現像:東京現像所
製作担当:古賀祥一
監督助手:砂原博泰
スチール:秦大三
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、星由里子、内藤洋子、北あけみ、夏圭子、桜井センリ、安田伸、犬塚弘、石橋エータロー、内田良平、平田昭彦、田武謙三、高品格、北沢彪、天本英世、小松政夫、なべおさみ、布施明
1969年東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー95分35mmフィルム
クレージーの殴り込み清水港 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


星由里子、石橋エータロー、植木等

クレージーの殴り込み清水港