映画「悪名無敵」

悪名無敵
「悪名無敵」田宮二郎、勝新太郎
悪名無敵悪名無敵
勝新太郎                        田宮二郎

今回は田中徳三監督1965年製作「悪名無敵」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第11作になる。
今作の舞台は大阪であるが、逃避行は石川県の粟津温泉でロケーション撮影を行っている。このシリーズの面白さにキャスティングが良い事が挙げられるが、女親分役に藤村志保さん、売春婦役に八千草薫さんとは意表を付いていた。私は東映の任侠映画も観るが、拳銃と血糊を使わない明るい人情喜劇の”悪名シリーズ”も良いと思う。

悪名シリーズ

悪名無敵悪名無敵
八千草薫                         藤村志保

【訃報・追記】
映画・テレビに日本を代表する名女優として活躍した八千草薫さん(本名・谷口瞳)が2019年10月24日、午前7時45分、すい臓がんのため、都内の病院で亡くなっていたことが28日、分かった。88歳だった。遺志に沿ってこの日、少数の親しい関係者が集まる中、荼毘(だび)に付された。本人の希望により、お別れの会も開かれないという。関係者によると、亡くなる約2時間前まで、意識はしっかりしていたという。24日、午前6時ごろに看護士が朝の検診で病室へ。「変わったことは特にないわ」などと穏やかな会話が交わされ後、しばらくして、容体が急変。7時45分に帰らぬ人となった。

【ストリー】
悪名コンビの朝吉と清次は、スケコマシの常公に騙されて連れていかれた、家出娘お君を探して、夜のジャンジャン横丁にやって来た。案の定お君は売春組織の毒牙にかかり、すでに客をひかされていた。一計を案じた朝吉は何くわぬ顔でポン引常公の案内で、お君の客となった。一方の清次も、同じ宿の女朱実と一時を過した。女たちの悲しい境遇を知りお君と朱実を逃がす覚悟を決めた朝吉は、先に清次とお君を裏口から逃がし、みずからも得意の頭突きで追手をけちらして朱実とともに逃げだした。しかし清次はどうやらお君だけは逃がしたものの、自分は追手のライフル銃で負傷し捕まってしまった。そんなこととは知らぬ朝吉は、姿を見せぬ清次に心を残しながらも、常公、朱実を更生させようと、北陸のとある温泉場に向った。しかし表面は朝吉に従順な常公だったが、本心は朱実を大阪に連れもどそうとしていた。が、そんなこととは露知らず、朝吉は二人を連れて、片山津温泉にやってきた。そこで朝吉は素性の知れぬ女百合子に誘われるまま百合子と一夜を過ごした。が、翌日、百合子はかかってきた電話にあやつられるように姿を消した。朝吉も大阪へ帰り、すぐ先に帰した常公と朱実を下宿に訪ねた。だが今は二人の姿はなく、やくざ新湊組が手ぐすね引いて朝吉を待ちかまえていた。一方の清次は持前の弁舌で、今は新湊組にとりいりポン引をやっていたが、朝吉の危急を聞いて朝吉のもとにかけつけた。朝吉、清次らをとりまいた新湊組の先頭には、あの片山津の女百合子がいた。百合子は新湊組の女親分だったのだ。朝吉や清次の説得も功も奏せず、今やこれまでと二人は鉄挙をうならせた。が多勢に無勢、二人は力尽きあわやと思われた時、朝吉の侠気にうたれて改心した常公が、火を吹くガス熔接器を片手に助けにきた。形勢は逆転した。金を積んで許しを乞う新湊組に、札束をたたき返した朝吉は、百合子に売春組織を解散させることを約束させ、清次とともに、朝日の輝く街を去っていった。

悪名無敵悪名無敵
大杉育美                        千波丈太郎
悪名無敵悪名無敵
勝新太郎、花澤徳衛                 八千草薫、勝新太郎

題名:悪名無敵
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:川口隆
擬斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡徹
助監督:太田昭和
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、八千草薫、藤村志保、大杉育美、千波丈太郎、花澤徳衛、藤岡琢也、春戸田皓久、水原浩一、山本富士夫、平泉征七郎
1965年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
悪名無敵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「悪名幟」

悪名幟悪名幟
勝新太郎                         田宮二郎

今回は田中徳三監督1965年製作「悪名幟」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第10作になる。
続・悪名」「続・新悪名」で朝吉(勝新太郎)の昔の恋人”琴糸”を演じた水谷良重さんが、“びっくり鍋”という小料理屋の娘を演じている。”琴糸”は重要で気がかりな役柄だっただけに残念だが「男はつらいよ シリーズ」でもあった事だ。

悪名シリーズ

悪名幟悪名幟
水谷良重                         内田朝雄
悪名幟悪名幟
佐藤慶                         勝新太郎、水谷良重

【ストリー】
大阪へ舞い戻った朝吉は“悪名”の足を洗う決心で、清次との別れの宴を“びっくり鍋”という小料理屋で開いた。宴も終り朝吉は、あり金をはたいて清次の旅費として与え、宴の払いは“びっくり鍋”で働いて払うと申しでた。これに同情した、店で働くお米は、稼がせてやろうと朝吉を女ばかりの賭場へ案内した。ここで朝吉は町工場の女社長・お政を相手に百万以上の大金を勝ちとった。窮したお政は、小切手を乱発した。だがこれを使えば小切手は不渡りになり工場はつぶれてしまう。これを知った朝吉は、胴元・遠藤に取りたての延期を頼んだ。しかし遠藤はこれを拒否した。困りはてた朝吉は賭場の元締・春田正太郎という、この土地の親分に話を持ちこんだ。ところが意外にもこの親分というのが“びっくり鍋”のおやじでお米の父であった。清次を送りだした朝吉は翌朝正太郎に直談判した。正太郎も一旦はどなりつけたものの朝吉の男気にほれて、小切手はそのままお政に帰された。そしてお米といい仲になった朝吉はこの土地でラーメン屋の屋台店を出した。が、これを面白く思わない遠藤は、お政をだまして、工場を抵当に借用書を書かせる一方、身内の中津組にたのんでいやがらせをはじめた。ところがこの用心棒の一人は、故郷へは帰らず、今では中津一家のいい顔になった清次であった。この関係を知った遠藤は清次を痛めつけた。一方正太郎はこんな遠藤の非道ぶりをとがめ、達藤を破門した。窮地にたった遠藤は、正太郎を殺し、お政の息子健太郎を誘拐して朝吉を脅迫した。朝吉は工場の権利書と引きかえに健太郎を取り戻すと、“悪名”の血を爆発させ、かけつけた清次と共に遠藤と中津を打ちのめした。二人はまたしっかり手をにぎり合った。

悪名幟悪名幟
ミヤコ蝶々                     水谷良重、勝新太郎

題名:悪名幟
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:奥村雅弘
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:太田昭和
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、水谷良重(水谷八重子)、ミヤコ蝶々、佐藤慶、内田朝雄、千波丈太郎、島田竜三、毛利郁子、ミス・ワカサ
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
悪名幟 (のぼり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名幟悪名幟
勝新太郎、田宮二郎                   悪名幟
悪名幟

映画「夫が見た」

「女の小箱」より 夫が見た
若尾文子
「女の小箱」より 夫が見た「女の小箱」より 夫が見た
若尾文子                      若尾文子、川崎敬三

今回は増村保造監督1964年製作『「女の小箱」より 夫が見た』をピックアップした。
物語は、高度経済成長を背景に「男は野心に生き、女は愛に賭けた。男と女の生死を賭けた愛の闘争が激しく始まる」という内容だが、裸体の隠し方が実に上手い。工夫しているアングル、決めのポーズに技巧がある。ドラマも本質を突きピタッと完結しており、さすがは職人の映画だと思った。本作の題材は古くなったにせよ、質の高い脚本と俳優の名演技は、今のヌルい日本映画では観れない。

【追記・訃報】
川崎敬三(かわさき・けいぞう、本名=陶山恵司)さんが2015年7月21日に川崎市内の病院で死去した。1954年に大映のニューフェースに合格後「こんな奥様見たことない」で映画デビュー。若尾文子さん主演の「新婚」シリーズや山本富士子さん主演の「夜の河」などに出演、「サザエさん」「雑居時代」などテレビドラマにも出演し、テレビ朝日系の昼のワイドショー「アフタヌーンショー」の司会で人気を博した。同番組のリポーター山本耕一さんの口癖だった「そうなんですよ、川崎さん」は漫才コンビ「ザ・ぼんち」のネタにもなった。

「女の小箱」より 夫が見た「女の小箱」より 夫が見た
田宮二郎、岸田今日子               田宮二郎、江波杏子

【ストリー】
川代誠造(川崎敬三)は、敷島化工の株式課長だ。今、株の買占めに悩まされる敷島化工は、その防衛に必死で、川代も家をあける事もしばしば。妻の那美子(若尾文子)はそんな夫との生活に耐えられず、友人に誘われるまま、バー「2・3」で遊ぶようになった。バーの経営者石塚健一郎(田宮二郎)は事業欲が旺盛で敷島の乗取りを企てるつわもの。石塚は郡美子が川代の妻と承知の上で誘惑した。石塚は、美人秘書エミ(江波杏子)やバーのマダム洋子(岸田今日子)とも関係している。一方誠造も石塚の情報を得るためエミと関係した。株の買占めに洋子は、何かと手をつくしていた。那美子が誠造の情事を知った直後、エミは何者かによって殺害された。犯人は誠造であるとみなされた。那美子は一度は夫のアリバイ造りに偽証したものの石塚の苦境を知り、夫を裏ぎり石塚のアリバイを証言した。全てに失敗し会社の地位をも失った誠造は、那美子に身体を売って石塚に株の買占めから手をひくよう懇願してくれとたのんだ。意を決した那美は石塚との情事にふけった。石塚は株の代金二百万を、洋子との手切れ金にし、那美子との新しい生活に入ろうとした。が、那美子が洋子の家でみたのは石塚の冷たいなきがらであった。

「女の小箱」より 夫が見た「女の小箱」より 夫が見た
川崎敬三                       田宮二郎

題名:「女の小箱」より 夫が見た
監督:増村保造
企画:塚口一雄、三熊将暉
原作:黒岩重吾
脚本:高岩肇 野上龍雄
撮影:秋野友宏
照明:伊藤幸夫
録音:飛田喜美雄
美術:渡辺竹三郎
編集:中静達治
音楽:山内正
現像:東京現像所
助監督:崎山周
スチール:沓掛恒一
出演:若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、小沢栄太郎、 江波杏子、岸田今日子、早川雄三、中条静夫、見明凡太朗、千波丈太郎、町田博子
1964年日本・大映/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
女の小箱より「夫が見た」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

「女の小箱」より 夫が見た「女の小箱」より 夫が見た
若尾文子                    田宮二郎、岸田今日子

1 2 3