映画「婦系図」



市川雷蔵                       万里昌代

今回は三隅研次監督1962年製作「婦系図」bestをピックアップする。
新東宝の専属女優だった万里昌代さんが、新東宝が倒産してから大映に移籍して第二作目の作品である。本作は、万里昌代という女優の資質を開花させた三隅監督に敬意を表すると共に、彼女の魅力に感動する優れた作品である。その表情と所作は美しく絶品であり、観る者は必ず引き込まれる。

※大映移籍第1作は「お兄哥さんとお姐さん」1961年(監督:黒田義之 共演:勝新太郎)


三條魔子                  千田是也、木暮実千代、市川雷蔵

【ストリー】
帝大教授酒井俊蔵(千田是也)の恩情で立派な教育を受けた早瀬主税(市川雷蔵)は、兄妹のようにして育った酒井の娘妙子(三条魔子)が自分に恋をよせているのを知り、これを受けては義理ある先生にすまぬと、酒井家を出た。そして魚屋めの惣の世話で、かねてから恋仲だった柳橋の芸者お蔦(万里昌代)と、先生には内証で世帯を持った。かつての酒井先生の情人で、妙子の実の母であるお蔦の姉芸者小芳(木暮実千代)は、身分違いの恋の不幸を主税に説くが、主税は、芸者を妻にするのが出世の妨げなら出世せぬまで-と、初志を変えない。ところが、ふとしたことで主悦に恨みを持つ、静岡の権勢家の息子で同窓の河野英吉(片山明彦)は、さまざまな策動をして主税をスキャンダルにまきこみ、さらにお蔦のことを酒井先生に告げて処分を迫った。酒井は主税をかばいつつも、お蔦とは別れさせるといわざるを得ない。酒井から、俺か女かどちらかを選べと迫られ、主税はやむなくお蔦と別れることを決心し、散歩にことよせてお蔦を湯島境内へさそった。思いもかけぬ別れ話にお蔦は歎き悲しむが、ついに得心して身を引くことを承知した。そして、髪結いをしているめの惣の家内のところで、すき手として働くことになった。河野の卑劣な行為を怒った主税は、めの惣(船越英二)から、河野の当主の夫人がお抱えの御者と密通し、子までなしたいきさつを知り、この事実をもって復讐しようと、静岡へ去った。河野一家に接近してドイツ語私塾をひらいた主税に、政略結婚で河野家の不幸な娘はぐんぐんひかれてきた。その娘に、主税は母親の秘密を暴露する。それを立聞きした夫人(南美江)の銃弾で、主税は重傷を負い、病床の人となった。一方、お蔦は風邪をこじらせて死の床にあった。たまたま訪ねた妙子の連絡で酒井も駈けつけた。酒井の命令で、めの惣が静岡に飛ぶが、主税は帰らない。「芸者にも真実な女がいますよ」と、お蔦は酒井に訴えて息絶えた。ようやく傷のいえた主税は、河野家の当主が夫人を射殺した日、東京へ帰った。今は亡きお蔦との思い出深い湯島天神にたたずむ主税の背に、梅の花が散った。


船越英二                      藤村志保

題名:婦系図
監督:三隅研次
企画:鈴木晰成
製作:永田雅一
原作:泉鏡花
脚本:依田義賢
撮影:武田千吉郎
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:三輪良樹
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:井上昭
色彩計測:青柳寿博
スチール:小牧照
出演:市川雷蔵、万里昌代、三條魔子、船越英二、木暮実千代、千田是也、水戸光子、片山明彦、南美江、上田吉二郎、藤村志保
1962年日本・大映/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
婦系図 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


万里昌代、市川雷蔵

映画「陽のあたる坂道」



石原裕次郎                      北原三枝

今回は田坂具隆監督1958年製作「陽のあたる坂道」をピックアップする。
本作は石坂洋次郎氏の原作を映画化したものだが、以降1967年(日活)と1975年(東宝)で2度映画化されている。撮影は1958年1月から4月まで行われ、大田区田園調布(駅付近の道、同・駅前、多摩川台公園)、文京区小石川、新宿区(信濃町駅、外苑の銀杏並木、絵画館前)、西多摩郡羽村町などでロケーションが行われたそうだ。本編は、女子高校生役の芦川いづみさんが可憐だった。今、こんな女子高校生役が出来る女優はいないと思う。


芦川いづみ                   川地民夫(デビュー作)

【ストリー】
田代玉吉(千田是也)は出版会社の社長で、家族は妻のみどり(轟夕起子)、長男の医大生雄吉(小高雄二)、少々ひねくれ者だが自由奔放な次男信次(石原裕次郎)、それに足のわるい娘のくみ子(芦川いづみ)。女子大生倉本たか子(北原三枝)は、くみ子の家庭教師であり彼女のアパートの隣室に、高木トミ子(山根寿子)と一人息子の民夫(川地民夫)が住んでいた。ある日、父の玉吉と話をしていた信次は、ふとしたことから自分が父と柳橋の芸者との間に出来た子であることを知った。数日後くみ子はたか子を誘ってある喫茶店に行った。彼女はくみ子の夢中になっているジャズシンガーが、民夫なのでびっくりした。正月の元旦、信次はたか子の話からトミ子が自分の実母であると感知して、アパートをたずねた。しかしトミ子は不在で、留守居の民夫は裕福そうな信次に反感を抱いて、彼を部屋に入れようとしなかった。母のみどりは信次のことを心配して、やさしく彼をなぐさめた。信次の心の中には、たか子への愛情が芽生えていたが、持前のひねくれで、率直に言えなかった。当のたか子は雄吉とスキーにいって求婚されたが、なにか二人の間に隔りを感じ承諾できなかった。くみ子は医師の診断をうけ、足のなおるのがわかったので、民夫に結婚したいといった。その頃、雄吉はファッションモデルのゆり子(渡辺美佐子)と問題をおこし、そのいざこざを信次におっかぶせてしまった。しかし、信次が悪いのではないことを知ったたか子は、彼の情熱的な青年らしい真情を感じた。くみ子とたか子の計らいで、信次は民夫と会い、大喧嘩をしたがいつしか二人は兄弟愛に結ばれていった。その帰途、信次はたか子を踊りに誘い、強引に接吻した。一度は怒ったたか子も、彼の胸に抱かれるのだった。くみ子と民夫の明るい顔にも、田代家の前の坂道にも、暖かい春の陽ざしが、彼らを祝福するかのようにふりそそいでいた。


轟夕起子、石原裕次郎             芦川いづみ、轟夕起子、小高雄二

題名:陽のあたる坂道
監督:田坂具隆
製作:坂上静翁
原作:石坂洋次郎
脚本:田坂具隆、池田一朗
撮影:伊佐山三郎
照明:岩木保夫
録音:米津次男
美術:木村威夫
記録:飯村知子
編集:辻井正則
音楽:佐藤勝
製作主任:林本博佳
助監督:牛原陽一、山崎徳次郎
出演:石原裕次郎、北原三枝、芦川いづみ、川地民夫、轟夕起子、小高雄二、山根寿子、千田是也、渡辺美佐子、森川信、小沢昭一、天草四郎
1958年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ203分35mmフィルム
陽のあたる坂道 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


川地民夫、石原裕次郎                北原三枝、芦川いづみ

川地民夫、芦川いづみ               石原裕次郎、小高雄二

映画「誘惑」

誘惑誘惑
千田是也、芦川いづみ                 左幸子

今回は中平康監督1957年製作「誘惑」をピックアップした。
本作はフランソワ・トリュフォー監督やヌーヴェルヴァーグの作家たちに「孤高のニッポン・モダニス ト」と称された中平康監督が純愛をコミカルでモダンに描いた作品だ。
現代のアイドル顔負けの女優・芦川いづみさんは、出番は少ないもののドラマの核となる重要な役柄を清楚に演じ、そのラストシーンは素晴らしく凛としていた。また画伯の岡本太郎氏、東郷青児氏、大徳寺公英氏がカメオ出演しているのと1957年7月6日より営業運転を開始した初代小田急ロマンスカー3000形の実走シーンの歴史的価値は高い。ロケーションは、59年前の湯島天神(文京区)上野東照宮境内(台東区)麻布周辺(港区)銀座服部時計店、並木通り、築地周辺(中央区)井の頭公園(三鷹市)で行われている。

誘惑誘惑
千田是也                      葉山良二

【ストリー】
大正気質の杉本省吉(千田是也)は銀座の洋品店主。娘の秀子(左幸子)とやもめ暮しで、店の二階を画廊に改造しようと考えていた。洋品店には無愛想で化粧嫌いな竹山順子(渡辺美佐子)がいた。順子は他人の迷感も顧みない貧乏画家草平(安井昌二)にその美貌を指摘されるや、一転してお化粧に専念し、草平を恋するようになる。省吉の画廊が完成した。パーティの日に草平の画が、一流画伯の目にとまり、一躍有名となり発表会は連日盛況をきわめた。秀子は小平(葉山良二)の妹章子(芦川いづみ)のもとに草平の画が四、五点埋れているというので、それを持って章子と画廊に来た。省吉は驚いた。なぜなら、章子が初恋の人に瓜二つで、その娘だとわかったからだった・・・。

誘惑誘惑
渡辺美佐子                                                   安井昌二、渡辺美佐子

題名:誘惑
監督:中平康
製作:高木雅行
原作:伊藤整
脚本:大橋参吉
撮影:山崎善弘
照明:岩木保夫
録音:神谷正和
美術:松山崇
記録:堀北昌子
編集:辻井正則
音楽:黛敏郎
製作主任:山下昭
助監督:松尾昭典
出演:左幸子、芦川いづみ、葉山良二、轟夕起子、安井昌二、千田是也、渡辺美佐子、中原早苗、高友子、殿山泰司、二谷英明、宍戸錠、小沢昭一、初井言栄、天本英世、浜村純、岡本太郎、東郷青児、大徳寺公英
1957年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ91分35mmフィルム
誘惑 [DVD]
2016年8月現在、DVDレンタルはありません。

誘惑誘惑
カメオ出演:岡本太郎、東郷青児         千田是也、芦川いづみ

麗しの芦川いづみさん


誘惑誘惑
ex03ex04

【当ブログで紹介した芦川いずみさん出演作品】
1956年川島雄三監督「風船
1956年川島雄三監督「洲崎パラダイス 赤信号
1957年川島雄三監督「幕末太陽傳
1957年中平康監督「誘惑
1962年蔵原惟繕監督「硝子のジョニー 野獣のように見えて
1962年西河克己監督「青い山脈
1964年森永健次郎監督「若草物語
1965年熊井啓監督「日本列島

【芦川いずみさんプロフィール】
東京市滝野川区田端町(現・北区田端)に生まれる。1952年法政大学潤光女子高校(現・法政大学女子高等学校)を中退し、松竹歌劇団付属松竹音楽舞踊学校に入学する。同期に野添ひとみ、姫ゆり子、山鳩くるみ(小林夕岐子の母とは別人)らがいた。この時、芸名を「芦川いづみ」とする。1953年、ファッション・ショーに出演中、偶然いあわせた松竹の川島雄三監督に認められ、川島監督の「東京マダムと大阪夫人」に、月丘夢路の妹役でデビューする。その後、1955年、日活に移った川島監督の推薦で松竹歌劇団を退団し日活に入社する。
その後、「幕末太陽傳」などの川島監督の作品をはじめ、様々な役に挑戦し、松竹から移ってきていた北原三とともに日活の中心的な存在となった。また、1956年には、田坂具隆監督の「乳母車」で石原裕次郎と初共演する。裕次郎はこの作品の演技で、新しい魅力を遺憾なく発揮し代表作の一つとしたが、芦川もさわやかな演技で人気を不動のものとした。以降、北原三枝とともに裕次郎の相手役として欠かせない存在となる。若い浅丘ルリ子にその座を譲ってからも日活を代表するトップ女優として活躍した。
一時、葉山良二とのロマンスが噂されたが、1968年に藤竜也と結婚して引退。家庭の人となった。
2007年11月17日、新宿の京王プラザホテルで開催された日活出身の俳優で構成する「俳優倶楽部」とスタッフらで構成する「旧友会」の合同パーティーに、渡哲也・浅丘ルリ子・宍戸錠・川地民夫・沢本忠雄・鈴木清順監督・井上梅次監督・齋藤武市監督・舛田利雄監督らと共に出席。久々に公の場に姿を見せ、話題になった。
2009年には石原裕次郎の二十三回忌、南田洋子の死去に際して、スポーツ新聞にコメントを寄せている。
(ウィキペディア参照)

【芦川いずみさん出演映画作品】
1953年「東京マダムと大阪夫人」
1955年「青春怪談」
1956年「風船」「東京の人」「洲崎パラダイス赤信号」「乳母車」
1957年「孤獨の人」「幕末太陽傳」「嵐を呼ぶ男」
1958年「佳人」「 陽のあたる坂道」「紅の翼」
1959年「祈るひと」
1960年「青年の樹」「やくざの詩 」「霧笛が俺を呼んでいる」「喧嘩太郎」「あした晴れるか」
1961年「あいつと私」「堂堂たる人生」「アラブの嵐」
1962年「硝子のジョニー 野獣のように見えて」「しろばんば」「青年の椅子」「憎いあンちくしょう」
1963年「青い山脈」「真白き富士の嶺」「美しい暦」
1964年「鉄火場破り」「若草物語」
1965年「日本列島」「四つの恋の物語」「結婚相談」
1966年「夜のバラを消せ」「嵐を呼ぶ男」
1967年「君は恋人」
1968年「大幹部無頼」「孤島の太陽」

1 2