映画「愛のきずな」


藤田まこと                                 園まり

今回は坪島孝監督1969年製作「愛のきずな」をピックアップする。
本作は松本清張氏原作「たづたづし」を映画化したものだが、私にとって歌手のイメージが強かった園まりさんが、貞淑な人妻とコケティッシュな喫茶店のホステスを演じ分け、所作・佇まい・仕草などで魔性を見事に醸し出している。原作の脚色も良いのではないかと思う。


原知佐子                                 佐藤允

【ストリー】
東西観光の総務課長代理鈴木良平(藤田まこと)は、専務(山茶花究)の娘(原知佐子)と結婚し、皆から羨まれていた。だが、父親の権威をかさにきる妻との生活は、良平にとって愉快なものではなかった。ある雨の夕べ、良平は清純な娘雪子(園まり)と知合った。やがて二人に愛が芽生え夢のような数ヵ月が過ぎた。だから、良平が雪子に服役中の夫(佐藤允)がいると囁かれた時ショックは大きかった。雪子は、夫が出所したら、良平との関係を話し離婚すると言った。だが、小心な良平は、その時から強迫観念に襲われるようになった。雪子が離婚話を夫にしたら、必ず凶暴な彼女の夫は自分を刺しに来る。そう信ずる良平は、雪子に離婚を諦めるよう説得するのに、懸命だった。だが、雪子の良平に対する愛は変らなかった。良平は雪子を信州に誘って殺した。ところが、皮肉なことに良平は新たな恐怖にさいなまれはじめた。雪子のはめていたオパールの指輪を抜取ることを忘れたのだ。東西観光に雪子の夫が現われたのは、それから数日後だった。良平は、公金を横領して逃げている社員を自分とすり変えて難を逃れた。それから数日、良平は再び緊張した。自社のコマーシャル映画に雪子が映っていたからだった。良平が信州に尋ねた雪子は喫茶店に勤めていた。雪子は、突然の衝撃で失神したものの、死んだのではなかった。だが、雪子はその時のショックで過去の一切を失っていた。良平は雪子を東京に連れ帰り、再び恋仲となった。しかし、自分がまた事件の渦中に入り、死への運命を辿っていることを良平は知らなかった。


園まり                            藤田まこと

題名:愛のきずな
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、五明忠人
原作:松本清張「たづたづし」
脚本:小川英、坪島孝
撮影:内海正治
照明:高島利雄
美術:育野重一
録音:指田漸
整音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
編集:武田うめ
音楽:広瀬健次郎 主題歌:園まり「ひとりにしないで」
現像:東洋現像所 合成:三瓶一信
製作担当者:篠田啓助
助監督:松本正志
スチール:橋山直己
出演:藤田まこと、園まり、原知佐子、佐藤允、山茶花究、上田吉二郎、左とん平、千石規子
1969年日本・渡辺プロダクション+東宝/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
愛のきずな -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田まこと、佐藤允                        園まり

中央本線 181系 特急あずさ号 (1966年~1975年まで同系列で運行)

映画「お嫁においで」


加山雄三                        沢井桂子

内藤洋子                        黒沢年男

今回は本多猪四郎監督1966年製作「お嫁においで」をピックアップする。
円谷英二特技監督とのコンビで特撮映画を撮り続けた本多猪四郎監督は、「ゴジラ」の生みの親として有名だが、本作は加山雄三さんの同名ヒット曲を元にした歌謡映画にも係わらず、若大将シリーズとは違いプロットがしっかりした作品であると思う。沢井桂子さんが魅力的に映っている。


原恵子、黒沢年男                    田村亮

笠智衆                        千石規子

有島一郎                     沢井桂子、松本めぐみ

【ストリー】
設計技師須山保(加山雄三)は父(笠間雪雄)の経営する造船会社で働いているカッコいい青年。目下、保には縁談があるが、彼はその気になれない。というのは、エンストした保のスポーツカーを押してくれた露木昌子(沢井桂子)が忘れられないからだ。昌子は何処に勤めているとも言わずに立ち去ったのだが、保は彼女がホテルのウェイトレスをしているのを偶然見かけ、それ以来、両親の勧める縁談には耳もかさない有様。ただ、兄思いの妹葉子(内藤洋子)はそんな保のためにプロポーズ作戦を練る。ところで昌子はタクシーの運転手野呂高生(黒沢年男)と親しい。だから、葉子の作戦通り保がホテルの裏口で昌子を待っていると、野呂が彼女を連れ去っていくという具合で、保の歩が悪い。そこで葉子は、タクシー会社へ野呂を指名して遠出させ、その間に保が昌子と会うという計画を立てたのがまんまと成功。保は昌子に愛を打ち明け、恋人に立候補した。昌子は迷った、野呂も好きだし、保の熱烈なプロポーズにも心を動かされる。一方野呂は魚屋の娘つね子(原恵子)から愛を打ち明けられたが、昌子を愛していると断る。そんなある日、保の両親は昌子の存在を知り、ホテルの支配人(有島一郎)を通じて昌子をクビにしたが、それを知った保は驚いて昌子の許に飛んでいった。昌子はその保にはっきりと言った。「あなたのプロポーズは突然飛び込んで来た幸福みたいで落ち着かない。身分相応の野呂さんが自分にはふさわしいと思う」そう言われた保はきっぱりと昌子との結婚を諦め二人を祝福した。ある天気のよい一日、ヨットを走らせる保と葉子の姿が湘南の海に見られた。


内田裕也                      お嫁においで

田村亮、沢井桂子                 内藤洋子、加山雄三

題名:お嫁においで
監督:本多猪四郎
製作:藤本眞澄
脚本:松山善三
撮影:宇野晋作
照明:大野晨一
録音:伴利也
整音:下永尚
美術:育野重一
大道具:田中喜一
小道具:野島秋雄
衣裳:池田誠
記録:米山久江
編集:武田うめ
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「お嫁においで」俺は海の子「夜空を仰いで」
製作担当:山田順彦
製作進行:森知貴秀
助監督:渡辺邦彦
監督助手:藤井誠之助、松本正志
美術助手:荒巻宏俊、櫻木晶、沼田和幸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、沢井桂子、内藤洋子、黒沢年男、原恵子、田村亮、千石規子、内田裕也、笠智衆、有島一郎、松本めぐみ、高田稔、飯田蝶子、笠間雪雄、村田知栄子、菱見地谷子(ひし美ゆり子)
1966年日本・東宝/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
お嫁においで -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「お嫁においで」沢井桂子

「お嫁においで」沢井桂子

映画「若大将対青大将」


「若大将対青大将」酒井和歌子

加山雄三                        酒井和歌子

「若大将対青大将」吉沢京子

大矢茂                        吉沢京子

今回は岩内克己監督1970年製作「若大将対青大将」をピックアップする。
本作は、1971年1月9日に公開された若大将シリーズの第17作になる。
同時上映は「初めての旅(監督:森谷司郎 出演:岡田裕介、二谷英明)」であった。

本作をもって若大将は、加山雄三さんから大矢茂さんに”若大将”をバトンタッチされる内容だが、次作で実現されなかった。
翌1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。こうした状況で、若大将シリーズの次作は、1975年になり、草刈正雄さん主演の3代目若大将で「がんばれ!若大将(監督:小谷承靖)」が制作されたという経緯がある。


田中邦衛                       高松しげお

【ストリー】
8年がかりでやっと京南大学を卒業した青大将こと石山新次郎(田中邦衛)の卒業祝いが、後輩のモータークラブ員の太田茂夫(大矢茂)の提案で、茂夫の母春江(三条美紀)の経営するドライブ・イン「ピット」の店内で開かれた。モータークラブ元キャプテン田沼雄一(加山雄三)と茂夫のクラスメートの令子(森るみ子)、悦子(早坂八千代)たちが駈けつけ、青大将も感激のあまりオイオイ泣きだした。それからほど近い、ある日、新次郎の父親、石山剛造(松村達雄)の経営する石山商事株式会社の営業部に勤務する雄一のもとへ、新入社員として新次郎が配属されてきた。新次郎は出社第一日目にして、さっそく美人タイピストの節子(酒井和歌子)に一目惚れ、猛アタックを開始した。しかし同僚の富士子(太田淑子)から節子と雄一が相思相愛の仲だと知らされ、大ショックを受けた。新次郎は何とか節子を手に入れようと策略をめぐらし、たまたま、父の剛造から、英語の達者な若手を営業部からニューヨーク支店へ送るということを聞き、雄一を推薦。恋仇の転勤をまんまと成功させた。雄一は日本を留守の間、茂夫に、新次郎の手から節子を守ることを託すと、アメリカへ飛び立っていった。学期末、茂夫たちのモータークラブでは、グランプリにそなえて、鈴鹿サーキットで合宿練習をすることになった。新次郎はそのすきに節子に接近しようとするが、茂夫のために失敗する。新次郎はたびたびの邪魔に破れかぶれとなり、茂夫と恋人の圭子(吉沢京子)の仲をぶちこわしにかかった。サーキットにやってきた圭子は、新次郎から節子と茂夫の仲をほのめかされ、怒って東京に帰ってしまい、アメリカからバイヤーを案内して日本にやってきた雄一と節子の仲も新次郎にぶちこわされかかってしまう。こうしてグランプリ当日がきた。今は茂夫からことの真相を知らされた節子、そして雄一から茂夫の気持を聞いた圭子は、雄一と茂夫のいる鈴鹿サーキットヘ駆けつけた。スタートにつまづき、苦戦をしいられている茂夫を心配そうにピットで見守る雄一たち。だがレースは後半になって、圭子の姿を目にした茂夫はたちまちラスト付近から次々と他の車を追い抜いていった。遂に茂夫は先頭に立ってゴールイン。晴れてグランプリ・レースに優勝した。


松村達雄                        千石規子

三条美紀                        大矢茂

題名:若大将対青大将
監督:岩内克己
製作:藤本真澄、安武龍
脚本:田波靖男
撮影:原一民
照明:小島真二
特機:田中豊夫、加賀見正友
録音:吉岡昇
整音:東宝録音センター
美術:薩谷和夫
装置:蜷川修治
小道具:秋元和男、高津幸一、永山勝美
電飾:山口清
衣裳:後藤信義
美粧:高橋勝巳
結髪:上田美穂子
擬斗:宇仁貫三
記録:木村靖子
編集:岩下広一
音楽:萩原哲晶 主題歌:大矢茂「「アダムとイブのように」」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:村上久之
製作進行:大門正雄
演技事務:小倉斉
助監督:吉松安弘
監督助手:岡田文亮、中野俊一
撮影助手:上田正治、古山正、五十畑幸勇、山田健一
照明助手:清水博、友成富男、畑日出夫、大場明、後藤一男、高瀬昇、小池文夫、矢吹圭司
美術助手:大竹久彌、鈴木儀雄
録音助手:林頴四郎、池田昇、近田進、佐藤祐史
編集助手:砂原泰子、船沢昌介
製作宣伝:鹿野英男
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、大矢茂、田中邦衛、酒井和歌子、吉沢京子、松村達雄、三条美紀、太田淑子、千石規子、南利明、人見明、高松しげお、江戸家猫八、森るみ子、早坂八千代
1970年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー83分35mmフィルム
若大将対青大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


酒井和歌子、加山雄三                若大将対青大将

1 2 3 6