映画「第三の悪名」

第三の悪名第三の悪名
勝新太郎                       田宮二郎

今回は田中徳三監督1962年製作「第三の悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第5作になる。
1963年1月3日に正月映画として封切りされた。シリーズ第2作「続・悪名」で死んだモートルの貞(田宮二郎=上画像右)の事件から10年が経過し、貞の仇であるカポネ(南道郎)との対決を軸に描いている。

悪名シリーズ

第三の悪名第三の悪名
月丘夢路                       長門裕之
第三の悪名
藤原礼子                          西村晃

【ストリー】
朝吉(勝新太郎)は死んだ弟分、貞の女房お照(藤原礼子)の家に、貞の弟清次(田宮二郎)と居候になっていた。或る日、朝吉は松島で、戦友粟津修(長門裕之)に出あった。修は天王寺の粟津一家の二代目だったが、わけあって朝吉も緑の深い松島組に身を預けていた。松島組の元締も、今は故人となっていたが、その法要の日、粟津一家の女親分お妻(月丘夢路)は、居合わせた朝吉の気っぷに惚れこみ、家に連れ帰った。お妻は、粟津一家の先代の親分の後妻で修にかたぎになってもらいたいばっかりに後目を相続したのだった。朝吉の口から修の居場所を聞いたお妻は、数日後彼に会ってかたぎになってくれるよう頼んだが、修はかえってお妻への恋心を明かした。修は白粉会社の登録商標をかたり取って新しい会社を作ろうというカポネ一味の企みを明かし、朝吉に手を貸せと申しでるが、朝吉はことわり二人は独自の行動をとることにした。朝吉はカポネ(南道郎)の経営するキャバレーにのりこんだが、代表名義人である小杉の息子の承諾を得たのだからとつっぱねられた。しかし、小杉の息子(矢島陽太郎)は、実は父親(菅井一郎)の信用している番頭垣内(天王寺虎之助)の二号の家に軟禁されていた。垣内こそ、カポネの黒幕だったのだ。憤然として帰ってきた朝吉は、カポネのキャバレーの支配人になったと報告する清次におどろいた。清次の兄は、カポネの子分によって殺されたからだ。怒った朝吉は、清次との縁を切った。だが朝吉と関係深い清次を邪推したカポネは、子分に清次の命を狙わせた。しかし、それをいち早く知った清次は、逆に小杉の息子を連れだし朝吉にわびを入れに帰ってきた。小杉の息子の一件を修の仕業と思いこんだカポネは修の不意をつき捕えて拷問した。だがこの時朝吉と清次が応援にかけつけた。証書を返すという証文を垣内に書かせた朝吉は、お妻に修の身を預け、お照の家に居候に戻るのだった。

第三の悪名第三の悪名
長門裕之、喜味こいし、夢路いとし         月丘夢路、勝新太郎
第三の悪名第三の悪名
勝新太郎、田宮二郎                第三の悪名

題名:第三の悪名
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:高地繁
擬斗:宮内昌平
衣裳考証:上野芳生
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、長門裕之、月丘夢路、藤原礼子、西岡慶子、西村晃、南道郎、天王寺虎之助、矢島陽太郎、菅井一郎、若杉曜子、夢路いとし、喜味こいし
1962年大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
第三の悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「座頭市物語」


「座頭市物語」勝新太郎

勝新太郎                       天知茂

今回は三隅研次監督1962年製作「座頭市物語」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズ(全26作)の記念すべき第一作になる。原作は子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」に収録された短編「座頭市物語」で前年から続く「悪名」シリーズと共に勝新太郎を大スターに押し上げた作品である。

座頭市シリーズ


万里昌代                                                        万里昌代、勝新太郎

【ストリー】
下総飯岡の貸元助五郎の所へ草鞋を脱いだ異風なやくざは、坊主で盲目で人呼んで座頭市(勝新太郎)。ツボ振りでも居合抜きでも目明きの及ばぬ市の腕を見込んだ助五郎(柳永二郎)は、彼を客分扱いにし乾分蓼吉(南道郎)を世話係につけた。やくざ嫌いでやくざの飯を食う市は、釣で逢った病身の浪人平手造酒(天知茂)と心をふれ合う思いをしたが、その造酒は助五郎とは犬猿の仲の笹川親分の食客となった。助五郎は新興勢力の笹川一家を叩き潰す機会を狙っているが、その時は市と造酒の面白い勝負が見られると乾分たちにうそぶいた。その頃、身投げしたか落されたか蓼吉の女お咲(淡波圭子)が水死体となって溜池に浮かんだ。何気なくそこを訪れた市は再び造酒と逢い、その夜二人は酒をくみかわした。お互いに相手の剣に興味を持ったが、やくざの喧嘩に巻込まれて斬り合うのは御免だと笑い合った。この時造酒を訪れた笹川の繁造(島田竜三)は、市が飯岡の客分と知り乾分(中村豊)に市を斬るよう命じた。帰り途、市を襲った乾分は市の刀に一たまりもなかった。市の腕前に驚いた繁造は、造酒に喧嘩の助勢を頼んだが造酒は頭から断った。一方、市は昨夜の答礼に酒を贈ろうと思い蓼吉にその使いを頼んだが、代りに行った弟分の猪助は間もなく無惨な死体となって飯岡の鉄火場で発見された。笹川は、この機会を利用して喧嘩を売る決意をしたがそんな時、造酒が血を吐いて倒れてしまった。それを知った助五郎は好機到来とばかり喧嘩支度にかかった。笹川の繁造は、飯岡勢を笹川宿場の迷路へさそい込み座頭市は鉄砲でうちとる策略を立てた。それを知った病床の造酒は鉄砲をうつことだけはやめてくれ、その代り自分が働くと繁造に頼むのだった。そこへ造酒を訪ねた市は、彼が友情のため死を決して喧嘩に加わったことを知った。笹川の作戦は功を奏し飯岡方は苦戦に陥った。血をはきながら斬りまくる造酒。その行手には座頭市が立っていた。ついに二人の宿命的な対決の時が来たのであった。座頭市の剣に造酒は倒れた。そしてこれに勢いづいた飯岡勢が勝利することとなった。市は造酒の弔いを寺の小僧に頼む。そして仕込み杖も一緒に埋めさせるのだった。市を慕うおたね(万里昌代)は川沿いの道で彼を待っていたが、市は裏道を独り下総を去っていくのだった。


座頭市物語                      勝新太郎

題名:座頭市物語
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:牧浦地志
照明:加藤博也
録音:大谷巖
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
邦楽:中本敏生
製作主任:田辺満
助監督:国原俊明
スチール:松浦康雄
出演:勝新太郎、万里昌代、天知茂、島田竜三、三田村元、南道郎、柳永二郎、島田竜三、中村豊、淡波圭子、毛利郁子、真城千都世
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ96分35mmフィルム
座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


座頭市物語

勝新太郎、天知茂                             座頭市物語