映画「悪名十八番」

悪名十八番悪名十八番
勝新太郎                        田宮二郎

今回は森一生監督1967年製作「悪名十八番」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第14作になる。
1968年1月13日封切りされた。本作は、”悪名シリーズ”で田宮二郎さん最後の出演作となる。

悪名シリーズ

悪名十八番悪名十八番
安田道代(大楠道代)                  森光子

【ストリー】
岡山の喧嘩騒ぎで過剰防衛の罪に問われた朝吉(勝新太郎)が、兄の辰吉(金田龍之介)の奔走で、執行猶予つきながら出所してきた時、辰吉は土地の悪徳ボス中沢(西村晃)のために大怪我をさせられた。辰吉は土地の浄化のために市会議員選挙に立候補したのだが、それが中沢の邪魔になったのだ。折角、兄の仕事を手伝い、堅気の生活に入ろうと決心した朝吉は、こんな状態に巻込まれては、持前の喧嘩好きの性分が頭をもたげてくるのをどうしようもなかった。兄の会社の事務員鈴子(安田道代)に慕われた朝吉は、夜、鈴子と歩いている途中、中沢組の者に襲われ、罠にかかって殺人犯に仕立て上げられてしまった。その上、朝吉の無実を証明出来る鈴子は中沢組に捕われ、大阪に連れていかれたのである。そんな時、新聞で朝吉の急を知った清次(田宮二郎)が、重傷を負って入院している身をおしきって駆けつけて来た。警察の目を逃がれて、鈴子を探すべく大阪へ来た二人は、鈴子を中沢の子分荒雲(松枝錦治)の手から救い出した。そして、鈴子と共に真犯人を知る荒雲を連れて兄の家に戻った朝吉は、辰吉が中沢に連れ去られたことを知った。中沢は辰吉が市議になっては、競輪場をつくってひと儲けしようという計画が潰れてしまうため、辰吉を自動車事故を装って殺そうと計っていたのである。自分の子分を殺しておいて、朝吉をその殺人犯に仕立てたのも、辰吉の当選に不利な事件を起こそうとしてのことだった。朝吉と清次は、そうした中沢の悪だくみを知ると、辰吉が監禁されている場所に乗り込み、派手に暴れ回った。辰吉を助け出した二人は、中沢をさんざんいためつけ警察に引渡した。一方、救い出された辰吉は、朝吉がいてはいざこざが絶えないと、やむを得ず旅に出るよう勧めるのだった。数日後、朝吉と清次は四国への連絡船の中で、辰吉当選のラジオニュースを聞き、満足そうに頬笑み交すのだった。

悪名十八番悪名十八番
西村晃                        金田龍之介
悪名十八番悪名十八番
藤田まこと                    森光子、勝新太郎、藤田まこと
悪名十八番悪名十八番
京唄子、鳳啓助                    芦屋小雁 

題名:悪名十八番
監督:森一生
企画:辻久一
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:今井ひろし
照明:美間博
録音:林土太郎
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、安田道代(大楠道代)、森光子、西村晃、藤田まこと、金田龍之介、芦屋小雁、京唄子、鳳啓助、松枝錦治、八泉鮎子、南都雄二、守田学、水原浩一、伊達三郎
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名十八番 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名十八番悪名十八番
八泉鮎子                     田宮二郎、勝新太郎

映画「続・悪名」

続・悪名
「続・悪名」田宮二郎、勝新太郎
続・悪名続・悪名
勝新太郎                        中村玉緒

今回は田中徳三監督1961年製作「続・悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第2作は、前作「悪名」からの続編であるが、弟分モートルの貞(田宮二郎)は死んでしまい朝吉(勝新太郎)は招集され戦地に行って終わる内容は、シリーズ化を想定しないようである。尚、夫婦役を演じた勝新太郎さんと中村玉緒さんは、翌年の春に結婚の運びになった。

悪名シリーズ

続・悪名続・悪名
田宮二郎、勝新太郎                 水谷良重、勝新太郎

【ストリー】
満州事変の頃、やくざの世界から何くわぬ顔で故郷の河内に帰った朝吉(勝新太郎)は、女房お絹(中村玉緒)と百姓仕事を始めたが、ある日、弟分モートルの貞(田宮二郎)の時ならぬ訪問で忽ち化けの皮がはげ、これ幸いと大阪へ逆戻り。今は見るかげもない吉岡親分(山茶花究)を見舞った朝吉と貞は、そこの居候で貞の弟分河太郎(南都雄二)を預かった。河太郎と女房チェリー(長谷川季子)が難波新地の親分沖縄の源八(上田吉二郎)に欺されたいきさつを聞くと、朝吉は単身源八の家へ乗り込み、スゴ味をきかして勘定をとり立てた。彼はまた、吉岡を窮地に陥しいれた松島の長五郎(山路義人)の非道に憤激、貞となぐり込みをかけて長五郎を半殺しの目にあわせた。これを機会に足を洗うつもりの朝吉だが、彼の度胸に惚れ込んだ松島一家の元締(中村鴈治郎)から、長五郎の縄張りと子分衆を押しつけられようとは!その夜酔って帰った貞は自分の子を宿したお照と間違えて、チェリーを抱いたため大騒動。一方、朝吉はやくざの親分になったことや昔の女琴糸(水谷良重)の写真のことやらで、お絹にとっちめられた。売り出しの朝吉に喧嘩状を突きつけたのが、沖縄の源八だ。その結果は意外にも、源八の縄張りと子分まで、朝吉が引き受ける羽目になった。そんな朝吉の許へお絹が琴糸をつれて現れた。琴糸は東京で男に捨てられ、因島のイト(浪花千栄子)親分の家へ帰りたがっている。朝吉と貞は琴糸を因島へ送ってやった。大阪へ帰った朝吉は、チェリーの足ぬきのことから新興やくざ新世界のカポネ一家と対立したが、松島の元締は、利用価値のうすれた朝吉に見切りをつけ、助ッ人を断った。朝吉が自分の一家だけで闘おうと、悲壮な決意を固めた折も折、召集令状が届いた。出発の前夜、朝吉は貞にやくざの世界の醜さを説き、子分たちにも正業につかせるよう訓した。やがて父になる貞を犬死させたくないからだが、数日後、貞はチンピラに刺されて死んだ。戦争とは国と国の縄張り争いみたいなものである。朝吉は「こうゴツイ出入りではムシケラ同然や」と自嘲しながら、果てしない暗黒のぬかるみ道を行軍するのだった。

続・悪名続・悪名
藤原礼子、田宮二郎                    勝新太郎、田宮二郎、藤原礼子、中村玉緒、長谷川季子

題名:続・悪名
監督:田中徳三
企画:鈴木晰成
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:土井茂
衣裳考証:上野芳生
色彩技術:田中省三 (色彩計測)
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、水谷良重、中村鴈治郎、長谷川季子、藤原礼子、浪花千栄子、浦路洋子、山茶花究、南都雄二、須賀不二男、上田吉二郎、山路義人、小松みどり
1961年日本・大映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
続・悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・悪名続・悪名
浪花千栄子、勝新太郎                  中村鴈治郎
続・悪名続・悪名
上田吉二郎                   長谷川季子、南都雄二、田宮二郎
続・悪名
「続・悪名」撮影風景
続・悪名続・悪名
撮影:宮川一夫氏 監督:田中徳三氏       「続・悪名」撮影風景

映画「温泉あんま芸者」


吉田輝雄                             三原葉子

今回は石井輝男監督1968年製作「温泉あんま芸者」をピックアップする。
温泉芸者シリーズ第1弾の本作は、新東宝映画を見ている様な顔ぶれだ。
懐かしい”野球拳”も登場するセクシー喜劇作品だ。


橘ますみ                                                  三島ゆり子

【ストリー】
ある温泉町のあんま芸者の置屋“浜中”に富丸(三原葉子)、雛奴(三島ゆり子)、蔦子(賀川雪絵)、玉栄(英美枝)、梅子(應蘭芳)、千代(橘ますみ)などの芸者がいた。それぞれ、ベテラン芸者だったが、千代だけは純情娘で、診療所の婦人科医吉岡(吉田輝雄)を慕っていた。しかし、当の吉岡は千代に見向きもしない。一方、富丸たちはそれぞれの特技を生かして商売していたが、そんなとき、妊娠中の雪子(高倉みゆき)が仲間に加った。ある日、温泉祭りの夜にあんま芸者たちと、犬猿の仲である金太郎(南風夕子)たち温泉芸者がハチあわせ、対抗意識を燃やしてストリップ合戦を始めるなどドンチャン騒ぎになってしまった。しかも、果ては風呂場で素っ裸のまま大乱闘を演じたのである。これでトクをしたのがブルーフィルム屋の武(南道郎)。懸命に大乱闘を8mmカメラに収めたか、芸者たちに発見され、カメラの取りっこになってしまった。この騒ぎの中で雪子は子供を産んだ。雪子の亭主は武だった。翌日、“浜中”では芸者たちの貴重品がなくなり、しかも赤ん坊だけを残して武夫婦の姿はなかった。その赤ん坊が高熱を出していたことから、千代は吉岡のところに連れていった。千代はくみ取り業の社長黒島(芦屋雁之助)の仲介で、市の清掃部長品川(金子信雄)の世話を受けることになっていた。彼女はそこで吉岡の反応を期待したか、吉岡は泰然たるもの、しかも彼には婚約者がいると知って落胆してしまった。そうした時、入院中の赤ん坊が、我が子恋しさに戻った武夫婦に連れ去られた。武たちはセックスコレクション寺の和尚(由利徹)の許に逃げ込んだ。怒った富丸たちと武夫婦の間は険悪になったが、吉岡の取りなしで、何とかその場は収まった。やがて、吉岡は沖縄の無医村に行くことになった。別れの日、ヤケ酒をあおって品川に身を任せた千代も、吉岡を見送った。その千代の姿には純情をかなぐりすて、たくましく生きる意欲に溢れていた。


金子信雄、芦屋雁之助

題名:温泉あんま芸者
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、内田弘三
撮影:吉田貞次
照明:北口光三郎
録音:溝口正義
美術:矢田精治
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:久斗敏厚
結髪:横田三佳代
衣装:豊中健
振付:藤間勘真次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
製作主任:俵坂孝宏
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:吉田輝雄、橘ますみ、三原葉子、三島ゆり子、高倉みゆき、賀川雪絵、應蘭芳、沢淑子、芦屋雁之助、金子信雄、上田吉二郎、由利徹、茶川一郎、南都雄二
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
温泉あんま芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉あんま芸者

橘ますみ                             温泉あんま芸者