映画「全身小説家」

全身小説家全身小説家
井上光晴

今回は、原一男監督1994年製作のドキュメンタリー映画「全身小説家」高評価作品sをピックアップする。
原一男監督は私に毎作感動と驚きを与えてくれる。本作も容赦ない追及は真実に迫り、息を呑む。原一男監督は今、日本映画で映画監督と言える数少ない一人だ。

【解説】
「地の群れ」「虚構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文学伝習所を開いた。以後全国13ケ所に広がった。その伝習 所を中心に、彼は各地方で体当たりの文学活動を実践してきた。映画はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソー ド、文壇で数少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動=生そのものを捉えて行く。撮影準備直後、井上にS字結腸 癌が発生し、いったん手術は成功するもののやがて肝臓へ転移していく。カメラは彼がその癌と戦う姿も生々しく撮り続けるが、平成4年5月、遂に井上光晴は 死を迎える。映画はさらにその井上自身の発言や作品を通して語られた彼の履歴や原体験が詐称されていたという事、つまり、文学的な虚構であったという事実を、親族や関係者への取材を通してスリリングに明らかにしていく。そしてその虚構の風景を、映画はモノクロームのイメージシーンによって再現する。フィ クションの映像をドキュメンタリーの中に取り入れることによって、まさに(虚構と現実)を生きた文学者の全体像に迫ろうとした、渾身の作品となった。

全身小説家全身小説家

【当ブログで紹介した原一男監督作品】
1972年「さようならCP
1974年「極私的エロス 恋歌1974
1987年「ゆきゆきて、神軍
1994年「全身小説家
2004年「またの日の知華

全身小説家全身小説家

題名:全身小説家
監督:原一男
製作:小林佐智子
撮影:原一男、大津幸四郎(イメージ篇)
照明:吉山清二(イメージ篇)
録音:栗林豊彦
美術:竹内公一(イメージ篇)
美術協力:木村威夫
編集:鍋島惇
音楽:関口孝
フィルム:日本コダック
現像:ソニーPCL
助監督:小林明、福岡孝浩、真島洋一、高根美博(イメージ篇)
スチール:高橋昌(イメージ篇)
出演:井上光晴、埴谷雄高、瀬戸内寂聴、金久美子、山本与志恵、磯春陽、窪田匡哉、杉山裕哉
1994年日本・疾走プロダクション=ユーロスペース/スタンダードサイズ・パートカラー147分16mmフィルム(本編)35mmフィルム(イメージ篇)
全身小説家 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

全身小説家全身小説家
全身小説家

映画「またの日の知華」

またの日の知華またの日の知華
「第一章 知華と良雄」吉本多香美         吉本多香美、田中実

今回は原一男監督2004年製作「またの日の知華」をピックアップする。
本作は、知華というキャラクターを四人の女優が演じる構成なので、オムニバス映画ではないが、1970年代のニュース・フィルムを挿入しながら激動の時代を奔放に生きた女性・知華の生き様をテーマにしている。原監督は、劇映画初作品であるが「極私的エロス・恋歌1974」で紹介した様に、今村昌平監督、浦山桐郎監督や日活出身のキャメラマン姫田真佐久氏に師事して劇映画の礎は仕上がっている。だから本作を”ドキュメンタリー作家が作った劇映画”というのは当たらない。むしろ、台詞で説明したり、画解きをするベタなステロタイプを用いず、映像で語っているのが、原一男監督らしく素晴らしい作品だ。私は、桃井かおりさんのニュートラルな情念の演技に感動した。

※原一男監督作品についてはこちらをご覧下さい。

またの日の知華またの日の知華
「第二章 知華と和也」渡辺真起子        田辺誠一、渡辺真起子

【ストリー】
「第一章 知華と良雄」
元機動隊員の良雄(田中実)は、60年安保闘争時に身も心も傷付いていた。そんな良雄にとって従妹の知華(吉本多香美)は、いつも眩しい存在だった。知華は、自分が母の不義の子であることから、自分と良雄は実の兄弟ではないかという幻想にとらわれていた。大会中の事故がもとで体操選手となる夢を断念し、中学校の体育教師となった知華と、良雄は結婚する。東京での新生活が始まり、1969年1月、全共闘運動で揺れる東京で、知華は純一を出産する。教師として、母として、妻として、懸命に生きようとする知華。そんな矢先、良雄が結核と診断され、入院を余儀なくされる。
知華:吉本多香美 良雄:田中実
「第二章 知華と和也」
良雄が療養所に入院中、郷里の母校に勤めるようになった知華(渡辺真起子)に、新任体育教師、和也(田辺誠一)が接近してくる。和也の亡父は少女時代の知華の後援者であり、父の遺した8ミリフィルムに映る知華の映像に、和也は焦がれつづけていた。和也に求められ、知華は夫の留守に耐える妻の殻を脱ぎ捨てて、性の悦びに浸る。1972年正月、自宅療養を許された良雄が帰ってくる。和也との仲が噂になり、退職届を出した日の夜、知華は嫉妬に駆られた和也に呼び出され、モーテルへ行く。良雄は無言で送り出し、テレビを点ける。連合赤軍あさま山荘事件が映し出されていた。
知華:渡辺真起子 和也:田辺誠一
「第三章 知華と幸次」
知華の教え子、幸次(小谷嘉一)は、姉の率いるアナーキーなゲリラグループに属していた。アジトが内ゲバで襲われた夜、幸次は知華(金久美子)と再会する。かつて、生意気な転校生だった幸次を、暴力的な男性教師からかばったのも知華だった。教職を辞した後、知華は借金取りに追われるように単身で上京していた。レズビアンの姉に複雑な思いを抱きつつ、知華を慕うようになる幸次。和也から手切金を受け取った知華は、アジトを襲撃されて行き場のなくなった幸次を連れて、豊川に住む幸次の祖母の元に身を寄せる。1974年8月、手筒花火の大役をやり遂げた幸次は、東京丸の内での過激派による爆破事件に衝撃を受ける。その夜、知華と幸次は結ばれる。しかし、ふたりで南の島に旅立とうとしたとき、姉が迎えにくる。
知華:金久美子 幸次:小谷嘉一
「第四章 知華と瀬川」
流れ者の瀬川(夏八木勲)は、場末のスタンドバーでの売春の客として、知華(桃井かおり)と出会う。女を刺した前科をもつ瀬川と、知華は深い仲になってゆく。その一方で、和也との生活も続いていた。小学生になった純一が新潟から訪ねてくる度に、知華はどちらかの男性と束の間の親子の時を過ごした。瀬川は、自分が預けていた金を使い込んでしまった知華を、遠い旅に誘う。たどり着いたのは、瀬川の故郷・飛鳥。瀬川が朽ち果てた生家を訪れている間に、知華は純一に電話をかけ、「いっしょに暮らそう」と言う。しかし、電話の向こうからは、つれない返事が返ってくる。岸壁の上で瀬川とたわむれる知華。海には、真っ赤な夕焼けが燃え落ちる。
知華:桃井かおり 瀬川:夏八木勲 リエ:三条泰子 純一:吉岡秀隆「エピローグ」

またの日の知華またの日の知華
「第三章 知華と幸次」金久美子、小谷嘉一

題名:またの日の知華
監督:原一男
企画:原一男
製作:小林佐智子
脚本:小林佐智子
撮影:岡雅一
照明:山川英明
録音:西岡正己
美術:大庭勇人
記録:溝木久子
編集:鍋島惇
音楽:上田亨
撮影機材:映像サービス(AATON16)
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所、SONY P.C.L
プロデューサー:莟宣次
製作担当:平増邦彦
助監督:森宏治
出演:吉本多香美、桃井かおり、渡辺真起子、金久美子、夏八木勲、吉岡秀隆、田中実、田辺誠一、小谷嘉一、三条泰子、根岸季衣
2004年日本・疾走プロダクション/ビスタサイズ(Super16mm)・カラー114分16mmフィルム
またの日の知華 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

またの日の知華またの日の知華
またの日の知華またの日の知華
「第四章 知華と瀬川」夏八木勲、桃井かおり

映画「極私的エロス・恋歌1974」

極私的エロス・恋歌1974極私的エロス・恋歌1974

今回は原一男監督1974年製作「極私的エロス・恋歌1974」高評価作品sをピックアップする。
本作は、「さようならCP」に続く疾走プロダクション第二作の衝撃的なドキュメンタリー映画だ。”映画はコミュニケーションの方法”と言う原一男監督は、自らのプライバシーをも曝け出し、”真実を見ることの衝撃”を観る者に突き付ける強烈で優秀な作品だ。

【原一男監督プロフィール】
1972年「さようならCP」※疾走プロダクション第一作としてデビュー。
1974年「極私的エロス 恋歌1974
—————————————————————————————–
※カメラマンとして撮影した作品
1975年「セックスドキュメント 連続婦女暴行魔 (監督: 和泉聖治)」
1981年「豚鶏心中(監督: 松井良彦)」
※1977年~1984年に主に姫田真佐久氏の撮影助手として師事。
人間の証明(1977年)」「野性の証明(1978年)」「復讐するは我にあり (1979年)」など
助監督として「太陽の子 てだのふあ (1980年)」「千利休 本覺坊遺文(1989年)」など
—————————————————————————————–
1987年「ゆきゆきて、神軍
1994年「全身小説家
1999年「わたしの見島」
2000年「学問と情熱 高群逸枝(ビデオ作品)」
2004年「またの日の知華(出演:桃井かおり、夏八木勲)」※初の劇映画

極私的エロス・恋歌1974極私的エロス・恋歌1974

【解説】
「私にとって映画はコミュニケーションの方法」という原が、かつて一緒に暮らし子どもまでをなした女を追って沖縄へ行き、彼女が自力出産を行なうまでを捉えた作品。「極私」の極致へと到達した未踏のドキュメンタリーとして、原一男の名を一躍知らしめた問題作。「生きることの原点を描ききった」「見る者を強烈にとらえてゆさぶり続ける恐ろしい映画」「真実を見ることの衝撃」などの絶賛を浴び、日本列島のいたる所で若者の強烈な支持を集めた。 (原一男/公式HPより)」

極私的エロス・恋歌1974極私的エロス・恋歌1974
極私的エロス・恋歌1974
極私的エロス・恋歌1974極私的エロス・恋歌1974

題名:極私的エロス・恋歌1974
監督:原一男
製作:小林佐智子
撮影:原一男
整音:久保田幸雄
編集:鍋島惇
音楽:加藤登紀子
1974年日本・疾走プロダクション/スタンダードサイズ・モノクロ98分16mmフィルム
極私的エロス・恋歌1974 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

極私的エロス・恋歌1974極私的エロス・恋歌1974
極私的エロス・恋歌1974

【撮影機材の考察】
Arriflex16STSONY カセットデンスケ
Arriflex 16 ST                                                     SONY カセットデンスケ

私は本作の撮影機材を具体的に知らないが、Eclair NPR等の同録キャメラを使用していないと思う。小林佐智子氏の持つマイクとチラッと映ったSONY カセットデンスケ、ズームレンズを使用していない事などを考えると上画の構成で撮影したのではないかと推測する。Arriflex 16 STの3本ターレット、16mm,25mm,50mmのセットレンズだけで撮っている様だ。今ではデジタルシネマやHDビデオカメラなどを使うと同録が当たり前だが、上画の構成ではキャメラのモーター音が入る。画と音(人の話声)が、リップシンクロしていないのはその為であり、シンクロしているシーンは、毛布などをキャメラに被せブリンプにしたのだろう。1970年代のドキュメンタリーでは、画と音がシンクロしていないシーンは多く、キャメラのモーター音は表現効果として成立していた。

1 2