映画「人間魚雷回天」


木村功                                岡田英次

今回は松林宗恵監督1955年製作「人間魚雷回天」をピックアップする。
本作は、人間魚雷という非人道的な兵器の実情が分かり、自ら海軍で出兵経験のある松林宗恵監督と須崎勝弥脚本にしか成し得ない作品になっている。特撮はズッコケルが、脚本と芝居で内容をカバーしている。


宇津井健                              沼田曜一

【ストリー】
戦争末期、大津島の日本海軍基地では戦局挽回のために、水中時攻艇回天の猛訓練が行われていた。隊員の大半は学校出身の予備士官だった。多くの犠牲者を出し、また同期生岡田(和田孝)が命を失ったことから、彼等はこの作戦に対し、懐疑的になっていた。学校士官関屋中尉(沼田曜一)は彼等を理解し、大野上水(殿山泰司)、田辺一水(加藤嘉)等は彼等に同情したが、隊長陣之内大尉(原保美)は軍人精神で押切っていた。出撃した村瀬少尉(宇津井健)と、北村兵曹(佃田博)が生還した。玉井少尉(木村功)等は喜んだが、同輩に罵倒された北村は一人悩んでいた。出撃を前に訓練は激しくなり、北村は疲労と、母親恋しさから精神錯乱を起し、自殺した。出撃命令が下りた。川村少尉(高原駿雄)は自分の回天に珠数をかけて祈り、ある者は碇荘で酒と女に我を志れた。玉井は碇荘の一室で、恋人早智子(津島恵子)と最後の逢瀬を楽しんだ。朝倉少尉(岡田英次)は一人宿舎に残り、田辺一水と語り明かした。関屋、朝倉、村瀬、玉井等を乗せた潜水艦が出発した後、早智子はひかれるように海に身を投じた。潜氷艦が赤道直下に至る頃、敵の駆逐艦に会い危くなった。関屋は回天に乗り、駆逐艦に体当りをした。艦隊司令から帰投命令をうけた時、敵艦隊の出港をキャッチした。朝倉、玉井、村瀬等は最後の別れを告げ回天に乗った。故障して海底に横たわる朝倉、早智子の写真を見つめて突っ込む玉井、必死に目標を追い突撃する村瀬。潜水艦は成功の喜こびに湧いたが、爆撃を受け浮上不能となり、回天に続いて自爆した。


加藤嘉、殿山泰司                        人間魚雷回天

津島恵子

題名:人間魚雷回天
監督:松林宗恵
企画:廣川聰
原作:津村敏行、齋藤寛
脚本:須崎勝彌
撮影:西垣六郎
照明:傍土延雄
録音:中井喜八郎
美術:進藤誠吾
特殊技術:新東宝特殊技術
編集:後藤敏男
音楽:飯田信夫
製作主任:前田晃利
助監督:瀬川昌治
出演:木村功、岡田英次、津島恵子、宇津井健 和田孝、國方傳、沼田曜一、加藤嘉、西村晃、高原駿雄、神田隆、横山運平、殿山泰司、丹波哲郎、原保美、佃田博
1955年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
人間魚雷回天 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人間魚雷回天

人間魚雷回天

映画「日の果て」

日の果て日の果て
鶴田浩二                      島崎雪子、岡田英次

今回は山本薩夫監督1954年製作「日の果て」をピックアップする。
山本薩夫監督は1933年成瀬巳喜男監督の助監督として映画界入り、1937年「お嬢さん」で監督デビューし、戦後は日本映画界屈指の社会派の巨匠として常に大衆の側に立って、その鋭い視点と斬新な感覚で映画を撮り続けた。本作は映画製作五社以外の独立プロダクションで製作された戦争映画だ。ルソン島で潰滅状態にある日本軍を舞台にしている内容だが、国内(八丈島or伊豆?)で撮影されている様だ。

日の果て日の果て
鶴田浩二、岡田英次                  原保美

【ストリー】
昭和24年4月、ルソン島の日本軍は全戦域にわたって潰滅状態にあった。相次ぐ兵の脱兵に焦燥した幹部は、すこしの理由でもどしどし処刑をおこなった。原住民の娘チエ(島崎雪子)ともども奥地の集落に脱走した花田軍医(岡田英次)逮捕の命を帯び、部下の高城伍長(原保美)を引具して密林に分けいった宇治中尉(鶴田浩二)も、さし迫る全滅の運命からのがれたい思いは同じだった。むしろ親友花田の行動性を羨望した。が、命令に忠実な高城と一緒では、脱走もかなわない。やがて二人は密林の中のニッパ小屋で花田と女を見つけたが、宇治の喀血で命令遂行はしばらく不可能となる。花田は心をこめて宇治を看護した。するうちに、脱走兵の一団が彼らに加わるが、命令の遂行にあせる高城は、彼らを射殺する。夜、花田との生活をまもるため宇治を刺そうと忍んできたチエは、彼と争ううちに宇治のはげしい情熱に負け、抱擁をかわしてしまった。翌日、チエは花田に事を告白する宇治を狙撃したが、弾はあやまって花田の脚を傷つけてしまう。嫉妬と怒りにまかせ花田はチエを殴りつけたが、その直後、彼らの姿は集落から消えた。高城は追跡することを迫るが、すでに脱走を決意した宇治は、東海岸さして歩きだした。必死に翻意をもとめる高城。二人が原始林に囲まれた湖の岸に出たとき、突然花田とチエが拳銃をかざしてあらわれる。不発だと思う間もなく宇治の拳銃が火を吐いた。応射するチエの弾に宇治ともども倒れながら高城の放った弾は彼女をも射ぬいた。

日の果て日の果て
原保美、鶴田浩二

題名:日の果て
監督:山本薩夫
製作:本田延三郎、八木保太郎
原作:梅崎春生
脚本:斎藤良輔、八木保太郎
撮影:前田実
照明:吉沢欣三
録音:岡崎三千雄
美術:川島泰三、武田正男
編集:河野秋和
音楽:団伊玖磨
製作主任:三木浩
監督補佐:金子敏
出演:鶴田浩二、岡田英次、島崎雪子、原保美、利根はる恵、殿山泰司、信欣三、加藤嘉、木村功、金子信雄
1954年日本・八木プロダクション+青年俳優クラブ/スタンダードサイズ・モノクロ109分35mmフィルム
日の果て [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日の果て日の果て
鶴田浩二                      殿山泰司、信欣三