映画「讃歌」


河原崎次郎、渡辺督子                  乙羽信子 

今回は新藤兼人監督1972年製作「讃歌」をピックアップする。
本作は谷崎潤一郎氏原作の「春琴抄」を映画化したもので、新藤監督自身が鴫沢てる(乙羽信子)にインタビューするところから始まる文芸作品である。新宿のアートシアターで観た記憶がある作品だ。従えようとする少女と、従おうとする少年との“掠奪”と“献身”のすさまじい葛藤、それはやがて常識の域をふみこえた美的恍惚の世界へと向かうという内容である。


原田大二郎                       渡辺督子、河原崎次郎

【ストリー】
春琴(渡辺督子)と佐助(河原崎次郎)の墓は同じ場所にあったが、佐助の墓は春琴の半分くらいで、あたかも主人に仕えるごとくひっそりと立っていた。この墓に詣でた作者は鴫沢てる(乙羽信子)という78歳の老姿を知った。やがて、その老姿は春琴と佐助の物語を話し始めた--。春琴の家は代々鵙屋安左衛門と称し、薬種問屋の中でも名の聞えた老舗であった。そこの二女お琴は、9歳で失明したが、琴三弦を弾かせては並ぶ者のいない程の実力であった。その上、生まれつきの美貌と、我ままいっぱいの環境が彼女を驕慢にしていた。お琴は使用人の左助だけに身の回りを見させていた。その佐助が、知らず知らずに三味線を覚え、お琴に本格的に教示してもらうようになったが、お琴の指導は過酷を極めた。しかし佐助は、お琴の食事、風呂から厠の世話まで親身になってするのだった。お琴が妊娠した。しかしお琴は「一生独り身で暮すわたしには子は足手まといでございます」と涼しい顔で言い、生まれた子を里子に出した。やがて、お琴は師匠の看板を上げ、佐助と女中てると共に一戸をかまえた。それからというもの佐助は今まで以上にお琴に献身的に奉仕するのだった。弟子の中にはお琴の美しさを目あてに通う者も多かった。美濃屋九兵衛の伜利太郎(原田大二郎)きもその一人だった。ある夜。利太郎はお琴の寝室に忍び入ったが、誤って熱湯の入った鉄びんをお琴の頭上からあびせてしまった。無残な火傷をとどめたお琴の顔。「おまえにだけはこの顔を見られとうない」としつこく佐助に頼むお琴に、佐助も答えた、「お師匠さま、必ず見ないようにします」。数日後、佐助は我と我が眼を針で突いて、失明した。「佐助はお師匠さまと同じ世界へ参りました。うれしく思います」。佐助にとって見えるものは眼の底にしみついたお琴の美しい顔ばかりであった。盲目の二人の世界は、こまやかに厚く結ばれた。これこそたった二人の世界であった。


渡辺督子

題名:讃歌
監督:新藤兼人
製作:新藤兼人、葛井欣士郎、赤司学文
原作:谷崎潤一郎「春琴抄」
脚本:新藤兼人
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:辻井一郎
音効:東洋音響
美術:渡辺竹三郎
化粧:小林重夫
衣裳:新井喜一
編集:近藤光雄
音楽:林光
現像:東京現像所
製作主任:櫻井勉
助監督:星勝二
監督助手:国上敦史、菊池昭典
撮影助手:高尾義照、金徳哲
照明助手:磯崎敏信、小山勲
美術助手:大谷和正
編集助手:近藤充雄
時代考証:高津年晴
書:貞広観山
録音所:アオイスタジオ
衣裳:京都衣裳 小道具:高津映画装飾
制作宣伝:花安静香
制作経理:吉野三保子
スチール:新関次郎
出演:乙羽信子、渡辺督子、河原崎次郎、原田大二郎、武智鉄二、殿山泰司、戸浦六宏、初井言栄、草野大吾、新藤兼人
1972年日本・近代映画協会+ATG/スタンダードサイズ・カラー102分35mmフィルム
讃歌 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新藤兼人監督(本人役)                 乙羽信子

映画「蒲田行進曲」


「蒲田行進曲」松坂慶子

松坂慶子                        風間杜夫

今回は深作欣二監督1982年製作「蒲田行進曲」をピックアップする。
原作「蒲田行進曲」は松竹蒲田撮影所を舞台にしているが、本作では時代劇全盛期の東映京都撮影所を舞台にしている。本来なら太秦行進曲であろう。本作は、角川春樹氏が東映に提案した企画を、当時の東映社長の岡田茂氏が「当たらないから」と断った為に松竹との提携となり、異例の事態となった経緯がある。

松竹の名監督である野村芳太郎氏は、松竹映画の歴史を象徴する「蒲田行進曲」というタイトルの映画を東映出身の深作欣二監督に東映撮影所で撮られた事に憤り、4年後の1986年に自らプロデューサーとして「キネマの天地」を制作する。

蒲田撮影所時代を経験し小津安二郎監督作品の撮影技師である厚田雄春氏は、「蒲田行進曲」「キネマの天地」のどちらも蒲田撮影所の当時の雰囲気が出ておらず、それは無理もないとしながらも、やっぱり物足りないと評している。私には、分からない世界だ。


平田満                        原田大二郎

【ストリー】
ここは、時代劇のメッカ、東映京都撮影所。今、折りしも「新撰組」の撮影がたけなわである。さっそうと土方歳三に扮して登場したのは、その名も高い“銀ちゃん”こと倉岡銀四郎(風間杜夫)である。役者としての華もあり、人情家でもあるのだが、感情の落差が激しいのが玉にキズ。こんな銀ちゃんに憧れているのが大部屋俳優のヤス(平田満)。ヤスの目から見れば銀ちゃんは決して悪人ではない、人一倍、仕事、人生に自分なりの美学を持っているだけだ。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが、女優の小夏(松坂慶子)を連れて来た。彼女は銀ちゃんの子供を身ごもっていて、スキャンダルになると困るのでヤスと一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。ヤスは承諾した。やがて、小夏が妊娠中毒症で入院するが、ヤスは毎日看病に通った。その間、ヤスは、撮影所で金になる危険な役をすすんで引き受けた。小夏が退院して、ヤスのアパートに戻ってみると、新品の家具と電化製品がズラリと揃っていた。だが、それとひきかえにヤスのケガが目立つようになった。それまで銀ちゃん、銀ちゃんと自主性のないヤスを腹立たしく思っていた小夏の心が、しだいに動き始めた。そして、小夏はヤスと結婚する決意をし、ヤスの郷里への挨拶もすませ、式を挙げて新居にマンションも買った。そんなある日、銀ちゃんが二人の前に現われた。小夏と別れたのも朋子(高見知佳)という若い女に夢中になったためだが、彼女とも別れ、しかも仕事に行きづまっていて、かなり落ち込んでいるのだ。そんな銀ちゃんをヤスは「“階段落ち”をやりますから」と励ました。“階段落ち”とは、「新撰組」のクライマックスで、斬られた役者が数十メートルもの階段をころげ落ち、主役に花をもたす危険な撮影なのだ。ヤスは大部屋役者の心意気を見せて、なんとか銀ちゃんを励まそうと必死だった。“階段落ち”撮影決行の日が近づいてきた。ヤスの心に徐々に不安が広がるとともに、その表情には鬼気さえ感じるようになった。心の内を察して、小夏は精一杯つくすのだが、今のヤスには通じない。撮影の日、銀ちゃんは、いきすぎたヤスの態度に怒り、久しぶりに殴りつけた。その一発でヤスは我に帰った。撮影所の門の前で、心配で駆けつけた小夏が倒れた。“階段落ち”はヤスの一世一代の演技で終った。小夏がベッドの上で意識を取り戻したとき、傷だらけのヤスの腕の中に、女の子の赤ん坊が抱かれていた。


清川虹子                     蟹江敬三、佐藤晟也

高見知佳                     松坂慶子、岡本麗

題名:蒲田行進曲
監督:深作欣二
企画:松竹映像
製作総指揮:角川春樹
製作:佐藤雅夫(東映)、斎藤一重(東映)、小坂一雄(松竹映像)
原作・脚本:つかこうへい
撮影:北坂清
照明:海地栄
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:高橋章
装置:三浦公久
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:黒木宗幸
スタイリスト:葛西充子
ヘアーメイク:アートメイク・トキ
技斗:菅原俊夫、上野隆三、三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:松坂慶子・風間杜夫・平田満「蒲田行進曲」挿入歌:中村雅俊「恋人も濡れる街角」
現像:東洋現像所
進行主任:山本吉應
助監督:比嘉一郎
演技事務:寺内文夫
スタント指導:西本良治郎 スタント:猿渡幸太郎(J.A.C)
方言指導:落合智子
題字:和田誠
制作協力:東映京都撮影所
スチール:金井謹治
出演:松坂慶子、風間杜夫、平田満、高見知佳、蟹江敬三、原田大二郎、清川虹子、千葉真一、真田広之、志穂美悦子、岡本麗、汐路章、石丸謙二郎、萩原流行、酒井敏也、佐藤晟也、清水昭博、榎木兵衛、高野嗣郎
1982年日本・角川春樹事務所+松竹/ビスタサイズ・カラー109分35mmフィルム
蒲田行進曲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「蒲田行進曲」松坂慶子

東映京都撮影所                   蒲田行進曲

蒲田行進曲                      松坂慶子

平田満                       蒲田行進曲

映画「トラック野郎 故郷特急便」


「トラック野郎 故郷特急便」菅原文太

石川さゆり                      森下愛子

今回は鈴木則文監督1979年製作「トラック野郎 故郷特急便」をピックアップする。
シリーズ第10作の本作は、トラック野郎シリーズ最終作になる。全国のファン投票により決定した高知を舞台に物語は展開する。今回のマドンナは、石川さゆりさん、森下愛子さんのダブルマドンナという布陣だ。現在でもトップ歌手の石川さゆりさんの歌唱に魅了される。しかしながら本作は、シリーズ初の不振で予定より4日早めて24日間で打ち切りになり、「動乱」の繰り上げ公開となった。

トラック野郎シリーズ


「トラック野郎 故郷特急便」石川さゆり

「トラック野郎 故郷特急便」森下愛子

【トラック野郎シリーズが終結した理由】
過密な撮影スケジュールと低予算で製作された第1弾「トラック野郎 御意見無用」は1975年8月30日に公開された。これは同年7月に公開されたオールスターキャストの大作「新幹線大爆破」の配給収入の2倍以上の約8億円を売り上げた。単発で終わる予定だったが、当時の東映岡田社長が「正月映画はトラックで行け!」「トラ(寅さん)喰う野郎やで」と第2弾の題名を “爆走一番星” と即座にシリーズ化を決定した。ライバル映画会社の松竹「男はつらいよ」と常に同時期の公開だった事から、”トラトラ対決(トラック野郎と寅さんの対決)”と呼ばれていたそうだ。
物語の中核を担うのは、寅さんではありえない “下ネタ”  “殴り合いの喧嘩”  “派手なカーアクション” で、特に追跡する白バイやパトカーが横転、大破するなど、警察組織をコケにしたアイロニーが規制なしに連なる。また下ネタのシーンでは、屋外での排泄行為やトルコ風呂(ソープランド)、走行しながらの性行為など、過激な描写が多い。これらはテレビ放映ではカットされている。そしてついに、警察庁からクレームがあり、製作打ち切りとなるきっかけになったそうだ。
(ウィキペディア参照)


愛川欽也                       原田大二郎

春川ますみ                       大坂志郎

【ストリー】
銚子市場から次の荷を高知へ運ぶことになった桃次郎(菅原文太)とジョナサン(愛川欽也)は、カーフェリーで高知に何かった。同じ船に乗り合せた地方廻りの歌手、小野川結花(石川さゆり)が楽譜を海に落としてしまい、桃次郎は海に投び込んでかき集める。高知についたところで、ジョナサンは目がくらんで蛇行運転、診断を受けると、脳血栓の疑いとか。悲観したジョナサン、足摺岬で自殺を企るが、ドライブインの店員、風美子(森下愛子)に助けられる。美人の出現で桃次郎は大ハリキリ、彼女を家に送っていく。家では中気の母(小畠絹子)が寝ていた。隣の家に住む老人、垣内清馬(大坂志郎)は6年前に行方不明になった息子、竜次(原田大二郎)を待ち続け、その嫁に風美子を迎えようとしていた。数日後、土佐犬をわきに座らせたトラック野郎、竜次に出会った桃次郎は、そのことを告げに清馬のところへいくと、風美子の母が危篤で、彼女は「南国土佐」を聞かせたいという。風美子の願いに、桃次郎はキャバレーで唄っている結花を、ヤクザの岩瀬(安部徹)が止めに入るのを無視して連れ出し、臨終にはなんとか唄を聞かせることができた。一方、ジョナサンは病気も全快して川崎へ戻った。清馬の家では竜次が6年ぶりに帰ってきていた。そんなとき、闘犬大会が開かれることになった。竜次の竜馬号と岩瀬の犬が闘った。トラック仲間や風美子が応援にかけつけ、竜馬号は不利な形勢から逆転勝ち。幸せそうに肩を寄せ合う竜次と風美子、桃次郎もドサクサにまぎれて結花にプロポーズ。その時、桃次郎が乗せたことのある外国人のヒッチハイカーがやって来た。彼はアメリカのレコード会社のディレクターで、結花を大阪梅田コマに出演させると言う。しかし、結花は好きな人と一緒になれるなら、歌は諦める決心をしていた。「あなたのお嫁さんにして」という結花をのせて、一番星は自慢のトラックをスタート。


小畠絹子                        菅原文太

題名:トラック野郎 故郷特急便
監督:鈴木則文
企画:天尾完次、高村賢治
脚本:中島丈博、松島利昭
撮影:出先哲也
照明:萩原猶義
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:清水次郎
装飾:酒井喬二
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:福崎精吾
技斗:尾型伸之介
記録:宮本依子
編集:戸田健夫
音楽:木下忠司 主題歌:菅原文太、愛川欽也「一番星ブルース」 挿入歌:石川さゆり「傷だらけの恋」
製作主任:佐藤和之
助監督:新井清
現像:東映化学
スチール:加藤光男
出演:菅原文太、愛川欽也、石川さゆり、森下愛子、春川ますみ、原田大二郎、大坂志郎、小畠絹子、日向明子、玉置宏、大月ウルフ、波乃ひろみ、由利徹、南利明、安部徹、藤巻潤、名和宏、山城新伍
1979年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
トラック野郎 故郷特急便 -DVD-

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

菅原文太                    「トラック野郎 故郷特急便」

「トラック野郎 故郷特急便」

「トラック野郎 故郷特急便」石川さゆり

1 2