映画「火宅の人」

火宅の人火宅の人
緒形拳                        原田美枝子
火宅の人火宅の人
いしだあゆみ                     松坂慶子

今回は深作欣二監督1986年製作「火宅の人」をピックアップする。
本作は、檀一雄氏原作の同名小説を映画化したもので、妻と5人の子を持ちながら、新劇女優を愛人にして、通俗小説を量産しながら放浪を続けた自由奔放な作者自身の生き方を曝け出す事によって、倫理や因襲、思惑の中で生きる現代人に、人間とは何ものかと問いかける内容だ。煩悩に身を焦がし、不安の絶えないさまを火災にあった家にたとえて「火宅」という。桂一雄の母親を演じている檀ふみさんは、檀一雄氏の実娘である。

火宅の人
檀ふみ                       緒形拳、真田広之、岡田裕介

【ストリー】
作家、桂一雄(緒形拳)は、最初の妻リツ子に死なれ、後妻としてヨリ子(いしだあゆみ)をもらった。ヨリ子は腹ちがいの一郎(利根川龍二)をはじめ、次郎(一柳信之)、弥太(大熊敏志)、フミ子(米沢由香)、サト子(岡村真美)と5人の子供を育ててきた。1956年夏、一雄は新劇女優、矢島恵子(原田美枝子)と事をおこした。8年前の秋、彼女が知人の紹介状を持って訪ねて来て以来、その率直さに心魅かれていたのだ。恵子はその後、一雄の忙しい時に原稿の清書を手伝ったりしていた。26年に「長恨歌」で直木賞を受けた一雄は、受賞の喜びよりも恵子の嬉しげな笑顔の方が、心に残る。だが、指一本触れたことがなかった。そんな時、一雄の身辺に凶事が重なった。一昨年の夏は、奥秩父で落石に遭い助骨3本を骨折。昨年の夏は、次郎が日本脳炎にかかり、言葉も手足も麻痺してしまう。そして今年の夏。一雄は太宰治の文学碑の除幕式に参列するための青森行に、恵子を誘ってしまった。ヨリ子は次郎の事があってから、怪しげな宗教の力にすがるようになっていた。一雄はある局面に向って走り出した。40年前、一雄の母(檀ふみ)は、神経衰弱の父(石橋蓮司)と幼い妹二人を残して、年下の大学生と駆けおちしたのである。青森から帰った一雄から、全てを打ち明けられたヨリ子は、翌日家出した。一週間すぎても連絡はない。一雄は若々しい恵子との情事のとりこになっていった。ある嵐の夜、ヨリ子は一生、次郎と子供たちのために生きる覚悟を決めたと戻ってきた。入れ替わりに一雄は家を出、浅草の小さなアパートで恵子と新しい生活をはじめる。一郎がそのアパートに空巣に入るという騒ぎ、恵子が某怪人物に溺愛されているとの噂に、嫉妬に狂った一雄が京都公演中におしかける事件などの後、恵子が妊娠した。堕胎を決意した彼女は、一雄に同行を求めるが、彼にはそんな時間の余裕はなかった。その夜、二人は派手な喧嘩をした。逃げるように東京を離れた一雄は、五島列島行の連絡船にとび乗った。彼はそこで、京都で怪我をした時に介抱してくれた女性、葉子(松坂慶子)に再会した。義父(山谷初男)に犯された暗い過去を持つ彼女は、10年ぶりに里帰りしたのだ。葉子は、あてのない一雄の旅の道連れとなったが、クリスマスの夜、求婚されていた華僑への返事を、これ以上のばせないと一人で旅立って行った。東京へ戻り、久々に正月を家族と過ごすことになった一雄のもとに、次郎の死が知らされる。次郎の葬儀の日、恵子から一雄の荷物が届けられた。

火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、原田美枝子
火宅の人
「火宅の人」緒形拳、松坂慶子
火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                  いしだあゆみ、緒形拳

題名:火宅の人
監督:深作欣二
企画:高岩淡、佐藤雅夫
製作:豊島泉、中山正久
原作:檀一雄
脚本:神波史男、深作欣二
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:佐野義和
装置:稲田源兵衛、井筒恒雄
装飾:渡辺源三、山本重治、大西功
背景:西村三郎
衣裳:森譲、山崎武、古賀博隆
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
ヘアーメイク:福田高広(アートメイクトキ)
衣裳コーディネイト:加藤悦子
擬斗:菅原俊夫
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:井上尭之 音楽プロデューサー:高桑忠男 主題歌:嵯峨美子「火宅の人」
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東映化学、イマジカ
進行主任:長岡功
製作進行:天野和人
演技事務:寺内文夫
製作宣伝:丸国艦
助監督:藤原敏之
監督助手:長岡鉦司、鈴木清
撮影助手:信坂利文、山下弘之、田中勇二、清久素延
照明助手:伊藤昭、沢田敏夫、田畑功、花村浩、佐藤才輔、鹿野克己
美術助手:小林勝美、秋好泰海
録音助手:木村益夫、四方裕幸
編集助手:荒木健夫、小磯真佐美
方言指導:大矢敬典、徳永まゆみ
企画協力:檀太郎
スチール:大木茂
出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子、松坂慶子、檀ふみ、真田広之、岡田裕介、石橋蓮司、蟹江敬三、山谷初男、宮内順子、荒井注、下元勉、井川比佐志、下絛アトム、相馬剛三、利根川龍二、一柳信之、大熊敏志、米沢由香、岡村真美
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー132分35mmフィルム
火宅の人 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

火宅の人火宅の人
原田美枝子、緒形拳                 火宅の人

映画「雨あがる」


寺尾聰                        宮崎美子

今回は小泉堯史監督2000年製作「雨あがる」をピックアップする。
本作の脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった巨匠黒澤明監督の助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉堯史氏の監督デビュー作である。小泉氏が黒澤監督から聞いた構想や残されたノートを参考に、補作して完成させた脚本を8ヶ月間の準備をしてからクランクインしたそうだ。以降、2002年「阿弥陀堂だより」2006年「博士の愛した数式」2008年 「明日への遺言」2014年「蜩ノ記」2020年公開予定「峠 最後のサムライ 」と作品を作られているが、全て35mmフィルムで撮られている。現在の日本の映画監督で、ムビオラやスタインベックでポジ編集を出来る方は希少であり、若い人は見たり触ったりした事もないと思うが、映し出された画は、デジタル映像では決して見れない奥深い世界がある。フィルムとはネガで撮影しポジで観るものであり、ネガ現像だけしてテレシネにするCM撮影などは本来のフィルム撮影ではない。

※黒澤明監督/1998年9月6日に享年88歳で亡くなられた。遺作は1993年製作「まあだだよ」
※日本では1985年頃を境にCM作品はフィルム納品(35mm→16mm)からデジタルテープ(D2)納品になり、ラッシュを取らずネガ・テレシネしてノンリニア編集する形態になった。


原田美枝子                       檀ふみ

【ストリー】
亨保時代。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明(三船史郎)は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが、そこで伊兵衛は、自ら相手をすると申し出た重明を池に落とすという大失態をしてしまう。それから数日後、伊兵衛の元にやってきた家老は、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だが、たよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難し、仕官の話を辞退するのだった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。ところがその後方には、ふたりを追って馬を駆る重明の姿があった…。


仲代達矢                     寺尾聰、三船史郎

題名:雨あがる
監督:小泉堯史
製作:原正人、黒澤久雄
原作:山本周五郎
脚本:黒澤明
撮影:上田正治
照明:佐野武治
録音:紅谷愃一
音効:斎藤昌利
美術:村木与四郎
衣裳:黒澤和子
殺陣:久世浩
編集:阿賀英登
音楽:佐藤勝 音楽プロデューサー:斎藤昌利
フィルム:富士フィルム
撮影機材:シネオカメラ
現像:イマジカ
製作主任:木村利明
製作担当:熊田雅彦、鶴賀谷公彦
監督補佐:野上照代
助監督:鈴木康敬
撮影協力:斎藤孝雄
題字:黒澤明
アソシエイト・プロデューサー:桜井勉。吉田佳代
プロデューサー・アシスタント:荒木美也子
スチール:佐藤芳夫
【芸術文化振興基金助成事業作品】
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、仲代達矢、吉岡秀隆、松村達雄、井川比佐志、加藤隆之、原田美枝子、檀ふみ、井川比佐志、頭師孝雄
2000年日本・アスミック・エース エンターテイメント/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム
雨あがる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「雨あがる」                  宮崎美子、寺尾聰

映画「トラック野郎 突撃一番星」


「トラック野郎 突撃一番星」原田美枝子

菅原文太                       愛川欽也

今回は鈴木則文監督1978年製作「トラック野郎 突撃一番星」をピックアップする。
マドンナに原田美枝子さんを迎えたシリーズ第7弾の本作は、三番星(桶川玉三郎=せんだみつお)のキャラクターが初登場した。また桃次郎のライバル役(矢野駿介=川谷拓三)が、トラック乗りではないという設定だ。
1978年2月にスティーヴン・スピルバーグ監督「未知との遭遇(CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND)」が日本で劇場公開され、宇宙人とUFOが大ブームとなった。
本シリーズは時事ネタを多く取り入れる事から、桃次郎は夜の国道で鳥羽のイルカ島のイルカ調教師・えり子(原田美枝子)を宇宙人と思い込んでしまう。その美女のえり子に一目惚れするというプロローグになる。ラストで桃次郎が、トラックで瀕死の矢野駿介と付き添いのえり子を乗せて病院に向かうクダリも “病院たらい回し” が描かれている。本作もギャグ、アイロニー、エロ、社会問題、権力批判を底辺に脚本が構築されている。


せんだみつお、菅原文太                 川谷拓三

【ストリー】
SF熱にとりつかれた桃次郎、夜の国道でUFOならぬ、鳥羽のイルカ島の美人イルカ調教師、月田えり子と遭遇する。例によって桃次郎は彼女に一目ぼれである。そこへ、元トラック野郎の桶川玉三郎という男が現われた。桃次郎は玉三郎がえり子の幼な友達とわかると彼女に近づくために彼を助手に雇ってしまう。この玉三郎、ついでに一騒動を持ちこんできた。それは、故郷の人々に運送会社の社長をしているとふれこんだので、出世した彼を見ようと父親がやって来るということであった。人情屋の桃次郎、父親に落胆させまいと、仲間のトラック野郎と芝居をうって彼をにわか社長に仕立てるのである。
一方、不況で荷の減った合棒のジョナサン、仲間を裏切って運賃をダンピングしてまで仕事をとってしまった。桃次郎に絶交されたジョナサン、なぐさめてくれたストリッパーのマリーと公演先の下呂温泉に向かう。桃次郎もえり子が結婚話で故郷の下呂に帰ったと聞いて後を追う。そして下呂では、“玉三郎社長”のからくりを知った父親がみんなのために大宴会を開いてもてなすのであった。仲間と仲直りしたジョナサンも、ここでマリーと涙のお別れである。イルカ島に戻った桃次郎、逃げたイルカを追って、えり子の恋人とも知らずに駿介と二人で海に乗り出した。イルカを連れ戻した桃次郎はえり子の感謝で有頂点の毎日だった。ある嵐の夜、養殖鮑を守ろうとしていた駿介が重傷を負うが、桃次郎、えり子の尽力で一命はとり止めた。しかし、このことから二人の愛を知った桃次郎は二人の幸福を祈りつつ、ジョナサン、玉三郎とともにイルカ島を去って行く……。


亜湖、愛川欽也                      亜湖

題名:トラック野郎 突撃一番星
監督:鈴木則文
企画:天尾完次、高村賢治
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:小松忠之
音効:岩藤竜三
美術:桑名忠之
装置:中村文栄
装飾:酒井喬二
美粧:井上守
美容:石井靖江
衣装:内山三七子
技斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:鈴木宏始
音楽:木下忠司 主題歌:菅原文太、愛川欽也「一番星ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:小島吉弘
助監督:森光正、馬場昭格
スチール:藤井善男
出演:菅原文太、愛川欽也、せんだみつお、原田美枝子、樹木希林、川谷拓三、亜湖、樹れい子、金子信雄、辰巳柳太郎、由利徹、天地総子、小松方正、中村玉緒、谷村昌彦、南利明
1978年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
トラック野郎 突撃一番星 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


樹木希林、菅原文太                   金子信雄

中村玉緒、菅原文太                菅原文太、原田美枝子

1 2 3