映画「アルプスの若大将」


「アルプスの若大将」星由里子

加山雄三                         星由里子

今回は古澤憲吾監督1966年製作「アルプスの若大将」をピックアップする。
本作は”若大将”シリーズ全18作の第7作目になる。「ハワイの若大将」に続いて今はなきパンアメリカン航空とのタイアップ作品でもあり、マドンナ役の澄子(星由里子)がパンナム社員という設定で、同社の極東地区広報支配人だったデビッド・ジョーンズ氏も出演している。ロケーション撮影は、ツェルマット、ウィーン(インターコンチネンタルホテル前)、ローマで行っている。


田中邦衛                   イーデス・ハンソン、有島一郎

【ストリー】
若大将こと京南大学スキー部の主将田沼雄一(加山雄三)は、建築学の論文がヨーロッパの学会に認められヨーロッパ旅行に招待された。そびえたつマッターホルンを颯爽と滑降する雄一は、アルプスの若者の人気を一身に集めた。一方、財閥の父親を口説いて自費で雄一を追ってきた青大将こと石山新次郎(田中邦衛)はパリジェンヌの尻を追っかけまわし、雄一や山下教授(北龍二)に迷惑のかけっぱなしだ。そんな或る日、雄一はツェルマットの町でパンアメリカン航空のローマ事務所員澄子(星由里子)と知りあった。雄一に好意を持った彼女は一日、ローマを案内してくれた。わずかな時間だが、その日の想い出は二人の胸に深く刻みこまれた。帰国した雄一を迎えてスキー部はさっそく合宿の準備にとりかかった。勉強にスポーツに忙しい若大将に、パリ娘リシェンヌ(イーデス・ハンソン)を彼の家すき焼屋「田能久」に下宿させてくれと青大将が頼みにきた。それというのも青大将は自分の父親がだいの青い目嫌いにもかかわらず、パリにいた時、彼女を口説くため東京での再会を約束したのだった。羽田空港にリシェンヌを迎えた雄一は、ぐうぜんにも日本に転勤した澄子と出会った。しかし実情を知らない澄子は、リシェンヌを見てすっかりへそをまげてしまった。そうはいっても、雄一のことが忘れられぬ澄子は合宿所へ彼を追った。捜す途中彼女は、女タラシの赤田(荒木保夫)にだまされ人気のない山小屋に連れこまれた。危機一髪、雄一に助けられたがショックと口惜しさで澄子は山を降りた。さらに澄子がヨーロッパへ帰るというしらせに雄一はすっかり元気を失くしてしまった。周りの心配をよそに、練習に身の入らぬ彼に、選手権の優勝者はヨーロッパに派遣されるという吉報がまいこんだ。澄子に会いたい一心の雄一は、死にものぐるいになって練習した。そして雄一は優勝した。今度こそ誰にも邪魔されない二人は、白銀に輝くマッターホルンを背に愛を確認しあうのだった。


「アルプスの若大将」星由里子

江原達怡                       アルプスの若大将

題名:アルプスの若大将
監督:古澤憲吾
製作:藤本真澄
脚本:田波靖男
撮影:飯村正
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:育野重一
編集:黒岩義民
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:加山雄三「君といつまでも」「蒼い星くず」
現像:東洋現像所
製作担当:堤博康
助監督:長野卓
協賛:パン・アメリカン航空会社、苗場国際スキー場
スチール:田中一清
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、イーデス・ハンソン、松原光子、若林映子、荒木保夫、北竜二
1966年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー93分35mmフィルム
アルプスの若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三                       星由里子、加山雄三

映画「海の若大将」


加山雄三                        星由里子

今回は古澤憲吾監督1965年製作「海の若大将」をピックアップする。
前作「ハワイの若大将」から黒澤明監督「赤ひげ」の撮影で1年間のブランクが空いてから作られた本作は、若大将シリーズの第5弾で、東宝撮影所の撮影スケジュールが塞がっていた為に、系列会社の宝塚映画が製作した。舞台は東京であるが、ロケは関西で行われ、関西大学(競泳部分とプールサイドの夜のシーンなど)、大阪市扇町プール(ラストの水泳大会のシーン)、大阪湾、神戸港、神戸東遊園地、六甲山ホテルなど。東京は、青山ユアーズ、青山通り、表参道交差点交番裏(旧富士銀行前)、今半別館、浅草仲見世通り、近郊は、相模湾、江ノ島ヨットハーバー、伊豆大島などで撮影された。


田中邦衛                    江原達怡、加山雄三、田中邦衛

【ストリー】
浅草で老舗のすき焼き屋田能久の若大将こと田沼雄一(加山雄三)は、京南大学水泳部のエースだ。スーパー・マーケット青山ユアーズのレジスター芦野澄子(星由里子)、ミュージカル・スター秋山悦子(重山規子)、同級生の大町英子(藤山陽子)などみんなが若大将の大ファン。若大将の父親久太郎(有島一郎)は、息子を商科へ入学させたのだが、雄一は内証で水産科に籍を置き、遠洋航海を目標に航海学と水産学を勉強中だ。その若大将が級友の江口(江原達怡)と共に3カ月間の停学になってしまった。理由は江口が試験の当日青大将こと石山新次郎(藤山陽子)のカンニングに協力したのを発見され、関係のない若大将がまきぞえをくってしまっただ。学校に呼び出された久太郎は、雄一が無断で水産科に入ったことを知って激怒、勘当を宣言した。若大将はこれを機会に航海術を勉強するため、船長の青大将や事務長江口らと共に小さな船“光進丸”に乗りこむことになった。ところがこの光進丸に、悦子への意地から澄子がこっそり乗りこんでしまった。船は八丈島に向かうが途中で遭難し御蔵島に漂着する。島では若い連中はほとんど東京へ行き、島はじいちゃん、ばあちゃん、かあちゃんだけの“三ちゃん漁業”で細々と生計をたてていた。人手不足を知った若大将は、青大将、江口らを動員して漁業を手伝った。そこで若大将は、漁師左平(藤原釜足)の孫娘昌江(沢井桂子)を知った。やがて船は島を離れ、青大将たちは東京に帰った。ところが昌江は若大将のことが忘れられなくなり父親の左平が昌江の思慕を若大将に伝えに東京にやって来た。一方の澄子もこれを察し、なかばヤケ気味に青大将とドライブに出かけた。が、澄子の心情を察した青大将は、そのまま車を競技場に走らせた。そのころ“日豪対抗水泳競技大会”は始っていたのだ。苦戦だった若大将も、澄子の応援で盛り返し優勝した。若大将はオーストラリア留学が決り、澄子との愛を誓いあった。


加山雄三、藤山陽子                   重山規子

北龍二、加山雄三                    寺内タケシ 

題名:海の若大将
監督:古澤憲吾
製作:藤本真澄、寺本忠弘
脚本:田波靖男
撮影:飯村正、梁井潤
照明:下村一夫
録音:増尾鼎
美術:村木忍
振付:八木沼陸郎
記録:柴田美智子
編集:岩下広一
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「海の若大将」「恋は赤いバラ」
現像:東洋現像所 合成:安井悦朗
製作担当:古賀祥一
助監督:加藤秀夫、板坂靖彦
スチール:池上恭介
出演:加山雄三、星由里子、田中邦衛、藤山陽子、江原達怡、有島一郎、飯田蝶子、中真千子、沢井桂子、藤原釜足、重山規子、北龍二、佐原健二、佐々木孝丸、曽我廼家明蝶、寺内タケシとブルージーンズ
1965年日本・宝塚映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー99分35mmフィルム
海の若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤原釜足、沢井桂子                   海の若大将

田中邦衛、加山雄三                   「海の若大将」光進丸

加山雄三                       中真千子、飯田蝶子、有島一郎

映画「ホラ吹き太閤記」


「ホラ吹き太閤記」浜美枝

植木等                                 浜美枝

今回は古澤憲吾監督1964年製作「ホラ吹き太閤記」をピックアップする。
本作はクレージー・キャッツの ”時代劇シリーズ” 第1弾で全4作が制作された。内容は植木等さん扮する木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉が、要領よく立ち回り出世していくサクセスストーリーだ。エキストラの数、合戦の空撮など撮影予算は大きい作品である。撮影の一部は、姫路城で行われたそうだ。


藤山陽子                                ハナ肇

「ホラ吹き太閤記」浜美枝

谷啓                                  東野英治郎

【ストリー】
時は戦国、無責任の世。三河の国の宿場町に、陽気な風来坊が現われた。その名は日吉丸(植木等)「今においらの天下がくるぞ、ブワーッと行こうぜ、イッチョかきまわせ……!」と吹きまくる進軍ラッパがあたりにこだました。これを聞き知った野盗の大親分・蜂須賀小六(東野英治郎)は彼の将来性に舌をまき、低姿勢で主従固めのサカズキ。これにこたえようと、日吉丸は奇策縦横の奮戦ぶり。しかし、大望をいだく日吉丸は、これに満足せず、参稼報酬として親分からまき上げた名刀村正を肩に、意気揚々とおさらばした。天下をとるには、優秀な大名に仕官するのが早道。そこで名だたるワンマン織田信長(ハナ肇)のもとで雑役夫として働くことになった。名も木下藤吉郎と変えて大張切り。そんな藤吉郎に厩番頭の娘・寧子(浜美枝)は首ったけだ。これにノボセあがった藤吉郎、無責任に赤ん坊をこさえて、寧子とスピード婚約。この大活躍が総大将信長に認められて、藤吉郎は、台所役人にとりたてられた。そして、ここでも、みごとに経費を3割も節約し、大いに面目をほどこした。この頃信長の清洲城は猛台風で大損害を受け、さらに敵方今川義元(藤田進)の放った忍者部隊にひっかきまわされ遅れほうだい。これを知ってかってでたのが藤吉郎。たちまち城を三日間で修理してしまった。これを知った今川義元、遅れてはならじと、一気に織田勢めがけて猛攻撃をかけてきた。が、ここでも藤吉郎、足軽頭として出陣し、敵を蹴ちらして大暴れ。みごとに敵将義元の首を討ちとる大殊勲をあげた。かくて藤吉郎、侍大将に取りたてられ、さらに飛躍的な前進を続けていくのであった。


有島一郎                                  草笛光子、谷啓

人見明                                      藤山陽子

題名:ホラ吹き太閤記
監督:古澤憲吾
製作:渡辺晋、森田信
脚本:笠原良三
撮影:西垣六郎
照明:隠田紀一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:北猛夫
振付:竹部董
編集:黒岩義民
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌:植木等「だまって俺について来い」
現像:東洋現像所
製作主任:島田武治
監督助手:清水勝弥
協力:国宝姫路城 管理事務所
スチール:岩井隆
出演:植木等、浜美枝、ハナ肇、谷啓、藤山陽子、草笛光子、藤木悠、有島一郎、東野英治郎、人見明、大友伸、田武謙三、青島幸男、潮万太郎、北川町子、藤田進、石黒達也
1964年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー98分35mmフィルム
ホラ吹き太閤記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「ホラ吹き太閤記」植木等                         ハナ肇

1 2 3 4