映画「暗黒街の顔役 十一人のギャング」

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二                        高倉健

今回は石井輝男監督1962年製作「暗黒街の顔役 十一人のギャング」をピックアップする。
まるで新東宝の作品であるごとく、シネスコフレーム、美術セット、ハイコントラストの照明は引き継いでいると言ってよいハードボイルド映画の本作である。石井輝男監督は1942年に東宝で撮影助手として入社し、1946年に新東宝に演出部に転籍し、渡辺邦男、清水宏、成瀬巳喜男監督に師事する。1957年新東宝で「リングの王者 栄光の世界」で監督昇進し作品を量産する。新東宝倒産の1961年に東映と専属契約を結び「花と嵐とギャング(ニュー東映)」が移籍第一作、東映での7作目が本作である。1963年1月15日に公開された。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、江原真二郎                  杉浦直樹
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
丹波哲郎                        木暮実千代

【ストリー】
浜松市にある東和鋼管では、給料の袋詰め作業を給料日の前日にしていた。それを狙って権藤(鶴田浩二)と別当(杉浦直樹)は綿密な計画をたてていた。別当はこの計画の手始めとして、浜松運送の定期便運転手、沢上(高倉健)に接近して24日の定期便で必ず彼が乗り込むこと、トラックが市外の東和鋼管附近で二人の男を拾うことを約束させた。一方、権藤は昔の仲間、海老名(江原真二郎)をたずねて仲間に引き入れ、山之内美和(木暮実千代)をゆすり今度の計画に必要な資金調達を果した。また権藤は、立川のバーのマスター、ジョージ(アイ・ジョージ)をたずね自動小銃と拳銃ワルサーを手に入れた。それに、襲撃現場で使う車の運転手も権藤の愛人、ユキ(瞳麗子)がやることになった。深夜、山之内美和邸で最後の作戦会議が開かれ、権藤、別当、ユキ、それに美和と彼女の情夫、芳賀(丹波哲郎)の間で周到な打合せが行われた。襲撃の日が遂にやってきた。権藤、別当、ユキ、海老名と彼の仲間の葉室(待田京介)、広岡(高英男)らは浜松に集結した。が、定期便運転手の沢上は酔っていた。が、キャバレーの女給まゆみ(三原葉子)に説得され承諾した。権藤、別当、海老名、葉室、広岡らは東和鋼管に闖入した。唖然とする課員を尻目に別当と広岡は金をダンボールに詰め込んだ。5人は無事脱出した。別当は一人待機していたユキの車に送られ、附近の松林で定期便を待った。ユキの車は引返して権藤や海老名を乗せて反対方向へ走った。沢上の運転する定期便がユキの車とすれ違ったとき、権藤は定期便に乗り移った。車はスピードアップした。そこへ浜松のギャング・黒部達(安部徹)が迫り海老名らを射殺し、車を奪い定期便の後を追った。一方、別当を拾った定期便内では、秘かに乗っていたまゆみをめぐり、別当、権藤、沢上が対立していた。が、その時、黒部達の車が近づいた。壮烈な射撃戦が展開され、数十分の後、硝煙の漂う中にギャング達は全員死んでいた。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
三原葉子                        瞳麗子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
待田京介                       アイ・ジョージ

題名:暗黒街の顔役 十一人のギャング
監督:石井輝男
企画:岡田茂、亀田耕司、片桐譲
脚本:石井輝男
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:松田義夫
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:鶴田浩二、高倉健、江原真二郎、梅宮辰夫、杉浦直樹、本間千代子、三原葉子、瞳麗子、木暮実千代、待田京介、高英男、吉川満子、伊沢一郎、安部徹、アイ・ジョージ、丹波哲郎、由利徹
1962年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
暗黒街の顔役 十一人のギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
安部徹                         本間千代子
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
杉浦直樹、瞳麗子、鶴田浩二                江原真二郎

暗黒街の顔役 十一人のギャング(映画スチール)
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、木暮実千代、丹波哲郎          江原真二郎、 待田京介
暗黒街の顔役 十一人のギャング暗黒街の顔役 十一人のギャング
鶴田浩二、丹波哲郎               暗黒街の顔役 十一人のギャング

映画「座頭市の歌が聞える」

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       小川真由美

今回は田中徳三監督1966年製作「座頭市の歌が聞える」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第13作目になる。第一作より満を持しての再登場となる天知茂さんとの対決を見ることができる本作は、タイトルとは裏腹に座頭市自身は歌を歌わないが、道中で出会う座頭市と同じ、目が不自由な琵琶法師が、市にあれこれ禅問答のようなことを言う場面が際立つ作品である。

座頭市シリーズ

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
天知茂                         佐藤慶

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は高崎で殺気を漂わせた浪人黒部玄八郎(天知茂)とすれ違った。市はその日、宿外れでやくざに襲われた為吉(堀北幸夫)を救ったが、すでに深手を負っていて、市に財布を託すと言切れた。市は盲目の琵琶法師(浜村純)と道連れになった。一の宮は祭礼なのに門前の店はほとんど閉じていた。おかん婆さん(吉川満子)の茶店に入った市は、おかんが為吉の母だと知った。市は為吉の息子太一(町田政則)に財布を渡した。町の人は板鼻権造(佐藤慶)一家の暴力に悩んでいた。権造一家は市にいやがらせをした。市はやむを得ず居合の妙技を見せた。太一はそんな市に憧れた。市は宿場女郎のお蝶(小川真由美)にあんまを頼まれた。二人は心の触れあうのを感じた。弥平爺さん(水原浩一)の上洲屋で、市は再び法師に会った。法師は太一がやくざに憧れるのは市のせいだと批判した。構造一家が押しかけてきた時、市は抵抗しなかった。だが、一家が上洲屋の娘お露(小村雪子)をさらおうとするのに怒って居合で斬った。それを太一は見ていた。お蝶の亭主は黒部玄八郎だった。玄八郎はお蝶を身受けするため、権造に五十両で市を斬ると約束した。一家は上洲屋に乱入し、おかんを人質にした。市は仕込杖を捨てた。しかし、一家は弥平を斬り、市をも斬ろうとした。市は太一の助けで仕込杖を手に入れた。だが権造の作戦で八方から太鼓が乱打され、市は聴覚を封じられた。市は法師が、修業とは死ぬことだといった言葉を想い出した。市の心の眼は澄みきった。そして必死に斬りまくり、最後に玄八郎と対決した。一瞬の後、玄八郎は倒れた。市は権造が町の人から無理にとった金を取返し、お蝶の身受けの金も取った。そして隙をみて斬り込んだ権造を斬った。法師は太一に、本当に偉い人はやくざでないと教えた。市はお蝶の家に五十両を届けて去った。お蝶が市の後を追いかけようと外に出た。その時すでに、市は朝焼けの道に消えていた。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎、浜村純                   座頭市の歌が聞える

題名:座頭市の歌が聞える
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:高岩肇
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
制作主任:村井昭彦
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、天知茂、小川真由美、佐藤慶、浜村純、東三千、吉川満子、小村雪子、水原浩一、伊達三郎、堀北幸夫、町田政則
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市の歌が聞える -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       座頭市の歌が聞える

映画「お葬式」


山崎努                         宮本信子

今回は伊丹十三監督1984年製作「お葬式」をピックアップする。
本作は、伊丹監督が妻である宮本信子さんの父親の葬式で喪主となった実体験を基に、僅か1週間で脚本を書き上げ、神奈川県湯河原町にある伊丹監督の別荘(元自宅)をロケセットにして、ATG作品でありながら、1億円の製作費で作りあげた監督デビュー作である。製作費は、伊丹監督がCM出演した愛媛県の一六本舗(製菓会社)が出資したそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


菅井きん                        財津一郎

笠智衆                        大滝秀治

【ストリー】
井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉(奥村公延)と母、きく江(菅井きん)は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見(財津一郎)と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原(江戸家猫八)に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉(大滝秀治)が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂(尾藤イサオ)が、千鶴子をなぐさめる。そこへ、佗助の愛人の良子(高瀬春奈)が手伝いに来たと現れる。良子はゴタゴタの中で、佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かった。煙突から出る白いけむりをながめる佗助たち。全てが終り、手をつなぎ、集まった人々を見送る佗助と千鶴子。


高瀬春奈、山崎努

宮本信子、尾藤イサオ、菅井きん              お葬式

題名:お葬式
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、岡田裕
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造、浅井慎平(モノクロ部分)
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:信岡実
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:徳田博
装飾:山崎輝、畠山和久、河端賀恵子
衣裳:岩崎文男
美粧:小沼みどり
スタイリスト:小合惠美子、熊谷澄子
配役:笹岡幸三郎
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:冨田功
音楽:湯浅譲二
現像:東洋現像所
撮影機材:三和映材社
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
プロデューサー:細越省吾
製作担当:藤田義則
製作進行:伊藤正敏、佐藤丈樹
演技事務:宮前寿美子
助監督:平山秀幸
演出助手:泰衛、上野勝
撮影助手:福沢正典、栗山修司、村石直人
照明助手:沖田秀則、本橋義一、三枝隆之、松岡康彦
録音助手:北村峰晴、塚本達郎、細井正次
編集助手:米山幹一
スチール:宮本唯志
出演:山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、財津一郎、高瀬春奈、江戸家猫八、尾藤イサオ、岸部一徳、笠智衆、奥村公延、友里千賀子、津村隆、西川ひかる、海老名美どり、双葉弘子、吉川満子、藤原釜足、田中春男、香川良介、佐野浅夫、津川雅彦、小林薫
1984年日本・伊丹プロダクション+ニューセンチュリープロデューサーズ+ATG/スタンダードサイズ・カラー124分35mmフィルム
お葬式 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


お葬式

1 2