映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「男はつらいよ・寅次郎の告白」


渥美清                       後藤久美子

今回は山田洋次監督1991年製作「男はつらいよ・寅次郎の告白」をピックアップする。
第44作となる本作のロケ地は、鳥取県倉吉市の打吹玉川、鳥取市の鳥取砂丘、八頭郡八頭町の若桜鉄道安部駅、岐阜県恵那郡蛭川村(現:中津川市)の恵那峡などで行われ、封切り時の観客動員は211万1,000人、配給収入は14億2,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「釣りバカ日誌4(監督:栗山富夫 出演:西田敏行、石田えり、三國連太郎、谷啓、尾美としのり、佐野量子)」であった。


吉田日出子                     夏木マリ

【ストリー】
寅次郎(渥美清)の甥・満男(吉岡秀隆)が想いを寄せる泉(後藤久美子)が東京の大手楽器店に就職のための面接に再び上京。それと同時に寅次郎も、柴又へ帰って来た。久しぶりに皆で楽しい一時を送る泉。翌日、泉の会社訪問に付き添う満男だったが、結局、就職はうまくいかないまま泉は静岡に帰ってしまう。また寅次郎も再び旅に出、日本海沿岸の鳥取へと向かった。ところがそこで偶然泉と再会する寅次郎。母親(夏木マリ)の再婚を素直に喜べない泉は、その寂しさを紛らすために鳥取まで来たのだった。一方、そのことを彼女からの絵葉書で知った満男も鳥取へと向かい、泉と再会。寅次郎はふたりと共に、かつて恋したことのある聖子(吉田日出子)が営む旅館へと案内する。そしてそこで聖子の亭主が死んでしまっていたことを知る寅次郎。四人で楽しい日々を過ごすが、ようやく母親の再婚を祝福する決心がついた泉は、満男と共に静岡へと戻る。寅次郎も結局、聖子に想いを告白出来ないまま、鳥取を後にするのだった。


下條正巳、三崎千恵子、太宰久雄 前田吟、倍賞千恵子、下條正巳、吉岡秀隆、後藤久美子

題名:男はつらいよ・寅次郎の告白
監督:山田洋次
製作総指揮:奥山和由
製作:島津清、深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫、花田三史
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:阿部勉
撮影助手:池谷秀行
ステディカム:佐光朗
スチール:金田正
出演:渥美清、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、吉岡秀隆、吉田日出子、夏木マリ、関敬六
1991年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー112分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎の告白 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


後藤久美子、渥美清、吉田日出子、吉岡秀隆

映画「日本春歌考」

日本春歌考
日本春歌考
日本春歌考日本春歌考日本春歌考日本春歌考
日本春歌考日本春歌考日本春歌考日本春歌考
日本春歌考
日本春歌考日本春歌考
伊丹十三           荒木一郎、岩淵孝次、串田和美、佐藤博(順不同)

今回は大島渚監督1967年製作「日本春歌考」をピックアップした。
出演は歌手・音楽監督であり俳優でもある荒木一郎、劇団自由劇場出身の田島和子、串田和美、佐藤博、吉田日出子、そして監督の妻でもある小山明子、結婚前の伊丹十三と宮本信子である。
ロケショーンは中村・上田・眉子が試験を受けた大学として目白の学習院大学が使われ、印象に残るピラミッド型の建造物はピラミッド校舎(写真右下)通称 「ピラ校」と呼ばれ学習院大のシンボル的校舎であったが2008年に解体された。ラストシーンに登場する九段会館は、1936年の226事件で戒厳司令部 が置かれた場所として有名だったが2011年の東日本大震災で天井の一部が崩落し死傷者が出たため廃業した。

作品リスト

日本春歌考日本春歌考
小山明子

【ストリー】
豊秋は広井や丸山たちと共に大学受験のため上京してきた地方の高校生である。彼は試験場でベトナム戦争反対の署名をする女に引かれ近づく。女は豊秋の視線 を感じ“藤原×××”と署名し立ち去る。試験の終った後、街へ出た豊秋たちはなんとなく建国記念日反対のデモに加わったがそこで、かつて彼らの教師で、い ま大学のドクターコースに学んでいる大竹と彼の恋人高子を認めた。豊秋たちは高子を見ていっそう性欲を刺激され跡をつけるが、それに気づいた高子に用件を 聞かれるとただ逃げ去るしか無かった。翌日、クラスメートの女生徒早苗や幸子と会った彼らは、大竹を訪ねたが、大竹は居酒屋で豊秋たちの性的欲求不満を見 てとるとやおら春歌を歌い始めた。そして男生徒は一層性欲的になったのだが、女生徒は意味も分らず、無邪気に唱和していた。その夜、忘れ物を取りに大竹を 訪ねた豊秋は、ガス管を蹴とばして寝ている大竹を見たが、助ける気にならなかった。翌朝大竹の死体が発見され、女生徒は泣いて悲しんだ。刑事から検死の結 果は過失による一酸化炭素中毒と聞かされた豊秋は忘れ物を取りに部屋に行ったことを告げる。不審がる刑事。解放された豊秋は、遅れて到着した高子の前で春 歌を歌う。それが生前最後に大竹が唄ったと聞かされた高子は泣き崩れるのだった。先に帰る早苗たちを上野駅で見送った豊秋たちは、春歌を唄いながら彼女た ちや藤原を犯すことを想像する。大竹の葬式の後、豊秋は居残った高子を訪ね、大竹を見殺しにしたことを告白し、一番から十番まで春歌を歌うと十一番目に高 子にのしかかる。一方広井たちは偶然通りかかったプロテストソング大会で藤原と再会する。豊秋は高子を連れて合流する。そして彼らは空想で彼女を犯したと 告げたが、意外にも眉子は空想を実現して欲しいと言う。翌日ある教室の中で豊秋たちはそれを実行したのだった。

日本春歌考日本春歌考
田島和子                     吉田日出
日本春歌考日本春歌考日本春歌考日本春歌考

題名:日本春歌考
監督:大島渚
製作:中島正幸
原題:添田知道
脚本:田村孟、佐々木守、田島敏男、大島渚
撮影:高田昭
照明:中村明
美術:戸田重昌
録音:西崎英雄
編集:浦岡敬一
音楽:林光
スチール:吉岡康弘
出演:荒木一郎、岩淵孝次、串田和美、佐藤博、田島和子、伊丹十三、小山明子、吉田日出子、宮本信子
製作年:1967年松竹+創造社/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
日本春歌考 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本春歌考日本春歌考
日本春歌考日本春歌考日本春歌考日本春歌考