映画「悪名波止場」

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎                      藤原礼子、田宮二郎

今回は森一生監督1963年製作「悪名波止場」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第7作になる。
前作「悪名市場」のラスト・シーンから始まる本作は、広島の瀬戸内海沿岸を舞台に、朝吉と清次は四国からの帰りの船中、清次そっくりな男・三郎(藤田まこと)に出会った。目の前でイカサマ賭博をはじめた三郎に清次は激怒。「かわいそうな妹のためや」と泣いて謝る三郎に、朝吉はつい侠気を出し、物語が展開する。 歌手の青山ミチさん、水原弘さんが出演している。
悪名シリーズは第1作「悪名」と2作「続・悪名」が戦前編、3作「新・悪名」と4作「続・新悪名」からは戦後編になっている。

悪名シリーズ

悪名波止場悪名波止場
滝瑛子                       水原弘、紺野ユカ
悪名波止場悪名波止場
藤田まこと、田宮二郎、勝新太郎          ミス・ワカサ、清川虹子、弓恵子

【ストリー】
おなじみ朝吉(勝新太郎)・清次(田宮二郎)の二人は四国からの帰りの船中で清次と名乗る三郎(藤田まこと)にであった。怒る清次の前で、これも妹のためと謝る三郎に、朝吉は力になってやることにした。三郎に連れていかれた薄汚い小屋には、悦子(滝瑛子)という女と三郎の妹おとし(紺野ユカ)がいた。おとしは麻薬中毒の症状を呈していた。三郎は鬼瓦(吉田義夫)の乾分であるが、朝吉を案内したまま鬼瓦組の金をもってドロンしてしまった。おとしの体からその金を払わせようとする鬼瓦に、朝吉と清次は出迎えのお照(藤原礼子)を金策に大阪へやり、その間人質として鬼瓦の経営する三ツ鯛運輸で働くことになった。鬼瓦たちは、副業として麻薬の密売をやっており、入手先は、おなご舟から手に入れていた。しかし、朝吉、清次たちを知ったおとしが先頭になって、おなご舟の連中は麻薬運びを拒否した。怒つた鬼瓦は、おとしのヒモ、仙太郎(水原弘)を使ってみせしめのためにおとしを殺させた。一部始終をみた悦子はこの仲間から足を洗おうとするが、その機会は仲々なかった。抜けめのない清次は、託児所から渡血少女マリ(ジニー・マリッチ)をおとしの娘として、チャッカリ慰謝料をまきあげてしまった。マリは悦子の実子であったため悦子は半狂乱になって怒った。その半狂乱の状態から、悦子がおとし殺しの実状を知っているらしいと狙らんだ鬼瓦は、マリを罠に悦子を殺害しようとした。九死に一生を得た悦子はすべてを朝吉に告げた。八尾の朝吉として、朝吉の立つ時がついにやってきた。朝吉、清次の後には、おなご舟の連中も立った。呆然とする鬼瓦一味は、正の鉄拳の前に次々とのされていくのだった。

悪名波止場悪名波止場
青山ミチ、田宮二郎                  悪名波止場

題名:悪名波止場
監督:森一生
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
現像:東洋現像所
製作主任:大菅実
助監督:大洲斉
音楽:斎藤一郎 挿入歌:青山ミチ「淋しいときには」「ひとりぼっちで思うこと 」
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、田宮二郎、滝瑛子、水原弘、藤原礼子、藤田まこと、紺野ユカ、弓恵子、青山ミチ、清川虹子、吉田義夫、伊達三郎、毛利郁子、真城千都世、杉狂児、島ひろし、ミス・ワカサ、ジニー・マリッチ
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
悪名波止場 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名波止場悪名波止場
勝新太郎、田宮二郎                ジニー・マリッチ、滝瑛子
悪名波止場

映画「座頭市喧嘩旅」

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎                     勝新太郎、藤村志保

今回は安田公義監督1963年製作「座頭市喧嘩旅」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第5作目になる。豪商の娘お美津(藤村志保)を助けて江戸に送る事になった座頭市がヤクザの抗争に巻き込まれるといった内容だが、悪名シリーズでモートルの貞の女房役を演じている藤原礼子さんの悪女ぶりが良かった。勝新太郎さんの殺陣は鋭く迫力があり、“座頭市”シリーズ”の魅力でもある。

座頭市シリーズ

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
藤原礼子                     勝新太郎、藤村志保

【ストリー】
今では、やくざ仲間に勇名をはせる座頭市(勝新太郎)は、一人旅の途中、堂山支家の喜助(越川一)という男に呼びとめられ、近く持ち上る下妻一家との喧嘩に手を貸してくれと懇願された。これを見ていたのが、喧嘩相手の下妻一家の助っ人を探していた岬の甚五郎(島田竜三)という男であった。三人の浪人に、座頭市と喜助を斬るように、さしむけたが、喜助の惨殺に怒った市の、居合斬りにあい、甚五郎は情婦お久(藤原礼子)と共にその場を逃れた。再びあてのない旅に出た座頭市は、そこで、お屋敷勤めをするお美津(藤村志保)を、武士の手から救った。お美津は手篭めにしようとした若殿に抵抗し怪我をさせたことで、追われていたのだ。が、仕込杖をもち無気味な按摩やくざの姿は、美しいお美津にとって気味悪い存在であった。ある旅篭に泊った時のこと、今は夫婦同然の甚五郎とお久が、このお美津に目をつけ、宿賃稼ぎに、お美津をおかみにさし出そうと企んだが、目あき以上にカンのよい座頭市に気づかれ、失敗に終った。お美津の心の中に、酷いが誠意をつくしてくれる座頭市への信頼感が高まっていった。翌日、お美津を追う藩士を得意の居合い斬りで倒した座頭市は、追う者もいなくなったお美津を好人物の老人夫婦に託して別れをつげた。思慕を隠そうともせず、「一緒に連れていって」とたのむお美津を、片輪者の宿命を負った座頭市は、全て甘い夢とふりきって去っていった。跡をつけていた甚五郎は時機到来とお美津をさらって藤兵衛(沢村宗之助)の所へと連れこんだ。一方座頭市は、堂山一家にワラジをぬぎ、喧嘩の矢面に立つことになった。当日、静りかえった宿場に向いあった、下妻一家と堂山一家。とその一瞬、座頭市のすぐ側で“市さん”と呼ぶお美津の嘆声が! わが耳を疑う座頭市に、せせら笑いながら取引を持ちかける甚五郎の声が非情に響いた。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
勝新太郎「座頭市喧嘩旅」

題名:座頭市喧嘩旅
監督:安田公義
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:美間博
録音:長岡栄
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:林米松
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:村上忠男
助監督:西沢鋭治
色彩技術:梶谷俊男
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、藤村志保、島田竜三、藤原礼子、中村豊、吉田義夫、沢村宗之助、丹羽又三郎、水原浩一、杉山昌三九、寺島貢、寺島雄作、堀北幸夫、木村玄、越川一
1963年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
座頭市喧嘩旅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市喧嘩旅座頭市喧嘩旅
座頭市喧嘩旅                      勝新太郎

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

1 2 3 5