映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「海女の戦慄」


前田通子                                            前田通子、天城竜太郎

今回は志村敏夫監督1957年製作「海女の戦慄」をピックアップする。
新東宝の看板スター前田通子さんは、1956~57年の2年間で20本の作品に出演し、”戦後のグラマー女優第1号”と呼ばれ一躍スターダムへ邁進した。その後に山本富士子さん、田宮二郎さんと共に映画会社の”五社協定”の最大の犠牲者としても知られる。


前田通子、三ツ矢歌子               万里昌子、三ツ矢歌子

【ストリー】
ミス海女に選ばれたチエ(三ツ矢歌子)は、雑誌社の座談会に出席するため海女のユキ(万里昌子)と上京したのだが、一泊の予定が5日たっても帰って来ない。そんなある日、「いかり亭」に高級車が止まり、紳士姿の木島(九重京司)と人相の悪い三人連れが降り立った。それから数日後、岩礁地帯の沖合に傷だらけのユキの海女姿になった溺死体が浮上った。そこへ風来坊と称する船員風の男俊介(天城竜太郎)が「いかり亭」に投宿した。彼はユキの溺死の謎について深い関心を寄せ、チエの姉ヨシ(前田通子)にくわしい話を聞くのであった。ヨシは、無口で優しい俊介が好きになった。その頃、無人島のかげの舟上で、海女姿のチエが、木島たちに魔の海に強引に潜り込まされようとしていた。数日前、ユキはこれを拒んだために殺されたのだ。海底には駆潜艇の残骸が黒々と横たわっている。この駆潜艇には、戦時中民間から徴発したダイヤモンドが秘められているのだ。--一方、俊介は木島一味が根拠地としている洞窟を度々探っていた。彼は実は刑事だったのだ。とある日ヨシが捕えられてしまった。ヨシは、チエを人質にダイヤモンドの探索を強制され、彼女の手でその箱が舟上に揚げられると、木島たちはヨシとチエを殺そうとした。その時、洋上に巡視艇が現われ、俊介たちと木島との間に激しい拳銃戦が展開されたが、ついに木島たちは全員斃され、ヨシやチエは危く救われた。

題名:海女の戦慄
監督:志村敏夫
企画:小野沢寛
原案:志賀弘
脚本:内田弘三、坂倉英一
撮影:岡戸嘉外
照明:関川次郎
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:レイモンド服部
製作主任:川田信義
助監督:渡辺祐介
出演:前田通子、天城竜太郎、三原葉子、吉田輝雄、三ツ矢歌子、松本朝夫、桂京子、万里昌子、林寛、有田淳子、小倉繁、長谷川恵子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ73分35mmフィルム
海女の戦慄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


海女の戦慄

映画「温泉あんま芸者」


吉田輝雄                             三原葉子

今回は石井輝男監督1968年製作「温泉あんま芸者」をピックアップする。
温泉芸者シリーズ第1弾の本作は、新東宝映画を見ている様な顔ぶれだ。
懐かしい”野球拳”も登場するセクシー喜劇作品だ。


橘ますみ                                                  三島ゆり子

【ストリー】
ある温泉町のあんま芸者の置屋“浜中”に富丸(三原葉子)、雛奴(三島ゆり子)、蔦子(賀川雪絵)、玉栄(英美枝)、梅子(應蘭芳)、千代(橘ますみ)などの芸者がいた。それぞれ、ベテラン芸者だったが、千代だけは純情娘で、診療所の婦人科医吉岡(吉田輝雄)を慕っていた。しかし、当の吉岡は千代に見向きもしない。一方、富丸たちはそれぞれの特技を生かして商売していたが、そんなとき、妊娠中の雪子(高倉みゆき)が仲間に加った。ある日、温泉祭りの夜にあんま芸者たちと、犬猿の仲である金太郎(南風夕子)たち温泉芸者がハチあわせ、対抗意識を燃やしてストリップ合戦を始めるなどドンチャン騒ぎになってしまった。しかも、果ては風呂場で素っ裸のまま大乱闘を演じたのである。これでトクをしたのがブルーフィルム屋の武(南道郎)。懸命に大乱闘を8mmカメラに収めたか、芸者たちに発見され、カメラの取りっこになってしまった。この騒ぎの中で雪子は子供を産んだ。雪子の亭主は武だった。翌日、“浜中”では芸者たちの貴重品がなくなり、しかも赤ん坊だけを残して武夫婦の姿はなかった。その赤ん坊が高熱を出していたことから、千代は吉岡のところに連れていった。千代はくみ取り業の社長黒島(芦屋雁之助)の仲介で、市の清掃部長品川(金子信雄)の世話を受けることになっていた。彼女はそこで吉岡の反応を期待したか、吉岡は泰然たるもの、しかも彼には婚約者がいると知って落胆してしまった。そうした時、入院中の赤ん坊が、我が子恋しさに戻った武夫婦に連れ去られた。武たちはセックスコレクション寺の和尚(由利徹)の許に逃げ込んだ。怒った富丸たちと武夫婦の間は険悪になったが、吉岡の取りなしで、何とかその場は収まった。やがて、吉岡は沖縄の無医村に行くことになった。別れの日、ヤケ酒をあおって品川に身を任せた千代も、吉岡を見送った。その千代の姿には純情をかなぐりすて、たくましく生きる意欲に溢れていた。


金子信雄、芦屋雁之助

題名:温泉あんま芸者
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、内田弘三
撮影:吉田貞次
照明:北口光三郎
録音:溝口正義
美術:矢田精治
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:久斗敏厚
結髪:横田三佳代
衣装:豊中健
振付:藤間勘真次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
製作主任:俵坂孝宏
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:吉田輝雄、橘ますみ、三原葉子、三島ゆり子、高倉みゆき、賀川雪絵、應蘭芳、沢淑子、芦屋雁之助、金子信雄、上田吉二郎、由利徹、茶川一郎、南都雄二
1968年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
温泉あんま芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


温泉あんま芸者

橘ますみ                             温泉あんま芸者

1 2 3 5