映画「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
梅宮辰夫                        宮園純子

今回は村山新治監督1968年製作「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」をピックアップする。
本作は、青江三奈さんのヒット曲「伊勢佐木町ブルース」を基に作られた”夜の歌謡シリーズ”第4作である。他には森進一さんのヒット曲「命かれても(1968年/監督:鷹森立一)」「おんな(1969年/監督:鷹森立一)」青江三奈さんのヒット曲「長崎ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」「悪党ブルース(1969年/監督:鷹森立一)」ぴんからトリオのヒット曲「女のみち(1973年/監督:山口和彦)」八代亜紀さんのヒット曲「なみだ恋(1973年/監督:斎藤武市)」などが作られた。

【追記・訃報】
映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる俳優の梅宮辰夫さんが2019年12月12日午前7時40分、神奈川県内の病院で亡くなった。享年81。死因は慢性腎不全だった。

梅宮辰夫さんが言い残したこと

芸能界というのは「大衆から常に憧れる世界でならなければならない」というのが持論だった梅宮さんにとって〝平成〟という時代の芸能界は歯がゆさだけが残った。「もう〝令和〟の芸能界なんかには期待していない。俺のいた芸能界からは、もっともっと距離が離れていくだろうな」 さらに「今さら懐かしむわけじゃないけどね」としながらも「今とは比べられないほど個性的で、しかも格好のいい素敵な映画スターが多かった。そんな時代のことを語ると古いって言われるかもしれないけど、これは、やっぱり映画からテレビの時代になっちゃったのかもしれないね。ほとんどの俳優というか芸能人が、それこそテレビCMのために存在しているようになっちゃったってことだよ。みんな商品の宣伝のために出ている…それこそ薬品とか化粧品とかね、もちろん、それが悪いって言っているわけじゃないけど、宣伝ばかりやっているような、そんな連中がゴロゴロしてきちゃってね、本当、つまらない世界になっちゃったってことなんだよ、そうとは思わないか?」

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ                       吉田輝雄

【ストリー】
宮田(梅宮辰夫)は、バーやキャバレー新開店の諸準備を請負うオープン屋をしていた。土地成金の大倉(伴淳三郎)は、宮田に1,500万円でバー開店を依頼した。ただし、ママになる女を二号にしたいとの条件つきだった。二つ返事で引受けた宮田は伊勢佐木町裏のバーを買収し、酒場のホステスれい子(宮園純子)を強引に口説き落とした。バー「れい子」の開店日は大盛況だった。その日、大倉は希望に胸ふくらませてれい子を誘惑した。だが、二号話を聞かされていなかったれい子に、にべもなく断られてしまった。怒りを心頭に発した大倉は、愚連隊を雇い、宮田に迫った。宮田は、いつもの調子よさで、自分に熱を上げているホステスの房子(清水まゆみ)を、ホテルに待たせてある大倉に送った。その夜、宮田は、刑務所から出たばかりの竹村(吉田輝雄)がれい子と情事にふけっているのを見て愕然とした。竹村は、れい子をヒモとして、ふたたび昔の生活を始めようとしていた。宮田は、れい子が自分には欠かせぬ女であることを悟った。竹村は200万円の代償を請求した。金策に困った宮田は、女実業家笹井(山口洋子)に委託されたクラブのオープンを引受け、ママにれい子を推薦した。だが、れい子引抜きを怒った大倉が、宮田の行手に待っていた。愚連隊に襲われ、200万円を奪われた宮田の話を聞いた竹村は、大倉から金を取戻した。しかし、そこにはれい子をふたたび大倉のバーに戻すという契約がなされていた。房子からこの話を聞いた宮田は、れい子をバーテン小滝(佐々木功)に預けると竹村と対決した。この事件により竹村は刑務所に逆戻り、宮田は大倉に200万円を渡し、れい子の移籍を了承させた。宮田とれい子の間の障害は消えさった。だが、れい子は小滝との結婚を打明けるのだった。宮田を慕い、彼のために大倉に身を任せた房子の献身が、れい子に全てを諦めさせたのだ。それから間もなく、泥酔した宮田と寄添う房子の姿が波止場に消えていった。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
伴淳三郎                        青江三奈

題名:夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
監督:村山新治
企画:園田実彦、扇沢要
脚本:舟橋和郎
撮影:星島一郎
照明:銀屋謙蔵
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:加藤勇次
装飾:佐藤善昭
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:青江三奈「伊勢佐木町ブルース」「酒場人形」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:阿部征司
助監督:伊藤俊也
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、宮園純子、青江三奈、清水まゆみ、吉田輝雄、伴淳三郎、佐々木功、南原宏治、高毬子、山口洋子、大泉滉、紙京子、和田みどり、伊藤慶子、小松方正、小林稔侍、相馬剛三
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

伊勢佐木町ブルース伊勢佐木町ブルース
清水まゆみ、宮園純子                夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース
伊勢佐木町ブルース

映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「海女の戦慄」


前田通子                                            前田通子、天城竜太郎

今回は志村敏夫監督1957年製作「海女の戦慄」をピックアップする。
新東宝の看板スター前田通子さんは、1956~57年の2年間で20本の作品に出演し、”戦後のグラマー女優第1号”と呼ばれ一躍スターダムへ邁進した。その後に山本富士子さん、田宮二郎さんと共に映画会社の”五社協定”の最大の犠牲者としても知られる。


前田通子、三ツ矢歌子               万里昌子、三ツ矢歌子

【ストリー】
ミス海女に選ばれたチエ(三ツ矢歌子)は、雑誌社の座談会に出席するため海女のユキ(万里昌子)と上京したのだが、一泊の予定が5日たっても帰って来ない。そんなある日、「いかり亭」に高級車が止まり、紳士姿の木島(九重京司)と人相の悪い三人連れが降り立った。それから数日後、岩礁地帯の沖合に傷だらけのユキの海女姿になった溺死体が浮上った。そこへ風来坊と称する船員風の男俊介(天城竜太郎)が「いかり亭」に投宿した。彼はユキの溺死の謎について深い関心を寄せ、チエの姉ヨシ(前田通子)にくわしい話を聞くのであった。ヨシは、無口で優しい俊介が好きになった。その頃、無人島のかげの舟上で、海女姿のチエが、木島たちに魔の海に強引に潜り込まされようとしていた。数日前、ユキはこれを拒んだために殺されたのだ。海底には駆潜艇の残骸が黒々と横たわっている。この駆潜艇には、戦時中民間から徴発したダイヤモンドが秘められているのだ。--一方、俊介は木島一味が根拠地としている洞窟を度々探っていた。彼は実は刑事だったのだ。とある日ヨシが捕えられてしまった。ヨシは、チエを人質にダイヤモンドの探索を強制され、彼女の手でその箱が舟上に揚げられると、木島たちはヨシとチエを殺そうとした。その時、洋上に巡視艇が現われ、俊介たちと木島との間に激しい拳銃戦が展開されたが、ついに木島たちは全員斃され、ヨシやチエは危く救われた。

題名:海女の戦慄
監督:志村敏夫
企画:小野沢寛
原案:志賀弘
脚本:内田弘三、坂倉英一
撮影:岡戸嘉外
照明:関川次郎
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:レイモンド服部
製作主任:川田信義
助監督:渡辺祐介
出演:前田通子、天城竜太郎、三原葉子、吉田輝雄、三ツ矢歌子、松本朝夫、桂京子、万里昌子、林寛、有田淳子、小倉繁、長谷川恵子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ73分35mmフィルム
海女の戦慄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


海女の戦慄

1 2 3 6