映画「帰らざる日々」

帰らざる日々帰らざる日々
江藤潤                          水島敏行

今回は藤田敏八監督1978年製作「帰らざる日々」をピックアップする。
本作は、中岡京平氏の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」の映画化したもので、長期間にわたり長野県飯田市でロケーション撮影が行われた。劇中、映画を見るシーンで1971年製作の東映「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」の高倉健さんと池部良さんが出演している。一部とは言え、日活映画で東映映画を見たのは始めてだが、その作品で日活専属俳優だった松原智恵子さんを東映に貸したからだったのだろうか。ちなみに松原智恵子さんは、1971年に日活の一般映画制作中断によりフリーになっている。

帰らざる日々帰らざる日々
浅野真弓                        竹田かほり

【ストリー】
早朝の新宿駅。飯田行き急行に乗りこむ野崎辰雄(永島敏行)の姿があった。父・文雄(草薙幸二郎)の突然の死が作家を志していた辰雄に6年振りの帰郷を促したのである。1972年、夏、辰雄の母、加代(朝丘雪路)は若い女のもとに走った夫、文雄と別居し母一人子一人の生活を送っていた。高校3年だった辰雄は溜り場の喫茶店の真紀子(浅野真弓)に思いをよせていた。そんな辰雄の前に真紀子と親しげな同じ高校の隆三(江藤潤)が現われた。マラソン大会があった日、辰雄は隆三に挑んだが、デッドヒートのすえ、かわされてしまう。数日後、辰雄の気持を知った隆三は、辰雄をからかうが、隆三と真紀子がいとこ同志とも知らず、むきになる辰雄に隆三は次第に好意を持つのである。卒業後、東京に出ようと思う辰雄、学校をやめて競輪学校に入る夢を持つ隆三、そして真紀子の三人は徐々に友情を深めていく。夏休み、盆踊りのあった晩、辰雄と隆三は真紀子が中村(中尾彬)という妻のいる男と交際しており、既に子供を宿していると知らされ、裏切られた気持で夜の街を彷徨い歩くのであった。翌日、二日酔でアルバイトをしていると、隆三が足に大怪我を負ってしまった。競輪への夢も終りである……。飯田に近づくと、辰雄は見送りに来ていた螢子(根岸とし江)が列車に乗っているのを見つけた。それは彼の母に会いたい一心の行為であり結局辰雄は螢子を連れていくことに決める。飯田に着くと、父は、隆三の運転する車で轢死したことを知らされる。隆三も重傷を負っており、昏睡状態の彼を前に、辰雄は6年前の苦い思い出を噛締めるのである。父の葬儀の夜、真紀子が北海道に渡ったことを知らされる。翌朝、かつて隆三と走った道を歯を食い締って走る辰雄と、その後を自転車で追う螢子の姿があった。

帰らざる日々帰らざる日々
根岸とし江                      朝丘雪路、中村敦夫、水島敏行

題名:帰らざる日々
監督:藤田敏八
企画:佐々木志郎、進藤貴美男
製作:岡田裕
原作:中岡京平「夏の栄光」
脚本:藤田敏八、中岡京平
撮影:前田米造
照明:新川真
録音:橋本文雄
美術:渡辺平八郎
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:石川鷹彦 主題歌:アリス「帰らざる日々」
現像:東洋現像所
製作担当:岩見良二
助監督:上垣保朗、根岸吉太郎
色彩計測:鈴木耕一
スチール:井本俊康
出演:江藤潤、水島敏行、浅野真弓、竹田かほり、朝丘雪路、根岸とし江、吉行和子、中尾彬、中村敦夫、草薙幸二郎、加山麗子、丹波義隆、阿部敏郎、矢野宣、日夏たより、小松方正、成瀬正、若杉透、深見博、高品正広、木島一郎、大平忠行、大竹智子、川島めぐ、小見山玉樹、花田圭祐、青木久夫、槙文孝
1978年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
帰らざる日々 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

帰らざる日々帰らざる日々
中尾彬、浅野真弓                    加山麗子

映画「十階のモスキート」

十階のモスキート
「十階のモスキート」内田裕也
十階のモスキート十階のモスキート
内田裕也                         吉行和子

今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。
本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。
内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。
破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食(若松孝二監督1979年)」「水のないプール(若松孝二監督1981年)」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。

十階のモスキート
「十階のモスキート」中村れい子
十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                        佐藤慶

【ストリー】
男(内田裕也)は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE(吉行和子)はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE(小泉今日子)を引き取って離婚していた。娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO(中村れい子)とのセックスだ。男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。

十階のモスキート十階のモスキート
小泉今日子                        アン・ルイス
十階のモスキート十階のモスキート
横山やすし                      ビートたけし

題名:十階のモスキート
監督:崔洋一
企画:内田裕也
製作:結城良煕
脚本:内田裕也、崔洋一
撮影:森勝
照明:小山勲
録音:佐藤富士男
音効:坂井三郎
美術:細石照美
装飾:落合亮司、橋本良二
結髪:榊原暁美 (山田かつら)
衣裳:第一衣裳
記録:中川初子
編集:山田真司
音楽:大野克夫 挿入歌:白竜「誰のためでもない」選曲:小野寺修
現像:東洋現像所
製作担当:栗原啓祐
製作進行:小橋孝裕
俳優担当:笹岡幸三郎
助監督:磯村一路
監督助手:平山秀幸、福岡芳穂、増本千尋
撮影助手:喜久村徳章、寺沼範雄、五十嵐英弘
照明助手:金沢正夫、白石宏明、井上英一、関野高弘
美術助手:山田正徳
編集助手:北沢良雄
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
制作協力:内野二郎
車両:富士映画
スチール:中島俊雄
出演:内田裕也、吉行和子、中村れい子、風祭ゆき、宮下順子、小泉今日子、アン・ルイス、佐藤慶、ビートたけし、横山やすし、阿藤海、清水宏、下元史朗、梅津栄、小林稔侍、安岡力也
1983年日本・ニュー・センチュリー・プロデューサーズ/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
十階のモスキート -DVD-
2019年6月現在、DVDレンタルはありません。

十階のモスキート十階のモスキート
中村れい子                       風祭ゆき
十階のモスキート十階のモスキート
十階のモスキート

映画「修羅雪姫 怨み恋歌」


「修羅雪姫 怨み恋歌」梶芽衣子

梶芽衣子                          原田芳雄

今回は藤田敏八監督1974年製作「修羅雪姫 怨み恋歌」をピックアップする。
本作は「修羅雪姫」に続く“修羅雪姫”シリーズ二作目になる。修羅雪姫とアナーキストを絡ませた物語は、日露戦争の終結後の明治を時代背景としたおもしろい作品だ。残念ながら梶芽衣子さん主演の“修羅雪姫”シリーズは、本作で終了する。


伊丹十三                        伊丹十三、梶芽衣子

【ストリー】
父母の仇を討ち果した鹿島雪(梶芽衣子)は、兇悪殺人犯として丸山警部(山本麟一)に逮補され、絞首刑の判決が下された。だが、死刑執行の日、鴉(南原宏治)と名乗る男に救出され、菊井精四郎(岸田森)の許へ案内された。菊井は特警の長官で、その組織は「影の軍隊」として恐れられている。菊井は雪の命と引き替えに、アナーキストの徳永乱水(伊丹十三)が持っている一通の手紙とその命を狙うことを命じた。雪は女中に変装し乱水の家に住み込んだが、彼の革命家としての情熱にうたれ、菊井を裏切った。かつて、菊井と大審院検事総長・寺内謙道(安部徹)は、革命主義者たちの交番爆破事件をデッチ上げ、乱水の同志を大量に処刑した。そして、菊井は長官の地位を得、寺内は司法大臣に昇格した。だが乱水には残された復讐の武器があった。菊井たちの密談を記した一通の手紙である……。乱水は脱獄死刑囚・雪をかくまった容疑で逮捕される寸前、手紙を雪に託し、四ツ谷鮫ヶ橋の貧民窟で医者をしている弟の周介(原田芳雄)に渡すことを頼んだ。その周介は、かつて雪が丸山警部に逮捕されたときに出逢い、ほのかな恋の炎を燃やしたゆきずりの男だった。周介をはじめ柴田悠太郎(広瀬昌助)、関口英三(溝口舜亮)、岡田太吉(浜田晃)らは雪の持参した手紙に眼を輝かした。だが、周介は乱水の危機になぜか冷淡な態度だった。現在の乱水の妻・あやと周介は、かつては夫婦だったのだが、周介が日霧戦争で出兵し、帰国した時、乱水とあやは結婚していたのだった。それ以来、周介は、世を捨てて貧民窟に住みついたのだった。数日後、乱水は菊井の拷問の末にペスト菌をうたれて貧民窟に放り出されて死んだ。周介は例の手紙をタネに菊井たちを強請り、貧民を救済することを決意した。だが、菊井は鮫ヶ橋を急襲、周介は乱水のペストが感染し、悪鬼の形相で激闘するが、柴田、関口、岡田は銃弾に倒れていった。手紙を灰にし革命主義者を倒して笑顔を浮べる菊井と寺内--その頭上に、雪の紫紺の蛇の目傘の仕込み刃が怒りに燃え、ひときわ華麗に舞った……。


吉行和子、原田芳雄                  岸田森、安部徹

題名:修羅雪姫 怨み恋歌
監督:藤田敏八
製作:奥田喜久丸
原作:小池一雄、上村一夫
脚本:長田紀生、大原清秀
撮影:鈴木達夫
照明:石井長四郎
録音:神蔵昇
整音:西尾曻
美術:樋口幸男
大道具:山口盛夏(ノンクレジット)
小道具:戸田清(ノンクレジット)
結髪:河原美緒(ノンクレジット)
擬斗:林邦史朗
技術指導:トビー門口
記録:外崎直子
編集:井上治
音楽:広瀬健次郎
現像:東京現像所
製作担当:丹野弘章
助監督:松沢一男、吉富友也
撮影助手:西浦清、佐々木六兵衛、栗田豊通、伊藤昭裕(ノンクレジット)
演技事務:青木君雄
スチール:橋山直己
出演:梶芽衣子、原田芳雄、伊丹十三、吉行和子、岸田森、安部徹、山本麟一、南原宏治、広瀬昌助、溝口舜亮、浜田晃、鈴木瑞穂(ナレーター)
1974年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
修羅雪姫 怨み恋歌 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「修羅雪姫 怨み恋歌」梶芽衣子

岸田森                             南原宏治、岸田森、山本麟一

「修羅雪姫 怨み恋歌」

「修羅雪姫 怨み恋歌」

撮影:鈴木達夫氏、監督:藤田敏八氏、梶芽衣子さん

1 2 3