映画「夢千代日記」


吉永小百合                       北大路欣也

今回は浦山桐郎監督1985年製作「夢千代日記」をピックアップする。
本作はテレビドラマとして高視聴率を上げた「夢千代日記」」シリーズの完結篇として原作者の早坂暁氏の要望で映画化され浦山桐郎監督の遺作(1985年10月死去、享年55歳)である。浦山桐郎監督と吉永小百合さんの「キューポラのある街」から23年後の作品で、日本を代表する女優の変わらぬ美貌とスピリチュアルな透明感が映し出されて感慨深い。


田中好子                                            左時枝、名取裕子

【ストリー】
山陰の雪深い温泉町、湯村。“はる家”の夢千代こと永井左千子(吉永小百合)は広島で被爆していた。“はる家”は夢千代が母から受け継いだ芸者の置家で、夢千代の面倒を子供の頃から見てくれている渡辺タマエ(風見章子)、気のいい菊奴(樹木希林)、スキー指導員・名村(渡辺裕之)に恋し自殺未遂を起こす紅(田中好子)、好きな木浦(前田吟)のため、彼の妻の替わりに子を宿す兎(名取裕子)、癌で三ヵ月の命だという老画伯・東窓(浜村純)に、束の間の命の灯をともす小夢(斉藤絵里)たちがいる。神戸の大学病院で「あと半年の命」と知らされた夢千代は、帰りの汽車の窓から祈るように両手を合わせて谷底へ落ちて行く女性を見た。同乗していた女剣劇の旅役者の一人、宗方勝(北大路欣也)もそれを見ていたが、彼の姿は消えてしまう。捜査の結果、その女性の駆け落ちの相手、石田が逮捕された。彼の子を身篭った女が邪魔になったのだろうという事だったが、夢千代には自殺としか思えなかった。翌日、旅芝居好きの菊奴の案内で春川一座を尋ねた夢千代は、宗方に本当のことを教えてほしいと嘆願するが、宗方は「見ていません」と冷く答えるのだった。夢千代はタマエから、死んで行くしかない特攻隊員との愛のかたみに母が女手一つで自分を産み落としたことを聞かされ、一度だけ出来た子供を堕したことを悔いた。ある夜、夢千代は春川一座へ出かけ、熱を出して倒れてしまう。そして、宗方に背おわれて“はる家”に戻ってきた。春川一座のチビ玉三郎(白龍光洋)は、母である座長や菊奴の前で宗方の夢千代に対する気持を言いあてる。その時、宗方は菊奴から夢千代の命が長くないことを知らされた。証人として宗方の身元を調べていた藤森刑事(加藤武)は、彼の名がでたらめであることを知る。さらに、15年前、父親を殺して指名手配中であることをつきとめ、夢千代に警告するのだった。宗方は一座から姿を消した。彼を隠岐行のフェリーで見かけたという紅の言葉を頼りに、夢千代は隠岐島へ向った。そして、宗方に愛を告白し、二人は結ばれた。宗方は衰弱した夢千代を“はる家”へ連れ帰る。皆の見守るなか、夢千代は息を引きとり、宗方は藤森によって逮捕されたのだった。


浜村純                                       斉藤絵里

題名:夢千代日記
監督:浦山桐郎
企画:早坂暁
製作:岡田裕介、佐藤雅夫、坂上順、斎藤一重
脚本:早坂暁
撮影:安藤庄平
照明:渡辺喜和
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道、佐野義和
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
振付:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:玉木濬夫
音楽:松村禎三 和楽:浪花三之介
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:鈴木秀雄
スチール:中山健司
出演:吉永小百合、名取裕子、田中好子、樹木希林、北大路欣也、風見章子、小川真由美、河原崎長一郎、斉藤絵里、渡辺裕之、三條美紀、小田かおる、左時枝、横内正、加藤武、前田吟、岸部一徳、白龍光洋
1985年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー128分35mmフィルム
夢千代日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


夢千代日記                                                            吉永小百合

映画「櫂」


緒形拳                        十朱幸代

今回は五社英雄監督1985年製作「櫂」をピックアップする。
鬼龍院花子の生涯」「陽暉楼」に続き「高知三部作」の完結編である本作は、原作の宮尾登美子氏、脚色の高田宏治氏と五社英雄監督が組んだ文芸巨編で、大正初期から昭和10年代までの高知を舞台に、女衒の一家とそれに関わる様々な人間の波瀾にとんだ事件の数々を描いたものだ。

※女衒(ぜげん)は主に若い女性を買い付け、遊郭などで性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買の仲介業であり、人買の一種である。


名取裕子                     真行寺君枝

緒形拳、十朱幸代                 真行寺君枝

名取裕子                     真行寺君枝

【ストリー】
大正3年、初夏の高知。縁町界隈で芸妓・娼妓紹介業を商う富田岩伍(緒形拳)は商用で大阪・神戸をまわって、旅の途中で拾った少女・菊(石原真理子)を連れて帰ってきた。富田の家には岩伍と喜和(十朱幸代)の間に病弱な長男・竜太郎(井上純一)、きかん坊の次男・健太郎(田中隆三)の息子があり、それに番頭格の庄(左とん平)、女中の鶴、若い衆の米と亀がいる。金使いの荒い岩伍のせいで、人知れず貧乏所帯をきりまわす喜和に、またひとつ菊の養育という苦労が重なった。ある日、喜和は岩伍に命じられるまま、赤貧にあえぐ裏長屋の巻に米を届けた。折悪しくそこは赤痢騒ぎ、しかも巻の無残な死骸を見た喜和は不覚にも気を失って倒れた。死んだ巻の娘・豊美を芸事修業のため、岩伍が大貞楼にあずけたのは、それから間もなくのことだった。そして大正15年5月。菊は19歳の美しい娘に成長していた。大貞楼にあずけられた豊美は名も染勇と改め、高知一の芸者になっていた。健太郎、竜太郎も19歳、17歳とそれぞれ成長していたが、喜和の心痛は竜太郎の病弱、健太郎の放蕩だった。この頃、岩伍は40歳中ばの男ざかり、豊栄座に招いた娘義太夫の巴吉と肉体関係をもっていた。かねてより女衒という恥かき稼業を嫌っていた喜和はそのことが原因で実家である小笠原家に戻っていたがそこに大貞楼の女将、大貞が訪れ、とりなしを計った。巴吉と岩伍は別れさせるが二人の間にできた子供は喜和が育てるべきだ、と。喜和はあまりの理不尽さに身体がふるえた。喜和が緑町の家に帰ってから間もなく、岩伍と対立する谷川一家の賭場で刃傷沙汰を起こし、弟をかばった竜太郎が多量の血を吐いて息を引き取った。そして一方、岩伍の子を産み落とした巴吉は高知を去り、綾子と名付けられた赤ん坊の育事は喜和の仕事となった。昭和11年5月。綾子は11歳の愛くるしい少女に成長したが、喜和は病いに倒れた。手術の末、奇跡的に命はとりとめたものの、髪を次第に失っていく悲運に見まわれた。岩伍は今では大成し、朝倉町に移っていたがそこに照という女を住まわせていた。ある日、今は父親の仕事を手伝っている健太郎は岩伍の意向で喜和に隠居を命じた。喜和は綾子を連れて実家に身を寄せたが、追い打つように岩伍からの離縁話、そして綾子を返せという達し。今では綾子だけが生きがいとなっている喜和はこれを拒否、岩伍の殴打が容赦なく飛ぶ。そのとき綾子が出刃包丁で岩伍に斬りかかった。こんな骨肉の争いがあって間もなく、喜和は大貞の意見を入れ、身を切られるような気持ちで綾子を岩伍のもとに返す決心をした。別れの日、橋のたもとで喜和は綾子が岩伍の家に入るまで見送った。喜和はひとり、岩伍の家に背を向けた。


石原真理子、井上純一             左とん平、成田三樹夫

題名:櫂
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:荒川輝彦
美術:西岡善信
装置:野尻裕
装飾:西田忠男
背景:西村三郎
衣裳:森護
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:土井淳之祐
刺青:毛利清二
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:佐藤勝 主題歌:小椋佳
現像:東映化学
進行主任:山本吉應
監督補佐:清水彰
助監督:長岡鉦司
スチール:渋谷典子
出演:緒形拳、十朱幸代、名取裕子、石原真理子、井上純一、真行寺君枝、白都真理、草笛光子、藤山直美、島田紳助、高橋かおり、島田正吾、成田三樹夫、左とん平、ハナ肇、園佳也子、片桐竜次、田中隆三
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー134分35mmフィルム
櫂 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


十朱幸代、ハナ肇、、園佳也子

映画「異人たちとの夏」


風間杜夫                       名取裕子

今回は大林宣彦監督1988年製作「異人たちとの夏」をピックアップする。
内容は、或るシナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描いたファンタジードラマだ。HD合成に500万円を掛けたと言うホラーシーンが無駄な気がした。当時は未だHD合成したものをキネコしてからフィルムに戻していた為、画質が悪かった。フィルムレコーダーや映画用スキャナーが出現する前だったのだ。

【追記・訃報】
“尾道三部作”と称される「転校生(1982年)」、「時をかける少女(1983年)」、「さびしんぼう(1985年)」などで知られる映画作家・大林宣彦さんが、2020年4月10日午後7時23分、肺がんのため東京都世田谷区の自宅で亡くなった。82歳。葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定している。喪主は、妻で映画プロデューサーの、大林恭子氏が務める。
1938年広島県尾道市生まれの大林監督は、3歳の時に自宅の納戸で見つけた活動写真機と戯れるうちに映画を作り始めた。テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、3000本を超えるCMを制作。1977年に「HOUSE/ハウス」で商業映画に進出。自身のふるさと・尾道を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の3作品は、世代を超えて親しまれ、今も新世代のクリエイターへ大きな影響を与え続けている。
近年には“大林的戦争三部作”となる「この空の花-長岡花火物語(2011年)」、「野のなななのか(2014年)」、「花筐/HANAGATAMI(2017年)」を発表。「花筐/HANAGATAMI」は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞などさまざまな賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞した。
大林監督個人では、2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、令和初の文化功労者に選ばれた。
大林監督は、2016年8月に肺がんと診断され、余命の宣告を受けるも、転移を繰り返すがんと闘いながら、みずからの命を削って、平和をたぐり寄せる映画を作り続けた。監督が旅立たれた4月10日は、最新作「海辺の映画館-キネマの玉手箱」の公開予定日だったが、新型コロナウィルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていた。なお、遺作となる同映画は、近日公開を予定している。
4/11(土) 1:29配信 ORICON NEWS


永島敏行                    秋吉久美子、片岡鶴太郎

【ストリー】
原田英雄(風間杜夫)は40歳のシナリオ・ライター。妻子と別れ、今はマンションに一人暮らしをしていた。ある日、原田は幼い頃に住んでいた浅草に出かけ、偶然、死んだはずの両親に会ってしまう。二人は原田が12歳の時に交通事故で死亡したが、なぜかその時の年齢のまま、浅草に住んでいた。原田は懐かしさのあまり、浅草の両親の家へたびたび通うようになる。一方で、原田は同じマンションに住む桂(名取裕子)という女性と、愛し合うようになっていた。彼女は、もう両親には会うなという。異人(幽霊)と近づくと、それだけ自分の体は衰弱し、死に近づくのだ。原田はようやく両親と別れる決心をし、浅草にあるすき焼き屋で親子水いらず別れの宴を開いた。暖かい両親の愛情に接し、原田が涙ながらに別れを告げると、二人の姿は消えていった。しかし、原田の衰弱は止まらない。
実は、桂も異人だったのだ。男にふられ原田にもすげなくされた桂は、ずっと以前に自殺していたのだった。愛と憎しみに狂った異人は原田に迫ったが、友人・間宮の機転で原田は助けられた。その後、体調の回復した原田は両親のもとに花と線香を手向け、静かな夏の日の不思議な体験を回想するのだった。

題名:異人たちとの夏
監督:大林宣彦
製作総指揮:杉崎重美
製作:樋口清
原作:山田太一
脚本:市川森一
撮影:阪本善尚
照明:佐久間丈彦
録音:島田満
美術:薩谷和夫
特殊メイク:原口智生
HD技術:NHKエンタープライズ、NHKテクニカルサービス
編集:太田和夫
音楽:篠崎正嗣
現像:イマジカ
助監督:松原信吾
スチール:赤井博且
出演:風間杜夫、秋吉久美子、片岡鶴太郎、名取裕子、永島敏行、笹野高史、ベンガル、川田あつ子、桂米丸、柳家さん吉
1988年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー108分35mmフィルム
異人たちとの夏 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


異人たちとの夏

1 2