映画「温泉みみず芸者」


池玲子                             杉本美樹

今回は鈴木則文監督1971年製作「温泉みみず芸者」をピックアップする。
本作は”温泉芸者シリーズ”全7作の4作目で池玲子さんと杉本美樹さんのデビュー作であり、初めて”東映ポルノ映画”としてフィチャーされた映画である。

1971年は、撮影所システムと言われる日本映画制作各社の旧来の制作システムが急激に衰退を迎えていた時期であり、各社一本立て興行に移行、1953年から続いた五社協定が崩壊し、12月には大映が倒産した。日活では”ロマンポルノ”を11月からスタートさせ、1988年まで制作し続けた。
この”ポルノ”というフレーズは、本作で生まれた造語をパクったものであり、プロデューサーの天尾完次氏が、海外の雑誌のグラビアから”ポルノグラフィ”という言葉を見つけて、”ポルノ”という言葉を日本で初めて使い定着させた。

本作は、日活のロマンポルノ第一作「団地妻 昼下りの情事(主演:白川和子)」の11月公開より早く7月に劇場公開されている。

【東映温泉芸者シリーズ】
1968年「温泉あんま芸者」監督:石井輝男 出演:橘ますみ、三原葉子
1969年「温泉ポン引女中」監督:荒井美三雄 出演:橘ますみ、葵三津子
1970年「温泉こんにゃく芸者」監督:中島貞夫 出演:女屋実和子、松井康子
1971年「温泉みみず芸者 」監督:鈴木則文 出演:池玲子、松井康子、杉本美樹
1972年「温泉スッポン芸者」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、城恵美、女屋実和子
1973年「温泉おさな芸者」監督:鷹森立一 出演:田辺節子、沢リミ子、深田ミミ
1975年「東京ふんどし芸者」監督:野田幸男  出演:堀めぐみ、茜ゆう子、三井マリア
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


松井康子、山城新伍                      池玲子、小池朝雄

【ストリー】
伊勢志摩の港町で一杯飲み屋を営む多湖初栄(松井康子)と二人の娘、圭子(池玲子)、幸子(杉本美樹)の母娘は美人として評判がよかった。ところが初栄は生来の淫乱性。抵当に入っている先祖の墓を買い戻すために、100万円を目標に貯めている金まで若いつばめに持ち逃げされる始末。そこで、圭子は仕方なしに、東京のソープランドに働きに出るが、偶然、社長久兵エ(芦屋雁之助)と知り合い50万円もらう。数日後、初栄が伊豆の土肥温泉から“すぐこい”と打電してくる。駈けつけた圭子に、初栄は借金を肩代りしてくれと泣きつく。初栄は、圭子が送った50万円を手にすると性凝りもなく若い男を作り、士肥温泉に遊びにきたが、その金を持ち逃げされてしまったのだ。窮した圭子は、借金返済のために温泉芸者として働くことになり、初栄も女中に雇われることになった。ようやくここでの生活になれた頃、この静かな温泉町の静寂を破って、時ならぬ混乱がまき起こった。無限精流の性豪を名乗る竿師段平(名和宏)、師範代黒竿の段吉(岡部正純)、門弟健(大下哲夫)が、芸者の引き抜きにやってきたのだった。彼らはベットを共にした芸者を意のままに、他の土地に鞍変えさせてしまう温泉場荒しである。政界筋をバックに持つ彼らを追い出す訳にもいかず、町の役人衆も頭を痛めていたが、結局、初栄と圭子、妹の幸子の母娘が、彼らの相手をし、倒さなければならなくなる。勝てば300万円の褒賞金がもらえるとあって、初栄のいきり様は大変なもの。海岸大明神の夜祭りに湧き立つ浜辺の邸宅で、そのセックス試合は開始された。


小池朝雄、池玲子、殿山泰司              女屋実和子

題名:温泉みみず芸者
監督:鈴木則文
企画:岡田茂。天尾完次
原案:久保田正
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:金子凱美
録音:堀場一朗
美術:雨森義允
装置:柴田澄臣
美粧。結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
振付:藤間勘眞次
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学 (ノンクレジット)
進行主任:伊藤彰将
助監督:皆川隆之
スチール:中山健司
出演:池玲子、杉本美樹、女屋実和子、松井康子、葵三津子、小池朝雄、山城新伍、由利徹、名和宏、沢淑子、岡八郎、殿山泰司、川谷拓三、芦屋雁之助、芦屋小雁、岡部正純、大泉滉、団鬼六、田中小実昌、佐藤重臣、小松方正(ナレーション)
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー85分35mmフィルム
温泉みみず芸者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「温泉みみず芸者」池玲子

杉本美樹、池玲子                        温泉みみず芸者

映画「渡世人列伝」


鶴田浩二                        高倉健

今回は小沢茂弘監督1969年製作「渡世人列伝」をピックアップする。
プログラムピクチャーの一作である本作は、東映任侠映画の飽和状態を打破する様な豪華配役と一捻りあるストリーに製作姿勢と当時の熱気を感じる作品である。


藤純子                                   池部良

若山富三郎                              水野久美

【ストリー】
大正末期。浅草三社一家の三田政之助(内田朝雄)は、何者かに闇討ちされた。犯人は、背中に大蛇の刺青を彫った渡世人だという。三田の兄弟分、十勝重蔵(遠藤辰雄)の後押しで、若者頭の菊野仙三(大木実)が二代目を継いだ。そんな折、出所した三社一家の代貸稲垣長吉(鶴田浩二)は跡目を辞退する仙三を説き伏せ犯人を探しに旅に出た。長吉に心を寄せる芸者清香(藤純子)も、長吉の決意を知って悲しい運命に泣いた。清香から、料亭の女中芳江(水野久美)が、大蛇の刺青を彫った渡世人の亭主に身請けされ、郡山に行ったと聞いた長吉は、二人の後を追った。郡山の甲田一家に草鞋を脱いだ長吉は、大蛇の刺青の佃銀次郎(高倉健)に出会い、決闘を挑んだが、人違いだった。長吉は銀次郎から、5年前に別れた大蛇丸と異名をとる兄弟分・丸岡勇次(池部良)が同じ刺青をしている事を聞き、彼に詫びると再び旅に出た。そして、大蛇丸らしい男が女づれで硫黄鉱山に向ったと聞き、道中知合った飛っちょの三次(小池朝雄)と共に鉱山に潜り込んだ。大蛇丸夫妻は、鉱山を仕切る豪楽寺竜吉(天津敏)にかくまわれていた。病のため痩せ衰えた勇次は、自ら長吉に討たれようとしたが、命乞いする芳江に長吉の決意も鈍った。やがて、勇次が豪楽寺の子分を斬り、芳江と脱出した。長吉も、二人を助け、一緒に甲田一家にかくまわれた。豪楽寺一家の追求は厳しく、危いところを鉄次郎に救われた。勇次は長吉らにみとられて息を引き取った。勇次は、一宿一飯の義理から重蔵に命じられて政之助を斬った事が判明。重蔵は浅草のシマを掌中に収めようと政之助殺しを企んだのだった。長吉と銀次郎は東京に戻り、豪楽寺の知らせで待ち受ける十勝一家に乗り込んだ。怒り狂う二人は、子分たちをけ散らし、重蔵、豪楽寺を血祭りに上げた。


小池朝雄、鶴田浩二

題名:渡世人列伝
監督:小沢茂弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原案:斯波道男
脚本:志村正浩、鳥居元宏
撮影:吉田貞次
照明:増田悦章
録音:荒川輝彦
美術:鈴木孝俊
装置:吉岡茂一
装飾:宮川俊夫
美粧:佐藤宇之助
結髪:白鳥里子
衣装:岩逧保
技斗:谷明憲
記録:塚越恵江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章 主題歌:鶴田浩二「無情のブルース」
製作主任:西村哲勇
助監督:清水彰
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
スチール:杉本昭三
出演:鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、藤純子(富司純子)、池部良、水野久美、木暮実千代、大木実、遠藤辰雄、名和宏、小池朝雄、天津敏、川谷拓三、志賀勝
1969年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
渡世人列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡世人列伝

渡世人列伝                                                         遠藤辰雄

映画「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」


池玲子                          叶優子 

今回は志村正浩監督1973年製作「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」をピックアップする。
本作は”恐怖女子高校 シリーズ”第3作であり、”ずべ公番長シリーズ“や”女番長シリーズ“とは違って”学園”という閉鎖空間で展開されるので、常に陰惨で閉鎖的な雰囲気が漂っている。ラストのセーラー服姿で敵を機関銃で一掃する池令子さんのビジュアルは、相米慎二監督1981年製作の角川映画「セーラー服と機関銃」のオリジナルイメージに他ならない。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。

【女番長シリーズ】
1971年「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」監督:鈴木則文 出演:池玲子、杉本美樹
1972年「女番長ゲリラ」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1972年「女番長(スケバン)」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「女番長 感化院脱走」監督:中島貞夫 出演:杉本美樹
1973年「女番長 タイマン勝負」監督:関本郁夫 出演:池玲子
1974年「女番長 玉突き遊び」監督:関本郁夫 出演:叶優子
※予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


衣麻遼子                        太田美鈴

【ストリー】
米軍基地のある町、ここに私立女子高校・聖愛学園がある。その良家の女の子だけを集めている三年A組には“紅ばら会”なるグループがあり、番長の西園寺美也が北海道に転校するので、選挙により、副番の野中鷹子が跡目をついだ。だがその頃、鷹子の父で市会議員の総太郎が、妊娠した尾形雪子という女性を同乗させて自動車事故で死んでしまう、という事件を起こした。そこで、鷹子と同じ副番で、PTA会長の速水勇作を父にもつ絹枝は、鷹子をハーフや貧乏人ばかりのD組に強制的に組を代えさせて、自分は“紅ばら会”の番長となった。D組には、リンダ、テレサ、吹子らで組織された“恐竜会”なるグループがある。鷹子はリーダーのリンダと対決して番長の座を奪った。ある日、鷹子は、絹枝たちに襲われるが、尾形二郎と名乗るダンプの運転手に救われた。二郎は雪子の弟で、雪子は、ある重大な秘密を知ったので殺されたのだ、と告げて去った。一方、絹枝は、勇策と取り引きのある商事会社の社長・シェパードの配下を使って“恐竜会”のエミリーを強姦させ、反抗したエミリーは射殺されてしまった。鷹子たちは、学校側に抗議をするが、この事件は勇策とシェパードに闇から闇へと葬られ、逆に“恐竜会”のメンバーは全員退学させられてしまった。そんな時、鷹子は、再会した二郎から、雪子は勇策の秘書で、妊娠の相手は勇策であること、勇策と米兵の間で行っていた密輸を雪子と総太郎が知ったことから殺されたことを知らされた。そして、その二郎も奴らに殺されてしまった。ある日、今は新人歌手として戻って来た美也の立あいのもとに“恐竜会”は“紅ばら会”と決闘して叩きのめしてしまう。やがて鷹子らは勇策と絹枝父娘を、仕組んだ情事で失脚させ、二郎の持っていたマシンガンで、シェパード一味を撃ちまくった……。


三原葉子                       白石襄、池玲子

題名:恐怖女子高校 不良悶絶グループ
監督:志村正浩
企画:天尾完次
脚本:関本郁夫、志村正浩、鈴木則文
撮影:赤塚滋
照明:若木得二
録音:堀場一朗
美術:吉村晟
装置:近藤幸一
装飾:松原邦四郎
美粧・結髪:東和美粧
衣装:岩逧保
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:堀池幸三
音楽:荒木一郎 挿入歌:愛川まこと「私が今愛し始めた女は」 太田美鈴「好きではじめた女じゃないが」」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:真沢洋士
演技事務:伊駒実麿
助監督:俵坂昭康
スチール:諸角義雄
出演:池玲子、叶優子、衣麻遼子、白石襄、三原葉子、太田美鈴、ベラ・シーム、早乙女りえ、一の瀬レナ、鈴木サチ、愛田純、碧川ジュン、城恵美、芹明香、遠藤辰雄、大泉滉、松村康世、名和宏、中村錦司、松井康子、星美智子、畠山麦
1973年日本・東映/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
恐怖女子高校 不良悶絶グループ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。




恐怖女子高校 不良悶絶グループ             池玲子

1 2 3 4 5 6 9