映画「人生劇場 飛車角と吉良常」


鶴田浩二                         藤純子

今回は内田吐夢監督1968年製作「人生劇場 飛車角と吉良常」をピックアップする。
尾崎士郎氏の自伝小説「人生劇場」は尾崎本人をモデルにした青成瓢吉を主人公とした長編小説だが、長編の各所を活かし、この作品以前に7作、現在までに14作、映画会社や監督を変えて制作され続けている。本作は、内田吐夢監督が永年の念願であった「人生劇場・残侠篇」の任侠道の美しさを、東映オールスターを配してダイナミックに謳いあげた超大作任侠映画の傑作である。


松方弘樹                      藤純子、高倉健

【ストリー】
大正14年。8年ぶりに上海から故郷に戻った吉良常(辰巳柳太郎)は、亡き主人青成瓢太郎の子瓢吉(松方弘樹)を尋ね、東京に出た。瓢吉は文士になるため勉強していたが、中学時代の恩師黒馬(信欣三)と同居していた。吉良常も瓢吉の家に腰をおろすことになった。その頃、砂村の小金一家と貸元大横田の間にひと悶着が起った。飛車角が大横田(遠藤辰雄)がやっているチャブ女おとよ(富司純子)を足抜きさせ、小金一家に匿ったからである。飛車角は宮川(高倉健)や小金(若山富三郎)らと殴り込みに加わり、大横田の身内丈徳(天津敏)を斬って勝利を収めた。しかし、飛車角は兄弟分の奈良平が裏切っておとよを連れ出したことから、奈良平(名和宏)を斬った。そのため飛車角は巡査に追われ、瓢吉の家に逃げ込んだのだった。吉良常はすぐさま何が起ったかを悟り、静かに飛車角に自首を勧めた。自首する直前、飛車角はおとよに会い、小金と大横田が手打ちになったのを知った。しかし、おとよはそのまま行方をくらましたのである。4年の歳月が流れた。宮川は玉ノ井の女に惚れ、毎日通っていた。宮川の知らないことだったが、それはおとよだった。仲間はそれと知って忠告した。小金一家にとって飛車角は大恩人なのだ。しかし、おとよに惚れ込んだ宮川は二人で逃げようとしていた。一方、吉良常はおとよに、飛車角に面会に行くよう勧めた。だが、おとよの心はもう飛車角にはなかったのだ。苦悩するおとよは、瓢吉の青春の想い出となったお袖(左幸子)と共に姿をくらました。やがて飛車角が特赦で出所した。すでに小金は病気で世を去り、丈徳の跡目を継いだデカ虎に寺兼(大木実)も殺されていた。そのころ瓢吉は懸賞小説に当選し、大陸に渡ることになった。吉良常は、瓢吉が男として名を上げるまで墓は建てるな、と遺言して自殺した瓢太郎のために、今こそ墓を建てる時だと思って飛車角と共に吉良港に発った。飛車角はそこで、おとよと再会、ともに昔を偲んだのだが、時の流れに離ればなれになったお互いの気持ちを、どうすることも出来なかった。故郷に戻った吉良常は長年の疲れで病床に伏し、やがて瓢太郎かたみのピストルを銀杏の梢に向けて撃ちつづけながら、その生涯を閉じたのだった。その折り、飛車角を丈徳の仇を狙うデカ虎(山本麟一)、そのデカ虎を狙う宮川も吉良港にやってきた。宮川は単身、デカ虎が草鞋を脱いだ杉源一家に殴り込みをかけ、全身を斬りきざまれながら果てた。そのことを知った飛車角は杉源一家とデカ虎と渡りあい宮川の仇を討ったのだった。飛車角は宮川の死体をおとよに託すとただ一人、吉良港を去って行った。


左幸子、山城新伍                 藤純子、鶴田浩二

題名:人生劇 飛車角と吉良常
監督:内田吐夢
企画:俊藤浩滋、大久保忠幸、吉田達
製作:大川博
原作:尾崎士郎
脚本:棚田吾郎
撮影:仲沢半次郎
照明:梅谷茂
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:松野大三郎
装飾:上原光雄
殺陣:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:白浜帆城
助監督:三堀篤
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子、中村竹弥、大木実、松方弘樹、左幸子、辰巳柳太郎、高倉健、島田正吾、山城新伍、八名信夫、信欣三、遠藤辰雄、天津敏、名和宏
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー109分35mmフィルム
人生劇 飛車角と吉良常 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇 飛車角と吉良常

映画「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」


「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」杉本美樹

杉本美樹                      杉本美樹、渡瀬恒彦

今回は鈴木則文監督1973年製作「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」をピックアップする。
本作は、私が気に入っている”恐怖女子高校シリーズ”の第2作で、内容は関西の女子学園を舞台に、腐りきった学校制度に挑戦する転校生グループと、学園で権力を握る非行グループとの凄まじい抗争を描いたものだが、コンプライアンスなどは糞喰らえであるという内容だ。ラストの機動隊対女子高生達の抗争は、壮快なビジュアルだった。
数年前にアイドルグループがスケバンを演じる「マジすか学園」というテレビドラマが話題を呼んだが、本シリーズがルーツであり、その破壊力は比べものにならないほど凄い。

【恐怖女子高校シリーズ】
1972年「恐怖女子高校 女暴力教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」監督:鈴木則文 出演:杉本美樹、池玲子
1973年「恐怖女子高校 不良悶絶グループ」監督:志村正浩 出演:池玲子、叶優子
1973年「恐怖女子高校 アニマル同級生」監督:志村正浩 出演:池玲子、一の瀕レナ
予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」池玲子

太田美鈴                          叶優子

今井健二                         三原葉子

金子信雄                          衣麻遼子

【ストリー】
世間からは恐怖の女学校と呼ばれている希望学園には全国の女番長が一同に集められていた。なかでも風紀委員長・野坂洋子(衣麻遼子)をリーダーとする、敏江(叶優子)、由美(一の瀬レナ)、弘子(須藤リカ)らのグループは校内の権力を一手に握っていた。また、学園の実質的な実権を握っている教頭の石原(今井健二)は、洋子たちとグルになって、横暴の限りをつくしていた。秋山道代(城恵美)が洋子に逆らって私刑を受け、殺されても、石原は事故死として処理するのだった。ある日、三人の転校生が入学してきた。北野レミ(太田美鈴)、久保京子(佐分利聖子)、そして、十字架典子こと風間典子(杉本美樹)である。ただ典子がこの学園にやって来た目的は、自分の片腕でもあった道代の仇を討つことであった。日が経つにつれ両者の対立はエスカレートしていった。その頃、裏街道を歩くトップ屋の若林(渡瀬恒彦)は希望学園の情報を集めるために石原の二号で、バーを経営している孝子(三原葉子)に近ずき、情報を集めていた。そんな最中、典子の宿命のライバルである、関東女番長同盟の総番長・多岐川真紀(池玲子)が典子を追ってこの地へやって来た。真紀は、早速希望学園へ乗り込むが、典子の事情を察して、勝負を一時預けるのだった。若林と典子は、石原とグルになっている市長、警察署長たちの乱交パーティをカメラに撮ることに成功した。この事件が、代議士で学園の理事長・佐藤(金子信雄)の耳に入った。激怒した佐藤は、暴力団の手を借り、典子たちを監禁するが、真紀の出現で失敗してしまう。そして、この日開かれた希望学園の記念行事の席で典子たちは、これまでの学校側の黒い問題の全貌を、明らかにするとともに、佐藤の政治生命を絶ち切るのだった。


「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」杉本美樹

佐分利聖子                      碧川ジュン 

「恐怖女子高校 暴行リンチ教室」金子信雄、碧川ジュン

題名:恐怖女子高校 暴行リンチ教室
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
脚本:鴨井達比古
撮影:鈴木重平
照明:若木得二
録音:荒川輝彦
美術:雨森義允
装置:吉岡茂一
装飾:渡辺源三
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:三好郁夫
記録:梅津泰子
編集:堀池幸三
音楽:八木正生 主題歌:須藤リカ「冷えた世代」
進行主任:伊藤彰将
演技事務:森村英次
助監督:志村正浩
スチール:諸角義雄
出演:杉本美樹、叶優子、太田美鈴、須藤リカ、渡瀬恒彦、碧川ジュン、池玲子、三原葉子、衣麻遼子、佐分利聖子、一の瀬レナ、城恵美、早乙女りえ、須藤リカ、名和宏、金子信雄、今井健二、田中小実昌、北村英三
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
恐怖女子高校 暴行リンチ教室 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


恐怖女子高校 暴行リンチ教室

映画「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」

「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」池玲子

池玲子                    クリスチナ・リンドバーグ

今回は鈴木則文監督1973年製作「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」をピックアップする。
本作は、伝説の”全裸殺陣”を池玲子さんが演じているが、ドキドキするどころか彼女の役者魂に圧倒された。
全身全霊とはこの事だ。
今時の「脱ぐ脱がない」で騒いでいる女優さん達よ!
見よ!彼女の根性こそが、本物の全身女優なのだ。
あなた方にはその根性を持ち合わせてない様だ。

本作は、任侠映画で名を馳せた東映の底力を背景に、池玲子さんの魅力が炸裂する作品である。
またスウェーデン人女優クリスチナ・リンドバーグさんの日本進出第一作目でもある。


「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」池玲子

成瀬正孝                        河津清三郎

【ストリー】
葛西杏子は3歳の時、警視庁刑事の父(殿山泰司)を目の前で殺された。犯人の記憶は全くないが父の手に残された猪・鹿・蝶の三枚の花札がその手掛りだった。そして20年後、明治38年。金沢で政界の黒幕民政会の黒川(河津清三郎)の襲撃に失敗して逃走中の柊修之肋(成瀬正孝)という男を、通りすがりの女博徒・猪の鹿お蝶(池玲子)が助けた。そのお蝶こそ、葛西杏子が成人して華麗に変身した姿だった。彼女は仕立屋お銀(根岸明美)というスリの女親分の養女として育てられたのである。お蝶は、おゆき(早乙女りえ)という女郎屋に売られた少女を捜して東京・浅草に来た。おゆきは、加納組々長キズ源(内田勝正)の手配によって、黒川を後楯としている岩倉土建の社長岩倉直蔵(名和宏)に抱かされようとしていた。お蝶は博奕で、おゆきの身柄を賭けようと岩倉に申し出た。岩倉はクリスチーナ(クリスチナ・リンドバーグ)という外国人の女を代人に立て、勝負は英国貿易商ギネス邸で争われた。勝負の最中、同邸に居合せた黒川を求めて壮士たちが乱入して来た。あざやかなクリスチーナのピストルさばぎで壮士たちを追い払ったが、その中に柊の姿を見つけたクリスチーナは動揺した。二人は柊が医学生として英国留学中に知り合い、愛し合った仲だったのである。そしてクリスチーナが諜報部員として日本に来た本当の理由だったのである。やがて、動揺したクリスチーナはお蝶との勝負に負けた。おゆきを助け出したお蝶は、おゆきから岩倉が鹿の刺青をしていることを聞いた。父の仇の一人が岩倉だったのである。数日後、お蝶は再び警官に追われている柊を、かくまった。そして、二人はいつしか互いに求め合うままに抱きあっていた。一方、お蝶が柊をかくまったことを知ったキズ源は、お蝶のスリ仲間を拉致し拷問にかける。それを知ったお蝶は岩倉に身を委ねた。美しいお蝶の肉体に狂喜した岩倉だが、すぐに悶絶してしまった。彼女の体に毒が塗ってあったのだ……。柊の話から、黒川の背に猪の刺青があるのを知ったお蝶は黒川を襲うが、逆に捕われてしまった。しかし、そっと彼女を逃そうとした女がいた。黒川の妻八重路(三原葉子)で、彼女こそお蝶の生みの母で、かつて黒川と結托して葛西を殺し、出奔したのだった。猪、鹿、蝶とは黒川、岩倉、そして八重路のことだった。しかし、お蝶は脱走できず、八重路は黒川の手に掛って殺された。一方、スパイの任務を終えたクリスチーナは、ギネスの罠にはまり、柊ともども殺されてしまった。やがて、お蝶は独力で縄抜けして、父の仇、黒川を襲い、恨みをはらすのだった。


「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」池玲子

三原葉子、池玲子                 名和宏、早乙女りえ

碧川ジュン                    クリスチナ・リンドバーグ

名和宏、池玲子              クリスチナ・リンドバーグ、碧川ジュン

「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」池玲子

題名:不良姐御伝 猪の鹿お蝶
監督:鈴木則文
企画:天尾完次
原作:凡天太郎
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
撮影:わし尾元也
照明:北口光三郎
録音:堀場一朗
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:牧野叔子
編集:市田勇
音楽:荒木一郎
製作主任:俵坂孝宏
助監督:志村正浩
演技事務:上田義一
スチール:藤本武
出演:池玲子、クリスチナ・リンドバーグ、成瀬正孝、衣麻遼子、碧川ジュン、早乙女りえ、一の瀬レナ、河津清三郎、名和宏、三原葉子、丘ナオミ、根岸明美、岡八郎、林真一郎、殿山泰司、大泉滉
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良姐御伝 猪の鹿お蝶 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


名和宏、池玲子                  不良姐御伝 猪の鹿お蝶

「不良姐御伝 猪の鹿お蝶」池玲子

1 3 4 5 6 7 9