映画「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」



藤純子

今回は山下耕作監督1969年製作「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」をピックアップする。
緋牡丹のお竜”こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという緋牡丹博徒シリーズの第5作は、四国徳島が舞台になる。本作は、東映任侠映画の頂点に達している作品だと思う。

【ストリー】
明治中頃の四国徳島。緋牡丹のお竜(藤純子)は、子分清吉(高宮敬二)を重病のまま刑務所から出迎えたものの、折からの嵐の中で途方に暮れてしまった。そんなお竜を救ったのは江口(待田京介)、だが清吉は世話になった藍の小作人茂作(中村錦司)の家で他界した。その頃、百姓たちは地主である旦那衆にしいたげられて、小作料争議を起していた。ところが旦那衆は江口を代表とする交渉を拒否、鳴門川一家は旦那衆の命によって悪くどい仕打ちに出た。この鳴門川(天津敏)は四国一帯に勢力を伸ばす観音寺親分(河津清三郎)と手を結び、徳政一家を乗っ取ろうとしていた。そんな折、茂作の息子猪之吉(五十嵐義弘)がイカサマをしたことから、江口が傷つけられ、千吉が殺された。遺体を引取りに来たお竜、鳴門川、それに千吉の親分武井(名和宏)の間に殺気がみなぎった。だが、居合わせた三次(鶴田浩二)の機転で事なきを得、お竜は窮地を救われた。三次から鳴門川の悪事を聞いた武井はお竜と手を結び、観音寺を敵に回した。そんなある日、清吉に怨みを持つ博徒の小城(丹波哲郎)がお竜に迫った。だが、小城はお竜の態度に好意を抱き、勝負をあずけた。お竜が熊虎(若山富三郎)を尋ねて道後へ向った留守に、鳴門川と観音寺は武井を闇討ちし、阿波踊りの当日を迎えた。三次は、武井に対する恩義から大尽賭博の真っ只中に乗り込んだが斬られ、小城の看病のかいなく死んだ。お竜の怒りは爆発し、阿波踊りに興ずる鳴門川を倒した。一方、お竜から事の一部始終を聞いた熊虎も観音寺の前で盃を割ると容赦なく斬り込んだ。


鶴田浩二

題名:緋牡丹博徒 鉄火場列伝
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:岡田邦雄
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
技斗:谷明憲
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:俵阪孝宏、福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、待田京介、若山富三郎、鶴田浩二、丹波哲郎、里見浩太朗、河津清三郎、天津敏、三島ゆり子、名和宏、高宮敬二、中村錦司、五十嵐義弘
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
緋牡丹博徒 鉄火場列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 鉄火場列伝

藤純子

映画「緋牡丹博徒 お命戴きます」


藤純子

今回は加藤泰監督1971年製作「緋牡丹博徒 お命戴きます」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ第7作の本作は、上州周辺を舞台に、不正を働く軍の上層部とヤクザを相手に、緋牡丹お竜の活躍を描いたもので、ラストの藤純子(富司純子)さんの殺陣は見ものだ。


鶴田浩二                                                                              待田京介

【ストリー】
九州熊本の矢野組々長矢野竜子こと緋牡丹お竜(藤純子)は、渡世修業の旅の途中、上州伊香保の久保田組の賭場で、胴をつとめる親分の実弟猪之助のイカサマの一件で危機に直面したが、武州熊谷結城組々長結城菊太郎(鶴田浩二)によって難をまぬがれた。そして、両家の手打ちは、大前田の二代目英次郎(嵐寛寿郎)の仲裁で行われ猪之助は破門された。しばらくして、お竜は父の法要のため、一時九州に帰る事になったが、高崎観音建造の勧進賭博の日までに再び来る事を約して結城(岡本健)と別れた。お竜は、結城に渡世の付き合い以上の想いを寄せ始めていたのだった。その頃、熊谷在に軍部御用の兵器工場ができ、周辺の百姓はその公害のために苦んでいた。結城は、百姓の暴動を未然に防ごうと、工場に交渉して用水堀造成のため保障金を出させようとした。この工場の運搬関係の仕事を仕切っていた富岡組々長(河津清三郎)は、何かと反目する結城を消そうと計った。富岡は、工場長の大村や軍の監督官畑中大尉と結託、工場本社からでていた保障金を着服していたのだった。富岡は、言葉巧みに猪之助をあやつり結城を殺した。百姓に対する圧力は激しさを加え、急を聞いてかけつけたお竜は、陸軍大臣に直訴すべく料亭の席にまで押しかけるのだが、そこで偶然にも熊坂虎吉と同席していた陸軍大臣に現状を直訴した。お竜の働きで悪業の露見を恐れた富岡と畑中は、結城の三代目を襲名した貞次(名和宏)を殺し、罪を彼一人に被せようとした。菊太郎の初七日の日--。寺の本堂一杯の百姓衆に大村(内田朝雄)の横領を吹聴している富岡、畑中へ黒い喪服に仕込み笛を抱いたお竜が乗り込んだ。


嵐寛寿郎                                                                                 若山富三郎

題名:緋牡丹博徒 お命戴きます
監督:加藤泰
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:大和久守正、鈴木則文
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:吉村晟
装置:石田隆幸
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:出演:藤純子(富司純子)、若山富三郎、鶴田浩二、待田京介、嵐寛寿郎、河津清三郎、大木実、名和宏、小松方正、内田朝雄、岡本健、沼田曜一、汐路章、志賀勝
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
緋牡丹博徒 お命戴きます -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 お命戴きます

映画「最も危険な遊戯」

最も危険な遊戯
「最も危険な遊戯」松田優作
最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作

今回は村川透監督1978年製作「最も危険な遊戯」をピックアップする。
松田優作さん主演の遊戯シリーズは、本作の後に「殺人遊戯(1978年)」「処刑遊戯(1979年)」と製作されたがストーリーの繋がりはない。この頃、東映セントラルフィルム制作、松田優作さん主演で「俺達に墓はない(1979年)」「ヨコハマBJブルース(1981年)」と前後して公開された。本作のイカサマ麻雀のシーンで石橋蓮司、内田裕也、柴田恭兵の各氏が出演しているが、よく見ないと分からないトリビアシーンだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
松田優作、田坂圭子                   田坂圭子、荒木一郎

【ストリー】
日本の財界の大物達が相次いで誘拐されるという事件が起こるが、犯人が複数である事以外、手がかりは一切つかめない。東日電気社長の南条信隆(入江正徳)も強引に誘拐された。東日電気会長の小日向(内田朝雄)は鳴海昌平(松田優作)を呼び、誘拐された南条社長の救出を依頼する。南条は小日向の娘婿でもあり、謝礼は五千万円という事だった。小日向の話によれば、南条誘拐は単なる身代金めあての事件ではなく、ある巨大なプロジェクトによる東日グループ壊滅の陰謀であるという。折から、防衛庁の第五次国防計画の最新防空警戒システム導入問題で、東日グループと五洋コンツェルンが激しく競い合い、東日グループに受注を要請する事に決定したため、五洋側は政界の黒幕・足立精四郎(見明凡太郎)を抱き込んで反撃に出た。鳴海は居郷の愛人である杏子(田坂圭子)の居所をつきとめ、彼女を連れ出す。杏子から南条が監禁されている精神病院を聞き出し、完全武装して潜入した鳴海は、凄まじい銃撃戦の末、居郷を射殺し、南条を救出したが、桂木(荒木一郎)という射撃の名手に肩を射たれたうえ、南条を射ち殺された。鳴海は再び、小日向から足立精四郎を射殺するよう要請を受ける。足立追跡を始めた鳴海の前に、警視庁特捜部の桂木が立ちはだかった。鳴海は五洋側の背後に思いもよらぬ巨大な敵のいる事を知る。鳴海は高級クラブのママ・綾乃(市地洋子)から足立の潜む寺に案内され、彼を射殺する。警察に包囲されながらも、逃げ切った鳴海がマンションに戻ると、桂木が杏子を人質にして、車で逃亡する。いつしか杏子を愛し始めていた鳴海は追撃のすえ、桂木に憎しみの銃弾を浴びせ、杏子を無事に救出した。数日後、射殺したはずの足立が生存している事を知った鳴海は、再び足立の命を狙って、行動を開始する。足立は替玉を使っていたのだった。綾乃の行動を不審に思った鳴海は、彼女に銃口をつきつけ、想像を絶する敵の勢力に、狐独な挑戦を試みるのだった。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯
内田朝雄                     松田優作、草野大悟

題名:最も危険な遊戯
監督:村川透
企画:黒澤満、伊地智啓
脚本:永原秀一
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:林鉱一
音効:小島進
美術:小林正義
技斗:十二騎会(高倉英二、松尾悟)
カーアクション:フォーキッカーズS・T(松浦義則、山本由美子)
記録:高橋たつ子
編集:田中修
音楽:大野雄二
現像:東映化学
製作主任:石川好弘
製作補佐:石川好広
助監督:崔洋一
色彩計測:杉村博章
スチール:遠藤努
出演:松田優作、田坂圭子、荒木一郎、内田朝雄、草野大悟、市地洋子、見明凡太朗、名和宏、入江正徳、片桐竜次、苅谷俊介、阿藤快、岡本麗、見明凡太郎、柴田恭平、石橋蓮司、内田裕也
1978年日本・東映セントラル・フィルム+東映芸能ビデオ/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
最も危険な遊戯-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

最も危険な遊戯最も危険な遊戯

1 6 7 8