映画「仁義なき戦い 代理戦争」


菅原文太、成田三樹夫、小林旭、山城新伍

菅原文太                            小林旭

今回は深作欣二監督1973年製作「仁義なき戦い 代理戦争」をピックアップする。
“仁義なき戦い”シリーズ第3作となる本作は、やくざ組織の抗争事件の裏に渦巻く、欲望、背信、復讐の凄惨かつ陰惨な組織の実態を描いたものだ。


梅宮辰夫                     室田日出男、田中邦衛

【ストリー】
昭和35年4月、広島市最大の暴力団村岡組の第一の実力者杉原(鈴木康弘)が、博奕のもつれから九州のやくざに殺された。杉原の兄弟分打本組々長打本(加藤武)はこの時、きっちりと落し前をつけなかったために、村岡組の跡目をめぐって熾烈な抗争が起こることになった。山守(金子信雄)も村岡組の跡目に野心をもつ一人で、広島に顔の利く広能を強引に山守組傘下に復縁させた。一方、打本も、村岡組の幹部江田(山城新伍)と共に広能(菅原文太)と兄弟盃を交わし、更に日本最大の暴力団、神戸の明石組へ広能を介して盃を申し入れた。そして、打本は明石組々長明石辰男(丹波哲郎)の舎弟相原と兄弟盃を交わした。しかし、明石組の勢力をバックに村岡組の跡目を狙う打本の思惑は村岡(名和宏)の気分を害することになり、跡目は山守に譲られた。かくして、山守組は広島最大の組織にのし上った。その頃、山守系の槙原(田中邦衛)の舎弟分浜崎と打本の舎弟分小森が岩国でもめていた。山守は傘下の者を督励して岩国へ兵隊を送った。打本と兄弟分の広能や江田はそれには参加しなかったが、筋目を通すために松永(成田三樹夫)、武田(小林旭)と共に打本に盃を返した。孤立無援になった打本は指を詰め、明石組へと逃れた。明石組は早速、最高幹部の宮地(山本麟一)や相原(遠藤辰雄)を広島に送った。やむなく広能たちは打本に詫びを入れ、浜崎と小森は打本の仲裁で手打ち、という事になった。これは事実上山守組の敗北である。やがて、打本は兼ねての念願が叶って明石辰男から盃を受け、その傘下に加った。結果、明石組は遂に広島にくさびを打ち込んだことになった。山守は対抗上、明石組に対抗できる唯一の暴力団、同じ神戸の神和会と縁組みすることにして、その斡旋を広能に依頼するが、広能は冷たく拒否した。数日後、広能は槙原の若い者に命を狙われた。広能ははっきり山守の存在がこの世界のためにならぬと思い、罠にはめるべく、神和会との渡りをつけた。神和会は山守組と兄弟盃を交わした。これによって広島に於いて二大勢力の対決という事になったが、明石組は広能らに打本との盃を復活するようにと強硬に申し入れてきた。広能は打本との盃を復活した。それを知った神和会は山守の責任を厳しく追求してきた。広能の思惑は見事に当ったが、しかし老獪な山守は、全ての責任を広能におしつけ、破門することで逃れた。明石組は、広能の窮地を救うため、打本に命じて武田、松永らを絶縁させた。しかし武田は、元打本組の早川(室田日出男)を抱き込み、打本を襲撃した。昭和38年5月、遂に広島抗争事件の幕が切って落された。


池玲子                            渡瀬恒彦

題名:仁義なき戦い 代理戦争
監督:深作欣二
企画:日下部五朗
原作:飯干晃一
脚本:笠原和夫
撮影:吉田貞次
照明:中山治雄
録音:野津裕男
美術:雨森義允
装置:稲田源平兵衛
装飾:清水悦夫
衣装:豊中健
技斗:三好郁夫
記録:田中美佐江
編集:堀池幸三
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
助監督:土橋亨
製作進行:伊藤彰将
スチール:藤本武
出演:菅原文太、小林旭、梅宮辰夫、田中邦衛、渡瀬恒彦、山城新伍、池玲子、中村英子、堀越光恵、金子信雄、内田朝雄、加藤武、曽根晴美、名和宏、川谷拓三、成田三樹夫、室田日出男、丹波哲郎、鈴木康弘、山本麟一
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
仁義なき戦い 代理戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


田中邦衛、金子信雄             菅原文太、山城新伍、成田三樹夫、小林旭

映画「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」



藤純子

今回は山下耕作監督1969年製作「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」をピックアップする。
緋牡丹のお竜”こと女侠客・矢野竜子が闇討ちで殺された父の仇を求めて賭場を流れ歩き第一作で仇を討ち、二作目以降は、渡世修行するために、諸国まわって義理と人情を踏みにじる不正な悪党と戦っていくという緋牡丹博徒シリーズの第5作は、四国徳島が舞台になる。本作は、東映任侠映画の頂点に達している作品だと思う。

【ストリー】
明治中頃の四国徳島。緋牡丹のお竜(藤純子)は、子分清吉(高宮敬二)を重病のまま刑務所から出迎えたものの、折からの嵐の中で途方に暮れてしまった。そんなお竜を救ったのは江口(待田京介)、だが清吉は世話になった藍の小作人茂作(中村錦司)の家で他界した。その頃、百姓たちは地主である旦那衆にしいたげられて、小作料争議を起していた。ところが旦那衆は江口を代表とする交渉を拒否、鳴門川一家は旦那衆の命によって悪くどい仕打ちに出た。この鳴門川(天津敏)は四国一帯に勢力を伸ばす観音寺親分(河津清三郎)と手を結び、徳政一家を乗っ取ろうとしていた。そんな折、茂作の息子猪之吉(五十嵐義弘)がイカサマをしたことから、江口が傷つけられ、千吉が殺された。遺体を引取りに来たお竜、鳴門川、それに千吉の親分武井(名和宏)の間に殺気がみなぎった。だが、居合わせた三次(鶴田浩二)の機転で事なきを得、お竜は窮地を救われた。三次から鳴門川の悪事を聞いた武井はお竜と手を結び、観音寺を敵に回した。そんなある日、清吉に怨みを持つ博徒の小城(丹波哲郎)がお竜に迫った。だが、小城はお竜の態度に好意を抱き、勝負をあずけた。お竜が熊虎(若山富三郎)を尋ねて道後へ向った留守に、鳴門川と観音寺は武井を闇討ちし、阿波踊りの当日を迎えた。三次は、武井に対する恩義から大尽賭博の真っ只中に乗り込んだが斬られ、小城の看病のかいなく死んだ。お竜の怒りは爆発し、阿波踊りに興ずる鳴門川を倒した。一方、お竜から事の一部始終を聞いた熊虎も観音寺の前で盃を割ると容赦なく斬り込んだ。


鶴田浩二

題名:緋牡丹博徒 鉄火場列伝
監督:山下耕作
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:笠原和夫、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:和多田弘
録音:荒川輝彦
美術:矢田精治
装置:岡田邦雄
装飾:柴田澄臣
美粧:佐々木義一
結髪:妹尾茂子
技斗:谷明憲
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:俵阪孝宏、福井良春
助監督:篠塚正秀
スチール:諸角義雄
出演:藤純子(富司純子)、待田京介、若山富三郎、鶴田浩二、丹波哲郎、里見浩太朗、河津清三郎、天津敏、三島ゆり子、名和宏、高宮敬二、中村錦司、五十嵐義弘
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー110分35mmフィルム
緋牡丹博徒 鉄火場列伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 鉄火場列伝

藤純子

映画「緋牡丹博徒 お命戴きます」


藤純子

今回は加藤泰監督1971年製作「緋牡丹博徒 お命戴きます」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ第7作の本作は、上州周辺を舞台に、不正を働く軍の上層部とヤクザを相手に、緋牡丹お竜の活躍を描いたもので、ラストの藤純子(富司純子)さんの殺陣は見ものだ。


鶴田浩二                                                                              待田京介

【ストリー】
九州熊本の矢野組々長矢野竜子こと緋牡丹お竜(藤純子)は、渡世修業の旅の途中、上州伊香保の久保田組の賭場で、胴をつとめる親分の実弟猪之助のイカサマの一件で危機に直面したが、武州熊谷結城組々長結城菊太郎(鶴田浩二)によって難をまぬがれた。そして、両家の手打ちは、大前田の二代目英次郎(嵐寛寿郎)の仲裁で行われ猪之助は破門された。しばらくして、お竜は父の法要のため、一時九州に帰る事になったが、高崎観音建造の勧進賭博の日までに再び来る事を約して結城(岡本健)と別れた。お竜は、結城に渡世の付き合い以上の想いを寄せ始めていたのだった。その頃、熊谷在に軍部御用の兵器工場ができ、周辺の百姓はその公害のために苦んでいた。結城は、百姓の暴動を未然に防ごうと、工場に交渉して用水堀造成のため保障金を出させようとした。この工場の運搬関係の仕事を仕切っていた富岡組々長(河津清三郎)は、何かと反目する結城を消そうと計った。富岡は、工場長の大村や軍の監督官畑中大尉と結託、工場本社からでていた保障金を着服していたのだった。富岡は、言葉巧みに猪之助をあやつり結城を殺した。百姓に対する圧力は激しさを加え、急を聞いてかけつけたお竜は、陸軍大臣に直訴すべく料亭の席にまで押しかけるのだが、そこで偶然にも熊坂虎吉と同席していた陸軍大臣に現状を直訴した。お竜の働きで悪業の露見を恐れた富岡と畑中は、結城の三代目を襲名した貞次(名和宏)を殺し、罪を彼一人に被せようとした。菊太郎の初七日の日--。寺の本堂一杯の百姓衆に大村(内田朝雄)の横領を吹聴している富岡、畑中へ黒い喪服に仕込み笛を抱いたお竜が乗り込んだ。


嵐寛寿郎                                                                                 若山富三郎

題名:緋牡丹博徒 お命戴きます
監督:加藤泰
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:大和久守正、鈴木則文
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:吉村晟
装置:石田隆幸
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
監督助手:篠塚正秀
スチール:木村武司
出演:出演:藤純子(富司純子)、若山富三郎、鶴田浩二、待田京介、嵐寛寿郎、河津清三郎、大木実、名和宏、小松方正、内田朝雄、岡本健、沼田曜一、汐路章、志賀勝
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
緋牡丹博徒 お命戴きます -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緋牡丹博徒 お命戴きます

1 6 7 8 9