映画「まむしの兄弟 お礼参り」


菅原文太                     川地民夫、菅原文太

今回は本田達男監督1971年製作「まむしの兄弟 お礼参り」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。本作はシリーズ第2作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                         工藤明子

【ストリー】
州本で一家をかまえる父竹之助が、自分の縄張りにレジャーランドを建設しようとする兵頭組の申しでを断わったために暗殺されたことを知った京一(久保明)は、政(菅原文太)と勝(川地民夫)の助けを借て脱走を計るが失敗し殺されてしまう。刑期を終えた政と勝はこれが縁で藤島組にワラジをぬぐことになった。早速二人は兵頭が経営するソープランドに殴り込みをかけ意気揚々と引きあげるが、京一の姉あき(工藤明子)は、素人衆にまで迷惑をかけたと怒り、二人は仕方なく一家を後にする。しかし、あきに未練のある政は、あきの危機を知ると駆けつけて大暴れするが、そこへ、京一の死に水をとった大阪大同会幹部二階堂(安藤昇)が現われ、さしもの兵頭(遠藤辰雄)も引きさがるしかなかった。腹のおさまらないのは政で、二階堂に喰ってかかるが、かなう筈もなかった。焦った兵頭は最後の手段としてあきを人質にした上、二階堂を闇討ちにしてしまった。二階堂の死によって大同会の助っ人が州本に向う。助っ人がくるまで兵頭を叩くことが男を売るチャンスとばかりマシンガンで武装した二人が兵頭組に殴り込みをかけた。二人の活躍はめざましく、ついに兵頭を追いつめ、とどめを刺した。夜明けの太陽が海岸を照らし始めた頃、二人は意気揚々と14回目の懲役に向うのだった。


谷村昌彦                        菅井きん

題名:まむしの兄弟 お礼参り
監督:本田達男
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、鳥居元宏
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:東城絹児郎
美術:石原昭
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:土井淳之祐
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:菊池俊輔
進行主任:長岡功
助監督:清水彰
スチール:杉本昭三
出演:菅原文太、川地民夫、安藤昇、工藤明子、久保浩、女屋実和子、三島ゆり子、遠藤辰雄、名和広、谷村昌彦、芦屋小雁、潮健児、広瀬義宣、有川正治、菅井きん、北村英三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
まむしの兄弟 お礼参り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


工藤明子、名和宏、遠藤辰雄             菅原文太、川地民夫

映画「新 仁義なき戦い 組長最後の日」


菅原文太                      松原智恵子

今回は深作欣二監督1976年製作「新 仁義なき戦い 組長最後の日」をピックアップする。
“仁義なき戦い”シリーズ8作目の本作は、暴力団の抗争の中で常に上部組織に泣かされる弱小組織の男が、組長の命を狙い続ける執念を描いたものだ。深作欣二監督のシリーズ最後の監督作である。


和田浩治                      藤岡琢也

【ストリー】
坂本英光組長(小沢栄太郎)が統率する大阪の坂本組は、日本最強、最大の組織を誇る暴力団である。閏年の2月29日夜、坂本組と尼ケ崎・河原組の準構成員であるバイ人同志の縄張り争いでパンマが殺害され、抗争事件へと発展した。仲間を殺された坂本組系・米元組々員の中道(和田浩治)が、単身、河原組へ殴り込み、拳銃を乱射したため、河原組々員がその報復として、米元組長(藤岡琢也)を狙撃、次いで坂本組の事務所を爆破させた。これは、九州・広島・下関の組織からなる七人会のバック・アップを得た河原組の坂本組への挑戦だった。坂本組では緊急幹部会が開かれたが、河原組壊滅を唱える米元派と、警察の介入を恐れる松岡派との意見が対立した。一方、九州玄竜会では、坂本組の九州進攻作戦に備え、会長の船田(名和宏)、副会長の岩木(多々良純)以下、各組長が着々と準備を進めていた。老齢の岩木組組長の後継者と目される若者頭の野崎修一(菅原文太)は沈着冷静な男として評判が高いのだが、中道の女房・麻美(松原智恵子)が、野崎の妹であり唯一の肉親であるため、微妙な立場に立たされていた。阿蘇温泉で岩木が女マッサージ師によって殺された。米元の放った刺客であると睨んだ野崎は、寒川、伸吉他の子分を連れて大阪へ乗り込んだ。だが、その間に坂本、松岡、米元たちが小倉へ行き、船田と和解協定を結んだ。そして船田に説得された野崎は断腸の思いで復讐を諦らめるのだった。だが、野崎からの中止命令を待たずして米元の家に潜入していた殺し屋ジョーが、米元の妾と子分を殺してしまったために、烈火の如く怒った米元は船田に熱湯を浴びせかけ、再び険悪な空気が漂った。しかし、意外にも船田は、智恵者・松岡の提案した玄竜会には分の悪い和解に同調する腹づもりだった。ついに野崎は、船田の反対を押し切って、単独で坂本の首をとる決意をし、ハイウェイでドライブする坂本たちをダンプカーで襲った。だが、今一歩のところで、伸吉が運転を誤り失敗。野崎の首に500万円の賞金を賭け坂本組に謝罪した船田は、米元を破門し体面をつくろった松岡の絵図にまんまと陥っていくのだった。今や、手負い獅子となった野崎は、大阪に潜入、チャンスを狙っていた。そして野崎をつけ狙うチンピラ西本、子分でありながら裏切った寒川らを始末した野崎は、麻美の家を訪れた。九州の事件で片足を失った中道は、止める麻美を振り切り、野崎を撃とうとするが、車に轢ねられ即死してしまった。そして野崎は、天王寺駅でついに坂本を追いつめたが、坂本は発病して救急車で病院に運ばれ、野崎もまた坂本の子分に撃たれ、逮捕されて警察病院に運ばれた。しかし、麻美、伸吉の協力を得て病院から脱出した野崎は、坂本の病院先へ向かった。そして、付き添いの松岡を振り切り、今では枯木同然に横たわる坂本に向って、引き金を引いた……。


横山リエ                      桜木健一

題名:新 仁義なき戦い 組長最後の日
監督:深作欣二
企画:日下部五朗、橋本慶一、奈村協
脚本:高田宏治
撮影:中島徹
照明:増田悦章
録音:中山茂二
美術:雨森義允
装置:近藤幸一
装飾:柴田澄臣
背景:平松敬一郎
美粧:伊藤実
結髪:福本るみ
衣装:岩道保
技斗:上野隆三
編集:市田勇
記録:田中美佐江
音楽:津島利章
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:伊藤彰操
演技事務:森村英次
助監督:野田和男
スチール:中山健司
出演:菅原文太、松原智恵子、和田浩治、桜木健一、地井武男、尾藤イサオ、小沢栄太郎、成田三樹夫、藤岡琢也、八名信夫、名和広、多々良純、中原早苗、三上寛、川谷拓三、横山リエ
1976年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
新仁義なき戦い 組長最後の日 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「新 仁義なき戦い 組長最後の日」成田三樹夫      菅原文太

映画「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」


「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」池玲子

池玲子                           内田良平

今回は石井輝男監督1973年製作「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」をピックアップする。
本作は、石井監督が1960年に新東宝で撮った「黄線地帯」の”カスバの街”に似たカオス漂う美術が見事である。
不良姐御伝 猪の鹿お蝶」に続く”姐御伝シリーズ”は本作で終っている。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

愛川まこと                      嵐寛寿郎、池玲子

【ストリー】
神戸港へ着いたばかりのお蝶(池玲子)は、女スリの朱美(春日朱実)に麻薬の運び屋と間違えられ、捕われてしまった。そして、凄絶な拷問を掛けられたあげくに、女殺しの濡れ衣を着せられてしまう。だが、間一髪のところで、刑務所帰りの謙二(内田良平)という男に救われた。お蝶は早速、朱美を捜し出し、秘密を喋らせた。それは、ヤクザ港会の残党の金造(名和宏)たちが、女スリの秘所に麻薬を隠し、横浜から神戸に運ばせていたのだ。扇屋一家に草鞋を脱いだお蝶は、譲二が一家の幹部である事を知った。譲二は、自分が服役中に親分が何者かに殺され、その一人娘の清子(星野みどり)が行方不明になっているのは、跡目を継いだ叔父貴分の剛田(遠藤辰雄)が仕組んだことだと狙いをつけ調べていたのだ。一方、お蝶は、横浜から剛田のところに麻薬が運ばれる途中に、浅吉一味がニセ物とスリ替えているのを知った。ある日、お蝶は、清子が剛田の企みで精神病院に隔離されているのをつきとめた。早速、譲二とともに清子を救出に行くが、時すでに遅く、清子は何者かに殺された後だった。だが、乱暴された時、清子は男の指を咬み切っていたことから、剛田の仕業だということが判明した。やがて、その精神病院の倉庫で、麻薬の取引が行われた。その現場に、麻薬の多額の代金を狙って、金造一味、剛田に仲間を殺された仇を討ちに来たズべ公グループ・紅衿団、そして散々利用された女スリの一団たちが襲撃して来て、四ツ巴の大乱戦となった。やがて、お蝶、女たちが秘所に隠していた爆薬を投げつけ、剛田、金造一味を壊滅に追い込んでいくのだった。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

池玲子、遠藤辰雄                       凡天太郎

題名:やさぐれ姐御伝 総括リンチ
監督:石井輝男
企画:天尾完次
原作:凡天太郎
脚本:掛札昌裕、関本郁夫、石井輝男
撮影:わし尾元也
照明:井上孝二
録音:中山茂二
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之介
記録:黒川京子
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:池玲子「お蝶のブルース」
製作主任:伊藤彰将
演技事務:饗庭益雄
助監督:萩原将司
スチール:中山健司
出演:池玲子、愛川まこと、内田良平、遠藤辰雄、凡天太郎、春日朱実、碧川ジュン、嵐寛寿郎、城恵美、名和広、早乙女りえ、一の瀬レナ、芹明香、根岸明美、大泉滉、星野みどり
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
やさぐれ姐御伝 総括リンチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ                       池玲子