映画「対決」


高橋英樹、葉山良二                  小林旭

今回は舛田利雄監督1967年製作「対決」をピックアップする。
日活で任侠ものを作ると東映とは全く違うスタンスになる。セット画作りの奥行き感は、素晴らしいものがあるが、東映作品に比べキャラクターが弱いと思った。社風カラーの違いがよく出ている。


和泉雅子                       青木義朗

【ストリー】
大正末期。上州富河原一帯に勢力を張っている芝寅一家は新興やくざの高安一家に押され気味だった。芝寅(安部徹)は次々と縄張りを荒されるに及んで、ついに殴り込みを決意し、それを銭山(青木義朗)にまかせた。銭山は代貸清太郎(中谷一郎)の弟直二郎(高橋英樹)や客人の満州常(小林旭)を率いて高安一家に殴り込んだ。彼らは高安(山田禅二)と代貸益子(玉川伊佐男)を逃がしたものの、勝負は芝寅一家の勝利に終った。しかし翌日、芝寅の宴会の席に高安とその残党が殴り込み、電灯の消えた暗闇の中で芝寅と高安が殺された。このため直二郎は清太郎の命令で、一切の責任を負って自首したのだった。
それから6年後、出所した直二郎が帰ってみると富河原は手を結んだ金山と益子に支配され、清太郎は乞食同然に放り出されていた。しかも直二郎と相思相愛の仲だったおしん(北林早苗)は銭山によって遊廓に売られ直二郎に会うと自殺してしまった。怒った直二郎は暴れ回ったが、益子に捕われて悽惨なリンチを受けた。それを見た銭山はさすがにとめようとしたが、益子は狂気のように直二郎を痛めつけるのだった。しかし、直二郎は益子の洩らした言葉から、芝寅を殺したのが、銭山に命ぜられた満州常であることを知った。その満州常は、かつての殴り込みの際、直二郎に命を助けられた恩を返すため、彼を益子のリンチから救い出したのだった。芝寅の死にからんで対立する二人の間に、友情が芽生えたのはその時からだった。一方、仲間割れで益子を殺した銭山は直二郎を逃がした満州常を怒って捕えたが、今度は直二郎が救い出した。直二郎は芝寅の本当の仇は銭山とばかり斬りつけたが、銭山のとどめを刺したのは清太郎だった。銭山の子分らが、彼らと手を切った満州常と、直二郎に倒されたのはその直後だった。


北林早苗、高橋英樹                    安部徹

題名:対決
監督:舛田利雄
企画:高木雅行
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:萩原憲治
照明:宮崎清
録音:福島信雅
美術:木村威夫
技斗:高瀬将敏
記録:土屋豊
編集:井上親弥
音楽:真鍋理一郎 主題歌:小林旭「落日」
現像:東洋現像所
製作主任:戸倉寿
助監督:小澤啓一
色彩計測:前田米造
スチール:土屋豊
出演:高橋英樹、小林旭、和泉雅子、北林早苗、葉山良二、三条泰子、中谷一郎、玉川伊佐男、青木義朗、安部徹、山田禅二
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
2017年7月現在、DVD販売・レンタルはありません。


「対決」

小林旭、高橋英樹「対決」

映画「大空に乾杯」

大空に乾杯
吉永小百合

今回は斎藤武市監督1966年製作「大空に乾杯」をピックアップした。
本作は全日空(ANA)全面協力で作られた吉永小百合さん主演の日活青春映画だ。スチュワーデス物語としてのスポコン的側面はほぼ無い内容だが、映画会社が映画を作っていた時代のプログラムピクチャーであり、昭和が描かれている。中でも吉永小百合さんのスッチー姿が可愛いのに癒される。

大空に乾杯大空に乾杯
吉永小百合                      浜田光夫

私は80年代、撮影チーフの時に監督と仕事をさせて戴いたのを思い出した。
斎藤武市監督は松竹大船撮影所に助監督として入社、小津安二郎監督に師事してから1954年にの西河克己監督の勧誘を受け、同期の鈴木清順監督、中平康監督と共に日活に移籍した。1959年「ギターを持った渡り鳥」が大ヒットしてシリーズ化され娯楽映画監督としての地位を確立され1970年にフリーになり、東映とテレビの仕事が中心になって活躍されたが、2011年1月に亡くなっている。謹んでご冥福をお祈りしたい。

大空に乾杯大空に乾杯
十朱幸代                        広瀬みさ
大空に乾杯大空に乾杯
和泉雅子

【ストリー】
スチュワデス滝村ゆり子(吉永小百合)はきびしい二カ月の訓練を経て、やっと処女飛行に飛び立つことになった。そんなゆり子を、滝村家の庭の花壇の手入れに通っていた園芸大学の学生北倉誠(浜田光夫)は自分のオート三輪で羽田空港まで送った。ゆり子が初搭乗した飛行機は、関名俊太郎機長(葉山良二)のボーイング727ジェット機だったが、ゆり子は、同乗のスチュワデス朝子(十朱幸代)や関名の恋人である教官の工藤冴子(広瀬みさ)のおもいやりで、無事大任を成しとげた。それから数日、誠は仕事の合間、ゆり子の父健造(下元勉)に、自分の夢を話した。--自分で広い花畑をもち、その中でオヘソをだして一人で寝たい、というのだ。が、そんな誠の当面の目的は、苦心して育てた、ベコニヤ・ピクタの花を咲かせたいとゆうことだ。ゆり子は、そんな誠の花と対するときの美しい瞳の輝やきに次第に魅かれていった。やがて、ゆり子の二度目の飛行の時がやって来た。そして、やっと仕事になれたゆり子は、この飛行中、酸素欠乏症になった、財界の大立物立花啓佐衛門(清水将夫)の孫である男の子を、とっさの機転で助けた。その後ゆり子は、感謝のしるしにと立花邸に招待された。そしてその席で、立花は息子の啓介をゆり子に紹介した。啓介(平田大三郎)は、すっかりゆり子が好きになり、その後、ナイトクラブにゆり子を誘った。だが、誠を恋するようになっていたゆり子の心は、そこにはなかった。そうしたことがあった数日後、ゆり子は啓介の方からもちこまれた縁談を断った。母の菊子は、残念がったが、父健造は自分の若い経験を娘にまでさせたくないと賛成してくれた。健造は、病院長の地位を得るために、菊子と愛のない結婚をしたのだった。ゆり子はこれを知り、両親に離婚をすすめた。このゆり子のいたいけな心づかいに反省した健造と菊子は、夫婦として再出発することを誓った。やがて誠のベコニヤ・ピクタの花の咲く日がやって来た。朝日に美しく輝き花開いたベコニヤ・ピクタを前に、二人は初めての抱擁を交わしお互いの愛情をたしかめあうのだった。

大空に乾杯大空に乾杯
ボーイング727

題名:大空に乾杯
監督:斎藤武市
企画:高木雅行
原作:若山三郎
脚本:白坂依志夫、中野顕彰
撮影:萩原憲治
照明:大西美津男
録音:古山恒夫
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
助監督:斎藤和三
色彩計測:前田米造
スチール:目黒祐司
出演:吉永小百合、和泉雅子、浜田光夫、十朱幸代、広瀬みさ、小高雄二、花ノ本寿、川地民夫、平田大三郎、椎名伸枝、谷川玲子、原恵子、鈴木俊子、須田喜久代、横田楊子、鏑木はるな、林泰江、中庸子、大谷木洋子、西原泰江、大塚トミエ、加藤ヒロ実、小橋玲子、高木美恵子、高木秀代、小橋玲子、糸賀靖雄、山口吉弘、桂小かん、押見史郎、吉田毅、田村清臣、石岡寿一、テーラー、ペドロ・フェルナンデス、葉山良二、下元勉、佐々木すみ江、清水将夫
1966年日本・日活/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
吉永小百合 青春映画 ANA特選DVD-BOX
2016年7月現在、DVDレンタルはありません。

大空に乾杯
大空に乾杯

大空に乾杯
大空に乾杯

映画「若草物語」

若草物語
芦川いづみ
若草物語若草物語
浜田光夫                      和田浩治

今回は森永健次郎監督1964年製作「若草物語」をピックアップした。
本作の撮影された1964年は東京オリンピックが開催された年で、東海道新幹線の開通、銀座の若者みゆき族が話題になる一方、60年安保運動を時代背景に、日活の豪華女優陣の共演で成立している作品だが、1958年の日本映画年間観客動員数は何と!約11億人だったのに対して本作製作年には4億人前後にまで落ち込んだ状況でもあった。因に1972年から現在はその半分以下だ。

日本映画年間観客動員数 ※左画をクリックすると年間観客動員数のグラフが表示されます。

若草物語
吉永小百合

豪華女優陣の中で唯一、芦川いづみさんは人妻役を演じている。清らかな少女のイメージからエロス少なめの色気を感じさせる人妻役への転身はちよっと残念で あったが、その魅力は1ミリも衰えてない。吉永小百合さん、浅丘ルリ子さん、和泉雅子さんは其々魅力的ではあるが、日活が曳いた既定キャラクターをそのまま継承している様に伺えた。
今ではあり得ない映画会社が映画を作っていた時代の良き作品である。

若草物語若草物語
浜田光夫、浅丘ルリ子         ※70年代まであった日活撮影所のオープンセット

ロケーションは羽田空港、晴海団地(現:晴海アイランドトリトンスクエア)、晴海埠頭、松屋銀座、日比谷公園、完成間もない駒沢オリンピック公園、長野県志賀高原などで行っているが、銀座の街並ではロケーションとオープンセットを使用している。当時は日活も東映も撮影所にオープンセットの街があった。私は日活のオープンセットも見た記憶がある。

若草物語若草物語
和田浩治                     浅丘ルリ子
若草物語
名機Arriflex16STで撮影する浜田光夫

浜田光夫さん演じる矢坂次郎は、TVニュースのカメラマンだ。1979年頃までテレビのニュースは16mmリバーサルフィルムで撮影され、TV各局に現像所(出張所)もあり、テレシネでビデオテープに落とす事なく即オンエアーしていた。本作はENGとして放送用ビデオが普及する前の時代を背景にしている。当時ニュースに使用された主なキャメラは、Arriflex16ST、Bell&Howell Filmo70DR(スプリング駆動)を使用していたが、70年代になってからはCanon Scoopic 16(国産)、Eclair ACL(通称:ミニエクレール)が活躍した。この中でシンクロ(同時録音)が出来た主なキャメラは、Arriflex16BL、Eclair ACL,NPRであり、他はカメラの駆動ノイズが入るので音はコラージュだった。(筆者解説)

横浜シネマ(NHK、日本テレビ、テレビ朝日)TBS映画社現像部(TBS)SONY PCLなど
cam005cam004cam006
Bell&Howell Filmo70DR      Canon Scoopic 16     Eclair ACLIII

それにしても吉永小百合さんが撮影アシスタントをするシーンはキューンとした。
「小百合さんに脚立を持たすなんて!」と感情移入しつつ、こんな人が現場にいたら嬉しいのになぁと思った。

若草物語
吉永小百合、浜田光夫
若草物語
浅丘ルリ子

【ストリー】
若い後妻を持った勇造(伊藤雄之助)に気づかって、高村家の由紀(浅丘ルリ子)、しずか(吉永小百合)、チエ子(和泉雅子)の三人姉妹は秘に伊丹空港から長姉早苗(芦川いづみ)の嫁先へ家出を決行した。美しい三人の前には早くも、羽田空港でポルシェを運転する青年が近づいた。末娘の現代っ子チエ子につられて、三人は車で早苗の団地にやって来た。狭い団地生活に、早苗は仕方なく貯金を出して、三人のためにアパートを貸りてやった。由紀としずかはデパートに、チエ子は試験に落ちて姉に内緒でアルサロ勤めを始めた。だが、いたずらに飲んだお酒がバレて、即日やめさせられる始末だ。そんなある日、由紀は幼馴染の矢坂次郎(浜田光夫)に会った。次郎はTVニュースのカメラマンであった。お互いに成長した姿を見た二人は、胸のときめきを感じた。その日から次郎は、時々アパートを訪れて姉妹と親しくなった。ある日三人姉妹と次郎それにチエ子の友達の健吉(山内賢)らは、スキーに出かけたが途中次郎は取材で由紀たちと別れた。淋しい思いをしていた由紀の前に偶然ポルシェの男、野沢圭一(和田浩治)が現われ、四人を別荘に招待した。三人が帰京した翌日、勇造が妻弘子(東恵美子)と喧嘩をしてやって来た。激しくののしって追い帰した由紀に、しずかは怒りを感じて次郎のアパートに走った。とまどう次郎は、しずかを下宿に置くと取材に出ていった。心配して次郎に相談に来た由紀は、しずかを見て嫉妬を感じた。旅行から帰った次郎は由紀に愛情を告白した。だがそんな由紀の前に、圭一がしばしば現われるようになった。豪華な雰囲気をもつ圭一に、由紀は巨絶出来ないものを感じていた。しずかはそんな由紀の態度に怒りを覚えた。数日後、由紀は圭一と婚約した。次郎は、慰めるしずかに「由紀ちゃんの気持は解る」と話して、酒をあをった。由紀が新婚旅行に発つ日、旅立つ次郎の跡を追うしずかの美しい青春の姿があった。

若草物語若草物語
吉永小百合、浅丘ルリ子             吉永小百合、伊藤雄之助
若草物語
芦川いづみ、和泉雅子

題名:若草物語
監督:森永健次郎
企画:坂上静翁
脚本:三木克巳
撮影:松橋梅夫
照明:森年男
録音:高橋三郎
美術:横尾嘉良
記録:内田絢子
編集:井上治
音楽:崎出伍一
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
助監督:斎藤和三郎
色彩計測:佐藤重明
スチール:井本俊康
出演:芦川いづみ、浅丘ルリ子、吉永小百合、和泉雅子、浜田光夫、田代みどり、和田浩治、山内賢、杉山俊夫、伊藤雄之助、清水将夫、東恵美子
1964年日本・日活/シネスコサイズ・イーストマンカラー84分35mmフィルム
若草物語-DVD-
2016年7月現在、DVDレンタルはありません。

若草物語若草物語
和泉雅子                        吉永小百合
若草物語若草物語

1 2 3