映画「泥だらけの純情」

泥だらけの純情
吉永小百合
泥だらけの純情泥だらけの純情
吉永小百合、浜田光夫

今回は中平康監督1963年製作「泥だらけの純情」をピックアップする。
本作は、吉永小百合さんと浜田光夫さんの共演で描いた日活定番の青春純情ドラマだ。この頃に二番館か三番館で見た様な気がする。初めてファンになった女優が、吉永小百合さんだったので、類似作品を封切りから数年後に追っかけて観に行ったのだ。なお1977年に山口百恵さんと三浦友和さんの共演でリメイクされている。製作は東宝+ホリ企画制作、監督は富本壮吉氏だ。

泥だらけの純情泥だらけの純情
浜田光夫、小池朝雄

【ストリー】
外交官の令嬢樺山真美(吉永小百合)とチンピラやくざの次郎(浜田光夫)が知り合ったのは新宿の盛り場だった。不良学生につけ廻されていた真美を、ヤクを届ける途中の次郎が逃がしてやった。ところが乱闘の最中、相手は自分の待ったナイフを誤まって刺し死んでいた。次郎も重傷を負って逃げ帰ったが、兄貴分の花井(小池朝雄)は自首をすすめた。一方、殺人事件を報じる新聞を見て驚いた真美は、刑事にことの真相を話し、知人の公安委員にも説明した。その尽力がものをいって自首した次郎は一日で釈放された。翌日から次郎は盛り場を肩で風切るようになった。数日後、真美が次郎の汚ないアパートを尋ねて来た。次郎はドギマギしながら口をきいたが嬉しさはかくせず、真美をボクシングに誘って精一杯のサービスをみせた。それからの毎土曜日、二人はデイトを重ねた。だが次郎は会う度に背広や靴を新調し、そのため悪事を重ねた。ある日、いくら待っても次郎は現われず、初めての悲しみを味わった真美は赤倉へスキーに出かけた。次郎は恐喝容疑で逮捕されていた。その次郎が簡単に釈放されたと聞いて組長(高島稔)は、警察が次郎を泳がせてヤクの取締りを狙っているのではないかと疑った。あの事件のとき次郎がヤクを落したことは当局に知れているはずだった。一方、真美の家族は父の赴任地へ発つことになったが、真美は次郎と別れて日本を去るにはたえられなかった。花井に諭されて次郎が自首を覚悟した夜、ボストンバッグを待った真美が訪れた。思わずみつめあう次郎と真美は、表に花井が来たことを知ると、手をとって二人の世界に逃げ出していった。

泥だらけの純情泥だらけの純情

題名:泥だらけの純情
監督:中平康
企画:大塚和
原作:藤原審爾
脚本:馬場当
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:片桐登司美
美術:大鶴泰弘
特殊技術:金田啓治
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎 主題歌:吉永小百合「泥だらけの純情」
現像:東洋現像所
製作主任:亀井欽一
撮影助手:畠中照夫
スチール:井本俊康
出演:吉永小百合、浜田光夫、和泉雅子、小池朝雄、滝沢修、宮阪将嘉、平田未喜三、高島稔
1963年日本・日活/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
泥だらけの純情 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

泥だらけの純情泥だらけの純情
泥だらけの純情
銀座線
上の写真は、本作に映った営団地下鉄(東京メトロ)渋谷駅の留置線で電車は2000形だ。
今は渋谷マークシティに組み込まれているが留置線はそのまま継続されている。
詳しくはこちらをご覧下さい。

1 2 3