映画「コント55号とミーコの絶体絶命」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
コント55号(坂上二郎、萩本欽一)                   由美かおる

今回は野村芳太郎監督1971年製作「コント55号とミーコの絶体絶命」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第7作である。

【東宝製作】
1968年「コント55号 世紀の大弱点」監督:和田嘉訓
1969年「コント55号 人類の大弱点」監督:福田純
1969年「コント55号 俺は忍者の孫の孫」監督:福田 純
1969年「コント55号 宇宙大冒険」監督:福田 純

【松竹製作】監督:野村 芳太郎
1968年「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」
1968年「白昼堂々」※ゲスト出演
1969年「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」
1969年「チンチン55号ぶっ飛ばせ!出発進行」
1970年「こちら55号応答せよ!危機百発
1970年「俺は眠たかった!!」※製作・監督・脚本・音楽・主演:萩本欽一(浅井企画・松竹)
1970年「コント55号と水前寺清子の大勝負」
1971年「コント55号とミーコの絶体絶命」
1971年「泣いてたまるか」※主演:坂上二郎 監督:宮崎晃
1972年「初笑いびっくり武士道」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子、萩本欽一                  財津一郎
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
小松政夫                        三原葉子

【ストリー】
坂本次郎(坂上二郎)・金作(萩本欽一)の兄弟は湘南市役所なんでもやる課勤務である。父は戦死、母は台風で死亡。その時次郎は16歳、金作は8歳であった。次郎は金作の手をひいて上京、苦労の末、金作を大学にやった。次郎は、世の中は金だという信念を持っているだけにケチである。従って女には縁がない。一方、金作はなかなかのプレイボーイで、ある日新宿のゴーゴーバーで県会議員の妾腹の娘田所桃代(太地喜和子)と知り合った。翌日、金作は市役所の亀山助役(花澤徳衛)に呼ばれた。桃代が結婚したいというのだ。助役や沼田課長(財津一郎)は、自分たちの昇進のチャンスとばかりこの結婚を急がせた。15年勤務の次郎を通り越して金作は係長に抜擢された。金作はふとしたキッカケで知りあった中川秀子(由美かおる)という、病身の母(浦里はるみ)と妹のために昼間はガソリン・スタンド、夜はゴーゴーバーで働きながら家計を切りまわしている溌刺とした心根の優しい娘にすっかり心を奪われてしまった。ある日次郎は胃に激痛を感じた。そして、勝手に癌だと思い込んだ。金作も、他人のことを話している杉本医師(なかにし礼)の言葉を聞き違え、兄は癌だと錯覚してしまった。その日から金作は一生懸命兄につくした。次郎は余命いくばくもない人生を楽しもうと500万円の預金を解約した。そんなある日、次郎は、ポケットに石をつめ込んで海に身を投じたが勤め帰りの秀子に助けられた。気がついた時は病院のベットの上で、秀子が母の手術代に困っていることを知り金をだそうとしたが、300万円余りの大金は自殺行の時、波にさらわれてしまった。兄弟が相談した手術代の捻出方法は、このまま次郎が死んだことにして香典を集めることだった。数日後、通夜の客たちは香典を持って集まった。そんな夜でも桃代の甘い攻撃は続いた。金作が「不謹慎な!」と桃代を殴り飛ばしたことから押し入れに隠れていた次郎が飛びだして大騒ぎとなった。かくして兄弟の金集めの苦心は水泡にきしたのである。しかし、金作は、次郎が秀子を愛していることを知ると身を引く決心をした。やがて、次郎が癌でないことが判明した。それも自殺行のあとの入院でわかったもので次郎も知っていたことである。金作はむしょうに腹が立ち次郎にかみついたが、秀子のとりなしで仲直りした。それから数カ月後、「次郎ラーメン」の屋台が店開きした。商売は順調であった。そして、秀子の母の手術も、兄弟の苦面した金で無事に終った日、秀子が選んだフィアンセは兄弟のどちらでもなく杉本先生だったのだ。二人のショックはあまりにも大きかった。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
花澤徳衛                      コント55号(萩本欽一、坂上二郎)   
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
倍賞美津子                           田中邦衛
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子                    坂上二郎、和田アキ子

題名:コント55号とミーコの絶体絶命
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美、浅井良二
脚本:野村芳太郎、山根成之、大西信行
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
編集:浜村義康
現像:東洋現像所
音楽:中村八大 挿入歌:由美かおる「地球の裏側」「タバコの火を消して」「風に吹かれて」 和田アキ子「天使になれない」
製作主任:吉岡博史
製作進行:宗本弘美
助監督:山根成之
スチール:赤井博且
出演:坂上二郎、萩本欽一、由美かおる、太地喜和子、花澤徳衛、財津一郎、小松政夫、倍賞美津子、三原葉子、田中邦衛、三木のり平、武智豊子、浦里はるみ、佐々木梨里、和田アキ子、なかにし礼
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
コント55号とミーコの絶体絶命 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
浦里はるみ、由美かおる              コント55号とミーコの絶体絶命

映画「女番長 野良猫ロック」


「女番長 野良猫ロック」梶芽衣子

和田アキ子                                梶芽衣子

今回は長谷部安春監督1970年製作「女番長 野良猫ロック」をピックアップする。
本作は、今も活躍する歌手の和田アキ子さん主演で梶芽衣子さん達ベテラン俳優が助演し、新宿駅西口の高層ビル群が出来る前に撮られている。懐かしい風景が随所に見られ、バイクの疾走シーンでは西新宿地下街、歩道橋などを無許可で撮影しているのが凄かった。

【野良猫ロックシリーズ】
1970年「女番長 野良猫ロック」監督:長谷部安春/出演:和田アキ子、梶芽衣子
1970年「野良猫ロック ワイルド・ジャンボ」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、范文雀
1970年「野良猫ロック セックス・ハンター」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、安岡力也
1970年「野良猫ロック マシンアニマル」監督:長谷部安春/出演:梶芽衣子、范文雀、黒沢のり子
1970年「野良猫ロック 暴走集団’71」監督:藤田敏八/出演:梶芽衣子、原田芳雄、藤竜也(※公開は1971年)


范文雀                                  和田浩治

【ストリー】
土曜日の新宿の街は爆発する若者のエネルギーでムンムンしていた。西口の工場現場では若い女達の二つのグループ、十数名が鋭く対立していた。番長・メイ(梶芽衣子)が乗り込むや、他方の番長・トシエ(小磯マリ)の合図でナイフとパンチの凄惨な乱闘がくり広げられた。バギーを運転する勝也(藤竜也)をボスにする黒シャツ隊がトシエ達に加勢してきた。それを見守っていた流れ者・アコ(和田アキ子)はオートバイに跨り、敵を蹴散らしてメイ達を助け出した。アジトに逃げ帰ったメイ達は、アコに畏敬の念をいだき始めた。一方、アジトにたむろするメイの恋人、道男(和田浩治)は黒シャツ隊の元締めである青勇会に取り入り、幼なじみのボクサー・ケリー(ケン・サンダース)を抱き込んでボクシングの八百長を引き受け、青勇会の会員にしてもらおうとしていた。その夜の試合で負けを強いられていたケリーは得意のパンチを出せず、KO寸前だった。しかし、アコやメイの強烈な声援に奮起し、八百長を忘れ、相手をKOしてしまった。道男に八百長をひっくり返された青勇会は怒り狂い、道男に落とし前をつけた。恋人を殺されそうになったメイは、アコの協力で青勇会に殴り込み、ひん死の道男を救い出す。だが、怒りに燃えた青勇会に道男は殺されてしまう。そして、その仇を討ったメイも、ショットガンの弾丸を浴びて死んだ。月曜日の朝、アコは爆音を残して新宿の街から去って行った。


藤竜也                                      睦五郎

題名:女番長 野良猫ロック
監督:長谷部安春
企画:佐々木志郎
製作:笹井英男、飯島亘
脚本:永原秀一
撮影:上田宗男
照明:梅野義雄
録音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
美術:斎藤嘉男
擬斗:沢田和
編集:鈴木晄
音楽:鈴木邦彦 主題歌:和田アキ子「野良猫ロック」「男と女のロック」
現像:東洋現像所
製作担当:金沢博
助監督:蔵原惟二
色彩計測:永塚各一郎
スチール:浅石靖
出演:和田アキ子、梶芽衣子、和田浩治、范文雀、藤竜也、中丸忠雄、ケン・サンダース、小磯マリ
1970年日本・ホリ企画+日活/シネスコサイズ・カラー80分35mmフィルム
女番長 野良猫ロック -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新宿駅西口の歩道橋                          和田アキ子

映画「不良番長 一攫千金」


「不良番長 一攫千金」谷隼人、梅宮辰夫

山城新伍、谷隼人、梅宮辰夫、鈴木ヤスシ           大信田礼子

今回は野田幸男監督1970年製作「不良番長 一攫千金」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第7弾になる。
第7作にもなると、そこそこの興行収入がないと持続しないのがプログラムピクチャーズの常だが、人気があったのだろう。
パターン化したラストのどこからともなく出てくるシュマイザー自動機関銃と大砲は、パロディとしか言いようがないが、どことなく見てしまう。これが人気を維持した感覚かもしれない。


夏珠美                                                                中田博久、 菅原文太

【ストリー】
カポネ団・神坂(梅宮辰夫)とタニー(谷隼人)の思いついた新商売は、風俗嬢相手のマッサージ師。この珍商売順調なスタートで大阪から上京したスタミナ五郎(山城新伍)も仲間に加わった。3人はホステス引き抜き作戦を開始したが、大倉組の経営するキャバレーに手を出し、睨まれてこの仕事も行き詰り。メンバー不足に困っていた神坂等は、桃代(大信田礼子)、ジャブ(鈴木ヤスシ)、バイキング(団巌)、生活(田中春男)、ブラン子(夏珠美)を仲間に加えた。そして、ブラン子が海洋タイムズ社社長・緑川(富田仲次郎)から盗んだ汚職のからむテープをネタに、神坂等はその声主の東亜船舶社長、酒井(佐々木孝丸)と旭造船技術重役三浦(山本麟一)相手のどでかい仕事に取りくんだ。一方、緑川ら3人はテープをとり戻すよう大倉組に依頼、そのため、桃代が殺された。その夜神坂は少年院時代の仲間で今は大倉組の客分、桐原(菅原文太)に再会。桐原はこの一件から手を引くよう迫るが、神坂は拒否した。神坂は海洋タイムズの脱税を密告、緑川、安田(北川恵一)は警察に連行された。神坂のためにさんざんな酒井、大倉はブラン子をリンチ、さらにカポネ団のアジトを襲撃、生活、バイキングを殺した。その死体の前で、復讐を誓った神坂等4人は寝返った桐原の加勢を得て、酒井、大倉をマシンガンのえじきにした。


田中春男                                                            不良番長 一攫千金

題名:不良番長 一攫千金
監督:野田幸男
企画:矢部恒、吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:藤田博
装置:石井正男
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長 シャロック」
現像:東映化学
製作主任:坂上順
助監督:深町秀熙
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、大信田礼子、夏珠美、菅原文太、谷隼人、山城新伍、鈴木ヤスシ、田中春男、八代万智子、和田アキ子、黒沢のり子、団巌、由利徹、山本麟一、須賀不二男、富田仲次郎、佐々木孝丸、北川恵一、小林千枝、大泉滉、小林稔侍、和田アキ子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 一攫千金 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


谷隼人、梅宮辰夫、山城新伍、鈴木ヤスシ