映画「暁の非常線」


天知茂                        三ツ矢歌子

今回は小森白監督1957年製作「暁の非常線」をピックアップする。
本作はオリジナル脚本のフィルム・ルノワールとして天知茂さんの悪役ぶりを印象づける作品である。
当時の新東宝所属の主な俳優は、宇津井健、天知茂、吉田輝雄、菅原文太、三原葉子、前田通子、万里昌代などが活躍した。


保坂光代

【ストリー】
深夜の東京に狂悪な銀行ギャングが跳梁していた。金を奪うばかりか、無抵抗の行員まで射殺するのだ。原口警部の特捜班の必死の努力にもかかわらず、何等手懸かりをつかめない。同一犯人らしいことだけ判った。キャバレー「マンダリン」でそれを関東三ノ輪一家の大幹部馬島が嘲笑していた。目的のためには手段を選ばぬ男だ。すべては彼の仕業だった。三ノ輪一家の総長の娘雪江の婿になるためである。総長はガタツイた一家の屋台骨が彼のため立ち直ったと喜ぶ。跡取りの健一はやくざを嫌って家出していた。ある日、銀行襲撃の帰途、馬島はパトロールの警官を射殺し、自動車のナンバーを知られた。「マンダリン」のマッチも落して行く。証拠隠滅のため彼は情婦もろとも車を崖から突落した。新聞記者木村に連れられ現場にきた健一は、死んだ女は「マンダリン」のマダムであり、その車の持主だと原口に知らせる。女の手から“竜”と彫られたカフスボタンが出てきた。馬島の隠宅を襲った特捜班はそれと同一のボタンを押収する。もはや馬島の犯行は露見した。彼は雪江を拉致すると、足手まといだと子分どもを射殺した末に、彼女を人質に水路逃走する。原口達の声を聞いた雪江は逃げようとしこれも射れた。馬島は疾走するモーターボートから水中へ飛びこむ。陸に上ると、運転手を脅して車を乗り継ぎ、厳重な非常線を突破した。彼が目指す貨物船にたどりついた時、そこにはすでに警官隊が到着していた。原口の勧告をよそに馬島はマストによじ登り、まだ逃げようとする。結局、警部の拳銃が火を吐く。足を射たれて落ちてきた馬島の手に、警部の手錠がガチリとはめられた。翌日海の見える丘で、婚約を許された健一、原口の妹美沙子、木村、雪江、原口警部そして一家を解散した健一の父親が互いに将来を祝い合っていた。


天知茂、三ツ矢歌子

題名:暁の非常線
監督:小森白
企画:嶋村達芳
製作:大蔵貢
脚本:金田光夫
撮影:岡戸嘉外
照明:関川次郎
録音:澤田一郎
美術:小汲明
編集:永田伸
音楽:長瀬貞夫
製作主任:藤岡治郎
助監督:橋田寿久年
出演:天知茂、三ツ矢歌子、保坂光代、和田孝、沼田曜一、横山運平、小倉繁、大原譲治、野々村律子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ76分35mmフィルム
新東宝映画傑作選「恐怖のカービン銃 / 暁の非常線」-DVD販売-
恐怖のカービン銃/暁の非常線[DMMレンタル]


暁の非常線

映画「人間魚雷回天」


木村功                                岡田英次

今回は松林宗恵監督1955年製作「人間魚雷回天」をピックアップする。
本作は、人間魚雷という非人道的な兵器の実情が分かり、自ら海軍で出兵経験のある松林宗恵監督と須崎勝弥脚本にしか成し得ない作品になっている。特撮はズッコケルが、脚本と芝居で内容をカバーしている。


宇津井健                              沼田曜一

【ストリー】
戦争末期、大津島の日本海軍基地では戦局挽回のために、水中時攻艇回天の猛訓練が行われていた。隊員の大半は学校出身の予備士官だった。多くの犠牲者を出し、また同期生岡田(和田孝)が命を失ったことから、彼等はこの作戦に対し、懐疑的になっていた。学校士官関屋中尉(沼田曜一)は彼等を理解し、大野上水(殿山泰司)、田辺一水(加藤嘉)等は彼等に同情したが、隊長陣之内大尉(原保美)は軍人精神で押切っていた。出撃した村瀬少尉(宇津井健)と、北村兵曹(佃田博)が生還した。玉井少尉(木村功)等は喜んだが、同輩に罵倒された北村は一人悩んでいた。出撃を前に訓練は激しくなり、北村は疲労と、母親恋しさから精神錯乱を起し、自殺した。出撃命令が下りた。川村少尉(高原駿雄)は自分の回天に珠数をかけて祈り、ある者は碇荘で酒と女に我を志れた。玉井は碇荘の一室で、恋人早智子(津島恵子)と最後の逢瀬を楽しんだ。朝倉少尉(岡田英次)は一人宿舎に残り、田辺一水と語り明かした。関屋、朝倉、村瀬、玉井等を乗せた潜水艦が出発した後、早智子はひかれるように海に身を投じた。潜氷艦が赤道直下に至る頃、敵の駆逐艦に会い危くなった。関屋は回天に乗り、駆逐艦に体当りをした。艦隊司令から帰投命令をうけた時、敵艦隊の出港をキャッチした。朝倉、玉井、村瀬等は最後の別れを告げ回天に乗った。故障して海底に横たわる朝倉、早智子の写真を見つめて突っ込む玉井、必死に目標を追い突撃する村瀬。潜水艦は成功の喜こびに湧いたが、爆撃を受け浮上不能となり、回天に続いて自爆した。


加藤嘉、殿山泰司                        人間魚雷回天

津島恵子

題名:人間魚雷回天
監督:松林宗恵
企画:廣川聰
原作:津村敏行、齋藤寛
脚本:須崎勝彌
撮影:西垣六郎
照明:傍土延雄
録音:中井喜八郎
美術:進藤誠吾
特殊技術:新東宝特殊技術
編集:後藤敏男
音楽:飯田信夫
製作主任:前田晃利
助監督:瀬川昌治
出演:木村功、岡田英次、津島恵子、宇津井健 和田孝、國方傳、沼田曜一、加藤嘉、西村晃、高原駿雄、神田隆、横山運平、殿山泰司、丹波哲郎、原保美、佃田博
1955年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ87分35mmフィルム
人間魚雷回天 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人間魚雷回天

人間魚雷回天