映画「姐御 」

姐御 姐御
黒木瞳                          香山美子

今回は鷹森立一監督1988年製作「姐御 ANEGO」をピックアップする。
本作は、藤田五郎氏原作の小説「女侠客」の映画化したもので、極道の夫を殺された妻の復讐を描いている。明らかに70年代の東映任侠映画と違うティストで、若干の違和感が残るもののテンポは良かったのではないかと思う。脚本は中島貞夫監督、撮影は巨匠木村大作氏が担当されている。

姐御 姐御
松方弘樹、名高達郎                 石橋蓮司、白都真理
姐御 姐御
黒木瞳、松方弘樹                 石橋保、高部知子

【ストリー】
大阪・道頓堀で古溝組の若頭・紺野淳一(松方弘樹)は、田ノ浦組の客分・杉本(ビートたけし)に襲われ重傷を負った。淳一の妻・愛(黒木瞳)は死にものぐるいで杉本の白刃に飛びつくのだった。数日後、田ノ浦組から手打ちの申し入れがあったが、それは罠で、淳一は殺されてしまう。愛はかつて極道の妻だった澄江(香山美子)の店を手伝いながら田ノ浦への復讐を狙っていた。そして彼が愛人の亜矢子(白都真理)といるところを襲うが、失敗して刑務所に入れられてしまう。愛は獄中で女児を出産。幸子(竹村愛美)と名付けて澄江に預けた。4年後に愛は出所し、古溝組三代目・弘(名高達郎)に迎えられた。しかし、澄江の店も田ノ浦によって地上げされようとしていた。田ノ浦は悪どいやり口で弘まで殺し、幸子を誘拐。澄江は幸子と引き替えに店を立ち退くのだった。愛はついに田ノ浦を殺す決心をし、杉本を味方につけ、田ノ浦のマンションの合い鍵を手にした。そして、田ノ浦と亜矢子を待ちぶせ、淳一の仇をとるのだった。

姐御
「姐御 ANEGO」黒木瞳
姐御 姐御
ビートたけし                      寺田農

題名:姐御 ANEGO
監督:鷹森立一
製作:俊藤浩滋、高岩淡
原作:藤田五郎「女侠客」
構成:斯波道男
脚本:中島貞夫
撮影:木村大作
照明:増田悦章
録音:芝氏章
整音:伊藤宏一
音効:竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭
装置:梶谷信男
装飾:西川由紀夫
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:田中利男
結髪:山田真佐子
擬斗:金田治 (JAC)
配役:葛原隆康
記録:中嶋俊江
編集:市田勇
音楽:津島利章 主題歌:閔海景「この世のすべて
現像:東映化学 (ノンクレジット)
プロデューサー:佐藤雅夫、厨子稔雄、天野和人
企画:藤映像コーポレーション
進行主任:宇治本進
製作進行:下戸聡
演技事務:藤原勝
助監督:比嘉一郎
撮影補佐:信坂利文
監督助手:森本浩史、中川裕介
撮影助手:田中勇二、金子正人
撮影効果:村上喜代美
照明助手:伊藤昭、磯野雅宏、立石和彦、村沢浩一、鹿野克己、木戸美昭
録音助手:立石良二、川口三郎
美術助手:松宮敏之
装置助手:井筒恒夫
装飾助手:宮村敏正、大橋豊
衣装助手:宮川信男、中村恵
編集助手:坂口由美、田中みどり
刺青:毛利清二
火薬効果:ブロンコ
ヘアーメイク:福田高広
衣裳コーディネーター:堀田都志子
方言指導:永居光男、河原芳美、川鶴晃浩
製作宣伝:丸国艦
スチール:中山健司
出演:黒木瞳、名高達朗、香山美子、白都真理、高部知子、ビートたけし、松方弘樹、寺田農、石橋蓮司、石橋保、品川隆二、荒井注、志賀勝、間寛平、正司歌江、竹村愛美
1988年日本・東映/ビスタサイズ・カラー101分35mmフィルム
姐御 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

姐御 姐御
松方弘樹                     石橋蓮司、白都真理
姐御 姐御
錦引勝彦                       名高達郎

映画「修羅の群れ」


松方弘樹                       菅原文太

今回は山下耕作監督1984年製作「修羅の群れ」をピックアップする。
主演に松方弘樹さんを迎え、鶴田浩二さん、若山富三郎さん、菅原文太さん、丹波哲郎さん、北島三郎さん、北大路欣也さん等、東映の任侠映画路線を築き上げたベテラン俳優陣が重厚さを加えている。そして、東映初出演の酒井和歌子さんが華を添え元プロ野球選手の張本勲さんと小林繁さんも出演する。

【追記・訃報】
本作の主演をした松方弘樹さんが、2017年1月21日に死去した。享年74歳だった。


酒井和歌子                     北大路欣也

北島三郎                      鶴田浩二

【ストリー】
昭和8年の冬、雪の舞う横浜浅間町の柔道の吉岡道場を、横浜四親分の一人、加東伝三郎(丹波哲郎)が訪ねてきた。そこで柔道を習う稲原龍二(松方弘樹)は加東の勧めもあって、彼の若い衆になることに決めた。インテリでありながら博奕で身を滅ぼした父の仇をとるには、この道で男をあげるしかないと思ったのだ。龍二はよく働き、そんな彼に加東一家の兄貴分横山(鶴田浩二)が仁侠道のイロハを教えた。ある日、売り出し中の龍二は海岸でチンピラにからまれている娘を助ける。娘の名は中田雪子(酒井和歌子)、後の稲原夫人である。日本が太平洋戦争に突入した昭和15年、二人は結婚した。19年、勤労奉仕で御殿場の山北へ出かけた龍二は、伝三郎の兄弟分、横浜笹岡一家の桐原銀一郎とことを起こしてしまう。しかも、横浜四天王の一人、鶴岡政次郎(若山富三郎)の目前でだ。しかし、鶴岡は、弱い人間をかばって喧嘩した龍二を見込んで、身柄をあずかるといってくれた。戦後の混乱期の湯河原。賭場で無法をはたらいた海軍復員兵の長谷部(木之元亮)と森谷(清水健太郎)が龍二の貫禄に圧倒され、若い衆になった。更に、モロッコの辰、井沢輝一(菅原文太)というグレン隊あがりの暴れ者たちも次次と舎弟分となった。そして昭和24年春、熱海の山崎一家石井光之助親分の跡目を継ぎ、稲原組がうぶ声をあげた。僅か10年の間に稲原組は熱海を制覇するや、小田原、横浜、静岡へと進攻し、組員も増えた。龍二の人種差別しない心に感動した韓国人の山村修道(張本勲)、田上圭(小林繁)、五、六百人の若い衆をかかえる石河(北大路欣也)も、稲原に惚れ身内となった。組織が大きくなればなるほど上下の意志の疎通は欠けるようになり、井沢の独断専行が目にあまるようになった。横山は、彼を破門せよと迫り、龍二は断腸の思いでこれに従った。さらに不幸は襲った。龍二が親と仰いだ横山が死んだのだ。龍二は、横山のために建てた墓前で、更なる前進を誓うのだった。


若山富三郎                      丹波哲郎

題名:修羅の群れ
監督:山下耕作
製作総指揮:俊藤浩滋、高石淡
製作:佐藤雅夫、斎藤一重
原作:大下英治
脚本:村尾昭
撮影:赤塚滋
照明:海地栄
録音:平井清重
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:豊中健
技斗:上野隆三
記録:石田照
編集:市田勇
音楽:木下忠司 主題歌:北島三郎「神奈川水滸伝」
製作主任:野口忠志
助監督:俵坂昭康
スチール:中山健司
主演:松方弘樹、鶴田浩二、菅原文太、北大路欣也、酒井和歌子、北島三郎、若山富三郎、丹波哲郎、小林繁、張本勲、品川隆二、小野さやか、目黒大樹、待田京介、木之元亮
1984年日本・東映/ビスタサイズ・カラー123分35mmフィルム
修羅の群れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


松方弘樹

映画「次郎長三国志 甲州路殴り込み」


鶴田浩二                   長門裕之、里見浩太朗、品川隆二

今回はマキノ雅弘監督1965年製作「次郎長三国志 甲州路殴り込み」をピックアップする。
いわゆる”次郎長もの”は、1952年から1954年に東宝で9本製作され、1963年からマキノ雅弘監督によって東映で製作された本作は「次郎長三国志(1963年)」「続・次郎長三国志(1963年)」「次郎長三国志 第三部(1964年)」に続く第4(最終)作となった。


南田洋子                       里見浩太朗

【ストリー】
清水港次郎長(鶴田浩二)、お蝶(佐久間良子)夫婦のもとに、渡世人小政(里見浩太朗)が次郎長一家の投げ節お仲(安城百合子)の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助(石山健二郎)の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった。小政の案内で旅姿も颯爽と甲州路を急ぐ次郎長一家、これに江尻の大熊も乾分、お蝶を連れて加わった。大勢の乾分を連れて待ち伏せた勘助だったが、遂に次郎長の手で鮮血にまみれ、お仲は無事救出された。渡世仁義の掟でも喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れて、次郎長一家は病弱なお蝶を連れ、兇状旅に出た。こんな次郎長一家の姿を見た石松は、勘助殺しの下手人として自首して出ると言っては、次郎長お蝶に涙さすのだった。小政はこの次郎長一家の固い結束を見て、自分も乾分にと頼みこんだ。旅なれないお蝶の発熱をみかねた乾分たちは、昔次郎長が助けた関取りの八尾ケ嶽久六を訪ねた。久六は今は十手を握るやくざの親分となり、次郎長一家を親切げに迎い入れたが、久六の本心は賞金を狙っての芝居であった。途中でそれに気づいた石松らはお蝶を石松の幼友達七五郎の恋女房、お園に預けた。献身的なお園の看病に、次郎長一家は心をなごませた。数日後お仲が久六の賭場で荒稼ぎした金を持って訪ねた時、お蝶はも早やこの世の人ではなかった。が、かくまってくれていれば、お蝶は死ななかったのにと憤る乾分たち真新しい墓標の前でお蝶への弔合戦を次郎長に迫った。不意の殴り込みに、久六一家はひとたまりもなく叩き斬られた。御用提灯の波の中、お蝶の遺髪を抱いて、次郎長一家は清水へと急いだ。その中にお仲、お園に七五郎の顔もあった。


安城百合子

題名:次郎長三国志 甲州路殴り込み
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原作:村上元三
脚本:マキノ雅弘、山内鉄也
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:鈴木孝俊
装置:木津博
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:足立伶二郎
記録:梅津泰子
編集:宮本信太郎
音楽:菊池俊輔
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:折田至
スチール:諸角義雄
出演:鶴田浩二、佐久間良子、南田洋子、大木実、里見浩太朗、長門裕之、待田京介、山本麟一、山城新伍、品川隆二、田中春男、安城百合子、石山健二郎
1965年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
次郎長三国志 甲州路殴り込み -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


次郎長三国志 甲州路殴り込み

1 2