映画「ゴルゴ13 九竜の首」


「ゴルゴ13 九竜の首」千葉真一

今回は野田幸男監督1977年製作「ゴルゴ13 九竜の首」をピックアップする。
ゴルゴ13は、1973年に佐藤純彌監督で「ゴルゴ13」としてイラン・ロケで撮影されたが、本作はマイアミ・香港・マカオ・東京・京都で撮影され、香港の九龍城領域内の九龍城砦では映画史上初めて使われたそうだ。作品の出来は別として、デューク東郷のイメージは、千葉真一さんが近いのではないかと思う。


千葉真一                       嘉倫

【ストリー】
アメリカ麻薬組織の代表ロッキーから、シンジケートの香港支部長である周雷峰の暗殺依頼を受けたゴルゴ13は、香港へ飛んだ。ゴルゴがアメリカを発つ数日前、ビクトリア湾に全裸の男の死体が浮かんだ。捜査にあたった麻薬のスミニーと呼ばれる香港警察の主人刑事の鋭い眼は、死体の男がアメリカから派遣された殺し屋であったことから、麻薬のボス・周とアメリカの組織との間に亀裂が生じた結果とにらむ。そこで、香港から麻薬を一掃するチャンスとばかり捜査を開始する。スミニーは女刑事林玲を周の経営する「東方光」へ潜入させるが、林玲は麻薬の精製場である山小舎をつきとめたところで消息を断つ。スミニーはようやくのことで山小舎をつきとめるが、周の部下に爆破され、林玲は死亡する。ゴルゴは「東方光」で周に会うが、帰途、麻薬組織の男を撃ち殺した紅蘭という女を救う。香港警察の厳しい追求とゴルゴの出現に脅える周は、黒幕のXに助けを求めた。Xの指示どおり、周は市民に寄贈したプール開きに出席するが、側頭部を撃ち抜かれ即死する。だが、ゴルゴの銃から弾丸は発射されていなかった。周の情婦麗花の通報により、周殺害の犯人がゴルゴであると知らされたスミニーは、ゴルゴ逮捕に総力をあげる。危険を承知で「東方光」に向ったゴルゴは麗をベットに誘う。その時、ゴルゴは殺気を感じ、銃を撃つと“火喰い鳥”と呼ばれる南米随一の美人殺し屋が倒れていた。周殺しがこの“火喰い鳥”だとにらんだゴルゴは、麗花にXへ計画終了の電話をかけさせたうえ、彼女をも撃ち殺す。ポーラニア領事ポランスキーは、麻薬シンジケートのリストをFBIへの土産としてアメリカ亡命を企み、日本のアメリカ大使館に交渉した。この計画を知ったゴルゴは日本へ飛ぶが、ゴルゴを追ってきたスキニーに邪魔され、ポランスキーを逃してしまう。香港に戻ったポランスキーはアメリカからの連絡を待つ一方、石霊島に隠れ家を建て、厳重に警戒する。スミニーは、捜査網を張りめぐらし、遂にゴルゴを逮捕する。証拠不十分のため釈放されたゴルゴに、ポランスキーが雇った世界各国の殺し屋が襲いかかった。重傷をおったゴルゴは、紅蘭の手厚い看護によって救われる。ポランスキーの逃亡期日が迫っている事を知ったゴルゴは石霊島へ潜入する。処刑の部屋と呼ばれる脱出不可能とも思える所で、ゴルゴは殺し屋を倒す。スミニーが石霊島に到着した時、ポランスキーのためにFBIが用意したヘリコプターは離陸した。その時、ゴルゴの驚異的な威力を誇るアーマライトが火を吹いた。落下するポランスキーの手には麻薬組織の全貌の記録を詰めたアタッシュケースが握られていた。書類を手に入れたスミニー、役目を終えたゴルゴ。互いに激しい闘志をこめて対決する男と男の燃えたぎる鼓動のように飛び発って行くジャンボジェット機。--やがて、その機内に、次の標的に向かうゴルゴの姿があった。


鶴田浩二                        志穂美悦子

題名:ゴルゴ13 九竜の首
監督:野田幸男
企画:俊藤浩滋、杉本直幸。佐藤雅夫
原作:さいとう・たかを
脚本:中島信昭、杉本功
撮影:赤塚滋、勝木勝男
照明:金子凱美
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道
装置:吉岡茂一
背景:西村和比古
装飾:白石義明
美粧・結髪:東和美粧
衣装:佐々木常久
技斗:斎藤一之
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:伊部晴美
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作進行:伊藤彰将
助監督:土橋亨
スチール:三浦憲治
出演:千葉真一、嘉倫、志穂美悦子、新藤恵美、鶴田浩二、エレーナ・スン、ダナ、林偉哲、ジェリー伊藤
1977年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
ゴルゴ13 九竜の首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


新藤恵美