映画「愛のきずな」


藤田まこと                                 園まり

今回は坪島孝監督1969年製作「愛のきずな」をピックアップする。
本作は松本清張氏原作「たづたづし」を映画化したものだが、私にとって歌手のイメージが強かった園まりさんが、貞淑な人妻とコケティッシュな喫茶店のホステスを演じ分け、所作・佇まい・仕草などで魔性を見事に醸し出している。原作の脚色も良いのではないかと思う。


原知佐子                                 佐藤允

【ストリー】
東西観光の総務課長代理鈴木良平(藤田まこと)は、専務(山茶花究)の娘(原知佐子)と結婚し、皆から羨まれていた。だが、父親の権威をかさにきる妻との生活は、良平にとって愉快なものではなかった。ある雨の夕べ、良平は清純な娘雪子(園まり)と知合った。やがて二人に愛が芽生え夢のような数ヵ月が過ぎた。だから、良平が雪子に服役中の夫(佐藤允)がいると囁かれた時ショックは大きかった。雪子は、夫が出所したら、良平との関係を話し離婚すると言った。だが、小心な良平は、その時から強迫観念に襲われるようになった。雪子が離婚話を夫にしたら、必ず凶暴な彼女の夫は自分を刺しに来る。そう信ずる良平は、雪子に離婚を諦めるよう説得するのに、懸命だった。だが、雪子の良平に対する愛は変らなかった。良平は雪子を信州に誘って殺した。ところが、皮肉なことに良平は新たな恐怖にさいなまれはじめた。雪子のはめていたオパールの指輪を抜取ることを忘れたのだ。東西観光に雪子の夫が現われたのは、それから数日後だった。良平は、公金を横領して逃げている社員を自分とすり変えて難を逃れた。それから数日、良平は再び緊張した。自社のコマーシャル映画に雪子が映っていたからだった。良平が信州に尋ねた雪子は喫茶店に勤めていた。雪子は、突然の衝撃で失神したものの、死んだのではなかった。だが、雪子はその時のショックで過去の一切を失っていた。良平は雪子を東京に連れ帰り、再び恋仲となった。しかし、自分がまた事件の渦中に入り、死への運命を辿っていることを良平は知らなかった。


園まり                            藤田まこと

題名:愛のきずな
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、五明忠人
原作:松本清張「たづたづし」
脚本:小川英、坪島孝
撮影:内海正治
照明:高島利雄
美術:育野重一
録音:指田漸
整音:杉崎喬 (目黒スタジオ)
編集:武田うめ
音楽:広瀬健次郎 主題歌:園まり「ひとりにしないで」
現像:東洋現像所 合成:三瓶一信
製作担当者:篠田啓助
助監督:松本正志
スチール:橋山直己
出演:藤田まこと、園まり、原知佐子、佐藤允、山茶花究、上田吉二郎、左とん平、千石規子
1969年日本・渡辺プロダクション+東宝/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
愛のきずな -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田まこと、佐藤允                        園まり

中央本線 181系 特急あずさ号 (1966年~1975年まで同系列で運行)

映画「クレージー 黄金作戦」


「クレージー 黄金作戦」 ※ラスベガスのメインストリートを封鎖して撮影された。

植木等                        浜美枝

今回は坪島孝監督1967年製作「クレージー 黄金作戦」をピックアップする。
本作は、東宝創立35周年記念作品で、日本映画史上初のアメリカ本土ロケを敢行したそうだ。しかし、よく見ると東宝撮影所に組んだセットが多用されており、ハワイ、LA、ラスベガスのロケで撮れなかったシーンが代用されている。
ともあれ、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第9弾(全14作)で配給収入3億4000万円、観客動員数290万人の大ヒットとなった。


「クレージー 黄金作戦」浜美枝、植木等

ハナ肇                                 谷啓

【ストリー】
心乱(植木等)は坊主のくせに競馬から麻雀まで、すっかり博打に凝って、重なる借金のため金友商事の北川(有島一郎)にタダ働きさせられていた。彼はひょんなことから夢に見るラスベガスに行く機会を得た。心乱とロスアンジェルス行きの機中で一緒になったのが糞尿処理問題で男を上げた代議士の板垣(ハナ肇)、それに梨本(谷啓)だ。梨本は事故で死んだ米人の最後を看取ったことから、彼の遺産を受取るための渡米だった。ハワイで遊んで、やがてロス空港に着いた時、日本では心乱が債権者から詐欺で訴えられ、板垣は黒い霧の張本人として追求されており、梨本は恋人百合子(園まり)から捜索願が出されていることが分った。心乱と梨本はもともと片道の旅費しかもたなかったが、頼みの板垣がチップをやり過ぎて帰国するにも旅費がなかった。しかも、梨本の受取った遺産は廃坑の権利書と坑道地図だけで、最後に頼るのはラスベガスでの心乱の腕ということになった。金が少ないので徒歩でベガスに着いた3人は、有金をスロットマシンにつぎ込んだ。心乱はそれで50ドル稼ぎ、それを元手にルーレットで6万ドルを握った。ところが、会ったらツキが落ちるという女月子(浜美枝)が来てからの心乱はサッパリ駄目で、結局全部スッてしまった。逆に月子は心乱と会うとツキにツクのだ。一方、廃坑の地図を狙うアル一味が梨本を追っていた。坑道には昔の海賊が隠した金貨が眠っているのだ。それをアルの女子分メリー(ペギー・ニール)から聞いた梨本は一足先に坑道に入って金貨の入った大袋を持ち出した。たちまちアル一味と袋の争奪戦が始まった。そのうち心乱の手を離れた袋がルーレットの当り番号の上に落ち、百数十億円の金が転り込んできた。アルを警察に任せた心乱たちは意気揚々と日本に帰ってきたが、分け前をもらえなかった月子の計略で博打の金は全部慈善協会に寄付することになってしまった。やがて梨本はその金で建った病院に勤め、代議士を廃業した板垣は家業の煎餅屋に戻って地道に暮していたが、心乱は月子に追いかけられながら大穴を目当てにせっせと競馬場に通っていた。


「クレージー 黄金作戦」園まり

桜井センリ                                 犬塚弘

安田伸、石橋エータロー                植木等、ハナ肇、谷啓

加山雄三                     ペギー・ニール

ザ・ドリフターズ                      ブルー・コメッツ

ザ・ピーナッツ                     E・H・エリック

題名:クレージー 黄金作戦
監督:坪島孝
製作:渡辺晋
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:内海正治
照明:大野晨一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:竹中和雄
振付:小井戸秀宅
編集:武田うめ
音楽:宮川泰、萩原哲晶
現像:東洋現像所
製作担当:島田武治、大森幹彦
監督助手:浅野正雄
<ホテルリビエラ・ショー>
企画構成:谷啓、ハナ肇
監督:和田嘉訓
協力:パンアメリカン航空
スチール:岩井隆志
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、浜美枝、園まり、犬塚弘、桜井センリ、石橋エータロー、安田伸、ペギー・ニール、有島一郎、藤木悠、十朱久雄、人見明、藤岡琢也、藤田まこと、塩沢とき、E・H・エリック、加山雄三、ザ・ドリフターズ(いかりや長介・加藤茶・荒井注・高木ブー・仲本工事)、ザ・ピーナッツ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
1967年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー157分35mmフィルム
クレージー黄金作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桜井センリ、ハナ肇、植木等                 谷啓、植木等、ハナ肇

映画「クレージーメキシコ大作戦」


「クレージーメキシコ大作戦」浜美枝

植木等                           ハナ肇、犬塚弘

植木等、谷啓                                           谷啓、ハナ肇、植木等、安田伸

今回は坪島孝監督1968年製作「クレージーメキシコ大作戦」をピックアップする。
本作は、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第11弾で全14作が制作された。
本作は、途中でインターバルが入る程の長尺で、サンフランシスコ、メキシコシティ、アカプルコと約2週間にわたり海外ロケを行っているが、興行成績が振るわず東宝クレージー・キャッツ映画の大作路線は本作までとなったそうだ。
※前作「黄金作戦」の観客動員数は290万人、本作は170万人、興行収入4億5,000万円、約2億3000万円減少。


浜美枝

園まり                                                                春川ますみ

大空真弓、園まり、浜美枝

中丸忠雄、ハナ肇                                                アンナ・マルティン

加藤茶                                                               いかりや長介

荒井注、仲本工事                                                   高木ブー

【ストリー】
日本で開かれたメキシコ展の会場から、秘宝のありかを知る手掛りとなる石像が盗まれた。盗んだのはムショ帰り早々の花岡組の忠治(ハナ肇)だったが、逃げる途中、ひょんなことから、石像は大酒飲みの酒井(植木等)の手に渡った。ぬけ目のない酒井は美術専攻の学生絵美(浜美枝)に偽物をつくらせ、それを500万で花岡組に売りつけたのだ。花岡組はアメリカのギャングのボスから石像を手に入れると命令されていたのだった。偽の石像を待って花岡(田武謙三)は秘書の光子(大空真弓)とアメリカに飛んだが、光子と結婚するつもりの忠治もその後を追った。一方、進はギャング団のボスが悪性の癌にかかり、名医中村博士に手術させようと日本に来たケン(桜井センリ)に、間違えられてアメリカに連れられて行った。また、殺人事件に巻き込まれた銀行員の鈴木(谷啓)は、刑事に追われて新婚旅行の行先であるアメリカに逃げ出した。花嫁の雪子(園まり)もその後を追った。その頃、進はデタラメにやった、癌の手術が成功し、ボスから感謝されたが、居合せた花岡親分に石像が偽物と見破られ、追われてメキシコへ逃げた。そこには忠治と鈴木がいて、同じ日本人ということで、行動を共にすることになった。ある日、美しいメキシコ娘マリア(アンナ・マルティン)から石像の秘密はピラミッドに隠されている秘宝らしい、と聞いて、三人はピラミッドを捜し回り、ついに大秘宝のありかをさぐりあてた。そのあと、三人はアカプルコに豪遊としゃれこみ、そこに来ていた絵美、光子、雪子と再会した。しかし、彼らをギャング団が狙っていた。一味はまんまと進たちの持っていた大量の宝石を手に入れたが、そこで格闘になった。知らせで駆けつけたメキシコ警察はギャング団を取り押さえ、進たちはメキシコの秘宝を救った大恩人ということになった。


犬塚弘、谷啓、石橋エータロー、植木等、ハナ肇、桜井センリ

大空真弓、田武謙三                                                 中尾ミエ

ザ・ピーナッツ                                          沢田研二、アンナ・マルティン

題名:クレージーメキシコ大作戦
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、大森幹彦
脚本:田波靖男
撮影:内海正治
照明:小島正七
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:竹中和雄
衣裳:藤崎捷江
記録:野上照代
編集:武田うめ
音楽:宮川泰、萩原哲晶 主題歌「人生たかが二万五千日」
現像:東京現像所 合成:三瓶一信
製作担当:島田武治
助監助手:浅野正雄
メキシコ国立劇場ショー構成:河野洋、田村隆
メキシコ国立劇場ショー監督:小谷承靖
メキシコ国立劇場ショー振付:小井戸秀宅
スチール:石月美徳
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、浜美枝、大空真弓、園まり、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、藤田まこと、ザ・ドリフターズ、アンナ・マルティン、春川ますみ、十朱久雄、藤岡琢也、田武謙三、中丸忠雄、人見明、ザ・ピーナッツ 、中尾ミエ、沢田研二
1968年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー161分35mmフィルム
クレージーメキシコ大作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ハナ肇、大空真弓、犬塚弘、植木等、浜美枝、谷啓、園まり

クレージーメキシコ大作戦