映画「赤ひげ」


三船敏郎                        加山雄三

今回は黒澤明監督1965年製作「赤ひげ」をピックアップする。
本作の撮影は、世田谷区砧にある東宝撮影所に近い30,000平方メートルの敷地に、表門、役人詰所、病棟、賄所に至る30数棟、延べ3,000平方メートルを越す広さで「小石川養生所」のセットが建てられた。その現場に、当時アメリカからピーター・オトゥール、シドニー・ポワチエ、カーク・ダグラスなどハリウッド映画人がセットを視察に来たそうだ。黒澤明監督が「日本映画の危機が叫ばれているが、それを救うものは映画を創る人々の情熱と誠実以外にはない。私は、この『赤ひげ』という作品の中にスタッフ全員の力をギリギリまで絞り出してもらう。そして映画の可能性をギリギリまで追ってみる」という熱意を込めて、シナリオ執筆に2年、撮影に1年半もの期間をかけたのだった。

当時、若大将シリーズで人気沸騰の加山雄三さんは、「ハワイの若大将」撮影後、黒澤組に1年間拘束された。このブランクで若大将シシリーズの中止は避けられないと考えられていたが、1965年に「海の若大将」が宝塚映画で制作され、前作を上回る興業成績を収めた。


加山雄三、田中絹代                加山雄三、土屋嘉男

【ストリー】
医員見習として小石川養生所へ住み込んだ保本登(加山雄三)は、出世を夢みて、長崎に遊学したその志が、古びて、貧乏の匂いがたちこめるこの養生所で、ついえていくのを、不満やるかたない思いで、過していた。赤っぽいひげが荒々しく生えた所長新出去定(三船敏郎)が精悍で厳しい面持で、「お前は今日からここに詰める」といった一言で、登の運命が決まった。人の心を見抜くような赤ひげの目に反撥する登はこの養生所の禁をすべて破って、養生所を出されることを頼みとしていた。薬草園の中にある座敷牢にいる美しい狂女は、赤ひげのみたてで先天性狂的躰質ということであった。登は、赤ひげのみたてが誤診であることを指摘したが、禁を侵して足しげく通った結果、登は、赤ひげのみたてが正しかったことを知った。毎日、貧乏人と接し、黙々と医術をほどこす赤ひげは、和蘭陀医学を学ばなければ解る筈のない大機里爾という言葉を使って、登に目をみはらせた。赤ひげは「病気の原因は社会の貧困と無知から来るものでこれに治療法はない」といつも口にしていた。こんな中で登は、貧しく死んでゆく人々の平凡な顔の中に、人生の不幸を耐えた美しさを見るようになった。登が赤ひげに共鳴して初めてお仕着せを着た日赤ひげは登を連れて岡場所に来た。そして幼い身体で客商売を強いられるおとよ(二木てるみ)を助けた。人を信じることを知らない薄幸なおとよが登の最初の患者であった。長崎帰りをひけらかし、遊学中に裏切ったちぐさ(藤山陽子)を責めた自分に嫌悪を感じた登は、おとよの看病に必死となった。やがておとよは、登に対しても他人に対してもあふれる愛情を示し始めた。そしてふとした盗みでおとよに救け出された長次(頭師佳孝)とおとよの間に、幼い恋が芽生えた頃、登はちぐさの妹まさえ(内藤洋子)と結婚の約束を取り交した。そして、名誉にも金にも縁遠くなっても、一生この養生所で、医術にいそしむことを誓った。


二木てるみ                         香川京子

頭師佳孝

題名:赤ひげ
監督:黒澤明
製作:田中友幸、菊島隆三
原作:山本周五郎「赤ひげ診療譚」
脚本:井手雅人、小国英雄、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一、斎藤孝雄
照明:森弘充
特機:関根義雄
録音:渡会伸
音効:三縄一郎
整音:下永尚
美術:村木与四郎
小道具:野島秋雄
結髪:松本好子
技髪:山田順二郎
衣裳:鮫島喜子
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:根津博
製作進行:木島繁
助監督:森谷司郎
監督助手:出目昌伸、松江陽一、大森健次郎
撮影助手:原一民
照明助手:原文良
録音助手:指田漸
美術助手:福迫望
編集助手:兼子玲子
製作宣伝:斉藤忠夫
スチール:副田正男
出演:三船敏郎、加山雄三、山崎努、団令子、桑野みゆき、香川京子、江原達怡、土屋嘉男、二木てるみ、頭師佳孝、根岸明美、東野英治郎、志村喬、笠智衆、杉村春子、田中絹代、藤山陽子、内藤洋子、野村昭子、藤原釜足、西村晃、常田富士男、菅井きん、風見章子、富田恵子、左卜全、渡辺篤
1965年第26回ヴェネチア国際映画祭男優賞(三船敏郎)、サン・ジョルジョ賞、ヴェネチア市賞、モスクワ国際映画祭映画労働組合賞受賞
1965年日本・黒澤プロダクション+東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ185分35mmフィルム
赤ひげ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三、三船敏郎                                                内藤洋子、加山雄三

映画「悪い奴ほどよく眠る」


三船敏郎                         香川京子

今回は黒澤明監督1960年製作「悪い奴ほどよく眠る」をピックアップする。
本作は黒澤監督が東宝を退社し、黒澤プロダクションを設立してからの第1弾作品で、直接制作費8,200万円で興行収益は東宝と折半したそうだ。冒頭の結婚式のシーンで、マスコミ記者に登場人物を語らせて状況を整理するという手法は、当時画期的だったに違いないと思う。内容は、西幸一(三船敏郎)が、政治汚職を背景に父親を死に追いやった元凶である政治家達に様々な方法で復讐して行くが、悪の根源はもっと深いところにあるというものだ。やや冗長な構成ではあるが、優れた作品である。

2018年、軍国的な教育を行う学校法人に賛同した安倍内閣総理夫妻に忖度して、10億円する国有地を1億円で払い下げた森友学園問題は、売却を担当した財務省職員が不正に耐えられず自殺した。
虚偽答弁、事実隠蔽、公文書改竄を平然と続ける安倍晋三とその一味……。悪の根源は、現在も何ら変わっていない。
むしろ罷り通っている。50年以上前に作られた本作は、現在も続くテーマを内包している事に、私は黒澤監督の偉大を思う。


志村喬、森雅之、三橋達也              三船敏郎、西村晃

【ストリー】
日本未利用土地開発公団の副総裁岩淵(森雅之)の娘佳子(香川京子)と、秘書の西幸一(三船敏郎)の結婚式は、異様な舞囲気に満ちていた。政界、財界の名士を集めた披露宴が始まろうとする時、公団の課長補佐和田(藤原釜足)が、のりこんだ捜査二課の刑事に連れ去られた。押しかけた新聞記者たちは、5年前、一課長補佐が自殺しただけでうやむやのうちに終った庁舎新築にからまる不正入札事件に、やはり現公団の副総裁岩淵と管理部長の守山(志村喬)、契約課長の白井(西村晃)が関係していたことを思いだした。ウェディング・ケーキが運ばれてきた。それは、5年前の汚職の舞台となった新築庁舎の型をしていた。しかも、自殺者が飛び降りた7階の窓には、真赤なバラが一輪突きささっていた。その頃、検察当局には差出人不明の的確な密告状が連日のように舞いこんでいた。そのため、開発公団と大竜建設の30億円にのばる贈収賄事件も摘発寸前にあった。だが、肝心の証拠が逮捕した和田や大竜建設の経理担当三浦(清水元)の口からも割りだすことができず拘留満期がきて二人は釈放された。三浦は拘置所の門前で、トラックに身を投げ出して自殺、和田も行方不明となった。和田は公団の開発予定地である火口から身を投げようとした。その前に立ちふさがったのは西だった。翌日の新聞は、和田の自殺を報じた。奇怪な事件がまた起った。岩淵と守山の命で貸金庫の鍵を開けた白井が、金が消えさっている代りに、例の新築庁舎の絵葉書が一枚残されているのを発見したのだ。その貸金庫のカラクリを知っているのは、白井と死んだ和田しか知らないはずだ。白井はその夜、自宅の街燈の下に和田の姿を見て、ショックのため気が狂った。そんな白井が不正事件を発覚させないかと案じた大竜建設の波多野社長(松本染升)と金子専務(山茶花究)は、岩淵と守山に処分を命じた。彼らは殺し屋(田中邦衛)を使って白井を消そうとした。白井を救ったのは、またしても西だった。西は5年前自殺した古谷の息子だったのである。すべては父の復讐をするためだったのだが、守山に感づかれた。西は守山を造兵廠跡の廃墟に閉じこめた。和田が佳子を電話で呼び出し、廃虚に連れてきた。何もかも聞き幸せですという佳子を、西は初めて抱きしめた。帰った佳子を岩淵はだまし、西の居所を言わせた。西は薬用アルコールを静脈に注射され、自動車に失心状態のまま押しこまれて、貨物列車にぶつけられた。岩淵は記者に「申し分のない秘書を、しかも、娘の婿を失って呆然自失--」とつぶやいた。


志村喬、西村晃、森雅之              田中邦衛、西村晃

題名:悪い奴ほどよく眠る
監督:黒澤明
製作:田中友幸、黒澤明
脚本:小國英雄、久板榮二郎、黒澤明、菊島隆三、橋本忍
撮影:逢澤譲
特機:大隅銀造
照明:猪原一郎
録音:矢野口文雄、下永尚
音効:三縄一郎 (パースペクタ立体音響)
美術:村木興四郎
小道具:浜村幸一
技髪:山田順二郎
結髪:浅見知子
衣裳:栗原正次
記録:斎藤照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
特殊技術:東宝技術部
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:根津博
製作進行:江口英彦
助監督:森谷司郎
監督助手:坂野義光、西村潔、松江陽一、川喜多和子
撮影助手:斎藤孝雄、木村大作
美術助手:佐久間純
編集助手:兼子玲子
演技事務:吉竹悠一
音楽事務:原田英雄
製作宣伝:林醇一
スチール:副田正男
出演:三船敏郎、森雅之、香川京子、三橋達也、志村喬、西村晃、加藤武、藤原釜足、笠智衆、宮口精二、南原宏治、土屋嘉男、山茶花究、田中邦衛、菅井きん、松本染升、清水元
1960年日本・黒澤プロダクション+東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ150分35mmフィルム
悪い奴ほどよく眠る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加藤武、香川京子、三橋達也               森雅之

映画「大学の若大将」


加山雄三                         星由里子

今回は杉江敏男監督1961年製作「大学の若大将」をピックアップする。
本作は、俳優加山雄三さんの代名詞とも言える東宝”若大将シリーズ”の第1作で、1971年までの11年間に17本が製作された。
名優上原謙さんの長男という”芸能界のサラブレッド”としてデビューした加山さんは、明朗快活、スポーツ万能、歌や楽器もこなすというキャラクターで売り出された。流行のスポーツや音楽、若者風俗を取り入れたこのシリーズは、彼を早速スターダムに押し上げ、挿入歌のレコードも軒並みヒットさせている。本作のロケーションは、箱根芦ノ湖、芦ノ湖プリンスホテル(現ザ・プリンス箱根)、明治神宮水泳場(旧神宮プール)、外苑西通り(東京都道418号北品川四谷線の一部)、外苑橋などで行われている。また本作は藤山陽子さんのデビュー作である。


田中邦衛、星由里子                   藤山陽子

団令子、北あけみ、宮田芳子             有島一郎、飯田蝶子、加山雄三

【ストリー】
京南大学水泳部の田沼雄一(加山雄三)は、明治時代からの歴史を誇るすきやき屋「田能久」の若旦郡である。父久太郎(有島一郎)は昔気質の頑固者で、最近は商売仇のステーキハウス「黒馬車」がぐんぐんのしてくるので機嫌が悪い。おまけに雄一が黒馬車で歌手のはるみ(北あけみ)と仲良く歌っているとあってカンカンに怒った。そんな時、祖母のりき(飯田蝶子)がいつも雄一の味方となって父と子の仲を円くおさめていた。水泳部主催のパーティの日。雄一は同級生の団野京子(団令子)や、はるみとばかり踊るので石山製菓のキャンデー・ガール中里澄子(星由里子)は面白くない。その夜、雄一は店の肉を持ち出して部員達にオゴってしまったためとうとう久太郎に勘当されてしまった。雄一は夏季休暇をさいわいに、芦ノ湖へアルバイトに出かけた。親友多湖(江原達怡)もアルバイトでデパート会社の社長野村家の別荘の管理人をしていた。雄一は、ボート小屋に泊りこみ、ボートの貸し出しと看視人をやっていた。澄子も出張で「ビーチハウス」に来ており、はるみも湖畔ホテルで歌っていた。石山製菓社長のドラ息子で、雄一の同級生石山新次郎(田中邦衛)は澄子に惚れていて、澄子をヨットに誘った。ヨットの中で新次郎が澄子にケシカラン振舞いに出た時、雄一が澄子を救った。雄一は自分が本当に愛しているのは澄子だとその時悟った。カラリと晴れたある日、雄一は転覆したボートから野村父子(上原謙、竹沢光男)を救った。夏休みが終り、水泳部の合宿が始ったある日、野村社長より娘の千枝子(藤山陽子)を貰ってくれるよう雄一はいわれた。多湖が千枝子を愛していることを知った雄一は、見合いの劇場に多湖を連れて行き、野村社長に千枝さんの相手にふさわしい人はこの人ですといって多湖を紹介した。そんなことを知らない澄子は大むくれである。そんな澄子に新次郎が言い寄った。澄子を乗せた新次郎の車は、通りがかりのりきをはねとばした。雄一の輸血でりきは危機を脱した。そして、澄子の誤解もとけた。雄一は急いで、対抗戦の始っているプールへ帰っていくのだった。


中真千子、飯田蝶子               久慈あさみ、上原謙

菅井きん、藤原釜足               土屋嘉男、江原達怡

題名:大学の若大将
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:鈴木斌
照明:猪原一郎
録音:矢野口文雄
整音:宮崎正信
美術:村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:広瀬健次郎 主題歌:加山雄三「大学の若大将」
現像:東京現像所
製作担当:根津博
製作進行:橋本利明
助監督:梶田興治
監督助手:森谷司郎、出目昌伸
スチール:秦大三
出演:加山雄三、星由里子、団令子、田中邦衛、北あけみ、藤山陽子、江原達怡、有島一郎、土屋嘉男、飯田蝶子、中真千子、上原謙、藤原釜足、久慈あさみ、菅井きん、宮田芳子、堺左千夫、竹沢光男、左卜全
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー82分35mmフィルム
大学の若大将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


加山雄三                      田中邦衛、星由里子

1 2 3 4