映画「蜘蛛巣城」


三船敏郎                         山田五十鈴

今回は黒澤明監督1956年製作「蜘蛛巣城」をピックアップする。
シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた内容の本作は、製作日数・製作費共に破格のスケールで作られ、1957年1月15日に劇場公開された。富士山の2合目・太郎坊の火山灰地に、蜘蛛巣城の巨大なセットを建設し、城の内側は東宝撮影所近くの農場にオープンセットを組み、室内は所内でスタジオ撮影をしたそうだ。


三船敏郎、千秋実                     志村喬

【ストリー】
戦国時代、難攻不落を誇る蜘蛛巣城の城内では城主都築国春(佐々木孝丸)を中に軍師小田倉則保(志村喬)ら諸将が北の館藤巻の謀叛に遭い籠城の覚悟を決めていた。その時、使者が駆込み、一の砦の鷲津武時(三船敏郎)と二の砦の三木義明(千秋実)が敵を破ったと報じた。主家の危急を救った武時と義明は主君に召され蜘蛛巣城に帰るべく城の前にある蜘蛛手の森に入った。ところが道に迷い雷鳴の中を森を抜け出そうと進むうち二人は一軒の小屋を見つけた。小屋の中から老婆(浪花千栄子)が現れた。驚く二人に老婆は「武時は北の館の主に、やがて蜘蛛巣城の城主になり、義明は一の砦の大将に、また義明の子はやがて蜘蛛巣城の城主になる」と不思議な予言をした。その夜、武時は北の館の主に、義明は一の砦の大将に任ぜられた。武時の妻浅茅(山田五十鈴)は冷い女。義明が森の予言を国春に洩らしたら一大事と、夫に国春を殺し城主になれと唆かす。悪魔のような囁きに武時は動揺するが、遂に国春を刺し蜘蛛巣城の城主となる。子のない武時は、予言に従いやがて義明の子義照を世継ぎにしようと考えた。ところが栄華の欲望にとりつかれた浅茅に反対され更に彼女が懐妊を告げて再び唆かすと武時は義明を討った。主君と親友を殺した武時は良心の呵責に半狂乱となり城中にも不安が漲った。大嵐の夜、浅茅は死産し重態に陥った。と、その時、一の砦から使者が来て、武時の手を逃れた国春の一子国丸(太刀川洋一)を奉じて小田倉則保と義明の子義照(久保明)が大将となって城に押寄せたと告げた。凶報相次ぐ蜘蛛巣城内の部将たちは戦意も喪失したが武時は、ふと森の老婆を思い出し武運を占わせようと蜘蛛手の森に駈け入った。老婆が現われ、「蜘蛛手の森が動き城へ押寄せぬ限り武時は敗れぬ」と再び予言した。狂喜した武時は城に帰った。が将兵は依然不安に戦き浅茅は遂に発狂した。時も時、城内に叫びが起った。蜘蛛手の森が城に押寄せたというのだ。軍兵たちは武時に裏切者の声を浴びせ、恐怖のうち矢を射られ城から転落した。蜘蛛巣城に朝日が輝いた。動く森と見えたのは全軍木の枝で擬装した則保の軍勢であった。


浪花千栄子                        三船敏郎

題名:蜘蛛巣城
監督:黒澤明
製作:黒澤明、本木荘二郎
原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」
脚本:小国英雄、橋本忍、菊島隆三、黒澤明
撮影:中井朝一
照明:岸田九一郎
録音:矢野口文雄
音効:三縄一郎
特殊技術:円谷英二、東宝特殊技術部
美術:村木与四郎 美術考証:江崎孝坪
小道具:浜村幸一
衣裳:森太樹
結髪:松本好子
美髪:山田順二郎
記録:野上照代
編集:黒澤明
音楽:佐藤勝
現像:東宝現像所
製作担当:根津博
チーフ助監督:野長瀬三摩地
監督助手:清水勝弥、田実泰良、金子敏治、佐野健、坂野義光
撮影助手:斎藤孝雄、梁井潤
照明助手:羽田昭三
録音助手:上原正直
美術助手:本多好文
経理担当:橋本活道
スチール:副田正男
流鏑馬指導:金子家教(大日本弓馬会藩士)
出演:三船敏郎、山田五十鈴、志村喬、千秋実、久保明、太刀川洋一、浪花千栄子、佐々木孝丸、上田吉二郎、藤木悠、土屋嘉男、稲葉義男、井上昭文、小池朝雄、木村功、宮口精二、中村伸郎
1956年日本・東宝/スタンダートサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
蜘蛛巣城 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三船敏郎                         蜘蛛巣城

映画「クレージーの無責任清水港」


谷啓、植木等                              浜美枝

今回は坪島孝監督1965年製作「クレージーの無責任清水港」をピックアップする。
1966年の正月に公開された本作は「時代劇シリーズ」全4作第3弾で、続編が最終作「クレージーの殴り込み清水港」となる。


ハナ肇、平田昭彦                            団令子

【ストリー】
東海道清水港。売出し中の清水次郎長も経済成長のひずみで一家の台所は火の車。そんなところへ、信州は沓掛の生れの風来坊追分の三五郎がやってきた。しかしこの三五郎は一宿一飯の恩義で、肩のこる思いをするのは真平と、次郎長一家へ草鞋を脱がず、腹をへらしたあげく、無銭飲食で牢へ入った。一方、次郎長一家では、大瀬の半五郎がふとしたことから、次郎長一家の売り出しを恨む鷹岡の勘助の身内と喧嘩になり大瀬の半五郎の身代りを買ってでた、人の良い石松が牢暮しの破目におちいった。牢内で会った石松と半五郎はたちまち意気投合。やがて数日がすぎ出所した石松は次郎長のもとに帰り、三五郎はまた宿無しの身となった。が、ある日、小料理屋「ひさご」で一人娘お美代を相手に、石松から聞きかじっていた、大瀬の半五郎の武勇伝をわがことのようにぶち、悦にいっていた。ところが、これをまわりで聞いていたのが用心棒の大河原玄蕃を雇って次郎長一家へ殴りこみをかける途中の勘助身内の子分たちだった。引っこみがつかなくなった三五郎は、奇抜な計画で玄蕃を倒し逃げだしたものの、仕返しを恐れて石松の居候となった。またそんな時、新助、清次という兄弟が親の仇討ちの助太刀を頼みにやってきた。そこへ勘助が横山隼人という用心棒を雇い、喧嘩状を送ってきた。次郎長は石松に破門を言い渡し、怒った三五郎と石松は恋しいお雪やお美代に別れをつげ次郎長のもとを去った。が、途中三五郎を追ってきた新助、清次の兄弟が、仇とねらう隼人をみつけだし、仕方なく三五郎は、隼人と対して奇策で隼人を倒した。そこへお美代がかけつけ次郎長の窮状を告げた。石松は三五郎のとめるのをふりきって、次郎長を助けるべく勘助との喧嘩場へむかった。三五郎も仕方なく後を追い、自分がカマユデになることを条件に喧嘩を無事おさめ、得意の忍術でカマをぬけだした。数日後、次郎長のもとにたち帰った三五郎は、おどろき、あきれる次郎長をしり目に、またゴキゲンで旅にでていった。


高橋紀子、植木等                         横山道代、植木等

題名:無責任清水港
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、藤本真澄
脚本:小国英雄
撮影:小泉福造
照明:高島利雄
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:育野重一
殺陣:久世竜
編集:武田うめ
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「小諸馬子唄~ちゃっきり節」「遺憾に存じます」
現像:東京現像所
製作担当:山田順彦
監督助手:坂野義光
スチール:副田正男
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、団令子、浜美枝、高橋紀子、平田昭彦、安田伸、石橋エータロー、桜井センリ、犬塚弘、土屋嘉男、横山道代、藤木悠、田崎潤、塩沢とき
1965年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
クレージーの無責任清水港 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、安田伸                        犬塚弘

藤木悠                               田崎潤

谷啓、植木等                           無責任清水港

無責任清水港

映画「薔薇の葬列」


池畑慎之介(ピーター)                  土屋嘉男

今回は松本俊夫監督1969年製作「薔薇の葬列」bestをピックアップする。
本作は松本監督、渾身の劇場用長編第1作であり、ピーターさんのデビュー作でもある。
オイディプス劇的ストリーに実験映画的要素を大胆に取り入れ、時間軸の超越で組み立てられた構成は素晴らしく、同時代の商業映画とは一線を画した秀逸な作品である。
撮影は名匠鈴木達夫氏が担当され、特にハンディカメラのショットは、まさに神業だ。
松本監督は短編映画、実験映画等を数多く手掛け、著書も多数あるが、私は「映像の発見」で大変感銘を受け、70年代に入ってから本作を新宿ATG(アートシアターギルド)で観て衝撃を受けたのを覚えている。それから40年以上経った今、当時の感動が蘇る。

残念ながら松本俊夫監督は2017年4月(満85歳没)に惜しまれつつ亡くなられた。合掌。
ニュースソース(朝日新聞デジタル)


※この撮影風景も本編に入る凄さ!キャメラはArriflex 35 ⅡC (200ftマガジン)
“虚構”と”現実”を織り交ぜながらゲイという新人類(当時は)の探求がテーマである。
このペースもまた”虚構”=”映画”であるというインサートカットだと私は解釈した。


小笠原修                        東恵美子

【ストリー】
エディ(池畑慎之介)は、ゲイ・バー“ジュネ”のNO1だったが、経営者の権田(土屋嘉男)と情事を持った。権田と同棲している“ジュネ”のママのレダ(小笠原修)は、それを知って、心中穏やかではなかった。二人の間は、冷戦から熱戦へエスカレートする。
エディは、レダを消してしまえば……と想像する。その考えは、恐ろしい母親殺しの記憶を呼び起こした。母の手一つで育てられたエディは、ある日偶然、母(東恵美子)の情事を見てしまい、発作的に母を刺してしまったのだった。厭な思い出から逃れようと、エディは、ベトナム帰休兵の黒人トニー(ドン・マドリッド)と寝る。一方、エディとレダの反目は、派手なとっくみ合いの喧嘩で頂点に達した。焦ったレダは、ズべ公に頼んでエディの美貌を傷つけようとするが、失敗。しかもその陰謀かバレ、権田に捨てられて、自殺する。エディは、権田も店も手に入れた。二人は晴れて抱き合った。が、権田は、一枚の古い写真から、エディが実の息子だったことを知り、頚動脈を切って自殺する。すべてを知ったエディは、ナイフで自分の両眼をえぐりとった。


薔薇の葬列

薔薇の葬列

「薔薇の葬列」池畑慎之介(ピーター)

題名:薔薇の葬列
監督:松本俊夫
製作:工藤充
脚本:松本俊夫
撮影:鈴木達夫
照明:久米成男
美術:朝倉摂
装飾:日本美術造形社
録音:片山幹男
音効:福島効果
特殊メイク:小林重雄
殺陣:久地明
編集:岩佐壽彌
記録:馬道子
音楽:湯浅譲二
製作主任:町田圭子
製作進行:藤沢すみ子
現像:東洋現像所
スチール:遠藤正
出演:池畑慎之介(ピーター)、土屋嘉男、小笠原修、城よしみ、仲村紘一、太田サー子、フラメンコ梅路、卍太郎、小林千枝子、東恵美子、ドン・マドリッド、小松方正、淀川長治、秋山庄太郎、篠田正浩、粟津潔、岩崎とよ子、藤田敏八
1969年日本・松本プロダクション+ATG/スタンダードサイズ・モノクロ104分35mmフィルム
薔薇の葬列 -DVD-
2017年8月現在、DVDレンタルはありません。


「薔薇の葬列」カメオ出演:淀川長治氏     小笠原修、池畑慎之介(ピーター)

「薔薇の葬列」池畑慎之介(ピーター)

1 2 3 4