映画「日本のいちばん長い日」

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
三船敏郎

今回は岡本喜八監督1967年製作「日本のいちばん長い日」をピックアップする。
本作は、東宝創立35周年記念作品の一つとして映画化され”東宝8.15シリーズ”として「海軍特別年少兵(1972年/今井正監督)」まで6本の映画が製作された。「日本のいちばん長い日」は2015年に原田眞人監督がリメイクしている。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
高橋悦史、黒沢年雄

【ストリー】
戦局が次第に不利になってきた日本に無条件降伏を求める米、英、中のポツダム宣言が、海外放送で傍受されたのは昭和20年7月26日午前6時である。直ちに翌27日、鈴木総理大臣官邸で緊急閣議が開かれた。その後、8月6日広島に原爆が投下され、8日にはソ連が参戦、日本の敗北は決定的な様相を呈していたのであった。第一回御前会議において天皇陛下が戦争終結を望まれ8月10日、政府は天皇の大権に変更がないことを条件にポツダム宣言を受諾する旨、中立国のスイス、スウェーデンの日本公使に通知した。12日、連合国側からの回答があったが、天皇の地位に関しての条項にSubject toとあるのが隷属か制限の意味かで、政府首脳の間に大論争が行なわれ、阿南陸相はこの文章ではポツダム宣言は受諾出来ないと反対した。しかし、8月14日の特別御前会議で、天皇は終戦を決意され、ここに正式にポツダム宣言受諾が決ったのであった。この間、終戦反対派の陸軍青年将校はクーデター計画を練っていたが、阿南陸相は御聖断が下った上は、それに従うべきであると悟した。一方、終戦処理のために14日午後1時、閣議が開かれ、陛下の終戦詔書を宮内省で録音し8月15日正午、全国にラジオ放送することが決った。午後11時50分、天皇陛下の録音は宮内省二階の御政務室で行われた。同じ頃、クーデター計画を押し進めている畑中少佐は近衛師団長森中将を説得していた。一方厚木302航空隊の司令小薗海軍大佐は徹底抗戦を部下に命令し、また東京警備軍横浜警備隊長佐々木大尉も一個大隊を動かして首相や重臣を襲って降伏を阻止しようと計画していた。降伏に反対するグループは、バラバラに動いていた。そんな騒ぎの中で8月15日午前0時、房総沖の敵機動部隊に攻撃を加えた中野少将は、少しも終戦を知らなかった。その頃、畑中少佐は蹶起に反対した森師団長を射殺、玉音放送を中止すべく、その録音盤を奪おうと捜査を開始し、宮城の占領と東京放送の占拠を企てたのである。しかし東部軍司令官田中大将は、このクーデターの鎮圧にあたり、畑中の意図を挫いたのであった。玉音放送の録音盤は徳川侍従の手によって皇后官事務官の軽金庫に納められていた。午前4時半、佐々木大尉の率いる一隊は首相官邸、平沼枢密院議長邸を襲って放火し、5時半には阿南陸相が遺書を残して壮烈な自刃を遂げるなど、終戦を迎えた日本は、歴史の転換に伴う数々の出来事の渦中にあったのである。そして、日本の敗戦を告げる玉音放送の予告が電波に乗ったのは、8月15日午前7時21分のことであった。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
笠智衆                        志村喬

題名:日本のいちばん長い日
監督:岡本喜八
製作:田中友幸、藤本真澄
原作:大宅壮一
脚本:橋本忍
撮影:村井博
照明:西川鶴三
録音:渡会伸
整音:下永尚
美術:阿久根巖
記録:森淑子
編集:黒岩義民
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:鈴木政雄
助監督:渡辺邦彦
監督助手:山本迪夫
スチール:吉崎松雄
出演:三船敏郎、黒沢年雄、高橋悦史、島田正吾、土屋嘉男、中谷一郎、山村聰、笠智衆、志村喬、加山雄三、戸浦六宏、中丸忠雄、加藤武、ナレーター:仲代達矢
1967年日本・東宝/シネスコサイズ・モノクロ157分35mmフィルム
日本のいちばん長い日 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

日本のいちばん長い日日本のいちばん長い日
山村聰

映画「椿三十郎」

椿三十郎
三船敏郎

三船敏郎                                                           仲代達矢

今回は黒澤明監督1962年製作「椿三十郎」をピックアップする。
本作はお家騒動に揺れる藩を舞台に、凄腕浪人・三十郎が活躍する時代劇だが、登場の仕方と展開、去り行く姿が西部劇だ。それは私の見解であって巨匠はそんな事は考えて作ったとは思わない。しかし三船敏郎さんという俳優は、ほんとうに凄い役者だ。本作は三船敏郎の存在感が作品を支配している。

椿三十郎椿三十郎
加山雄三

【ストリー】
ある城下町の夜、薄暗い社殿で九人の若侍が密議をこらしていた。城代家老睦田に、次席家老黒藤と国許用人竹林の汚職粛清の意見書をさし出して入れられず、大目付菊井に諭されてこの社殿に集っていたのだ。その真中へよれよれの紋付袴の浪人者(三船敏郎)が現れて、九人をびっくりさせた。その上、その浪人者は、城代家老が本物で、大目付の菊井が黒幕だといって皆を仰天させた。その言葉の通り、社殿は大目付輩下の手の者によって取りまかれていた。あおくなった一同を制してその浪人者は、九人を床下へかくし一人でこの急場を救った。その時、敵方の用心棒室戸半兵衛(仲代達矢)はその浪人者の腕に舌をまいた。かしこまる若待をみた浪人者は、急に可哀そうになり力をかすことにした。城代家老は屋敷からはすでにどこかへ連れていかれた後であり、夫人(入江たか子)と娘の千鳥(団令子)が監禁されていた。浪人者はこの二人を救い出し、若侍の一人寺田の家にかくまった、寺田の家は黒幕の一人黒藤(志村喬)の隣だ。黒藤の屋敷は別名を椿屋敷と言われるくらい、椿の花が咲いていた。夫人の言葉にその浪人者は名を椿三十郎と名乗った。皆は、城代家老の居場所を探すに躍起だ。黒藤か菊井か竹林の家のどこかに監禁されているはずだ。三十郎は敵状を探るため、室戸を訪ねていった。室戸は三十郎の腕を買っているので、即座に味方につけようと、菊井、黒藤の汚職のことを話し、自分の相棒になれとすすめた。三十郎を信用しない保川(田中邦衛)、河原は、三十郎に裏切られたら大変だと、三十郎の動向をうかがうことになった。三十郎を支持する井坂、河原も、あの二人には任せておけないと三十郎の後をつけた。しかし室戸と三十郎に見つけられた四人は当見をくって捕えられた。三十郎は室戸の隙をみて、番人を斬り倒し、自分をしばらせて四人を逃がした。三十郎はこれで室戸から用心棒稼業を馘になってしまった。寺田の家に帰って来た三十郎は若侍をどなりつけた。その時、夫人が椿屋敷から流れてくる川の中から意見書の紙片を拾って来た。この川は寺田の庭の隅を通っているのだ。家老は黒藤の家に監禁されていると決った。三十郎は、黒藤の警固を解かせるため、むほん人の一味が光明寺に集っていると知らせに行くことになった。その留守になった合図に椿の花を川に流すというのだ。計略は図に当った。警固の一隊は光明寺に向った。だが、光明寺の門の上に寝ていたという三十郎の言葉に嘘がばれてしまった。光明寺には門がないのである。三十郎は捕えられた。しかし、臆病な竹林は三十郎の罠にかかって、川に椿の花を流した。若待必死の斬込みで城代家老は救われた。三十郎と半兵衛の一騎打は--。三十郎は若侍九人の見送りをうけて静かに去っていった。


伊藤雄之助
椿三十郎椿三十郎
団令子、入江たか子

題名:椿三十郎
監督:黒澤明
製作:田中友幸、菊島隆三
原作:山本周五郎
脚本:菊島隆三、黒澤明、小国英雄
撮影:小泉福造、斎藤孝雄
照明:猪原一郎
特機:三輪野勇
録音:小沼渡
整音:下永尚
音効:三縄一郎
美術:村木与四郎
小道具:神保昭治
衣裳:栗原正次
殺陣:久世竜
編集:黒澤明
記録:野上照代
音楽:佐藤勝
現像:キヌタ・ラボラトリー
製作担当:根津博
チーフ助監督:森谷司郎
撮影助手:原一民、木村大作
編集助手:兼子玲子
スチール:副田正男
出演:三船敏郎、仲代達矢、加山雄三、入江たか子、団令子、藤原釜足、伊藤雄之助、清水将夫、志村喬、田中邦衛、小林桂樹、平田昭彦、土屋嘉男
1962年日本・黒澤プロダクション+東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ96分35mmフィルム
椿三十郎 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

椿三十郎椿三十郎

椿三十郎

映画「乱れ雲」

乱れ雲
加山雄三

今回は成瀬巳喜男監督1967年製作「乱れ雲」をピックアップする。
本作は、巨匠成瀬巳喜男監督の遺作(1969年7月2日満63歳没)になり、東宝創立35周年記念作品となっている。内容は、交通事故の被害者と加害者の男女の憎しみと愛情の狭間で揺れる心を繊細に描いた脚本の完成度に優れ、司葉子さん、加山雄三さんの微妙な心理を演じ分ける芝居も素晴らしかった。そして成瀬監督の端正で的確なカット割りは、安心して映画を観る事が出来た。

乱れ雲乱れ雲
司葉子                      土屋嘉男、司葉子
乱れ雲乱れ雲
中丸忠雄、加山雄三                藤木悠、草笛光子

【ストリー】
江田宏(土屋嘉男)と由美子(司葉子)は幸福の絶頂にいた。江田は通産省に勤めていて米国派遣の辞令を受け、妻の由美子は妊娠していることを知ったばかりだった。だが、江田が交通事故で死んだのは二人が祝杯をあげてから間もなくのことだった。告別式の日、江田を轢いた三島史郎(加山雄三)が現われた。由美子は史郎に激しい憎悪を感じた。史郎の起した交通事故は不可抗力で、彼は無罪になったのだが、彼は勤め先の貿易会社の死命を制する通産省の役人を殺したため青森へとばされ、常務の娘(浜美枝)との婚約も破棄された。史郎は毎月一万五千円を十年間由美子に支払うと約束したが、史郎にとって少しも義務のないこの契約は、由美子の姉文子(草笛光子)が行なった。由美子には毎月決って送られてくるその金は、つらい思いにつながって暗い気持ちにさせられるものとなった。彼女は夫の両親から籍を抜かれ、その上、胎内の子も捨てねばならなかったのだ。やがて、勤めに出た彼女は、身を寄せていた文子の家で、彼女の美貌に義兄の目が光るのを感じると、義姉の勝子(森光子)がとりしきっている十和田湖畔の実家に帰った。青森で史郎を訪れた由美子は文子がとり決めた契約を破棄した。彼女は事件のすべてを忘れようと思ってのことだが二人は何度か顔を合わせた。いつか二人はお互いに愛を覚えるようになったが、由美子は史郎に自分の前から去ってくれと頼んだ。ある日、史郎が西パキスタンへ転勤を命ぜられ、二人は別れの一日を湖畔で過ごした。
由美子は幾度か史郎の激情に押し流されそうになった。その度に彼女を押しとどめたのは前夫の想い出だった。その由美子の心が急に史郎に傾いたのは史郎の発つその日だった。だが、二人は嶮しい山道で悲惨な交通事故を目撃した。その有様は、かつてのいまわしい想い出そのままに、二人を重苦しくつつんだ。由美子は決して史郎と結ばれないことを悟った。

乱れ雲
司葉子
乱れ雲乱れ雲
森光子、加東大介                  司葉子、加山雄三

題名:乱れ雲
監督:成瀬巳喜男
製作:藤本真澄、金子正且
脚本:山田信夫
撮影:逢沢譲
照明:石井長四郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
編集:大井英史
音楽:武満徹
現像:東京現像所
助監督:高橋薫明
スチール:中尾孝
出演:加山雄三、司葉子、森光子、草笛光子、浜美枝、加東大介、藤木悠、中丸忠雄、土屋嘉男、左卜全
1967年日本・東宝/シネスコサイズ(東宝スコープ)・カラー108分35mmフィルム
乱れ雲 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

乱れ雲
浜美枝

1 2 3 4