映画「ずべ公番長 東京流れ者」


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

大信田礼子                                渡瀬恒彦

今回は山口和彦監督1970年製作「ずべ公番長 東京流れ者」をピックアップする。
本作は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ第2作になる。1971年までに4作品が大信田礼子さん主演で制作された。
内容は前作の方が良かった様に思う。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

人見明                                   宮城千賀子

【ストリー】
2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカ(大信田礼子)は出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭(宮城千賀子)の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ(賀川雪絵)、長子(橘ますみ)、ツナオ(左とん平)らに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江(南原宏治)は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。秋の神農祭が終った日、一人先祖の墓に参るお蘭に黒江の魔手がのび、お蘭は斬殺されてしまう。この知らせを聞いたリカ、長子、マリらはネオンの消えた新宿を、ブラックジャックへと殴り込んでいった。


南原宏治                                    集三枝子

題名:ずべ公番長 東京流れ者
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:中島芳男
照明:元持秀雄
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:根上徳一
装飾:上原光男
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:大信田礼子「東京流れ者」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、渡瀬恒彦、人見明、宮城千賀子、南原宏治、橘ますみ、集三枝子、賀川雪絵、南利明、南利明、上田吉二郎、由利徹、佐々木梨里、六本木はるみ、左とん平、藤山浩二、佐藤晟也、東八郎(トリオ・スカイライン)、小島三児(トリオ・スカイライン)、原田健二(トリオ・スカイライン)、沖田俊一、山田禅二、見明凡太朗、白石恵美子、児島春美、章文栄、堀としみ、土山登志幸、小林稔侍、円山理映子、久地明、織田暁子、鈴木暁子、須賀良
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 東京流れ者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ずべ公番長 東京流れ者

映画「暴力街」


安藤昇                          小林旭

今回は五社英雄監督1974年製作「暴力街」をピックアップする。
本作は、500人以上の構成員が在籍した安藤組の元組長であった安藤昇さんが主演である。
安藤昇さんは、1964年に安藤組解散後、1965年に自らの自叙伝を松竹で映画化した「血と掟」に主演し、映画俳優へ転向した。1967年には東映に移籍して「懲役十八年」で東映初出演をする。また五社英雄監督は、東映京都撮影所がホームグラウンドであった為、本作は東映東京撮影所で撮った唯一の作品になった。製作当時、岡田茂東映社長は、東映ポルノ路線から撤退し”今後は実録ものとギャングもの、それに歌謡路線を強化して行く”という新方針を打ち出した背景があった。


室田日出男、安藤昇、夏八木勲              赤座美代子

【ストリー】
もと関東東菊会幹部江川組々長・江川紘一(安藤昇)は、今では足を洗い銀座のクラブ・マドリッドを経営し、情婦の晃子(川村真樹)と平穏な生活を送っていた。関西西日本連合会が全国制覇の最後の拠点、東京・銀座に乗り出して来た。銀座の中心マドリッドに目をつけた西日本連合会だが、東菊会の剛原(高田繁司)も同幹部・矢崎竜二(小林旭)を指し向けて、マドリッド買収に乗り出した。しかし、江川はあくまでマドリッドを守る態度を示した。一方、東菊会たちの仕業に腹をすえかねた江川の配下の望月(室田日出男)たちは、江川に内密で江川組再建を企てた。望月はチンピラ数人で、東菊会経営の新興企画の新人歌手・天野マリ(中津川みなみ)を誘拐し、それを西日本連合会の仕業にみせかけ1億円の恐喝を行なった。そして、数日後、天野マリが死体で発見され、マスコミはこの事件の背後に関東・関西の暴力団の抗争がからんでいると騒ぎたてた。望月は1億円を手に入れ、元江川組々員・浜勇喜(夏八木勲)に金を預けた。そして望月、浜は江川に組再建を打診するが、江川は拒否する。一方、天野マリ誘拐が望月たちの仕業だと知った東菊会は、殺し屋を雇い望月たち江川の配下を殺した。今まで沈黙を保っていた江川は、配下の無残な死に様を見て、遂に剛原に喧嘩状をたたきつけた。それを知った浜は、かつての江川組々員に連絡し、解体屋をしているギザゴロの辰(菅原文太)を江川に紹介した。辰は解体屋をしながら、手製の銃を百挺余り作っていた。戦いの用意は整った。江川たちは、西日本連合会に対する作戦を練っている東菊会の幹部たち--諸木(小池朝雄)、二橋(葉山良二)、山岡(佐藤京一)、東松(八名信夫)、西田(土山登志幸)、そして矢崎の中に殴り込みをかけた。銃撃戦が繰り広げられ、江川と辰は山岡、東松、西田を殺し逃走するが、途中で辰は殺されてしまった。江川は、剛原の妻で、もと恋人の悠子に助けられ逃げのびる。一方、必死で江川を探す矢崎は、江川の情婦・晃子のアパートへ行き、江川をおびき出そうとした。江川は、罠にはまってしまったが一目散に逃げ、ある養鶏場に身を隠す。矢崎は、江川の逃げ場所を察知するが、単身で江川に対決を挑んだ。一方、剛原は江川の銃弾で倒れてしまったために、幹部の諸木が東菊会の会長に納まり、西日本連合会々長・島村と手を組んだ。そして、島村たちにとって邪魔な江川、矢崎の二人を殺す相談を秘かに進めていた……。


中津川みなみ                     川村真樹

安岡力也                       マダム・ジョイ

小池朝雄、葉山良二                  暴力街

題名:暴力街
監督:五社英雄
企画:吉田達
原案:五社英雄
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:山沢義一
照明:梅谷茂
録音:広上益弘
美術:中村修一郎
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣裳:宮下貞子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:祖田富美夫
音楽:佐藤勝 挿入歌:中津川みなみ「恋はノンノン」
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:安藤昇、小林旭、夏八木勲、川村真樹、赤座美代子、小池朝雄、葉山良二、室田日出男、菅原文太、丹波哲郎、マダム・ジョイ、高田繁司、松井康子、中津川みなみ 、佐藤京一、八名信夫、安岡力也、土山登志幸、潮健児
1974年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
暴力街 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安藤昇、菅原文太                    安藤昇

映画「昭和残侠伝 死んで貰います」


「昭和残侠伝 死んで貰います」藤純子、高倉健

高倉健                                                                         藤純子

今回はマキノ雅弘監督1970年製作「昭和残侠伝 死んで貰います」をピックアップする。
本作は “昭和残侠伝”シリーズ” の第7弾で、シリーズ最高傑作と言われる作品だ。
物語の展開、構成、斬り込みシーンのラストに至るまでバランスがとても良い。
私は “緋牡丹のお竜” の藤純子さんに痺れたが、本作は藤純子さんの芸者姿は、着こなしや所作など魅力的である。


長門裕之、池部良                 池部良、加藤嘉

【ストリー】
東京下町。古い暖簾を誇る料亭「喜楽」に生まれた秀次郎(高倉健)は、父が後妻をめとり妹が生まれたとき、家を出て渡世に身を沈めた。血のにじむような苦労が続く駈け出し時代の数年。ある寒い夜、秀次郎はなけ無しの金をはたいて挑戦した勝負でイカサマとも知らず無一文になり、雨をしのいで銀杏の木の下にうずくまっていた。その時出会ったのが、芸者になったばかりの貧しい娘・幾江(藤純子)だった。それから三年、押しも押されもせぬ堂々たる渡世人になった秀次郎は、イカサマ師とのごたごたで刑を受ける身となった。時は流れ、秀次郎の服役中に関東大震災が起き、「喜楽」は一家離散の瀬戸ぎわにと追い込まれるが、これを支えていたのは板前の風間重吉(池部良)と小父の寺田(中村竹弥)だった。大震災を境いに新しい近代都市として生まれ変っていく東京。
「喜楽」もまた、苦しい内情とは裏腹に、木の香も匂う真新しい建物となった。
昭和2年、出所した秀次郎は偽名で板前として働くこととなり、その姿を寺田は涙の出る思いで見守っていた。一方、幾江は売れっ妓芸者となって秀次郎の帰りを待っていて、重吉と寺田の計いで二人は7年ぶりに再会する。そんな頃、寺田一家のシマを横取りしようとことあるごとに目を光らせていた新興博徒の駒井(諸角啓二郎)が、「喜楽」を乗っとろうとしていた。秀次郎の義弟・タケシ(松原光二)は相場に手を染め、むざむざと「喜楽」の権利書を取り上げられてしまう。それを買い戻す交渉に出かけた寺田が、帰り道で襲撃され殺される。駒井の執拗な挑発に耐えてきた秀次郎だが、かけがえのない恩人の死に、ついに怒りを爆発。重吉と共に駒井のもとに殴りこみ、駒井をたたっ斬るのだった。


高倉健                     池部良、藤純子、高倉健

題名:昭和残侠伝 死んで貰います
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:大和久守正
撮影:林七郎、清水政郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:吉田和喜義
装飾:上原光雄
技斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:菊池俊輔 主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:東一盛
助監督:澤井信一郎
スチール:遠藤努
出演:高倉健、藤純子、池部良、山本麟一、中村竹弥、長門裕之、八代万智子、三島ゆり子、永原和子、松原光二、加藤嘉、荒木道子、下沢広之、諸角啓二郎、南風夕子、高野真二、石井富子、小林稔侍、永山一夫、日尾孝司、山田甲一、小倉康子、久保一、高須準之助、赤木春恵、花田達、久地明、相馬剛三、木川哲也、佐川二郎、亀山達也、高月忠、畑中猛重、土山登志幸、五野上力、青木卓司、津川雅彦、真田広之(子役)
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー92分35mmフィルム
昭和残侠伝 死んで貰います -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高倉健                  「昭和残侠伝 死んで貰います」

1 2