映画「座頭市二段斬り」

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
勝新太郎                        坪内ミキ子

今回は井上昭監督1965年製作「座頭市二段斬り」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第10作目になる。切れ味が足りない内容の展開で少しガッカリしたが、現在も活躍する人気歌手小林幸子さんが子役で出演しているのは貴重だ。

座頭市シリーズ

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
三木のり平、勝新太郎                  加藤武

【ストリー】
ある朝突然暴漢に襲われた座頭市(勝新太郎)は、一人を斬り殺し、もう一人の腕を斬り落した。こんな血なまぐさい旅に嫌気のさした座頭市は、昔、あんまの手ほどきをうけた彦の市師匠と、その娘お小夜(坪内ミキ子)を麻生の宿に訪ねた。だが、彦の市は殺され、お小夜は宿場の親分錣山の辰五郎(沢村宗之助)のために、今は名も錦木と変え女郎に身を沈めていた。驚いた座頭市は、お小夜のいる丁字楼を訪ねた。しかしお小夜は辰五郎の息のかかった郡代役所の磯田幸右衛門(春本富士夫)のいうままにならず激しい折檻の末、土蔵に閉じ込められていた。土蔵に忍びこんだ座頭市はお小夜から事件のあらましを聞いた。--彦の市は、あんまの最高位である検校位をもらうため、三百両の金を持って京都へ旅立った。が、途中何者かに殺され金をうばわれた。さらに辰五郎は親切ごかしに貸した百両をたてにとり、お小夜を丁字楼の女郎にしてしまったのだ--その夜座頭市は井戸尻軍十郎(三木のり平)と名乗る辰五郎の用心棒に呼ばれて肩をもんだ。これ幸いと座頭市は軍十郎からねほりはほりと辰五郎のようすを聞きだしたが、話が彦の市殺しのことになると、軍十郎も口をつぐんでしまった。そんな座頭市の姿をかいま見るもう一人の用心棒門倉小平太(加藤武)の眼には殺気があった。そのころ郡代役所では、八州見廻りによる帳簿調べが始まっていた。門倉は悪事露見を恐れる磯田から百両を奪い取ると、これを知って追いすがる見廻り役を斬りすて単身座頭市と対決した。だが座頭市必殺の剣に門倉はくずれおちた。しかし宿場に帰った座頭市は見廻り役殺しの罪で捕方にかこまれた。辰五郎と磯田の謀略であった。父親を思う軍十郎の娘お鶴(小林幸子)に仕込杖を奪われた座頭市は危機に陥った。が間一髪座頭市の義侠心にホレこんだ軍十郎がお鶴から仕込杖を取り座頭市に渡した。うなりをあげる座頭市必殺の二段斬りに、辰五郎も磯田も紅に染まった。

座頭市二段斬り座頭市二段斬り
小林幸子                      座頭市二段斬り
座頭市二段斬り座頭市二段斬り
座頭市二段斬り                     勝新太郎

題名:座頭市二段斬り
監督:井上昭
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:森田富士郎
照明:美間博
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:吉見光男
擬斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:中西忠三
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、三木のり平、加藤武、春本富士夫、倉田マユミ、小林幸子、伊達三郎、沢村宗之助、春本富士夫、藤山浩二
1965年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
座頭市二段斬り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「悪名一代」


勝新太郎                        田宮二郎

今回は安田公義監督1967年製作「悪名一代」をピックアップする。
本作は、勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。素手で相手を倒す事をモットーとする朝吉が、遂にドスを使ってしまったという”悪名シリーズ”の異色作になる。

悪名シリーズ


長門勇                              森光子


森光子、上田吉二郎、勝山まゆみ              浜田ゆう子

【ストリー】
行先も定めずふらりと山陰線の汽車に乗った朝吉(勝新太郎)は、渡り仲居のお澄(森光子)に初恋の男と間違われた。朝吉は人の善いお澄に勧められるままに、彼女の勤める旅館に泊った。ところがそこには、近くアメリカから帰国する伯母から三億円の遺産を相続することになっているという蔦江(浜田ゆう子)が軟禁されていた。見張りは女高校生環(勝山まゆみ)で、彼女の父はかつて朝吉に悪事をあばかれた沖縄の源八(上田吉二郎)だった。源八は朝吉に、3億円に目をつけた二代目シルクハット(長門勇)が蔦江を無理に妾にしたので助け出したのだと語ったが、朝吉は蔦江を奪って、シルクハットの家へ乗り込んだ。意外にも、そこには清次(田宮二郎)がシルクハットの妹お美津(坪内ミキ子)を女房にして住んでいた。朝吉はシルクハットを詰問したが、とても一筋縄でいく男ではなく、様子を見るため、当分の間居候することにした。一方、1年前、刃物を使って親分の朝吉に怒鳴られ、姿を消した清次は、朝吉の怒りを解こうと懸命だった。その頃、源八は3億を山分けすることにして新興やくざのお十夜一家にこの話を持ち込んだ。やがて、盆踊りの太鼓が鳴り出した日、蔦江の伯母お菊(本間文子)が帰ってきた。蔦江を押さえているシルクハット、お菊を抱き込もうする源八とお十夜一家。小さな町にやくざの策略と陰謀が入乱れた。その有様を静観していた朝吉だったが、清次がだまし討ちにあって重傷を負い、しかもお美津までが斬り殺されるに及んで立ち上った。お十夜一家に、乗り込み、初めてドスを手にして暴れ回った。その朝吉にお十夜(小池朝雄)は倒され、助け出されたお菊は蔦江と涙ながらの対面をするのだった。一方、シルクハットは妹のお美津の死にショックを受け、3億円を諦めた。朝吉はこうしてすべてが終った後、ひとり自首するために出ていくのだった。


坪内ミキ子                      勝新太郎

題名:悪名一代
監督:安田公義
企画:奥田久司
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
録音:大角正夫
美術:加藤茂
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:村井昭彦
助監督:宮嶋八蔵
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、田宮二郎、森光子、長門勇、浜田ゆう子、坪内ミキ子、勝山まゆみ、上田吉二郎、小池朝雄、本間文子、早川雄三、北城寿太郎、毛利郁子
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
悪名一代 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山陰本線C57蒸機

映画「座頭市千両首」

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎                            坪内ミキ子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市千両首」をピックアップする。
本作は“座頭市”シリーズ”第6作目になる。「続・座頭市物語」から2年ぶりに勝新太郎さんと実兄である若山富三郎さんの共演作品となっている。クライマックスの馬上の仙場十四郎と座頭市の鞭を使った対決は、マカロニ・ウエスタンで見かけるシークェンスだが、1963年「赤い砂の決闘」1964年「ミネソタ無頼」「荒野の用心棒」でもインスパイアされるシーンはなく1966になって「「真昼の用心棒」で鞭を使った対決は違った形で描かれている。

座頭市シリーズ

座頭市千両首座頭市千両首
勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)               長谷川待子

【ストリー】
市(勝新太郎)が3年前こころならずも斬った男の墓参に板倉村を訪れた所、折りしも起きた千両箱強奪事件にまきこまれた。やったのは忠治一家の者だといい、また座頭市も、その一人に数えられた。真実を確めるため忠治(島田正吾)に会った市は、樵悴した忠次や、二足わらじをはき代官の先棒をかつぐ紋次(天王寺虎之助)に自分の罪のないことを弁明するのだった。事の次第を理解した忠次だが、紋次は代官(植村謙二郎)に密告した。鳴子笛の響く中、市は見事な刀さばきできりぬけた。とある廓に来た市は紋次と代官、用心棒十四郎(城健三朗)がたくらんで忠治にぬれ衣をきせる工作と聞き、忠治の許へ急ごうとした市は、村に入って知りあった千代(坪内ミキ子)に近道だと案内された吊橋で紋次一味に出会い命を危機にさらした。それから数日後、千両箱の紛失は、二人の処刑にまで発展した。千両箱紛失の犯人と目された座頭市は、必ず千両箱をみつけて身の潔白を証明しようとした。朝靄深い宿場の入口、全身を聴嗅覚にして茶屋の屋根に身をふせた市は、千両箱を運び出そうとする紋次らに会い代官と紋次を斬り千両箱を見事とりかえすのだった。喜ぶ村人を後に、吉蔵の供養と千両箱を千代に渡すと、市は千代の前から遠ざかったが、なおもそれを追う十四郎の姿があった。

座頭市千両首座頭市千両首
島田正吾                       長谷川待子、勝新太郎

題名:座頭市千両首
監督:池広一夫
企画:浅井昭三郎
原作:子母沢寛
脚色:浅井昭三郎、太田昭和
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:田中省三
スチール:三浦康寛
出演:勝新太郎、坪内ミキ子、長谷川待子、城健三朗(若山富三郎)、島田正吾、石黒達也、丹羽又三郎、植村謙二郎、天王寺虎之助、林寛
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市千両首 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市千両首
「座頭市千両首」勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)
座頭市千両首座頭市千両首
座頭市千両首

座頭市千両首座頭市千両首
「座頭市千両首」撮影風景            撮影:宮川一夫氏

1 2 3