映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

映画「愛欲」


三國連太郎                         三田佳子

今回は佐藤純彌監督1966年製作「愛欲」をピックアップする。
本作は、東映が”網走番外地シリーズ“を連作していた1966年に、”東映が送る女性映画”として激しい愛の葛藤を描いた作品である。三國連太郎さんの演技の幅の広さに、今更ながら驚かされる。


佐久間良子                        丹波哲郎

【ストリー】
麻生食品の宣伝課長・江崎哲也(三國連太郎)は、他の広告業界にも、その名をとどろかせる仕事の鬼だ。そんな生活力のたくましい江崎を銀座でも一流のバー“クライス”のマダム奈津子(三田佳子)は愛しぬいていた。が、ある日、江崎は京都に出張中、ふとしたことから、京都清水旅館の女王人、由喜(佐久間良子)に会った。由喜は数年前、夫と死別して以来、旅館の経営に打ちこみ、一人身のさびしさをまぎらわしていた。だから、江崎の男くささに魅かれた由喜は、恥も外聞も忘れて、江崎の胸の中にとびこんでいった。奈津子も女の本能から、由喜の存在を知ると、激しく由喜に嫉妬した。江崎の親友である麻生公輔(丹波哲郎)は、女のために、江崎の仕事が乱れるのを案じて、京都に由喜を訪ねて、江崎と別れてくれとたのんだ。しかし、すでに燃えあがった由喜の女心をしづめることはできなかった。が、このころを境に江崎の仕事ぶりは目に見えておちはじめた。そして、ある日、仕事と情事のジレンマに思い悩み、すっかりしょげかえった江崎を慰める奈津子に、江崎は突然結婚を申しこんだ。奈津子は信じられぬまま、うれし涙にくれた。が、二人の結婚話を聞いて駈けつけてきた由喜が、再び江崎の前に姿を現すと、江崎は婚約披露パーティを投げすてて、由喜と共に東京を離れた。だが、この江崎が会社を留守にした三日の間に、麻生食品のライバル会社は、江崎があたためていた、世界一周旅行の懸賞付新聞広告を出してしまった。責任を感じた江崎は会社を辞めた。むろん江崎にも、一人で十分やっていける自信もあった。が、江崎の事業は失敗した。自分の店を売ってまで、江崎を助けようとした奈津子は、江崎と由喜が愛し合っているのを知ると、服毒自殺を計った。そして、時を同じくして、由喜も江崎と共に心中を計った。だが、発見の早かった奈津子と、体力のある江崎は、命をとりとめた。由喜の墓前で再出発を誓った江崎は、奈津子のすがるような視線をあとに、いずことなく去っていった。


城野ゆき                         愛欲

題名:愛欲
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:森川英太郎、佐藤純彌
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:内田陽造
美術:北川弘
衣裳考証:上野芳生
衣裳デザイン:河野美智子
衣裳協力:外市株式会社
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:三國連太郎、佐久間良子、三田佳子、丹波哲郎、江原真二郎、城野ゆき、芦田伸介、小瀬明、岡部正純、都健二、木川哲也、沢彰謙、相馬剛三、小林稔侍
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
愛欲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎、三田佳子                  三國連太郎

映画「緋牡丹博徒 一宿一飯」



藤純子                      鶴田浩二、藤純子

今回は鈴木則文監督1968年製作「緋牡丹博徒 一宿一飯」をピックアップする。
本作は、藤純子さん主演の緋牡丹博徒シリーズ全8作の第2作である。豪華な共演陣(鶴田浩二、菅原文太)の中で、お竜さん(藤純子)が綺麗で、ドスを振るう姿にシビれる。


藤純子、城野ゆき                  菅原文太

【ストリー】
明治17年秋。上州の農民たちは、高利貸倉持(遠藤辰雄)に収穫物をカタに取られ困っていた。倉持がことあるごとに農民に襲われるという事態が起り、戸ヶ崎組が乗り出して農民をなだめる一方、戸ヶ崎(水島道太郎)の舎弟分笠松一家が事態収拾にあたった。そんな時、笠松(天津敏)の賭場では、艶気をふりまき、背中に弁天の刺青を入れたおれん(白木マリ)が、胴元を危うくするほどつきまくっていた。そこで笠松は戸ヶ崎の客分緋牡丹のお竜(藤純子)に応援を頼んだ。お竜は見事な手並みでおれんに勝った。一方、笠松はひそかに倉持と結託、上州一帯の生糸の総元締会社設立を図っていた。この計画を察知した戸ヶ崎は、農民に犠牲を強いる笠松のやり方に怒り、笠松一家に殴り込んだ。その時は、お竜は戸ヶ崎のはからいで四国の熊虎一家を訪ねていた。戸ヶ崎が殴り込んだことをお竜はそこで聞いたが、戸ヶ碕一家は笠松一家によって全滅したのだった。お竜は急ぎ上州に戻ったが、そこはもう日の出の勢いの笠松一家の勢力圏になっていたのだ。後日のことを考慮した戸ヶ崎によって彼の娘まち(城野ゆき)と結婚して戸ヶ崎組の跡目を継いだ勇吉(村井国夫)は血気にはやって殴り込んだが、逆に私刑を受ける有様だった。お竜はそんな勇吉を何かと助けていたが、関八州の親分の一人宮内(藤岡重慶)がその後楯となってくれた。一方笠松は邪魔なお竜を消そうとして襲ったが、一匹狼の風間周太郎(鶴田浩二に阻まれた。しかし、笠松にはもう一つ企みがあった。戸ヶ崎組の経営する郵便馬車の権利を手に入れることだった。笠松はまちを脅し、ついにその権利書を手に入れたのだ。憤怒に燃えた勇吉は、笠松組と争いなぶり殺したあってしまった。ここに至っては、お竜も決心せざるを得なかった。周太郎とともに勇吉の葬合戦とばかり、笠松組に欧り込み、笠松を倒したのだった。


白木マリ                   玉川良一、山城新伍、藤純子

題名:緋牡丹博徒 一宿一飯
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:野上龍雄、鈴木則文
撮影:古谷伸
照明:増田悦章
録音:溝口正義
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:松原邦四郎
美粧:鳥居精一
結髪:妹尾茂子
衣装:松田孝
技斗:谷明憲
舞台振付:藤間勘真次
編集:堀池幸三
記録:国定淑子
音楽:渡辺岳夫
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:渡辺操
助監督:本田達男
スチール:藤本武
出演:出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、若山富三郎、菅原文太、城野ゆき、侍田京介、村井国夫、白木マリ、山城新伍、西村晃、玉川良一、藤岡重慶、遠藤辰雄、天津敏、水島道太郎
1968年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 一宿一飯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子                     鶴田浩二、藤純子

1 2