映画「社長洋行記」

社長洋行記

社長洋行記社長洋行記
森繁久彌                  加東大介、三木のり平、小林桂樹
社長洋行記社長洋行記
加東大介                                                               森繁久彌、新珠三千代

今回は杉江敏男監督1962年製作「社長洋行記」「続 社長洋行記」をピックアップした。
“社長”シリーズ第14,15作は、前編・後編に分かれており、シリーズ初の海外ロケ(香港)を行った。高度成長時代のサラリーマンのメンタルが良く出ている内容で、世相が大きく変わった事を痛感する。香港の商社の秘書を演じる尤敏(ゆうみん)は、当時香港映画界で活躍してたスター女優。ラストに三船敏郎さんがカメオ出演している。

社長洋行記社長洋行記
久慈あさみ                    中真千子、江原達怡

【ストリー】
サクランパスという貼り薬で知られる桜堂製薬は、このところ香港を中心とする東南アジアで敵会社椿パスターに押されぎみだった。これは由々しき問題と本田社長(森繁久彌)は原因究明にのりだした。営業部長東海林(加東大介)の話では、国外販売は加藤清商事にまかせきりだという。それなら加藤社長(東野英治郎)に直接談判と、本田はマダム悦子(新珠三千代)のいる香港亭へ彼を招待した。だが相手は、たかがアンマ膏と頭から相手にしない。業を煮やした本田は、自らの手で国外に売り出そうと決心した。随行員は南(小林桂樹)と中山(三木のり平)。初めての洋行に有頂天の中山は、あやしい英語で人をケムにまき、はてはお手盛の送別会を準備する図々しさ。こんな中山をさすがに本田社長ももてあましたが、そんな時、東海林の愛人あぐり(草笛光子)の義兄が、香港で商事会社にいることがわかり、中山のかわりに彼を随行員にした。送別会の当日、そのことを知った中山はションボリうなだれ、一同もホロリとする始末。いよいよ香港出発となり、ジェット機にのり込んだ本田たちは、香港亭の悦子にばったり会った。彼女も香港支店へ行くところだ。香港で、街を歩いていた南は、大学の後輩柳宗之(洪洋)に出会った。柳は妹の秀敏(尤敏)と共に香港を案内してくれたが、南は彼女の美しさに心もそぞろだった。一方、悦子を訪ねて道をまよった本田は、今南と別れたばかりの秀敏に親切に案内され、そのしなやかな柳腰に見とれるばかり。東海林までが、マーケットでみやげを買うのに言葉が通じず困っているところを、通りがかりの秀敏に助けられた。その夜、三人は同じ女性とも知らずめぐり会った香港美人の話でもちっきり。ところが夜中に本田社長は蛇の食べ過ぎでのたうって苦しんだ。明日から売り込みだというのに、肝心の社長は、逃げ出すように香港を立ち去るのだった。

社長洋行記社長洋行記
フランキー堺                   草笛光子、加東大介

題名:社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、東野英治郎、西条康彦、小沢直好、英百合子
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー89分35mmフィルム
社長洋行記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
社長洋行記社長洋行記
加東大介、森繁久彌、小林桂樹         森繁久彌、加東大介、小林桂樹

続 社長洋行記

続 社長洋行記続 社長洋行記
森繁久彌                       三木のり平
続 社長洋行記続 社長洋行記
小林桂樹                         三木のり平、小林桂樹

【ストリー】
貼り薬“サクランパス”の海外進出のため、東海林営業部長(加東大介)、南秘書課長(小林桂樹)と共に香港に乗り込んだ桜堂製薬の本田社長(森繁久彌)は、商談半ばで奇病のため日本に引きあげた。残された二人は、食事代も節約して孤軍奮闘するが、仕事はいっこう進まない。業を煮やした社長は、妻の滝子か(久慈あさみ)や娘のめぐみ(中真千子)に年寄り扱いされる腹いせもあって、再び香港にやってくる。前に一度浮気しそこなった香港亭のマダム悦子(新珠三千代)のお色気にフラフラとなってナイトクラブへ行った本田社長は、そこではからずも東海林部長と南課長とハチ合せ。東海林はタカリ専門のインチキ日本人坂田(フランキー堺)にひっかかって、ある商事会社を口説きおとそうと大わらわであり、南は大学の後輩の柳(洪洋)とその妹で一流商社の社長秘書をつとめる秀敏(尤敏)と共に、柳の誕生祝いにここへきていたのである。おかげで本田社長はマダムとつき合うわけに行かず、マダムは怒って帰ってしまい、頼みの坂田はタカリ屋と判って、浮気も仕事もお手上げだ。ところが、秀敏の機転でサクランパスは彼女の動く美麗公司と契約をするチャンスがきた。宗社長(斎藤達雄)は東京で調査の上、正式に代理店契約を結ぶという。喜び勇んで三人が帰国すると、意外にも彼らが香港芸者と浮気したというデマがとんでいるのにビックリ。そのため社長は妻の滝子から、東海林は恋仲の飲み屋のあぐり(草笛光子)から南は相愛の敬子(藤山陽子)からやっつけられた。調べてみると、香港へ行きそこなった中山課長(三木のり平)の仕業らしい。さて、美麓公司から桜堂製薬の実績と経営状態調査に派遣されてきたのは秀敏で、宗社長も続いて来日、両社の提携記念パーティーが椿山荘で催された。彼女の美貌に魂を奪われていた南は、今日こそプロポーズをと思っている。だが彼の前にあらわれた秀敏は、アメリカから香港へ帰る途中の中国青年(三船敏郎)を連れていた。それは秀敏の婚約者であった。

続 社長洋行記続 社長洋行記
尤敏                          藤山陽子

題名:続 社長洋行記
副題:THREE GENTLEMEN FROM TOKYO
監督:杉江敏男
製作:藤本真澄
脚本:笠原良三
撮影:完倉泰一
照明:山口偉治
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
音効:西田多門
美術:村木与四郎、村木忍
記録:米山久江
編集:小畑長蔵
音楽:神津善行
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:井上卓之
製作進行:田代秀雄
演技事務:白石剛敏
助監督:野長瀬三摩地
監督助手:藤井誠之助、松本正志
撮影助手:田島文雄、上田正治、田辺博通
照明助手:佐藤幸次郎、斉藤進
録音助手:中沢与四郎、岩波英昭、橋村栄保、浜崎望生
協力:パン・アメリカン航空
スチール:田中一清
出演:森繁久彌、小林桂樹、三木のり平、加東大介、三船敏郎、新珠三千代、藤山陽子、草笛光子、尤敏、フランキー堺、江原達怡、中真千子、久慈あさみ、洪洋、河津清三郎、西条康彦、小沢直好、英百合子、塩沢とき、斎藤達雄
1962年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー90分35mmフィルム
続・社長洋行記 -DVD-

続 社長洋行記続 社長洋行記
新珠三千代、森繁久彌                  三船敏郎

映画「クレージー 黄金作戦」


「クレージー 黄金作戦」 ※ラスベガスのメインストリートを封鎖して撮影された。

植木等                        浜美枝

今回は坪島孝監督1967年製作「クレージー 黄金作戦」をピックアップする。
本作は、東宝創立35周年記念作品で、日本映画史上初のアメリカ本土ロケを敢行したそうだ。しかし、よく見ると東宝撮影所に組んだセットが多用されており、ハワイ、LA、ラスベガスのロケで撮れなかったシーンが代用されている。
ともあれ、クレージー・キャッツの”クレージー作戦シリーズ”第9弾(全14作)で配給収入3億4000万円、観客動員数290万人の大ヒットとなった。


「クレージー 黄金作戦」浜美枝、植木等

ハナ肇                                 谷啓

【ストリー】
心乱(植木等)は坊主のくせに競馬から麻雀まで、すっかり博打に凝って、重なる借金のため金友商事の北川(有島一郎)にタダ働きさせられていた。彼はひょんなことから夢に見るラスベガスに行く機会を得た。心乱とロスアンジェルス行きの機中で一緒になったのが糞尿処理問題で男を上げた代議士の板垣(ハナ肇)、それに梨本(谷啓)だ。梨本は事故で死んだ米人の最後を看取ったことから、彼の遺産を受取るための渡米だった。ハワイで遊んで、やがてロス空港に着いた時、日本では心乱が債権者から詐欺で訴えられ、板垣は黒い霧の張本人として追求されており、梨本は恋人百合子(園まり)から捜索願が出されていることが分った。心乱と梨本はもともと片道の旅費しかもたなかったが、頼みの板垣がチップをやり過ぎて帰国するにも旅費がなかった。しかも、梨本の受取った遺産は廃坑の権利書と坑道地図だけで、最後に頼るのはラスベガスでの心乱の腕ということになった。金が少ないので徒歩でベガスに着いた3人は、有金をスロットマシンにつぎ込んだ。心乱はそれで50ドル稼ぎ、それを元手にルーレットで6万ドルを握った。ところが、会ったらツキが落ちるという女月子(浜美枝)が来てからの心乱はサッパリ駄目で、結局全部スッてしまった。逆に月子は心乱と会うとツキにツクのだ。一方、廃坑の地図を狙うアル一味が梨本を追っていた。坑道には昔の海賊が隠した金貨が眠っているのだ。それをアルの女子分メリー(ペギー・ニール)から聞いた梨本は一足先に坑道に入って金貨の入った大袋を持ち出した。たちまちアル一味と袋の争奪戦が始まった。そのうち心乱の手を離れた袋がルーレットの当り番号の上に落ち、百数十億円の金が転り込んできた。アルを警察に任せた心乱たちは意気揚々と日本に帰ってきたが、分け前をもらえなかった月子の計略で博打の金は全部慈善協会に寄付することになってしまった。やがて梨本はその金で建った病院に勤め、代議士を廃業した板垣は家業の煎餅屋に戻って地道に暮していたが、心乱は月子に追いかけられながら大穴を目当てにせっせと競馬場に通っていた。


「クレージー 黄金作戦」園まり

桜井センリ                                 犬塚弘

安田伸、石橋エータロー                植木等、ハナ肇、谷啓

加山雄三                     ペギー・ニール

ザ・ドリフターズ                      ブルー・コメッツ

ザ・ピーナッツ                     E・H・エリック

題名:クレージー 黄金作戦
監督:坪島孝
製作:渡辺晋
脚本:笠原良三、田波靖男
撮影:内海正治
照明:大野晨一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:竹中和雄
振付:小井戸秀宅
編集:武田うめ
音楽:宮川泰、萩原哲晶
現像:東洋現像所
製作担当:島田武治、大森幹彦
監督助手:浅野正雄
<ホテルリビエラ・ショー>
企画構成:谷啓、ハナ肇
監督:和田嘉訓
協力:パンアメリカン航空
スチール:岩井隆志
出演:植木等、ハナ肇、谷啓、浜美枝、園まり、犬塚弘、桜井センリ、石橋エータロー、安田伸、ペギー・ニール、有島一郎、藤木悠、十朱久雄、人見明、藤岡琢也、藤田まこと、塩沢とき、E・H・エリック、加山雄三、ザ・ドリフターズ(いかりや長介・加藤茶・荒井注・高木ブー・仲本工事)、ザ・ピーナッツ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
1967年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー157分35mmフィルム
クレージー黄金作戦 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桜井センリ、ハナ肇、植木等                 谷啓、植木等、ハナ肇

映画「クレージーの無責任清水港」


谷啓、植木等                              浜美枝

今回は坪島孝監督1965年製作「クレージーの無責任清水港」をピックアップする。
1966年の正月に公開された本作は「時代劇シリーズ」全4作第3弾で、続編が最終作「クレージーの殴り込み清水港」となる。


ハナ肇、平田昭彦                            団令子

【ストリー】
東海道清水港。売出し中の清水次郎長も経済成長のひずみで一家の台所は火の車。そんなところへ、信州は沓掛の生れの風来坊追分の三五郎がやってきた。しかしこの三五郎は一宿一飯の恩義で、肩のこる思いをするのは真平と、次郎長一家へ草鞋を脱がず、腹をへらしたあげく、無銭飲食で牢へ入った。一方、次郎長一家では、大瀬の半五郎がふとしたことから、次郎長一家の売り出しを恨む鷹岡の勘助の身内と喧嘩になり大瀬の半五郎の身代りを買ってでた、人の良い石松が牢暮しの破目におちいった。牢内で会った石松と半五郎はたちまち意気投合。やがて数日がすぎ出所した石松は次郎長のもとに帰り、三五郎はまた宿無しの身となった。が、ある日、小料理屋「ひさご」で一人娘お美代を相手に、石松から聞きかじっていた、大瀬の半五郎の武勇伝をわがことのようにぶち、悦にいっていた。ところが、これをまわりで聞いていたのが用心棒の大河原玄蕃を雇って次郎長一家へ殴りこみをかける途中の勘助身内の子分たちだった。引っこみがつかなくなった三五郎は、奇抜な計画で玄蕃を倒し逃げだしたものの、仕返しを恐れて石松の居候となった。またそんな時、新助、清次という兄弟が親の仇討ちの助太刀を頼みにやってきた。そこへ勘助が横山隼人という用心棒を雇い、喧嘩状を送ってきた。次郎長は石松に破門を言い渡し、怒った三五郎と石松は恋しいお雪やお美代に別れをつげ次郎長のもとを去った。が、途中三五郎を追ってきた新助、清次の兄弟が、仇とねらう隼人をみつけだし、仕方なく三五郎は、隼人と対して奇策で隼人を倒した。そこへお美代がかけつけ次郎長の窮状を告げた。石松は三五郎のとめるのをふりきって、次郎長を助けるべく勘助との喧嘩場へむかった。三五郎も仕方なく後を追い、自分がカマユデになることを条件に喧嘩を無事おさめ、得意の忍術でカマをぬけだした。数日後、次郎長のもとにたち帰った三五郎は、おどろき、あきれる次郎長をしり目に、またゴキゲンで旅にでていった。


高橋紀子、植木等                         横山道代、植木等

題名:無責任清水港
監督:坪島孝
製作:渡辺晋、藤本真澄
脚本:小国英雄
撮影:小泉福造
照明:高島利雄
録音:刀根紀雄
整音:下永尚
美術:育野重一
殺陣:久世竜
編集:武田うめ
音楽:萩原哲晶、宮川泰 挿入歌「小諸馬子唄~ちゃっきり節」「遺憾に存じます」
現像:東京現像所
製作担当:山田順彦
監督助手:坂野義光
スチール:副田正男
出演:植木等、谷啓、ハナ肇、団令子、浜美枝、高橋紀子、平田昭彦、安田伸、石橋エータロー、桜井センリ、犬塚弘、土屋嘉男、横山道代、藤木悠、田崎潤、塩沢とき
1965年日本・東宝+渡辺プロダクション/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー94分35mmフィルム
クレージーの無責任清水港 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋エータロー、安田伸                        犬塚弘

藤木悠                               田崎潤

谷啓、植木等                           無責任清水港

無責任清水港

1 2