映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
吉岡秀隆                        後藤久美子

2019年12月27日に全国公開された山田洋次監督「男はつらいよ お帰り 寅さん」をTOHOシネマズ府中スクリーン8で30日に観て来た。本作はいわゆる総集編ではなく、満男(吉岡秀隆)と家族、初恋の人だったイズミ(後藤久美子)の現在形の中に寅次郎(渥美清)を思い起こすという内容だ。寅次郎(渥美清)の出演シーンは過去の48作からの4Kスキャンであり、無理な設定をせずに吟味して繋がれているのが好感が持てた。実写もデジタルシネマで撮影されている事と相まってトーンの統一が図られている。(少々Yが残ってたが)館内はシニア層の観客が圧倒的だったが、何故か渥美清さんが出てくるだけで笑いが起きる。今も寅次郎は映画の中で生き続けているなと実感した。

作品リスト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
美保純、倍賞千恵子、桜田ひより、佐藤蛾次郎       吉岡秀隆、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟

【ストリー】
小説家になる夢が叶った満男(吉岡秀隆)は、亡くなった妻の七回忌の法要で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで伯父・寅次郎(渥美清)との日々を思い出す。そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミ(後藤久美子)が姿を現す。

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
後藤久美子、吉岡秀隆、浅丘ルリ子           池脇千鶴、吉岡秀隆

題名:男はつらいよ お帰り 寅さん
監督:山田洋次
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
撮影:近森眞史
照明:土山正人
録音:岸田和美
美術:倉田智子、吉澤祥子
美術監修:出川三男
音楽:山本直純、山本純ノ介
オープニング主題歌:桑田佳祐 主題歌:渥美清
編集:石井巌 、 石島一秀
撮影機材:アリフレックス アレクサ
現像・4Kスキャン:東京現像所
出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、桜田ひより、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、池脇千鶴、笹野高史、橋爪功、小林稔侍、濱田マリ、竹山隆範
2019年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
公式サイト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
倍賞千恵子、美保純、桜田ひより              渥美清

映画「里見八犬伝」


「里見八犬伝」薬師丸ひろ子

真田広之、薬師丸ひろ子              夏木マリ、真田広之

今回は深作欣二監督1983年製作「里見八犬伝」をピックアップする。本作は里見家の一人娘・静姫(薬師丸ひろ子)を妖怪軍団から守るために立ち上がった八犬士の凄絶な闘いを描いた特撮時代劇で、当時のHDCG合成は陳腐に映るが、セット美術も含め、手作り感満載の作品である。しかし、夏木マリさんの怪演はズバ抜けて良かった。


志穂美悦子                     千葉真一

【ストリー】
館山城主・里見成義の一人娘・静姫(薬師丸ひろ子)は叔父のもとへと逃避行を続けていた。突如、黒装束の騎馬侍達が前ぶれもなく城に攻め入り、成義以下を皆殺しにしたのだった。城を奪った男・蟇田素藤(目黒祐樹)は、かつて成義の父・義実が征伐した蟇田定包の子であり、その時死んだ筈の素藤と彼の母・毒婦玉梓(夏木マリ)は悪霊“御霊様”に仕えることによって、不死身の身体をもつ妖怪となって蘇ってきたのである。そして静姫の生き血を“御霊様”に捧げるべく、彼女の行方を血まなこになって探していた。静姫は炭焼小屋で親兵衛(真田広之)という若者と出会う。彼に追われた静姫は巡礼姿の二人連れに助けられた。二人は犬山道節(千葉真一)、犬村大角(寺田農)と名乗り、一巻の絵巻物を差し出した。それには、約百年前に里見義実が蟇田一族を滅したいきさつ、そして玉梓の呪いからか、義実の息女・伏姫が飼犬・八房に授けられ、懐妊した伏姫の胎内より白気と共に、仁、義、礼、智、忠、信、孝、悌の各字を刻んだ霊玉が八方に飛散したことなどが記されていた。道節と大角はそれぞれの霊玉を静姫に見せ「一刻も早く霊玉を持つ他の六人を探し出し、静姫を奉じ素藤らと戦わねばならない」と説く。最初はそんな話を信じなかった静姫だが、一人、また一人と犬士が集まってくるうち、犬士達と共に戦うことを決意した。なおも残る犬士を探す旅が続くなか、突然、けもの罠にかかり静姫がさらわれた。犯人は静姫を城に連れてきた者は侍にしてやる、という素藤のおふれに野望を燃やす親兵衛だった。彼は静姫を素藤のもとへ連れていこうとするが、素藤の支配下となった安房国の荒廃と黒騎馬侍の人を人とも思わぬ殺戮を見て心の中に変化が起き始めた。そして、黒騎馬侍達に静姫が発見された時、親兵衛は彼女をかばい、二人は鐘乳洞に逃げ込んだ。そこには、新たに同志を加えた道節らがいた。親兵衛の心の善を信じはじめた静姫だったが、二人はここで別れなければならなかった。犬士達に放りだされた親兵衛は黒騎馬達に捕まり城に連れさられる。彼はそこで、腕にある赤いアザから玉梓の子の転生であるということを知らされた。そして“御霊様”に仕える司祭・幻人によって悪の化身とされてしまう。その時、素藤配下の侍大将・現八に変化が起きる。彼は仲間を倒し、気を失っている親兵衛を連れて城を脱出した。懐にはいつしか光る霊玉がありそれに導かれるように静姫のいる洞に着いた現八は、七人目の犬士として迎えられる。その時、親兵衛が目を覚まし、いきなり静姫に襲いかかった。姫を守ろうとする犬士達に「刀を引きなさい」と、静姫が命じた。静姫は心で親兵衛に対峙しようとしたのだ。その瞬間、白い閃光が親兵衛を一撃し、彼の身体は静姫の前に崩れ落ちた。新兵衛が再び眼を覚すと腕のアザが消えており、二人の間には光り輝く霊玉があった。喜びに満ちあふれる二人は愛し合う。が、突如、大蛇があらわれ、静姫を巻き玉梓の笑い声を残して消え去った。集結した八犬士のもとに伏姫の「この矢を“御霊様”に向って静姫に引かせなさい」という声が響いた。そして彼らは姫を救い出し“悪”を滅すために館山城に向った。一人、一人合い討ちながらも素藤一味を倒していく犬士達。だが、素藤、玉梓、静姫のいる大広間にたどりついたのは、親兵衛と道節のみだった。道節は自ら追手の盾となり、親兵衛は静姫のもとへ飛んだ。そして縛めをとかれた静姫は“御霊様”に向って矢を放った。玉梓らはミイラと化し、城は崩れ落ちた。親兵衛は静姫を叔父の城へと送り届け、二人に別れの時がきた。親兵衛は静姫を想いながら七犬士達の墓を祭っていると馬に乗った静姫がやってきた。


「里見八犬伝」夏木マリ

薬師丸ひろ子                    里見八犬伝

題名:里見八犬伝
監督:深作欣二
製作総指揮:角川春樹
製作:佐藤雅夫、豊島泉、菅原比呂志
原作:鎌田敏夫「新・里見八犬伝」
脚本:鎌田敏夫、深作欣二
撮影:仙元誠三
照明:渡辺三雄
録音:荒川輝彦
音効:永田稔
美術:今村力
装置:三浦公久
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲
美粧:鳥居清一
結髪:白鳥里子
技斗:菅原俊夫
特撮監督:矢島信男
特撮:高橋政千
操演:鈴木昶
合成演出:佐川和夫
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:ジョーイ・カルボーン、リッチー・ジトー
主題歌:ジョン・オバニオン「里見八犬伝」「八剣士のテーマ (White Light)」
音楽プロデューサー:高桑忠男、石川光
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
現像:東洋現像所
アクションセッティング:中牟田了(ジャック・コマンド)
製作主任:長岡功
助監督:松永好訓
スチール:遠藤功成
出演:薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、夏木マリ、志穂美悦子、岡田奈々、寺田農、京本政樹、目黒祐樹、萩原流行、苅谷俊介、大葉健二、福原時浩、浜田晃、汐路章、ヨネヤマママコ、成田三樹夫、殿山泰司
1983年日本・角川春樹事務所/ビスタサイズ・カラー136分35mmフィルム
里見八犬伝 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


真田広之、薬師丸ひろ子               里見八犬伝

映画「鬼龍院花子の生涯」


「鬼龍院花子の生涯」夏目雅子

夏目雅子                     仲代達矢、室田日出男

今回は五社英雄監督1982年製作「鬼龍院花子の生涯」をピックアップする。
本作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子氏の同名小説を初の映画化をしたもので、27歳という若さで惜しまれて亡くなった伝説の女優、夏目雅子さんの松恵役に拘った意欲作でもある。しかし、驚いた事に本作の製作経緯として女優の梶芽衣子さんが著書「真実(文藝春秋刊)」で次の様に述べている事実は看過出来ない。

…(中略)…本屋さんで気になった本を手に取ったなかで、ある人が勧めてくださったのが宮尾登美子さんの「鬼龍院花子の生涯」でした。土佐の任客・鬼龍院政五郎と周囲の女たちの生き様を描いた物語です。読み進めるうちに、以前にテレビドラマで見た若尾文子さん主演の「櫂」(1975年)を思い出しました。女性の視点で女衒の世界を描いた内容が新鮮で「櫂」はとても印象に残っていたのですが、その作風に同じ作家であることに気づいたのです。…(中略)…最初の企画としては「鬼龍院花子の生涯」のほうが通りやすいだろう。かなりどぎつい物語だけれども、あの親子の性や女の情念の世界を増村保造監督が描いたらどんなふうになるだろう。主人公の鬼政、鬼龍院政五郎を若山富三郎さんが演じたら素晴らしいだろうな。…(中略)…おこがましいとは思いながらも思い切って若山さんにお話ししたところ、ご賛同くださったのです。そこでさっそくシノプシス(あらすじ)をまとめ、キャスティングやスタッフ案を書き記した企画書をマネージャーの兼田に作成してもらいました。東映には「さそり」シリーズ続編をめぐる降板問題でご迷惑をおかけしたことがありましたので、この映画を絶対に当ててご恩返しができたら、という思いがありました。東映京都にしたのは、大正から昭和にかけての高知の話ということもあり東京よりふさわしいだろうと思ったからです。…(中略)…当時そうした企画の窓口となっていた奈村協プロデューサーを訪ねました。当時の奈村さんは宮尾登美子さんという作家をご存じなかったのですが企画書を預かってくださり、私たちはその返事を待つことにしました。ところがその返事はなかなかいただけず、東映がダメなら別のところに、大変だろうけど独立プロで製作してもいいとも思い始めた矢先のこと…。ある日突然、原作の映画化を勧めてくれた知人から電話がかかってきたのです。
…(中略)… 東映が「鬼龍院花子の生涯」の映画化を発表したというのです。…(中略)…そこに奈村さんから「こんなことになっちゃって…」と事務所に電話がかかってきました。奈村さんは発表された事実を改めて告げた後、「ほかの役ならどれでもいいって、五郎ちゃんが言っている」と言うのです。五郎ちゃんというのはプロデューサーの日下部五朗さんのことで、私が出演した作品にプロデューサーとして名前が入っていることはありましたが、一度もお会いしたことのない方です。……..。
真実」梶芽衣子著 文藝春秋刊より(2018.3.12発刊)

私は、本作で企画・製作総指揮としてクレジットされている日下部五朗氏が、梶芽衣子さんが持ち込んだ企画をパクったという事実に驚愕した。これは世間には知られてない真実なのだろうか!?ただし本書は梶芽衣子さんの映画人生を時系列で綴ったものであり、本作の経緯に限った事で書かれてはいない事をお断りしておく。


岩下志麻                       夏木マリ

【ストリー】
大正10年、松恵(仙道敦子)は土佐の大親分・鬼龍院政五郎(仲代達矢)の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌(岩下志麻)が住み、向い家には妾の牡丹(中村晃子)と笑若(新藤恵美)が囲われており、その向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松(夏八木勲)と赤岡の顔役・末長(内田良平)の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・秋尾(夏木マリ)の料亭からつる(佳那晃子)という娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田(丹波哲郎)が仲裁に入り一応の決着はついたが、以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵(夏目雅子)は、女学校に入学した。昭和9年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介(山本圭)と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を16歳になった花子(高杉かほり)の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そして数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。16歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の必死の看病も虚しく歌は死んだ。松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がにぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけたのはその夜のうちだった。それから2年後、政五郎は獄中で死んだ。そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっていた。


中村晃子、新藤恵美                  佳那晃子

仙道敦子

佳那晃子、仲代達矢                   夏木マリ

題名:鬼龍院花子の生涯
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、佐藤正之
製作:奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:西岡善信
装置:三浦公人
装飾:西田忠男、福井啓三
背景:西村三郎
衣装:松田孝
美粧・結髪:東和美粧
刺青:毛利清二
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:菅野光亮
和楽:中本敏生
製作主任:山本吉應
助監督:清水彰
演技事務:寺内文夫
スチール:小山田幸生
出演:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、仙道敦子、佳那晃子、中村晃子、夏木マリ、山本圭、高杉かほり、新藤恵美、内田良平、小沢栄太郎、室田日出男、梅宮辰夫、成田三樹夫、丹波哲郎、夏八木勲
1982年日本・東映京都+俳優座映画放送/ビスタサイズ・カラー146分35mmフィルム
鬼龍院花子の生涯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎                        仲代達矢

夏目雅子、仲代達矢

1 2 3