映画「竜馬暗殺」


中川梨絵、原田芳雄                   石橋蓮司

今回は黒木和雄監督1974年製作「竜馬暗殺」をピックアップする。
本作は、16mmフィルムで撮影され35mmにブローアップして上映された作品である。
白黒フィルムは、EKプラスエックス、ダブルエックスを使用したと思われるが、狙いで増感現像し粗粒子にしている。オリジナルネガから新たに作られたニュープリントをHDVテレシネしたD5テープを基に、DVD用オーサリングでNTSC方式に変換したデジタルぺーカムを使用したそうだ。それをキャプチャーしてデータ化(MPEG圧縮)したのがDVDである。ブローアップにこの工程で、暗部は潰れハイライトは飛んでいる。幕末青春群像の雰囲気は出ているが、35mm上映プリントで観たかった。


桃井かおり                        松田優作

【ストリー】
慶応3年11月13日。氷雨の下、京の街並を走り抜けていく男がいた。海援隊の常宿“酢屋”から“近江屋”の土蔵へ身を移す、坂本竜馬である。新しい時代を求めて、抗争と内紛の絶えなかったこの頃、身の危険を感じての竜馬の逃亡だったが、佐幕派の密偵がこれを見逃すはずがなかった。佐幕派はもちろん、大政奉還後の権力のせめぎあいから、勤皇派からもさえ竜馬は“危険な思想家”として狙われていた。しかし近江屋へ移った竜馬は意外なほど悠然とかまえていた。竜馬はすぐ隣の質屋に囲われている幡と知り合い、急速に接近した。だが、幡の許に通っている男が、新撰組隊士・富田三郎であることは知る由もなかった。そんな竜馬を狙わざるを得ない立場に追い込まれたのは、かつての同志、陸援隊々長・中岡慎太郎である。竜馬への友情を棄てきれない慎太郎は、竜馬を自分以外の男の手にはかけさせない、と決心していた。その慎太郎には近江屋の娘・妙という恋人がいた。妙は竜馬のかつての恋人である。一方、竜馬を狙う薩摩藩士・中村半次郎配下のテロリストで右太という瀬戸内の漁村から出奔した少年がいた。右太は幡の弟であった。十一月十四日。集団舞踏“ええじゃないか”を待つ町人や百姓たちをよそに、竜馬を狙う右太、慎太郎、そして幕府の密偵たち。狙われていることを知りながら慎太郎への友情を棄てきれない竜馬は、慎太郎に会うために女装して“ええじゃないか”の群にまぎれ込んだ。一方、幡は痴話喧嘩のはずみで、富田を殺害していた。その頃、“権力”は慎太郎をも抹殺することを決意していた。十一月十五日。この日、土蔵から近江屋の二階に移った竜馬と慎太郎は、何者かの手にかかって暗殺された。竜馬と慎太郎を殺し、右太をも葬り去ったのは、一体何者だったのか。“竜馬暗殺”を目撃した唯一の証人、幡は、折から叶屋になだれこんだ“ええじゃないか”にまぎれ込んで、二度と姿を現わすことがなかった……。


田村亮                         中川梨絵

題名:竜馬暗殺
監督:黒木和雄
企画:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄
製作:葛井欣士郎、黒田征太郎、富田幹雄、宮川孝至
脚本:清水邦夫、田辺泰志
撮影:田村正毅
照明:上村栄喜
録音:加藤一郎
音効:中村幸雄
美術:山下宏
装飾:金杉正弥
衣裳:福富英治 (京都衣裳)
抜髪:福山善也
結髪:大沢菊枝
殺陣:久世竜
記録:安藤豊子
編集:浅井弘
音楽:松村禎三
撮影機材:三和映材社、記録映材社、青林舎
照明機材:東洋照明、加藤澄弘、C.T.C
現像:東京現像所
助監督:後藤幸一
監督助手:中田新一、李学仁
撮影助手:川上皓市、小林達比古、篠田昇
照明助手:栗田泰冶、淡路俊之、小原輝明
録音助手:矢野勝久
編集助手:鶴淵允寿、松永恒男
製作助手:岩城信行、山口秀矢
美術協力:阿部三郎、新富浩之、村山義博
抜髪助手:山崎邦夫
製作デスク:小松幸子
録音スタジオ:セントラル録音
題字:野坂昭如
協力:映像京都、東放制作、久世七曜会、人力舎
スチール:浅井慎平、佐々木美智子
出演:原田芳雄、松田優作、桃井かおり、石橋蓮司、中川梨絵、山谷初男、外波山文明、平泉征、田中筆子、田村亮、田中春男、粟津號、野呂圭介、川村真樹、天坊準、石井宣一、伴勇太郎、秋元健、西村克己、赤石武生
1974年日本・映画同人社+日本ATG/スタンダードサイズ・モノクロ118分16mmフィルム
竜馬暗殺 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中川梨絵、原田芳雄、松田優作、石橋蓮司         竜馬暗殺

映画「われに撃つ用意あり」


原田芳雄                        桃井かおり

今回は若松孝二監督1990年製作「われに撃つ用意あり(READY TO SHOOT)」をピックアップする。
本作は、全共闘で戦った主人公が、ヤクザから逃げる不法入国のベトナム女性を助ける事によって、全共闘世代の仲間達のその後が炙り出される。本作の一面で、あの時代の総括として訴求したと思うのは深読みなのか?初見の方は、60年代後半~70年代の若松孝二監督作品を観てから本作を観るべきである。

作品リスト


ルー・シュウリン                    蟹江敬三

【ストリー】
新宿・歌舞伎町。スナック“カシュカシュ”のマスター郷田克彦(原田芳雄)の前に、ヤクザに追われている女が現れる。女の名はヤン・メイラン(ルー・シュウリン)、ベトナム人である。その頃、外では桜道会系戸井田組々長が銃殺される事件が発生し、新宿署のマル暴刑事・軍司(蟹江敬三)が捜査を開始していた。殺人現場にはVHS-Cビデオのアダプターが残されていたが中身のテープはなかった。一方“カシュカシュ”では20年間続いたこの店の閉店パーティが行なわれており、克彦のかつての全共闘の同志である季律子(桃井かおり)、秋川(石橋蓮司)、三宅ら(小倉一郎)が集っていた。中にはメイランの姿も見え、実は彼女がベトナム難民であり、偽造パスポートを持つ密入国者であることが判明する。逃走のためのパスポートを取りに店を出たメイランは、戸井田組に追われるが克彦はそんな彼女を救出するのだった。一方、事件を追う軍司は、戸井田組がタイの女にパスポートをネタに売春させ、その女に組長が殺されたらしいことと、女がビデオテープを持っていることをつきとめた。時を同じくして香港ヤクザが戸井田組々員を殺害する事件が起り、そこで軍司はビデオテープを発見する。それは桜道会桜田のフィリピン女の殺人シーンだった。メイランは克彦と仲間に戸井田に脅され、犯されそうになった時、銃が暴発して戸井田を殺してしまったことを打ち明ける。そして対策を練っていた時、秋川が香港ヤクザに殺されてしまい、メイランもさらわれてしまう。克彦は一人でメイランを救出することを決意する。そんな克彦と行動を共にする季律子。リボルバーを手に香港ヤクザのいるフィリピンパブへ向う二人は、ヤクザと警察を向こうに激しい銃撃戦の末、メイランを無事逃がす。そして、負傷した二人は互いを支え合いながら薄れかける意識の中で笑い合うのだった。


麿赤児

題名:われに撃つ用意あり
英題:READY TO SHOOT
監督:若松孝二
企画・製作:若松孝二
製作:清水一夫
原作:佐々木譲「真夜中の遠い彼方」
脚本:丸内敏治
撮影:伊東英男、田中一成、佐久間栄一
照明:安河内央之
録音:栗林豊彦
美粧:大石聖子
編集:鈴木歓、遠山千秋
音楽:梅津和時 主題歌:原田芳雄「新宿心中」「魂の1/2」
フィルム:イーストマンコダック
撮影機材:ナック (Arriflex)
現像:東映化学 タイミング:新井喜久也
助監督:田代廣孝
製作協力:花田企画
モデルガン:BIG SHOT
スチール:佐々木美智子
出演:原田芳雄、桃井かおり、ルー・シュウリン、蟹江敬三、石橋蓮司、松田ケイジ、室田日出男、吉澤健、山口美也子、小倉一郎、西岡徳馬、佐野史郎、山谷初男、麿赤児、外波山文明、下元史朗、又野誠治
1990年日本・若松プロダクションシ+松竹/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
われに撃つ用意あり -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石橋蓮司                                            松田ケイジ、桃井かおり、原田芳雄、ルー・シュウリン

われに撃つ用意あり」原田芳雄、桃井かおり 新宿歌舞伎町コマ劇場前(現在はありません)

映画「痴漢電車」


痴漢電車 ちんちん発車痴漢電車 ちんちん発車

今回は滝田洋二郎監督1984年製作「痴漢電車ちんちん発車」と1985年製作「痴漢電車盗み撮り 上から下から」を2作品ピックアップする。題名から察する通りピンク映画である。

「痴漢電車 ちんちん発車」
本作は、1986年「コミック雑誌なんかいらない!」で一般映画デビューした滝田洋二郎監督作品である。滝田氏は、1974年に向井寛氏率いる獅子プロダクションに助監督として入社し、渡辺護監督、山本晋也監督の下で師事し、1981年に「痴漢女教師」でピンク映画監督デビューした。
翌年にヒット作”痴漢電車シリーズ”をスタートさせる訳だが、本作は山手線(国鉄103系)と丸の内線(営団300形)の車内で無断撮影を行っている。この作品が該当するのかどうか知らないが、ダマテン撮影が鉄道会社にバレて一般映画の許可を取った撮影も出来なくなったと聞いた事がある。その様な禍根は残すが、本作は芝居とお約束のカラミをキッチリ分けて撮っているあたり、現在の一般作品で魅せる才能を思わずにはいられない内容だった。

一般撮影で申請できる東京の鉄道会社は、京王電鉄、京成電鉄、東葉高速鉄道が一編成を貸切という形で撮影の為に有料運行してくれる。私は京王電鉄と京成電鉄でお世話になった事がある。(CF撮影で)他の鉄道会社では、タナダユキ監督「ロマンス(2015年/出演:大島優子)」でロマンスカー(MSE/60000形)を舞台にしている事から小田急電鉄が全面協力をしているのが記憶に新しい。

【主な滝田洋二郎監督作品】
1986年「コミック雑誌なんかいらない!
1987年「愛しのハーフ・ムーン」
1988年「木村家の人びと」
1990年「病院へ行こう」
1992年「病は気から 病院へ行こう2」
1993年「僕らはみんな生きている」
1993年「眠らない街 新宿鮫」
1994年「熱帯楽園倶楽部」
1997年「シャ乱Qの演歌の花道」
1999年「お受験」
1999年「秘密」
2001年「陰陽師」
2003年「壬生義士伝」
2003年「陰陽師II(共同脚本)」
2005年「阿修羅城の瞳」
2007年「バッテリー」

2008年「おくりびと
※2008年第32回モントリオール世界映画祭グランプリ賞受賞
※2009年第81回アカデミー賞 外国語映画賞受賞

2009年「釣りキチ三平」
2012年「天地明察(共同脚本)」

痴漢電車 ちんちん発車痴漢電車 ちんちん発車
竹村祐佳

【ストリー】
探偵の黒田一平は仕事の依頼がなく助手の浜子に給料も払えず彼はバイトで生き延び浜子はその日暮らしの生活をしていた。浜子の目下の悩みは故郷の婚約者に結婚を迫られていることだった。彼女はそれを断るために東京のある金持ちから結婚を申し込まれていると嘘をついていた。そんなある日彼女は乗り込んだ電車で一人の男に痴漢をさせ逆ナンパさせ「二日間だけ婚約してほしい」と持ちかける。
一方その頃一平は政界の黒幕オウノからなぜか呼び出されある依頼を受けていた・・・。

痴漢電車 ちんちん発車痴漢電車 ちんちん発車

題名:痴漢電車 ちんちん発車
監督:滝田洋二郎
製作:伊能竜
脚本:高木功
撮影:志賀葉一
照明:金沢正夫
編集:酒井正次
録音:銀座サウンド
音楽:ロス・ギー・ワック
助監督:片岡修二
現像:東映化学工業
出演:竹村祐佳、松原冷、甲斐よしみ、長友達也、池島ゆたか、堺勝朗、螢雪次朗
1984年日本ビスタサイズ・カラー68分35mmフィルム
痴漢電車 ちんちん発車 [DVD]
2015年10月現在、DVDレンタルはありません。
痴漢電車 ちんちん発車痴漢電車 ちんちん発車

「痴漢電車盗み撮り 上から下から」
痴漢電車盗み撮り 上から下から痴漢電車盗み撮り 上から下から
痴漢電車盗み撮り 上から下から痴漢電車盗み撮り 上から下から
痴漢電車盗み撮り 上から下から痴漢電車盗み撮り 上から下から

題名:痴漢電車盗み撮り 上から下から
監督:滝田洋二郎
製作:伊能竜
撮影: 志賀葉一
照明: 森久保雪一
編集: 酒井正次
現像:東映化学工業
出演: 真堂ありさ、彰佳響子、 橘美枝子、蛍雪次郎、ルパン鈴木、外波山文明、 高野則彦、池島ゆたか
1985年日本・新東宝/スタンダードサイズ・カラー60分35mmフィルム
痴漢電車盗み撮り 上から下から [DVD]
2015年10月現在、DVDレンタルはありません。
痴漢電車盗み撮り 上から下から痴漢電車盗み撮り 上から下から

【ストリー】
新浜は某写真週刊誌の記者。倫子はその商売敵。二人のライバルがついに対決する時が来た。次々に繰り広げられる盗み撮りの勝者は誰か?コメディタッチの中に繊細な指先のエロティシズムと女性記者の可憐さが光る!!

1 2