映画「駅前旅館」


森繁久彌                         淡島千景、伴淳三郎

今回は豊田四郎監督1958年製作「駅前旅館」をピックアップする。
“駅前シリーズ”は、1958年から1969年まで東京映画で制作された喜劇である。
レギュラー陣はほぼ変わらず25作品が作られた。

【東京映画・駅前シリーズ】
1958年「駅前旅館」
1961年「喜劇 駅前団地」「喜劇 駅前弁当」
1962年「喜劇 駅前温泉」「喜劇 駅前飯店」
1963年「喜劇 駅前茶釜」
1964年「喜劇 駅前女将」「喜劇 駅前怪談」「喜劇 駅前音頭」「喜劇 駅前天神」
1965年「喜劇 駅前医院」「喜劇 駅前金融」「喜劇 駅前大学」
1966年「喜劇 駅前弁天」「喜劇 駅前漫画」「喜劇 駅前番頭」「喜劇 駅前競馬」
1967年「喜劇 駅前満貫」「喜劇 駅前学園」「喜劇 駅前探検」「喜劇 駅前百年」
1968年「喜劇 駅前開運」「喜劇 駅前火山」
1969年「喜劇 駅前桟橋」


フランキー堺                              淡島千景

【ストリー】
“私、駅前の柊元(くきもと)旅館の番頭でございます”生野次平(森繁久彌)は30年の経験をもつ「お帳場様」である。上野界隈も昔とはずい分変ったものだ。柊元旅館は今日も修学旅行の団体客でごったがえしている。馴染みの旅行社の添乗員・小山(フランキー堺)が忙しく中学生をさばく。次平は山田紡績の社長一行のなかの女客に二の腕をつねられた。その女客は女中のお京(三井美奈)に伝言を残すと発っていった。次平には気の合った番頭仲間が四人いた。そのうちの高沢(伴淳三郎)に尻尾をつかまれ、今度の慰安旅行の幹事にされた。その役は艶聞を立てた者に振りあてられることになっていたのだ。馴染みの飲み屋・辰巳屋のお辰(淡島千景)のところで行先を江の島と決めた。夏の江の島には全国から番頭たちが客引の腕をみがきにくる。昔、ここで次平や高沢は芸を張り合ったものだ。次平は彼をつねった女のことをやっと思い出した。於菊(淡路恵子)--江の島時代の旅館の豆女中だった。間もなく、例の山田紡績の女工たちの団体がやってきた。於菊が保健係の先生と共に引卒していた。次平は席を設けて於菊と会ったが、“旅の恥はかきすてというような気持……”といった於菊の言葉が彼のカンにさわった。社長の妾で工場の寮長に納って満足気な女の手前勝手だ。“お前、宿へ帰んなよ”彼には昔流の意地があった。--下級旅館の強引な客引・カッパの連中が格元に泊った女学生三人を怪我させた。次平は主人から怒鳴られ、小山は自分の客から怪我人が出てクサった。次平は一計を案じ、上野駅前浄化運動を始め、カッパ連中を締め出す看板を一帯にめぐらした。本部は辰巳屋に置いた。カッパ連は次平を出せと柊元に押しかけた。因っているお内儀を助けようと、次平は暇乞いの口上を述べたが、主人(森川信)がそれを利用し、本当に彼をクビにした。彼はさっと最後の客引きの手際を見せるとそのままを消した。その夜、小山もお京を連れて柊元を出、大阪を目指した。次平は追ってきたお辰と一緒に日光行の二等車に収っていた。住み慣れた上野の火がのろのろと二人の目前を動いていった。


森繁久彌、三井美奈                         淡島千景、森繁久彌

題名:駅前旅館
監督:豊田四郎
製作:佐藤一郎
原作:井伏鱒二
脚本:八住利雄
撮影:安本淳
照明:石川緑郎
美術:松山崇
録音:渡会伸
編集:岩下廣一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所
製作主任:大久保欣四郎
製作補:金原文雄
助監督:廣沢栄
スチール:山崎淳
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、淡島千景、淡路恵子、三井美奈、草笛光子、山茶花究、森川信、藤木悠、都家かつ江、若水ヤエ子、左卜全、多々良純、藤村有弘
1958年日本・東京映画/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー109分35mmフィルム
喜劇 駅前旅館 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


駅前旅館                            淡島千景、森繁久彌

映画「バージンブルース」


秋吉久美子                      清水里絵

今回は藤田敏八監督1974年製作「バージンブルース」をピックアップする。
撮影は1974年10月7日~11月9日に行われ11月19日に東洋現像所(現イマジカ)で初号試写、22日から「あばよダチ公」との併映で、全国日活系劇場で公開された。


秋吉久美子、長門裕之                 高岡健二

【ストリー】
お茶の水予備校女子寮生たちは灰色の浪人生活のうっ憤を晴らすため、時折徒党を組んで万引きをやっていた。が、四谷のスーパーマーケットで発覚し、畑まみ(秋吉久美子)と小林ちあき(清水理絵)だけが逃げのびた。寮に帰れず新宿界隈をうろついていた二人に声をかけたのは中年男の平田(長門裕之)だった。彼は脱サラを試みてラーメン屋を始めており、一年前スナックでちあきと知り合い関係を持ったことがあった。平田は二人をラブ・ホテルに誘ったが、バージンのまみが嫌がり、結局は諦めた。やがて二人は寮の近くの中華料理店の店員、橋本誠(高岡健二)の下宿にころがり込んだ後、二人の実家がある岡山に帰る事にした。旅費を平田から借りようとすると、まみの若い魅力に惹かれている平田も一緒に着いていくと言い出した。岡山駅前でまみとちあきは別れたが、平田は照れながらまみに着いて行った。しかしまみの実家にも警察の手が廻っており、やむなく二人は倉敷に行った。倉敷でまみはアングラ劇団をしている幼な友達の秋山正次(林ゆたか)に会った。まみと平田が宿なしだと聞いた正次は、合宿に合流させることにした。まみたちは「禁酒、禁煙、禁交」をモットーとするこの劇団の下働きをすることになった。まみを仲間に入れた正次には魂胆があった。劇場の小屋主は正次が若い女を沢山動かしているのを利用して、やがてストリップをやらせようとしているのだが、正次はそれを逆手に取って魅力あるまみを使い小屋主たちを誘惑し、小屋を乗っ取ろうと企んだのだ。これを知った平田は憤然となり、「俺にはバージンを守る義務があるんだ!」と叫び正次を殴り倒すと飛び出して行った。まみは脱兎の如く平田の後を追った。それから二人だけの旅が始った。そして、海辺のホテルで二人は激しく求めあった。翌朝、平田が目を覚ますとまみの姿が無い。寝巻がキチンとたたまれていた。まみの美しい肌が波打ちぎわで光っている。やがて、その影はまっすぐに、波に逆って沖に向っていく。「まみー」平田の叫ぶ声に、まみがニッコリと片手を上げた。平田の顔が安堵と不安にゆがんだ。波とたわむれるまみ。波打ちぎわを歩く平田……。


秋吉久美子、林ゆたか                  野坂昭如

題名:バージンブルース
監督:藤田敏八
企画:栗林茂
製作:伊藤亮爾
脚本:内田栄一
撮影:安藤庄平
照明:松下文雄
録音:紅谷愃一
美術:横尾嘉良
擬斗:田畑善彦
編集:井上治
音楽:武川行秀、ミッキー吉野 主題歌:野坂昭如「バージンブルース」
現像:東洋現像所
製作担当:青木勝彦
助監督:八巻晶彦
色彩計測:田村輝行
スチール:井上俊康
出演:秋吉久美子、長門裕之、清水里絵、高岡健二、林ゆたか、赤座美代子、多々良純、加藤嘉、吉井亜樹子、田中筆子、白石奈緒美、松井康子、野坂昭如
1974年日本・日活/シネスコサイズ・カラー99分35mmフィルム
バージンブルース -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤田敏八監督(中央)                  秋吉久美子

映画「悪名桜」

悪名桜悪名桜
田宮二郎、勝新太郎                   市原悦子

今回は田中徳三監督1966年製作「悪名桜」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第13作になる。
今作は、朝吉と清次のコンビが堅気となって街の一角でやきとり屋を営んでいる事から始まる。毎作、拳銃などで武装した暴力団に素手で立ち向かう設定に違和感が残るが、不良少年を更生させようとしたり、朝吉の幼馴染である菊枝(市原悦子)が押しかけ女房になったりとプロットにマンネリ回避の試みが見られる。

悪名シリーズ

悪名桜悪名桜
藤岡琢也                        沢村貞子

【ストリー】
大阪周辺の繁華街でやきとり屋になっていた朝吉(勝新太郎)と清次(田宮二郎)は暴力団に襲われた新聞記者(浜田雄史)を助けて一躍街の英雄にされたが、朝吉を刺しにきた愚連隊の少年猛(酒井修)は、逆に朝吉に捕まってーやきとり屋を手伝わされることになった。また、八尾からやってきた幼馴染の菊枝(市原悦子)は、朝吉の父の死水をとってきたといい、その遺言で女房にしてほしいと居坐ってしまった。悪名の報いで父の墓参さえ許されぬ朝吉だけに、猛をまともにしてやりたく、その親沢村亀之助(多々良純)をたずねた。ところが、朝吉らの家主であり界隈の大地主でもある沢村は、妻房枝(沢村貞子)と共に体面ばかりを重んじて、朝吉の意をくまぬばかりか、息子猛がやきとり屋にいることを嫌い、なじみのやくざ大鯛組に取戻し方を頼んだ。朝吉は意地でも猛を真人間に叩きあげる決意をした。だが、ある日大鯛組が大挙してやきとり屋になぐり込み、朝吉や清次の奪戦も空しく、家はこわされ猛は脱走してしまった。そんな折も折、清次は菊枝が妊娠しているのを知り、朝吉の子だと誤解し、愛相をつかして去っていった。しかし、菊枝はいきずりの男にだまされて子をはらんでいたのだ。そんなこととは知らぬ清次は、出かけの駄賃にと、大鯛組の後藤(須賀不二男)をおどし、20万円を捲きあげて朝吉の家へ投げこんだ。また猛は大鯛組のやくざと争って一人を傷つけ、ABCクラブへ駆けこんだ。ABCクラブの組長乾は猛をダシに沢村と手を握り、界隈に娯楽センターを作り、その共同経営をすすめた。やがて大鯛組、ABCクラブ、沢村、それに朝吉とそれぞれの思惑が入乱れ、虚々実実のかけ引きが展開された。そんなある目、ABC幹部におだてられだ猛は、大鯛組の幹部後藤を射殺し、朝吉の家へとびこんできた。朝吉は誤解をとき、舞いもどってきた清次同道で猛を自首させることにしたが、途中猛はABC組員に射殺された。憤懣やるかたない朝吉は、菊枝を八尾に送りかえすと、清次とともに、ABCクラブ、次いで大鯛組となぐりこみ完膚なきまでに二つの組をたたきのめし、旅にでていった。それから数日、朝吉と清次のもとに、菊枝から三つ児が生れたという、明るい知せが届いた。

悪名桜悪名桜
多々良純                        酒井修
悪名桜悪名桜
須賀不二男                       悪名桜

題名:悪名桜
監督:田中徳三
企画:財前定生
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大角正夫
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、田宮二郎、市原悦子、須賀不二男、藤岡琢也、沢村貞子、多々良純、酒井修、守田学、高杉玄、浜田雄史
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
悪名桜 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

悪名桜悪名桜
市原悦子                     勝新太郎、田宮二郎

1 2 3 5